鍵修理

一軒家の鍵交換費用相場は?自分で交換する方法を解説

一軒家の鍵交換費用相場は?自分で交換する方法を解説

一軒家に住んでいる場合、鍵が壊れたりして防犯性能に不安があるときは、すぐにでもカギを交換したいですよね。
しかし、鍵の交換が初めての方にとって、「カギの交換費用」はイメージしにくいのではないでしょうか。

鍵の交換を後回しにしてしまうと、空き巣に侵入されて、大切な財産を盗まれてしまう可能性があります。
とはいえ、鍵交換の費用相場を知らないまま、慌てて業者に作業を依頼してしまうと、ぼったくり被害に遭うかもしれません。

そこで、今回は一軒家の鍵交換の費用相場について解説します。
また、自分で鍵交換する方法についてもご紹介していますので、DIYを検討している方も参考にしてください。

一軒家の鍵交換の費用相場

一軒家の鍵交換の費用相場

さっそく、一軒家の鍵交換の費用相場についてご紹介します。\

業者に依頼する前に費用の目安を知りたい方は、次からの内容を参考にしてみてください。

鍵の種類によって異なる

一軒家の鍵交換の費用は、鍵の種類によって異なります。

鍵の種類別の費用を下記の表にまとめましたので、参考にしてください。

鍵の種類 費用相場
シリンダータイプ 1万~3万円
ドアノブタイプ 1万~2万円
引き違い戸の鍵 2,500~2万5,000円
プッシュプルタイプ 1万5,000~8万円
レバーハンドル錠 1万~2万5,000円
電子錠 2万~10万円

上記の通り鍵の種類によって、交換費用に数千円~数万円の差があります。

一般的に、性能の高い鍵への交換は高額になりやすいので、カード錠などの「電子錠」は10万円に及ぶこともあります。
しかし、一般的な鍵であれば2万~3万円程度で交換できることも多いものです。
自身が利用している鍵の種類を確認の上、鍵交換における予算を立てることをお勧めします。

リフォームの場合は工事内容によって料金が変動する

先ほど鍵の種類ごとの相場を紹介しましたが、鍵のリフォームを行う場合は、工事内容によって料金が変動します。

例えば、鍵の交換を機に一般的なシリンダータイプの鍵から高性能な電子錠に交換する場合、費用が50万円を超えることもあります。

リフォーム工事が伴う鍵交換の場合、防犯性能を高めることを目的にすれば、費用が高額になりやすいものです。
家に大切な財産がある場合は、高額な費用をかけてでも鍵交換をしたほうが良いでしょう。

防犯性能を重視する方は、鍵のリフォームも視野に入れ、予算をイメージしてください。

一軒家の鍵交換を業者に依頼する際の注意点

一軒家の鍵交換を業者に依頼する際の注意点

ここからは、実際に鍵交換をするにあたって、一軒家の鍵交換を業者に依頼する際の注意点を紹介します。
慌てて業者に相談する前に、下記のポイントをしっかり把握しておきましょう。

  • 交換する鍵の性能をチェックする
  • 業者選びは慎重に行う
  • 出張費や見積もり料を確認する

交換する鍵の性能をチェックする

一軒家の鍵交換を業者に依頼する際には、「交換するカギの性能」をチェックしましょう。

特に、「防犯性能」は最も注目すべき部分です。
一軒家の鍵交換を業者に依頼するときは、「ピッキングに強い鍵に交換してほしい」といった希望を伝えましょう。

また、鍵は毎日使うものですから、「施錠・開錠の手間が少ない鍵」「鍵を持たずに済むキーレス」など、性能面もチェックしてみてください。

業者選びは慎重に行う

一軒家の鍵交換を依頼する業者選びは、慎重に行いましょう。
専門業者の中には悪質なところもありますので、安さだけで業者を比較するのは危険です。

下記の「良心的な業者を選ぶポイント」を参考にし、信頼できるところに相談してください。

【良心的な業者を選ぶポイント】

  • 電話対応が丁寧な業者を選ぶ
  • 問い合わせの際に大まかな費用の目安を教えてくれる業者を選ぶ
  • 即日対応してくれる業者を選ぶ

電話対応が丁寧な業者は、社内の体制が整っていると考えられますので、担当の作業員も良心的な対応をしてくれるでしょう。

また、問い合わせの段階で、大まかな費用の目安を教えてくれる業者を選ぶことも大切です。
悪質な業者の中には、「現地を確認しないと全く分からない」「作業してみないと分からない」などといって、後から高額な費用を請求するところがあります。
鍵の状態や、交換を希望するカギのタイプを伝え、大まかな費用を教えてくれる業者を選んでください。

