鍵修理

ドアクローザーの修理・交換にかかる費用相場と自分で交換する方法を解説

ドアクローザーの修理・交換にかかる費用相場と自分で交換する方法を解説

あなたは、「ドアが勢いよく閉まって指を挟みそう」「ドアクローザーから油が漏れるようになった」などドアクローザーの不具合に悩んでいらっしゃいませんか?

ドアクローザーに問題がある場合、修理や交換が必要となりますが、業者に依頼する場合は数千円~数万円の費用が発生します。
ドアクローザーの修理・交換に関する正しい費用相場を把握しておかないと、「予想外の高額出費」となってしまったり、業者からのぼったくりに気がつかなかったりするかもしれません。

そこで、今回はドアクリーザーの修理・交換にかかる具体的な費用相場や、自分で交換する方法についてご紹介します。
ドアクローザーの修理・交換で損をしたり、自分で対処して失敗したりしないためにも、このページをしっかりと読み込んでください。

ドアクローザーの修理・交換にかかる費用相場

ドアクローザーの修理・交換にかかる費用相場は、「鍵業者に依頼する場合」と「自分で対処する場合」とで異なります。

まずは、それぞれの費用相場について、詳しく解説します。

鍵業者に依頼した場合の料金相場

ドアクローザーの修理・交換にかかる費用相場は、「作業内容」「使用する部品」などによって異なります。
具体的な費用相場については、下記をご覧ください。

料金の詳細 費用相場
部品代1~3万円
交換費用1~2万円
修理費用5,000~1万円
交通費出張場所・会社の料金設定による

一口に「ドアクローザー」といっても、製品によって費用が異なります。
部品代は「1万~3万円」を目安として覚えておきましょう。

また、「ドアクローザーの交換」「ドアクローザーの修理」など、作業内容によっても費用相場は異なります。
一般的に、「ドアクローザーの修理」のほうが安く済みます。

ちなみに「交通費」に関しては、業者ごとに料金設定が大きく異なりますし、業者の拠点からあなたの家までの距離によって料金が変動します。

交通費の実際の料金は5,000円前後となることが多いものの、ケースによって費用に違いがありますので、業者に問い合わせたときにご確認ください。

自分で修理・交換する場合の料金相場

自分で修理・交換する場合は、使用する部品によって料金が変わりますが、おおよその相場は9,000~5万円です。
費用の詳細については、下記をご覧ください。

部品・道具 料金相場
新しいドアクローザー5,000~2万円
電動ドリルドライバー3,000~1万5,000円
ドライバー100~2,000円
ガムテープ100~500円
脚立1,000~1万円

自分で修理・交換する場合は、ホームセンターで道具を購入する必要があります。
自分で修理・交換する場合、様々な商品を比較して購入できるので、費用を抑えやすいというメリットがあります。

また、ドライバーやガムテープは100円ショップでも販売されていますので、手軽に安く入手することができます。
DIYが得意な方は、業者にドアクローザーの修理・交換を依頼するよりも、自分で対処したほうが安価に済ませることができるでしょう。

自分でドアクローザーを交換・修理する方法

自分でドアクローザーを交換・修理する方法

自分でドアクローザーを交換・修理する場合、「必要な道具」と「正しい手順」を把握しておかなければなりません。
スムーズに作業を進めるためにも、ここからの内容をしっかりとご確認ください。

ドアクローザーの交換に必要な道具

ドアクローザーの交換に必要な道具は多いので、忘れないようにしましょう。
必要な道具について具体的には、下記を参考にしてください。

  • 電動ドリル(またはインパクトドライバー)
  • ドライバー
  • 取替用ドアクローザー
  • テープ
  • 脚立

電動ドリルやドライバーは、ネジの取り外しや取り付けに使用します。
また、新しく穴をあける際にも電動ドリルが必要となります。

取り換え用ドアクローザーは、購入前に製品の詳細をよく確認し、取り付けを予定している場所に使用できるかを判断してください。
テープは、新しく購入した取替用ドアクローザーに付属している型紙を、ドアに貼り付けるときに使用します。

