鍵修理

ドアに鍵を後付けするには?鍵の種類や方法・注意点を解説!

ドアに鍵を後付けするには?鍵の種類や方法・注意点を解説!

自宅のドアに後付けで鍵を付けたいと思うこと、ありますよね。

自宅のトイレや浴室にはプライバシーのためにはじめから鍵が付いていると思います。
しかし、子供が生まれたり、ペットを飼い始めたり、室内でのプライバシー確保のためだったりと、さまざまなタイミングで鍵を後付けしたいと思うこともあるのではないでしょうか。

現在鍵が付いていないドアでも、鍵だけを後付けすることができます。
ここでは、ドアに鍵を後付けする方法と、後付けする際に事前に知っておくべきことを紹介します。
正しい方法を知った上で、鍵の後付けを行う際の参考にしてみてください。

ドアに鍵を後付けする前に確認すべき5つのこと

ドアに鍵を後付けする前に確認すべき5つのこと

ドアに鍵を後付けする際に、事前に確認すべきことがあります。
特に重要なことは、以下の5つです。

  • 鍵を後付けするドアの種類
  • どこから施解錠できるようにするか
  • 鍵を後付けするドアの状態・取り付けの条件と寸法
  • どの程度の防犯性が必要か
  • 鍵の取り付けは誰が行うか

上記の項目を事前確認せずに作業を進めると、思わぬところで失敗することがあるため注意が必要です。
以下でそれぞれ確認すべきことについて詳しく紹介していきます。

鍵を後付けするドアの種類

鍵を後付けする際には、鍵を後付けしたいドアがどんな種類のドアかをチェックしておきましょう。
ドアの種類には、主に以下の3つのものがあります。

  • 開き戸(内開き)
  • 開き戸(外開き)
  • 引き戸など

同じ開き戸でも、内開きか外開きかによって特徴は異なります。
内開きか外開きかによって使い勝手のよい鍵の種類が変わることもあるため、開き方も含めて確認が必要です。

引き戸の場合には、後付けで鍵を取り付けることもできますが、場合によってはドアを丸ごと交換することもあります。
また、引き戸は特に大掛かりな作業になることも多く、一枚扉か二枚扉かによっても違うため、詳細まで確認しておきましょう。

どこから施解錠できるようにするか

ドアに鍵を後付けする際には、事前に室内か室外のどちらから施解錠できるようにするかを決めておく必要があります。

どちらから施解錠できるようにするかは、鍵を後付けする目的による違いが大きいです。
例えば防犯性を重視するなら、室内からのみ施解錠できるようにする必要があります。

後付けできる鍵の種類は豊富で、内側と外側のどちらか一方から施解錠するものだけでなく、両側から施解錠できるものもあります。
子供部屋などに取り付けるのであれば、本人の了承を得た上で、両側から施解錠できるようにするという方法も可能です。

このように、防犯やプライバシーの保護、利便性などを考えて、事前に施解錠できる場所を決めると良いでしょう。

鍵を後付けするドアの状態・取り付けの条件と寸法

ドアの状態のチェックも重要で、取り付けの条件や寸法といった細かい部分まで確認が必要です。

後付けの鍵はどのようなドアにも取り付けられるわけではなく、状態によっては取り付けが難しいか、不可能ということもあります。

鍵を取り付けるの際には、ドアや壁に穴を開けることもあり、これが可能かはチェックしておかなければなりません。

また、ドアノブを鍵付きのものに交換するという方法もありますが、これを行うためには、そもそもドアノブが取り外しできることが条件です。
メーカーによってドアノブの取り外しの可否は違い、ドアやドアノブの大きさ、分厚さなども異なります。
そのため、各部位の寸法やメーカーのチェックは必須で、これを怠ると購入した鍵が合わずに、取り付けができないこともあります。

どの程度の防犯性が必要か

後付けする鍵に、どれくらいの防犯性を期待するのか明確にしておくことも重要です。

高い防犯性を求めるなら、より強固な鍵を選んで交換することが望ましいでしょう。
場合によっては従来の鍵に加えて、2重、3重にロックできるものを選択することも考えらえます。

防犯性を高くしたいのに、誤って簡単に施解錠できる鍵を選んでしまうと、鍵を後付けする意味がほとんどなくなってしまいます。
防犯性に気を使っている人は、鍵を後付けする前に、鍵にどの程度の防犯性を求めるのかも明確にしておきましょう。