他にも「即日対応してくれる業者」を選ぶことも大切です。
鍵は、家の中の財産を守る重要なパーツですので、なるべく早めに交換をしなければなりません。
即日対応ができる業者を選び、すぐに鍵交換をしてもらうことをおすすめします。

出張費や見積もり料を確認する

一軒家の鍵交換を業者に依頼するときは、「出張費」「見積もり料」を確認しましょう。
業者によって出張費や見積もり料の有無や、具体的な金額は異なります。

例えば「出張費は作業費に込みなのか、それとも別途で請求されるのか」「見積もり料はあるのか、具体的な金額はいくらなのか」などは業者によって違います。
それぞれ把握しておかないと、鍵交換で想定していた金額よりも大幅にオーバーしてしまうかもしれません。

業者と金銭トラブルに陥ってしまうことも考えられますので、問い合わせの段階で出張費と見積もり料を確認しておきましょう。

自分で鍵交換をする方法

自分で鍵交換をする方法

ここからは、自分で鍵交換をする方法について解説します。
自身で鍵交換を行うことで、予算は大幅に抑えることができるかもしれません。
しかし、DIYによる鍵交換は多少のリスクを伴うものになるので、注意が必要です。
鍵交換の際に用意するものや、具体的な作業手順について見ていきましょう。

用意するもの

自分で鍵交換をする際に、用意しておくものは下記の3つです。

  • 新しい鍵(現在使用している鍵と同じ型番のもの)
  • 軍手
  • ドライバー

交換するための新しい鍵は、既存のカギと同じ型番のものを選びましょう。
既存の鍵と異なる型番のカギを用意してしまうと、鍵交換を検討しているドアに取り付けられない可能性があります。
異なる型番の鍵に交換したい場合は、業者にお願いすることをお勧めします。

また、軍手はドライバーなどで手を怪我してしまうのを防ぐために着用します。
作業に慣れていない方は、素手で鍵交換を行うと怪我をしてしまうかもしれませんので、軍手を着用してください。

なお、ドライバーは、鍵を固定しているビスを取り外したり、新しいカギを固定するためにビスを取り付けたりするときに使います。

鍵交換の手順

一軒家の鍵交換を検討している方は、下記の手順で作業を進めてください。

【シリンダータイプの場合】

  • ドア側面のプレートを固定しているビスを外す
  • ドアからプレートを取り外す
  • カバー内部のピンを取り出す
  • ドアからシリンダーを取り外す
  • 新しいシリンダーをドアにはめる
  • ピンをもとの位置に差し込む
  • ビスでプレートをドア側面に取り付ける
  • ドアの開閉、鍵の施錠・開錠をしてみる(動作確認)

鍵交換は、ビスやピンなどの細かい部品が多いので、作業中に紛失してしまわないよう注意してください。

また、作業中「やっぱり難しい」と感じた場合は、無理に作業を進めずに業者に相談することをおすすめします。
無理に作業を進めてしまうと、新しい鍵やドアを壊してしまう可能性があります。

作業が不安な方は鍵屋さんに交換を依頼しましょう

上記の鍵交換の手順を見て、作業に不安を感じる方は鍵屋さんへの依頼を検討してみるとよいでしょう。
鍵交換は自分でも行えますが、DIYに慣れていない方には難しく感じる場合があるでしょう。
その際、鍵屋さんに依頼して鍵交換をすれば、うっかり鍵やドアを壊してしまうリスクがありませんし、作業もスピーディーです。
作業が不安な方は、失敗なくカギの交換を行うために鍵屋さんにお願いしましょう。

まとめ

今回は、一軒家の鍵交換の費用相場や、業者に相談するときの注意点、自分でカギ交換する方法などについてご紹介しました。

一軒家の鍵交換が初めての場合、具体的な費用はイメージしにくいものです。
しかし、鍵交換の相場について、正しく把握しておかないとぼったくりに遭うかもしれません。

また、自分で鍵交換する方法についてもご紹介しましたが、作業に不安を感じる方は業者に相談することをおすすめします。
業者に相談する場合は、今回ご紹介した「業者に依頼する際の注意点」を参考にしてください。

今回ご紹介した内容を理解し、一軒家の鍵交換をスムーズに進めましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。