ハウスクリーニング

引越しのときにハウスクリーニングは必須?相場など損しないための知識

引っ越し時にハウスクリーニングをしている写真

引っ越しを控えているというあなたの悩みのひとつに、「ハウスクリーニングをしてから退去しなければならないの?」というものはないでしょうか。

賃貸物件の場合、借主であるあなたの行わなければならないハウスクリーニング範囲はどこまででしょう。
「どうせ、次の借主のためにオーナーがハウスクリーニングをするのだから、私がハウスクリーニングをする必要はないのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

結論から述べると、賃貸退去時に、最低限のハウスクリーニングは必要です。
最低限のクリーニングに必要な費用や、手際よく引越しするコツもお伝えするので、どうぞお役立てください。

引越しのときに必要なハウスクリーニングの範囲

引っ越し時に必要なハウスクリーニングの範囲

これまで生活してきた家(部屋)には、少なからず汚れが残っているものです。
水回り部分は、そのトップでしょう。

引越しに伴うハウスクリーニングは、「あなたの生活の痕跡」をできるだけ消すという作業です。
入居前の状態にまでする必要はありませんが、せめてオーナーに「汚いな」と思わせない程度のハウスクリーニングをしなければなりません。
あまりに乱雑なまま退去してしまうと、敷金から余計にハウスクリーニング費用が差し引かれたり、ときに敷金以上の費用が請求されたりすることもあるので注意しましょう。

では、具体的にどのようにハウスクリーニングすればよいのでしょうか。

  • 自分が汚してしまった箇所
  • どこまできれいにすればいいのか

この2点について、ご説明します。

自分が汚してしまった箇所をクリーニングする

まず、考えなくてはならないのは、「自分が汚してしまったところはどこか」、「どの程度か」ということです。
生活をするうえで、家(部屋)が汚れないことはありません。
退去時、特に気を付けて清掃しなければならないのは、次のポイントです。

  • 水回りの水垢/カビ
  • 台所回りの油汚れ
  • 清掃を怠ったため発生したカビ(部屋や押し入れ、クローゼットなど)
  • 喫煙から生じた壁紙(クロス)の黄ばみ
  • 子どもの落書き
  • (故意にではなくても)飲み物などをこぼしたことによる、床や壁紙の汚れ

上記の箇所を意識してクリーニングする必要があります。

引っ越し時にどこまで綺麗にすればいいのか

どこまできれいにすればよいのか、の目安は、「大掃除」です。
年に一度の大掃除は、水回りはもちろん、部屋のすみずみ、窓ガラスの拭き掃除など、家(部屋)全体をきれいにすることでしょう。
退去時のハウスクリーニングは、あなたの発生させた「生活汚れ」をリセットするのが目的です。

たとえば、大手ハウスクリーニング業者は、引っ越し後のハウスクリーニング箇所を次のように設定していることが多くあります。
以下を参考に、掃除箇所やレベルを検討してください。

  • 浴室清掃(排水口含む)
  • レンジフードの分解掃除
  • キッチンの壁やレンジ回り
  • トイレ清掃
  • 洗面台(洗面ボウルや鏡の水垢取り)
  • 床の拭き掃除
  • 窓ガラスやサッシの清掃
  • クローゼットや靴箱など、収納部の清掃

引越し時にハウスクリーニングを依頼するときの注意点

引っ越し時にクリーニングを依頼する際のポイント

引っ越しをするときのハウスクリーニングには、いくつかの注意事項があります。
オーナーとのもめ事にしないため、そして、効率よく引越しをするために必要なことです。

  • オーナーや仲介業者に了承を取る
  • 退去後にハウスクリーニングを行う
  • 複数社に相見積もりを取り、相場を逸脱しない業者を選ぶ
  • 賠償責任保険に入っている業者を選ぶ
  • 不用品回収に対応している業者も検討

この5点に気を付ければ、引っ越し時のハウスクリーニングは「成功した」といえることでしょう。
では、それぞれの注意点について詳しくご説明します。

オーナーや仲介業者にハウスクリーニングの了承を取る

まず、賃貸物件のオーナーや不動産仲介業者(管理業者)に、「ハウスクリーニングを業者に依頼したい」と伝えてください。
オーナーや仲介業者指定のハウスクリーニング業者が既にいるかもしれないからです。

従来は賃貸物件を「返却」するとき、入居者自身の手で掃除をすることさえ一般的でした。
オーナーや仲介業者で契約済みの業者がない限り、あなたの依頼したいハウスクリーニング業者を拒否することはないでしょう。
ですが、念のため、事前に相談しておくことは必須です。

退去後にハウスクリーニングを行う

ハウスクリーニング業者を呼ぶ際は、荷物をすべて搬出してからにしましょう。
モノが全く出ていない、もしくは中途半端に残っている場合、ハウスクリーニング業者は清掃がしづらい状態です。
その分、時間がかかり、費用が高くなってしまいます。

