鍵修理

電子錠を後付けするときの選び方とおすすめの後付け電子錠

電子錠を後付けするときの選び方とおすすめの後付け電子錠

あなたは、電子錠を後付けしたいと考え、鍵の選び方やおすすめの電子錠などについて情報収集をしていませんか?

電子錠は「防犯性」「快適さ」などの面でメリットが多い鍵です。
電子錠は様々な種類があり、「暗証番号」「指紋認証」「カードキー」「リモコン」などのほか、「スマホ」で施錠・開錠ができるものもあります。
毎日の施錠・開錠の動作がラクになり、高い防犯性を期待できるのが、電子錠の特徴といえるでしょう。

しかし、電池式の電子錠の場合は、定期的に電池交換をしないと電池切れで使えなくなってしまいます。
また、粗悪品の場合は「誤作動が多い」「正しく認証されない」といったデメリットもありますので、電子錠は慎重に選ばなければなりません。

そこで、今回は電子錠を後付けする場合の「選び方」と「おすすめの後付け電子錠」についてご紹介します。
せっかく高額な電子錠を購入したのに希望とは異なるものだった…とならないためにも、最後までご確認ください。

電子錠で後付けできる種類と特徴

まずは、電子錠で後付けできる種類とそれぞれの特徴について解説します。
電子錠で後付けできる種類は、主に下記の通りです。

電子錠の種類 特徴 料金目安 工事の有無
指紋認証錠鍵に指紋を読み取らせて開錠する4万~10万円
暗証番号錠暗証番号を入力して開錠する1万~10万円
カード錠専用のカードをかざして開錠する1万~6万円
リモコンキーリモコンを持った状態で鍵に近づく、もしくはリモコンのボタンを操作して開錠する1万~5万円
スマホスマホに専用アプリをインストールして、アプリから施錠・開錠を操作する2万~7万円

後付けできる電子錠は、いずれも数万円以上に及ぶものばかりです。
電子錠によっては、上記の料金目安よりも安価な製品がありますが、安価な電子錠の種類の中には、「正常に動作しない」「すぐ故障する」といったトラブルが多いものもありますので注意してください。

また、後付けできる電子錠の中には、工事不要で取り付けられる商品があります。
ただし、製品の種類によっては、工事が必須となる場合もあります。

後付けできる電子錠のおすすめと選び方

後付けできる電子錠のおすすめと選び方

ここからは、後付けできる電子錠のおすすめと、選び方についてご紹介します。
あなたの家のドアに合った電子錠を後付けするためにも、ここからの内容を参考にしてみてください。

ドアのタイプ別おすすめ電子錠

ドアのタイプが「開き戸」の方は選べる電子錠が多く、ドアの規格に合えば前項でご紹介した「電子錠で後付けできる種類と特徴」でご紹介した種類の電子錠のほとんどを取り付けられます。

ちなみに、開き戸におすすめの電子錠は「EPIC 電子錠POPscan3」です。
同商品は、暗証番号もしくは指紋で開錠できます。
また、ワンタイム暗証番号機能もありますので、「一時的に暗証番号を発行したい」という方におすすめです。

「EPIC 電子錠POPscan3」の費用は4万2,680円(参考費用)です。

一方「引き戸」の場合は、対応している後付け電子錠が少ないので、選べる製品に限りがあります。

なお、引き戸におすすめの後付け電子錠は「朝日工業 デジタルロックスーパースリム SS-30 ブロンズ」です。
同商品は、暗証番号を入力して開錠する電子錠です。

「朝日工業 デジタルロックスーパースリム SS-30 ブロンズ」の費用は、1万3,500円です。

EPIC 電子錠POPscanHOOK3
EPIC 電子錠POPscanHOOK3
指紋認証:最大100指紋まで登録可能です。暗証番号:4~12桁の好きな数字を登録可能です。
Amazonで商品を購入する
朝日工業 デジタルロックスーパースリム
朝日工業 デジタルロックスーパースリム
取り付けは電気配線など一切不要です。工事中はコンストラクションキーとして使用できます。
Amazonで商品を購入する

工事不要のおすすめ電子錠

工事せずに電子錠を後付けしたいという方には、「鍵穴のないリモコンドアロックREMOCK」がおすすめです。

同商品の特徴は「シンプルな操作性」と「強力な粘着テープで固定するだけで取り付けられる」という点。
「鍵穴のないリモコンドアロックREMOCK」の費用は、42,680円です。

鍵穴のないリモコンドアロックREMOCK
鍵穴のないリモコンドアロックREMOCK
リモコンを万が一紛失した場合でも、すぐにご自身で登録を抹消できます。最大16個まで追加でき、大家族や多くの方がご使用される企業でも便利に使えます。
Amazonで商品を購入する

開錠方法で選ぶおすすめ電子錠

ここからは、開錠方法別におすすめ電子錠をご紹介します。
希望する開錠方法がある方は、下記の内容をご覧ください。

【指紋認証】

指紋認証で開錠したい方におすすめなのが「GATEMAN WF20」です。
性能の良いタッチパネルで指紋を読み取りますので、「なかなか認証されない」といったトラブルがありません。

また、暗証番号機能も搭載されていますので、万が一「指紋認証がうまくいかない」といった場合でも安心です。
GATEMAN WF20の費用は14,900円(参考価格)です。

GATEMAN WF20
GATEMAN WF20
最大20個の指紋を登録できる電子錠です。使用方法は音声案内がサポートしてくれますので、操作に不慣れな方でも安心です。
Amazonで商品を購入する

