鍵修理

鍵が入るのに回らない原因は?今すぐなんとかする方法と修理について

鍵が入るのに回らない原因は?今すぐなんとかする方法と修理について

鍵をかけるときや開けるときにトラブルがあると焦ってしまいますよね。
特に、急いでいるときには「今すぐなんとかしたい!」という気持ちでいっぱいのはず。

鍵が入るけれど回らないときに、一番簡単に試せる対処法は「スペアキーで開けてみる」という方法です。
普段使っている鍵せは開かないけれど、普段使わないスペアキーでなら開くということは意外とあります。

鍵が入るけれど開かないとき、絶対にしてはいけないことが3つあります。

  • 無理に鍵を回す
  • 鍵穴専用ではない油や潤滑油を鍵穴に入れる
  • そのままにしておく

上記の3つの行動は、最悪の場合、鍵を壊してしまう可能性があるので絶対にやってはいけません。

では、鍵が回らなくなって、スペアキーも使えなかった場合、どうすればよいのでしょうか?
以下で説明していきますので参考にしてください。

鍵が回らないときにまず確認したいこと

鍵が回らないときにまず確認したいこと

鍵が入るけど回らないときには、慌てずにまず確認しておくべきことがあります。
次の3つのポイントを確認してください。

  • ドアと接している部分に異常がないか
  • ドアノブに異常がないか
  • スペアキーでは使えるか

まず、ドアと接している部分やドアノブに、「がたつく」「ずれている」など、何らかの異常がないか確認しましょう。
ドアやドアノブに明らかな異常がある場合は、スペアキーでも回りません。
自分で今すぐなんとかするのは難しいので、すぐに鍵屋さんに相談しましょう。

ドアやドアノブに異常が見られない場合、スペアキーで鍵が回るかどうか試してみましょう。
スペアキーでなら鍵が回る場合、鍵穴よりも、普段使っている鍵のほうに問題がある場合があります。
その場はスペアキーで鍵を回し、普段の鍵は改めて鍵屋さんに持って行きましょう。

困るのは、ドアやノブに明らかな異常もないのに、スペアキーでも鍵が回らない場合です。
この場合、鍵穴に問題があることが多いのですが、自分で何とか対処できることもあります。
もちろん、確実に鍵穴を直すためには、鍵業者を呼ぶのが一番です。
しかし、「お金をかけたくない」「今すぐなんとかしたい」などの理由で、自分で対処したい人もいるのではないでしょうか?

ここからは、鍵が入るけれど回らないとき、自分でどのような対処ができるか紹介していきます。

鍵が入るけど回らないときの対処法

鍵が入るけど回らないときの対処法

鍵が入るけど回らないときには、次の対処法を試してみてください。

  • 鍵と鍵穴の汚れを取り除く
  • 鍵屋さんに鍵交換もしくは修理してもらう
  • 専用の潤滑剤を注入する
  • 鍵のギザギザ部分をえんぴつでなぞる

それぞれの対処法について詳しく知りたい方は、ここからご紹介する内容をご確認ください。

鍵と鍵穴の汚れを取り除く

鍵が入るけど回らない場合、まずは鍵(キー)と鍵穴の汚れを取り除きましょう。

鍵穴の場合は、「掃除機で吸い取る」「ブロアーで吹き飛ばす」などが効果的です。

鍵(キー)に頑固な汚れが付着している場合は、「水拭きする」「水洗いして陰干しする」などを試してみてください。

鍵屋さんに鍵交換もしくは修理してもらう

鍵が入るけど回らないとき、鍵屋さんに鍵交換もしくは修理をしてもらうのもおすすめです。
とくに、鍵穴の中に汚れがある場合や、鍵穴もしくはドア側に問題がある場合、専門的な知識を持たない方では、自分で対処するのは難しいといえます。

鍵交換・修理をプロに依頼して、今すぐ問題を解決しましょう。

専用の潤滑剤を注入する

鍵穴専用の潤滑剤を注入することで、鍵(キー)が回らない状態を解決できることがあります。

鍵穴専用の潤滑剤を注入すると、鍵穴内部の各部品と鍵(キー)の摩擦を軽減することができ、スムーズに回しやすくなるのです。

また、鍵専用の潤滑剤を使用すれば、効果が長持ちしやすいので、頻繁に潤滑剤を注入する必要がありません。

鍵のギザギザ部分をえんぴつでなぞる

鍵(キー)のギザギザ部分をえんぴつでなぞると、鍵(キー)と鍵穴内部の部品の摩擦を減らし、鍵(キー)を鍵穴に差し込んだ状態で回せるようになることがあります。

えんぴつの芯には「黒鉛」と呼ばれる成分が使用されていて、黒鉛が金属に触れると潤滑剤のような働きをしてくれるのです。

鍵穴の中には製造時に潤滑剤が使用されています。
鍵穴の中の潤滑剤と黒鉛の相性が良いのも、えんぴつでなぞるだけで鍵(キー)を回しやすくしてくれる理由のひとつです。

鍵が入るけど回らないときのNG行為

鍵が入るけど回らないときのNG行為

鍵が入るけど回らないとき、次の行為は絶対にしてはいけません。

  • 無理に鍵を回す
  • 鍵穴に水分がある状態で専用潤滑剤を注入する
  • 鍵穴に食用油を注入する
  • 市販の潤滑剤を注入する
  • 鍵が回らない状態を放置する