できるだけスムーズに、決められた費用内でハウスクリーニングを終わらせたいのなら、退去が済んだ後にしましょう。

複数社に相見積もりを取って相場を逸脱しない業者を選ぶ

どのハウスクリーニング業者を選ぶかも、重要なポイントです。
いくつかのハウスクリーニング業者に家(部屋)の状態を見てもらい、見積書をもらいましょう。
そして、その清掃作業に、「どこが」「どの程度」含まれるのかをしっかり説明してもらってください。

事前にオーナーもしくは仲介業者に了承を得ているのなら、どの程度まできれいにすべきかを聞いておきましょう。
そして、その清掃品質を実現でき、平均的な金額を提示できる業者を選んでください。
そのため、複数社から相見積もりを取ることはとても大切なのです。

賠償責任保険に入っている業者を選ぶ

せっかくハウスクリーニングをしてもらったのに、何らかの事故で壁に穴をあけられた、設備を壊されてしまったという残念なケースもあります。
人のすることですので、悪意はなくとも事故はあり得るのです。

ハウスクリーニングによるトラブルをスピーディーに解決するには、賠償責任保険に入っているハウスクリーニング業者を選ぶことが大切です。

不用品回収に対応している業者も検討

引越しをするときに驚くのが、不用品の多さではないでしょうか。
荷物の仕分けをしている最中に、あちこちから不用品が出てくることは珍しくありません。

もし、あなたが「不用品が多く出るかも」と感じているなら、不用品回収サービスを設けているハウスクリーニング業者を選んでください。
特に、遠方への引越しのときや、多忙な方の転居である場合、不用品回収サービスはとても便利です。

部屋数からみるハウスクリーニング費用の相場

部屋数からみるハウスクリーニング費用の相場

ハウスクリーニングといっても、部屋数が多くなればなるほど費用はあがります。
部屋数別の相場は、おおむね以下の通りです。

部屋数 ハウスクリーニング費用
ワンルーム/1K20,000円~
1DK/1LDK30,000円~
2DK/2LDK40,000円~
3DK/3LDK50,000円~
4DK/4LDK70,000円~

ハウスクリーニングの相場については、以下の記事にも記載があります。
あわせて参考にしてみてください。
ハウスクリーニングの料金相場は?安くするコツ5つを解説

多額のハウスクリーニング料金を求められないための3つのコツ

退去時のハウスクリーニング料金を、できるだけ安くするコツがあります。
それは、入居前から始まることですが、特に難しいことではありません。

  • 自分の責任ではないところを無理に掃除しない
  • 契約内容が優先されるが、あまりに高いと思うときは相談をする
  • 内見時に気になる箇所があれば写真を撮っておく

この3点に気を付ければ、さほど心配することはありません。
それぞれについて、みてみましょう。

自分の責任ではないところを無理に掃除しない

退去時のハウスクリーニングで気を付けるのは、「あなたが責任を負うものでない箇所を無理にクリーニング/補修しないこと」です。
喫煙者でもないのに、カレンダーの跡が壁紙に残っているとしたら、単なる日焼け(経年劣化)でしょう。
また、冷蔵庫など、生活に必要な重量のある家電製品や家具などの跡(へこみ)が残っても、それは自然なことです。

「生活するうえで当たり前につく汚れ/痕跡」は、あなたの責任ではありません。
経年劣化による汚れは、借主がクリーニング費用を負担する必要がないため、放置しておいてよいでしょう。

クリーニング費用があまりにも高いと思うときは相談する

ハウスクリーニングに関しての金額が契約書に記載されていれば、それが「あなたの支払うべきもの」です。
しかし、見積もりや傷み具合によっては、思わぬ高額請求が提示されるかもしれません。

ハウスクリーニングに関する問題は過去にも多数あり、これを受けて国土交通省が「ガイドライン(正式名称: 「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について)」を示しました。
借主が意図的/過失で汚したり傷つけたりしたときはその箇所の補修費用を支払うように、とアドバイスするものです。

このガイドラインには罰則はありませんが、積極的に取り入れようとしている仲介不動産業者(管理会社)も増えています。
もし、「あまりにも高い」と感じられる請求書が届いたときは、このガイドラインの情報を元に、直接管理会社に説明を求めるか、消費生活センターなどへ相談してください。

内見時に気になる箇所があれば写真を撮っておく

退去時ではなく、入居前にも注意しておくことがあります。
内見の際に、既に壁紙がはがれそうになっていたり、押し入れやクローゼットにカビのようなシミを見つけたりしたときは、仲介不動産業者に確認してもらうようにしましょう。
確認を入れたり、写真として証拠を取っておくことで、「これは私の付けた傷・汚れではありません」と主張できます。

汚れや傷が気にならないのであればそのまま入居契約をしてもかまいません。
しかし、「あとでもめ事にならないようにしておきたい」と思うなら、入居までに補修をしてもらってください。

まとめ

引越しに伴うハウスクリーニングの基本は、「借主が汚損した箇所をきれいにする・補修する」ことです。
丁寧な清掃を心掛け、汚れもカビも一切ないことがベストではあります。
しかし、そのような暮らし方ができる方はほとんどいらっしゃらないでしょう。

そこで重要なのが、ハウスクリーニング業者です。
引越しの際のハウスクリーニング相場やサービス内容を理解したうえで、しっかりした業者を選びましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。