なお、ドアクローザーの交換は高所の作業となりますので、脚立もご用意ください。

ドアクローザーの交換手順

ドアクローザーの交換手順は、大きく分けて「今あるドアクローザーを取り外す」「新しいドアクローザーを取り付ける」の2つがあります。
それぞれの手順について、下記をご確認ください。

今まで使っていたドアクローザーを取り外す

  1. リンクとアームのネジを全て取り外す(可動部分のこと)
  2. リンクとアームを取り外す
  3. ブラケット(ドア枠上部に触れている部品)のネジを取り外す
  4. ブラケットを取り外す
  5. ドアクローザーの本体を固定しているネジを取り外す
  6. ドアクローザーを取り外す

新しいドアクローザーを取り付ける

  1. ブラケットをネジでドア枠に取り付ける
  2. スライド板(薄い金属板のようなもの)をネジでドアに取り付ける
  3. ドアクローザーの本体にアームを取り付ける
  4. ドアクローザーの本体をドアにネジで取り付ける
  5. リンクとアームを連結させる

ドアクローザーの部品を固定しているネジを取り外す際、「部品が動いてネジを動かしにくい」という場合は、部品をおさえながらゆっくりと作業を行ってください。

また、新しいドアクローザーを取り付ける際には、それぞれの部品の向きに注意しましょう。
付属の説明書を確認しながら、正確にドアクローザーの取り付けを進めてください。

ドアクローザーを調整する方法

ドアクローザーを自分で調整する場合、正しい手順を把握してから行わないと、不具合が悪化してしまう可能性があります。
「ドアがバタンと音を立てて閉まる」という場合は、正しくドアクローザーを調整してみてください。

具体的な、ドアクローザーの調整方法は、下記の通りです。

  1. ドアクローザー側面の「スピード調整弁」を探す
  2. ドライバーでスピード調整弁を回す(2回転まで)
  3. ドアを開閉して動作確認を行う

ドアクローザーのスピード調整弁を回す際、必ず「2回転まで」を守ってください。
スピード調整弁を2回転以上回してしまうと、油漏れの原因となってしまいます。
また、ドアの開閉が固くなってしまうという場合もありますので、スピード調整弁は2回転以上回さないようにしてください。

ドアクローザー交換のサイン

ドアクローザーの状態によっては、調整や修理では対応ができず、「交換するしかない」という場合があります。

ドアクローザーの交換サインは大きく2つで、「ドアクローザーを調整してもドアが閉まる速度が改善されない」「油が漏れる」です。

ドアクローザーを調整してもドアが閉まる速度が改善されない場合、ドアクローザー本体が故障している可能性が高いといえます。

また、ドアクローザーから油が漏れるようになった場合も、本体の故障のサインといえます。

上記の現象がある場合は、ドアクローザーを交換してください。

ドアクローザーの修理・交換は業者に依頼しよう

ドアクローザーの修理や交換は、業者に依頼することをおすすめします。

ドアクローザーの修理や交換は自分で行うこともできますが、高所での作業となりますのでうっかり落下してけがをするリスクがあります。

また、作業に慣れていない方の場合、ドアクローザーの修理・交換に時間がかかったり、購入した部品を壊してしまう可能性がありますので、自分でドアクローザーを修理・交換することはおすすめできません。

ドアクローザーの修理・交換は、業者に依頼したほうが「短時間で作業が完了する」「不備なく取り付けてくれる」などメリットがあります。

まとめ

このページでは、ドアクローザーの修理・交換にかかる費用相場や、自分で行う場合の作業方法、交換サインについてご紹介しました。

ドアは毎日使う場所だからこそ、ドアクローザーに不具合があると不便です。
また、勢いよくドアが閉まるような場合は「ドアとドア枠の間に指を挟む」「ドアに身体がぶつかる」など、怪我をする可能性もありますので、早めに対処しなければなりません。

ドアクローザーの不具合にお悩みのあなたは、このページを参考にしながら、適切に対処してください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
ドア修理を依頼する
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます
ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。