ただし、防犯性がそれほど必要でない方は、施解錠の簡単な鍵を選ぶことも一つの手です。

鍵の取り付けは誰が行うか

取り付ける鍵が決まったら、自分で取り付けるか業者に取付を依頼するかを決めましょう。

鍵の種類によって異なりますが、後付けは基本的に自分でもでき、DIYで行うと費用は安くなります。
一方、業者に依頼すると手間はかかりませんが、その分費用は高くなります。

作業の手間や費用面を比較して、どちらがよいのかを選択しましょう。
コスト重視なら自分で、安心感や確実性を求める場合は、プロに依頼することがおすすめです。

ドアに後付けできる鍵の種類

ドアに後付けできる鍵の種類

後付け可能な鍵の種類は数多くあるため、どの種類の鍵を取り付けるかも決めなければなりません。
代表的な種類だと、次の3つが挙げられます。

自分で施工する場合の費用 業者に依頼する場合の費用
鍵内蔵のドアノブ 約3,500円〜 約8,000円〜
取り外し可能な補助鍵 約2,500円〜 自分で設置可能
固定式の後付け鍵 業者の工事が必要 約12,500円〜

それぞれの特徴や設置時の費用の違いを知って、最適なものを選ぶようにしましょう。

鍵内蔵のドアノブ

鍵が内蔵されているタイプのドアノブがありますが、これなら現在設置されているドアノブと交換するだけで鍵が取り付けられます。
ドアノブの種類によっても異なるものの、交換はそれほど難しくはないため、DIYが得意なら自分でやることもおすすめです。

プロに依頼すると楽ですが、相場で考えただけでも自分でやる場合に比べて、倍近くの費用がかかります。
鍵内蔵のドアノブは、作業が比較的簡単に行えることに加えて、ドア自体の外観がほとんど変化しない点も特徴です。
そのため、外観にできるだけ影響を与えずに、鍵だけを後付けしたい場合にもおすすめです。

取り外し可能な補助鍵

簡単に取り外しができる補助鍵は、安価で購入や設置ができる点が特徴です。
種類は幅広くあり、商品によって金額は異なりますが、安いものなら10,000円を下回ることもあります。

商品ごとの説明書を読んで作業するだけで、簡単に設置できるため、基本的には業者を呼ぶことはありません。
補助鍵の種類は豊富で、ねじ式で固定するものから、さらに簡易的に粘着テープで固定するものまであります。

固定式の後付け鍵

現在使用しているドアに、固定式の後付け鍵を付けることも可能です。
固定式の鍵は安全性が高い分、作業が大掛かりになりやすく、手間もかかります。
さらにドアの状態によっては、ドアに穴を開けるだけでなく、壁にまで穴を開けなければならないこともあります。

DIYでの取り付けも可能ですが、ドリルなどの工具が必要になることも多く、難易度は高いです。
無理に取り付けようとすると失敗する可能性が高い種類のため、難しいと判断したら、無理をせずにプロに任せることをおすすめします。

ドアに鍵を後付けする方法

ドアに鍵を後付けする方法

取り付けする鍵の種類を選んだら、実際に後付けする方法を見ていきましょう。
取り付ける鍵の種類によって、作業工程は大きく異なります。
鍵内蔵のドアノブの交換と補助鍵、固定式の後付け鍵では、取り付け方にどのような違いがあるのかを、確認しておきましょう。

鍵内蔵のドアノブの場合

今使用しているドアノブを、鍵が内蔵されたドアノブに交換する手順は、次の通りです。

  • 内側のノブを外す
  • 丸座・座金を外す
  • 外側のノブ・フロント板を外す
  • 外したときと逆の手順で新しいノブを付ける

まずは、内側からドアノブを外します。
ドアノブの内側の付け根部分には小さな穴があり、ここにマイナスドライバーなどの細いものを強く差し込みます。
差し込んだ状態でドアノブを引くと、内側部分を外すことが可能です。

また、ドアノブの種類によっては、反時計回りに回すことで外せるものもあります。
ドアノブを外したあとは、丸座という円状の台座のような部品を外します。
これもドアノブと同様で、周囲に一部小さな穴があるため、そこにマイナスドライバーを差し込み、引き起こしましょう。

その後、座金と呼ばれる部位が出てくるため、プラスドライバーで周囲のネジを緩めて外します。
ここまで外すと、外側のドアノブが引き抜けるようになります。
引き抜いたあとは、ドア側面に取り付けられたフロント板のネジを外して、分解作業は終了です。
あとは鍵内蔵のドアノブを用意し、外した手順を逆からなぞると取り付けは完了します。小さな部品が多いため、作業中は部品をなくさないように注意しましょう。