【暗証番号】

暗証番号で鍵を開けたい方には、「SAMSUNGサムスンEzonドアロックSHS-2920」がおすすめです。
同商品は、タッチパッドタイプの暗証番号錠ですので、見た目がスタイリッシュであるうえに、「二重ロック機能」があり魅力的です。

ちなみに、「SAMSUNGサムスンEzonドアロックSHS-2920」の費用は10,400円です。

SAMSUNG EzonドアロックSHS-2920
SAMSUNG EzonドアロックSHS-2920
簡単インストール機能、スリムで光沢のある上品なデザイン。ポータブルタグキー2本+スマートフォン取付用ステッカーキー2個。 AA電池4個付き。
Amazonで商品を購入する

【リモコン】

リモコンで開錠・施錠をしたい方には「鍵穴のないリモコンドアロックLOCKEY」がおすすめです。

同商品は、シリンダー(鍵穴)がありませんので、ピッキングで不正開錠されてしまう心配がありません。
また、取り付け方法は特殊な粘着テープで張り付けるだけですので、作業に不慣れな方でも簡単に後付けできます。

ちなみに、鍵穴のないリモコンドアロックLOCKEYの費用は4万900円(参考価格)です。

鍵穴のないリモコンドアロックLOCKEY
鍵穴のないリモコンドアロックLOCKEY
鍵穴がないリモコン式で侵入犯罪に対し開発された画期的なドアロックです。穴あけ工事不要の特殊粘着シートで、お客様ご自身で簡単に取付けができます。
Amazonで商品を購入する

【スマホ】

スマホで電子錠を操作したい方は、「Qrio Lock」がおすすめです。

同商品は、専用アプリから鍵の操作ができ、そのうえ反応も速いのが特徴です。
スペアキーは必要なく、専用のアプリを家族全員のスマートフォンにインストールしていれば、みんな自由に開錠・施錠ができます。

「Qrio Lock (キュリオロック) スマホで自宅カギを解施錠できるスマートロック Q-SL2」の費用は1万7,690円です。

Qrio Lock Q-SL2
Qrio Lock Q-SL2
スマホが自宅のカギになります。スマホ操作から動作までの反応速度が格段に向上。ハンズフリー解錠機能で、ドアに近づくだけでカギが開きます。
Amazonで商品を購入する

【カード】

カードをかざして開錠したい方には「EPIC 電子錠TRIPLE_X2」がおすすめです。
同商品は、カードをかざすだけで開錠できるほか、暗証番号でも開錠できます。

また、非常用キーも搭載されていますので、万が一突然電池切れになってしまったり、壊れてしまっても施錠・開錠ができます。
なお、「EPIC 電子錠 TRIPLE X 2 3way 非常キー搭載タイプ」の費用は3万4,887円です。

EPIC 電子錠TRIPLE_X2
EPIC 電子錠TRIPLE_X2
ICカード:最大100個までFeliCa/Mifare規格のICを登録可能です。また、TRIPLE X 2ではICカードの個別登録・個別削除も行えます。
Amazonで商品を購入する

非常用キーがあるおすすめ電子錠

非常用キーが付属の電子錠をお探しの方には「Akayi 電子ドアロック」がおすすめです。

電子錠を使用するにあたり「突然動かなくなったらどうしよう」といった不安を抱える方もいらっしゃると思います。
「Akayi 電子ドアロック」であれば、非常キー付属ですので、キーを鍵穴に差し込んで回せば開錠できます。

「Akayi 電子ドアロック」の費用は、7,980円です。

Akayi 電子ドアロック暗証番号式
Akayi 電子ドアロック暗証番号式
伝統的な錠前と比べて、指1本だけで施錠、開錠できます。ワンタッチで施錠が可能です。
Amazonで商品を購入する

電子錠を後付けする方法

電子錠を後付けする方法は「工事が必要な場合」と「工事が必要ない場合」とで異なります。

ここからは、それぞれの電子錠の後付け方法についてご紹介します。

工事が必要な電子錠の場合

工事が必要な電子錠の場合は、希望する電子錠を販売している業者に購入と工事を依頼してください。
業者とスケジュールを調整し、指定した日に来てもらって電子錠の取り付けをしましょう。

一般的に、電子錠を取り付ける際の工事は数十分~数時間ほどの時間を要しますので、仕事やプライベートな予定のない日に工事を希望してください。

工事が完了したら、施錠・開錠を試し、問題がないかチェックしましょう。
万が一、動作確認をしてみて、気になることがあれば担当者にその場で質問してください。

工事不要の電子錠の場合

工事不要の電子錠の場合は、製品の取り扱い説明書に沿って作業を行う必要があります。
例えば、ビスで固定するタイプの電子錠の場合は、「どの位置に固定するのが適切か」「どのように固定するのか」などが取り扱い説明書に記載されています。

なお、強力な粘着テープで固定するタイプの場合は、フィルムを剥がしてドアに貼り付けるだけですので、そこまで難しい作業はありません。

ただし、貼り付ける場所を見極めないと「施錠できない」といった問題が発生しますので、実際に貼り付ける前に電子錠をドアにあてて、細かく位置を確認しながら取り付けます。

まとめ

このページでは、後付けできる電子錠の種類やおすすめ商品、取り付け方法などについてご紹介しました。

玄関の防犯に不安がある方や、鍵の使い勝手に不満を感じている方は、電子錠の導入がおすすめです。
とはいえ、近年は電子錠の種類や商品が非常に多いので、迷ってしまうことでしょう。

「どれを選べば良いのか分からない」という方は、今回ご紹介した内容を参考にしながら、あなたの希望する機能が搭載された電子錠を選んでみてください。

全国・即日対応!
鍵のトラブルであれば、どんな作業でもご対応可能!
ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。