なぜ、上記がNG行為となるのか詳細を下記からご確認ください。

無理に鍵を回す

鍵が入るけど回らないとき、無理に鍵を回すのは絶対にやめましょう。
無理に鍵(キー)を回すと、鍵穴周りの部品が故障してしまいます。

また、鍵(キー)が折れるといったさらなるアクシデントも考えられますので、無理に鍵を回さないでください。

鍵穴に水分がある状態で専用潤滑剤を注入する

鍵穴に水分がある状態で、鍵穴専用潤滑剤を注入するのはNGです。

鍵穴専用の潤滑剤はパウダー状ですので、本来はホコリが付着しにくいようになっています。
しかし、鍵穴の中に水分がある状態で専用潤滑剤を注入すると、鍵穴内部で小さな塊となり、鍵が回りにくくなってしまうのです。

雨が降っているときに潤滑剤を使用するのは避けるなど、鍵穴の中に水分がないときに潤滑剤を注入してください。

鍵穴に食用油を注入する

潤滑剤代わりに、鍵穴に食用油を注入するのはやめてください。
鍵穴内部のホコリと食用油が混ざり、鍵が回しにくくなってしまいます。

また、そもそも食用油は鍵穴に注入するために作られているものではありませんので、鍵穴のトラブル解消として食用油を使用するのは避けましょう。

市販の潤滑剤を注入する

鍵穴専用ではない、市販の潤滑剤は鍵穴に使用してはいけません。
上述した食用油同様に、鍵穴の中のホコリと混ざり、鍵が回りにくくなってしまいます。

また、潤滑剤の性質によっては、ネバついてより鍵穴の中の状況を悪化させてしまうこともありますので、潤滑剤を使用するときには「鍵穴専用」を使用してください。

鍵が回らない状態を放置する

鍵が回らない状態を放置するのは大変危険です。

「あとでなんとかしよう」と思って、鍵トラブルの対処を後回しにしていると、空き巣に侵入される可能性が高くなります。
鍵が回らない状態を放置するのは防犯面から見て危険ですので、早めに鍵業者に依頼するか、自分で対処してください。

鍵のトラブルを防ぐためには

鍵のトラブルを防ぐためには

鍵のトラブルを防ぐ方法として、3つが挙げられます。

  • 定期的に鍵穴と鍵を掃除する
  • 10年を目安にトラブルが起きる前に鍵交換する
  • 鍵の差し込みや回すときの力加減に注意する

上記の方法について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

定期的に鍵穴と鍵を掃除する

「鍵は入るけど回らない」という状態を予防するためには、定期的に鍵穴と鍵を掃除しましょう。

汚れが溜まる前に鍵穴と鍵を掃除することで、突然の鍵トラブルを予防することができます。
「週に1回鍵と鍵穴のホコリを取り除く」「こまめに鍵(キー)を柔らかい布で拭く」など、鍵穴と鍵の掃除を習慣化してみてはいかがでしょうか。

10年を目安にトラブルが起きる前に鍵交換する

鍵のトラブルを防ぐためにも、10年を目安に鍵交換を行いましょう。

鍵は10年使用すると、トラブルが発生しやすくなります。
鍵は毎日使用するものですから、あなたが思っている以上に負担がかかっているものです。

使用して10年が経過した鍵は交換を計画し、ついでに防犯性能の高い鍵の取り付けを検討するのがおすすめです。

鍵の差し込みや回すときの力加減に注意する

鍵トラブルの予防には、鍵の差し込みや、回すときの力加減にも注意しましょう。

毎回強い力で鍵を差し込んだり、勢いよく鍵を回したりすると、鍵への負担が大きくなってしまいます。
劣化を早めてしまうだけでなく、故障の原因にもなってしまいますので、注意してください。

鍵が入るけど回らないときは業者に相談しよう

鍵が入るけど回らないときは業者に相談しよう

鍵が入るけど回らないときは、業者への相談が無難です。
自分でできる鍵トラブルの対処法はいくつかありますが、あくまでも「応急処置」のレベルですので、根本的な解決にはなりません。

鍵が入るけど回らないときは、業者への相談を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

このページでは、「鍵が入るけど回らないときの対処法」についてご紹介しました。

鍵が入るけど回らないと、急いでいるときや荷物を持ってるときなどは本当に困りますよね。
「今すぐなんとかしなければ」と考えるのは当然のことといえます。

もし、鍵が入るけど回らない、といったトラブルに悩まされている方は、今回ご紹介した内容を参考にしながら、一つずつ対処法を試してみてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。