補助鍵の場合

取り付けが簡単な補助鍵は、どのような種類を選ぶかによって設置方法が変わります。
鍵ごとの違いが大きいため、説明書を読みながら取り付け作業をすることをおすすめします。

鍵の種類によって多少難易度の違いはありますが、基本的にはどれもDIYでできる程度です。
一部、ドライバーなどの簡単な工具を使用するものもあるため、購入時に必要なものはないかもチェックしておきましょう。

固定式の後付け鍵の場合

固定式の後付け鍵も種類が多く、どれを取り付けるかによって手順は異なります。
ただし、どの鍵を付けるにしても、金具の設置や穴あけ作業が必要なことが多いため、他の後付け鍵よりも本格的な工具を用意しなければならないことが多いです。

後付け鍵の中では、比較的難易度が高い種類といえるため、無理をせずにプロに任せることがおすすめです。
固定式の後付け鍵は防犯性が高いですが、自分で無理に取り付けて失敗すると、防犯性の確保ができないこともあるため、注意しなければなりません。

ドアに鍵を後付けする際の3つの注意点

ドアに鍵を後付けする際の3つの注意点

防犯性やプライバシーの保護を考慮して、鍵を後付けすることはおすすめですが、一部注意点もあります。

  • 鍵を取り付けることでトラブルにつながることもある
  • 賃貸住宅の場合には事前に大家さん・管理会社に申請する
  • 賃貸住宅の場合はなるべく業者に依頼・周囲にも配慮する

取り付けで失敗やトラブルを起こさないためにも、3つの注意点をしっかり把握しておきましょう。

鍵を取り付けることでトラブルにつながることもある

ドアに鍵を後付けすることで、防犯性を高められたり、プライバシーの保護に役立ったりというメリットがあります。
反面、以下のようなデメリットもあり、鍵の後付けはトラブルにつながることもあるため注意しなければなりません。

  • 緊急時にトラブルが悪化する場合がある
  • 鍵を紛失する可能性がある

例えば、鍵のかかった部屋の中で急病人が出たり、火事などのトラブルが起きたりした場合は、室内に入ることが難しいため、救助が遅れるケースがあります。
また、そもそも部屋が閉め切られているせいで、中のトラブルに気づかずに、事態の悪化を招いてしまうこともあります。

また、差し込み式の鍵を取り付けた場合は、それを紛失すると部屋に入ることができません。
ほかにも、鍵を拾われると、拾った人が自由に出入りできてしまうため、防犯上の問題もあります。
工夫次第では防げるデメリットではありますが、鍵の後付けがメリットばかりではないことは、理解しておきましょう。

賃貸住宅の場合には事前に大家さん・管理会社に申請する

持ち家なら、自分の好きなように鍵の後付けをして構いませんが、賃貸住宅に住んでいる場合は注意が必要です。
賃貸住宅で鍵を後付けするなら、作業前に大家さんや管理会社に相談し、後付けしてもよいか許可を得なければなりません。

賃貸住宅では、部屋の改変、改造は禁止されており、無許可で行ってしまうと、あとでトラブルになることも多いです。
特に、退去時には部屋を隅々まで改められるため、そのときに後付けの鍵が見つかったら、思わぬ撤去費用がかかることもあります。
賃貸物件によっては、「原状回復」を求められることもあります。

取り付ける鍵の種類によっては、大掛かりな作業を必要とするため、事前に申請して承諾を得てから作業を開始するようにしましょう。

賃貸住宅の場合はなるべく業者に依頼して近隣にも配慮する

大家さんや、管理会社から鍵の取り付け作業の許可が出たからといって、周囲への配慮が不要なわけではありません。
周囲の人に迷惑をかけないためにも、確実かつ素早く作業を終えられる業者に頼むことがおすすめで、簡易的なものを除いては、プロに任せるようにしましょう。

自分で作業をしていると、鍵の取り外しをしていることで怪しまれたり、ドアを破損して大家さんや管理会社に迷惑をかけてしまう可能性があります。
また、業者に依頼する場合でも、作業者の出入りや音の問題などもあるため、近隣の人には事前に伝えておくことがマナーです。

ドアへの鍵の後付けは目的に合わせて慎重に行う

既存のドアに鍵を後付けすることで、多数のメリットがありますが、鍵さえ付くなら何でもよいわけではありません。
目的によって、後付けする鍵の種類は異なり、現在のドアの種類によっても取り付け可能な鍵は変わります。
ドアの状態をよく見極めて、何のために鍵を付けるのかを明確にし、慎重に取り付ける鍵を選びましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。