鍵修理

鍵はどう処分すべき?適切な捨て方と注意点について解説

鍵はどう処分すべき?適切な捨て方と注意点について解説

あなたは、「不要な鍵をゴミに出しても良いのかな?」と、いらないカギの処分方法が分からず、悩んでいませんか?

鍵は金属ですので、不燃ごみとして自治体に回収してもらうこともできます。
しかし、不要な鍵をそのまま捨ててしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる危険があるので、処分する際には注意が必要です。

もしかしたら、処分した鍵を第三者に拾われ、空き巣や不法侵入などのトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。
自宅の財産を失ってしまうだけでなく、あなたの命の危険にも及びますので、鍵を処分する際には慎重に判断することが大切です。

そこで、今回は不要な鍵の処分方法と注意点について解説します。
空き巣や不法侵入など、財産及び命の危険にさらされないためにもこのページを最後までご確認ください。

もう迷わない!鍵の処分方法

鍵の処分方法は、状況によって異なります。
まずは、下記をご覧ください。

  • 使わない鍵の捨て方
  • 現在使っている鍵の捨て方

処分する鍵が「もう使わないカギ」なのか、それとも「現在も使っている鍵のキーなのか」で処分方法が変わります。
それぞれの処分方法について、次から詳しく解説します。

使わない鍵の捨て方

使わない鍵を処分する場合、「不燃ごみ」として捨てることができます。

もう使わない鍵ですので、そのまま処分しても問題はないでしょう。
しかし、「もしかしたら第三者に拾われて何かトラブルに巻き込まれるかも…」と不安な場合は、金づちで鍵を割ったり、ペンチで鍵を折ってからそれぞれ別の日に処分すると安心です。

現在使っている鍵の捨て方

現在使っている鍵を捨てる場合は、細心の注意を払って処分する必要があります。

まず、現在使っている鍵を処分する場合は「鍵番号」を消すことが大切です。
鍵番号だけでも合鍵を作製することができるので、「カギを割る」「鍵を折る」などしても大変危険です。

できれば、鍵を使わなくなるまで自分で保管しておくことが望ましいですが、どうしても処分したい場合はカギ番号の記載部分に傷をつけて読めなくしておきましょう。

また、賃貸の鍵を処分する場合は、捨てる前に管理会社に相談しておきましょう。
なぜなら、無断で賃貸の鍵を処分してしまうと、管理会社とトラブルになってしまう可能性があるからです。

現在使っている鍵を捨てるケースは、「キーが摩耗して使えなくなってしまった」「カギが歪んで使い続けるには不安がある」というときでしょう。
賃貸の場合は、大家さんや管理会社に相談のうえ、鍵を処分する旨を伝えてからにしましょう。

鍵を処分する際の注意点

鍵を処分する際の注意点

鍵を処分するにあたり、いくつか注意点があります。

現在鍵の処分を検討しているあなたは、カギを捨てる前にここからの内容をしっかりと読んでおいてください。

使用している鍵は必ず「鍵番号」を消して処分する

使用している鍵は必ず「鍵番号」を消して処分するようにしましょう。
上述したように、鍵番号だけで合鍵を作製することができてしまいますので、第三者に建物の中へ侵入されてしまうリスクがあるのです。

現在使用している鍵を処分するときには、鍵番号の部分を傷つけて、判別できないようにしておくことが大切です。

自己判断で安易に処分しない

自己判断で賃貸物件の鍵を処分するのはやめておきましょう。
鍵を処分したいときには、捨てる前に管理会社や大家さんに相談し、了解を貰ってから処分することが大切です。

管理会社や大家さんに無断で処分してしまうと、防犯面から「自己負担で鍵交換をしてください」「自己負担で鍵作成をしてください」といわれ、突然予期せぬ出費となってしまうことも考えられます。

やむを得ず鍵を処分したい場合は、必ず管理会社や大家さんに相談しておくと安心です。

安易な鍵の処分がトラブルを引き起こすことも

安易な鍵の処分は、トラブルの原因となってしまいます。
実際に考えられるトラブルは下記の通りです。

  • 捨てた鍵を使用されたことによる空き巣被害
  • 鍵番号を取得され不法侵入
  • 賃貸住宅の鍵を勝手に処分し管理会社とトラブル

現在使用している鍵をそのまま処分すると、第三者に拾われ空き巣被害に遭ってしまう可能性が高いです。
「他のゴミと一緒に捨てるから大丈夫」「他のゴミとまぎれて目立たないから安心」など、安易な考えで処分することは危険です。

また、もし鍵を「折る」「割る」などの対策を行ってから処分したとしても、「カギ番号の消し忘れ」で不法侵入の原因となることがあります。
再三にはなりますが、カギ番号があれば、インターネットで手軽に合鍵を作製することができてしまいます。
「使えなくなったカギなら大丈夫だろう」と考えがちですが、しっかりと鍵番号を消してからにしてください。

他にも、賃貸住宅の場合は、管理会社に無断で鍵を処分したことでトラブルに発展してしまうことがあります。
処分方法によっては、第三者に拾われるリスクがありますし、もしかしたら自己負担で鍵交換を行うように言われるかもしれません。
もし、自分で鍵交換を行わなければならないとしたら、思いがけず高額な出費となってしまうでしょう。

不要な鍵は鍵業者が引き取ってくれる場合もある

不要な鍵はカギ業者が引き取ってくれることがあります。
例えば、鍵業者にカギ交換を依頼し、今まで使っていたものが不要になった場合、作業終了後に担当者がキーを回収してくれることがあるのです。

とはいえ、全ての鍵業者が不要なカギを引き取ってくれるというわけではありませんので、キーの回収もお願いしたい場合は電話で問い合わせたときに確認してみてください。

まとめ

このページでは、鍵の処分方法について解説しました。

鍵は頻繁に処分するものではありませんので、どう捨てたら良いのか迷ってしまうのは当然でしょう。
しかし、自己判断で安易に処分してしまうと、様々なトラブルに巻き込まれてしまうリスクがありますので、慎重に判断しなければなりません。

「鍵はどう処分すればいい?」と困っている場合、このページを参考にしながら、適切な方法でカギを捨てるようにしましょう。

全国・即日対応!
鍵のトラブルであれば、どんな作業でもご対応可能!
ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。