鍵修理

ドアがうるさい!「バタン」と閉まる音をなくす対処法

開閉時の音がうるさいドア

あなたは、ドアの「バタン」といううるさい音に悩み、対処法をお探しの最中ではありませんか?

ドアがバタンと閉まると、とてもうるさいので困りますよね。
そのうえ、うるさいだけではなく、うっかりドアに指を挟んで怪我をしてしまうかもしれません。

また、ドアがバタンと閉まる原因は、設備が問題を抱えている場合もあります。
早めに対処しないと、さらに設備の状態が悪化して、高額な修理・交換費用が発生してしまうかもしれません。

そこで、今回はドアがバタンとしまってうるさいときの原因や対処法についてご紹介します。
思いがけない出費や、怪我を防ぐためにも、今回の記事を最後までチェックしてみてください。

ドアがうるさい原因

ドアを閉めたとき、うるさい原因は主に3つが挙げられます。
まずは、ドアがうるさい具体的な原因と詳細について見ていきましょう。

ドアクローザーが付いていない

ドアがうるさい原因として挙げられるのが、「ドアクローザーが付いていない」というものです。

ドアクローザーとは、ドアの上部に設置されている部品のことで、ドアが閉まるスピードを遅くする機能があります。

しかし、建物によってはドアクローザーが付いていないこともあり、ドアを閉めるときのスピードが速く「バタン」と大きな音が鳴ってしまいます。

ドアクローザーに不具合が生じている

ドアクローザーに不具合が生じていると、ドアがバタンとうるさい音を立てることがあります。

ドアクローザーに不具合があると、ドアが閉まるスピードが速くなってしまい、大きな音を立ててしまうことがあるのです。

ドアクローザーの不具合の原因は「経年劣化」「故障」などがあります。
ちなみに、ドアクローザーから油漏れが発生している場合は、経年劣化のサインですので交換が必要です。

ドアやドア枠のクッション材が劣化している

ドアやドア枠のクッション材の劣化で、ドアがうるさくなることもあります。

クッション材が劣化すると、ドアとドア枠があたったときに大きな音がするのです。

建物によってドアやドア枠のクッション材の有無は異なりますが、クッション材が劣化していたり、そもそもクッション材がない場合は、それがドアのうるさい音の原因でしょう。

ドアがうるさくて悩んでいる方は、一度クッション材の状態を確認してみてください。

ドアのうるさい音をなくす対処法

ドアのうるさい音をなくす対処法

ドアのうるさい音をなくすにはどうしたら良いのでしょうか。
ここからは、ドアのうるさい音を解決するための効果的な対処法についてご紹介します。

ドアクローザーを導入する

ドアの上に「ドアクローザー」が付いていない場合は、ドアクローザーを新しく導入しましょう。

ドアクローザーを付ければ、ドアが閉まるスピードを遅くすることができ、「バタン」という大きな音を防げます。

自分で取り付けることもできますが、作業に不安を感じる方はドアの修理業者に相談してください。

ドアクローザーを調整・交換する

すでにドアクローザーが取り付けられている場合は、ドアクローザーを調整・交換することで、ドアの音を軽減できる場合があります。

ドアクローザー本体の横に「調整弁」と呼ばれるネジが取り付けられています。
ドライバーで調整弁を回すだけで、ドアの閉まるスピードを調整できます。

ただし、調整弁を緩めすぎると油漏れを起こし、締めすぎるとドアが閉じるスピードが遅くなりすぎるので、少しずつ調整しましょう。

ドアやドア枠のクッション材を交換する

ドアやドア枠のクッション材が劣化している場合は、クッション材を交換することでドアのうるさい音を改善できます。

クッション材の交換方法は、決して難しくありません。
既存のクッション材をひっぱって取り外し、新しいクッション材をレール部分に取り付けるだけです。

クッション材が接着剤で固定されている場合もありますので、うまく取り外せない場合はヘラなどで削ぐようにして取り除いてください。

また、ドア枠にレールがない場合は、粘着テープで取り付けるタイプを使用してください。

クッション性のあるすきまテープをドア枠に貼る

クッション材が取り付けられていない、もしくはクッション材の交換が難しいという場合は、クッション性のあるすきまテープをドア枠に貼りましょう。

クッション性のあるすきまテープをドア枠に貼るだけで、ドアとドア枠があたったときの「バタン」という音を軽減できます。

なお、すきまテープを貼るとき、ドア枠全体に貼る必要はありません。
ドア側面の一部にクッション性のあるすきまテープを貼るだけで十分効果がありますので、10センチほどにカットしたものをドアの側面に貼り付けましょう。

ラッチに布テープを貼る

ドアを閉めたときの「バタン」という音ではなく、「カチャッ」という音が気になる方は、ラッチに布テープを貼るのがおすすめです。

ラッチを引っ込めた状態で布テープを貼れば、ラッチが飛び出さなくなり、開閉時に「カチャッ」という音がなりません。

ただし、ラッチに使用するテープは必ず「布テープ」を使用してください。
粘着力が強すぎるテープでは、いざ剥がすときに綺麗に取れず、跡が残ってしまう場合があります。

「バタン!」とうるさいドアは家族トラブルの元にも

「バタン」とうるさいドアの音は、家族トラブルの元にもなってしまいますので注意してください。

特に、家族が寝静まった後にドアを開閉する場合、毎度バタンとなっていては家族に迷惑がかかりますし、喧嘩にまで発展してしまうかもしれません。

バタンとうるさいドアは、日常生活における家族のストレスにもなりますので、早めに対処しておくことをおすすめします。

ドアをリフォームして音を解消するのもおすすめ

うるさいドアに悩んでいる方は、思い切ってドアをリフォームし音を解消するのも良いでしょう。

静かに閉まるドアへとリフォームすれば、「バタン」という音に悩まされることなくドアを開閉することができます。

ドアをリフォームする場合、大きな出費が発生してしまいますが、家族みんなが快適に過ごせるようになりますので、長い目で見てリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

このページでは、うるさいドアに悩んでいる方に向けて、原因や対処法についてご紹介しました。

ドアを閉めるたびに「バタン」となるのはうるさいですし、ストレスも感じますよね。
また、うるさいドアは家族との喧嘩など別のトラブルも起こしてしまいますので、早めの対処が必要となります。

現在、うるさいドアの対処法をお探しの方は、今回ご紹介した内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。
また、必要に応じて、ドアのリフォームも検討してみてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。