ハウスクリーニング

ハウスクリーニング業者に依頼するメリットと事前に確認すべきこと

ハウスクリーニング業者に依頼するメリットと事前に確認すべきこと

ハウスクリーニングを業者にお願いするのは、今や特別なことではありません。
多忙な方が「大事な時間を確保するため」、またはお子さんがおられるご家庭では「より清潔な環境を確保するため」に有益なサービスです。

しかし、注意点やデメリットもあります。
今回は、ハウスクリーニング業者に掃除を依頼する「本当の意義」や、業者選びのポイントなど、幅広くご説明します。
「本当にハウスクリーニングは必要なの?」と疑問をお持ちの方にお読みいただきたいと思います。

ハウスクリーニングを業者に依頼するメリット

ハウスクリーニングを業者に依頼するメリット

ハウスクリーニング業者に掃除を依頼するのは、「きれいにする」「ラクをする」以外に大きなメリットがあります。

たとえるなら、素早く目的地にたどり着くため、飛行機や新幹線を利用するようなもの。
確かに費用はかかりますが、時間の短縮や体力の温存もメリットに数えることができます。

  • 短時間できれいに掃除をしてくれる
  • 普段清掃できない場所も対応
  • 掃除道具や洗剤購入で失敗をすることがない
  • ご高齢の方も体の不調をきにせずOK

このようなメリットを、詳細にみていきましょう。

短時間できれいに掃除をしてくれる

ハウスクリーニングを依頼したとき、派遣されるスタッフは「プロ」です。
効率の良い作業工程を知っていますので、短時間で依頼箇所をきれいにしてくれます。

まさしく、「お金を払ってあなたの大事な時間を買う」ようなものです。
「お金を使い、多忙な方の体力を守るメリットがある」といってもいいでしょう。

追加のメリットを詳細に挙げるなら、次の2点です。

トイレやバスルームの掃除でカビや菌を除去

お子さんのいるご家庭、多忙な方にとって、時間と同様に大切なのは「健康」でしょう。
専門家の行う徹底したクリーニングにより、健康を害するカビや菌を排除できるのも、ハウスクリーニングの魅力です。

特にトイレやバスルームは、しっかりとした清掃に加え、除菌や抗菌をしてもらえますので、安心して生活できるでしょう。

リビングのじゅうたんやマットを徹底掃除

健康といえば、アレルギーをお持ちの方にとって、ハウスダストやダニも心配ではないでしょうか。
ハウスクリーニング業者は、じゅうたんやマットの掃除にも手馴れていますんで、アレルゲン(ハウスダストやダニなど)の除去も徹底的にしてくれます。

徹底掃除が難しいじゅうたんやマットが健康を害する原因となるなら、業者に依頼してすっきりきれいにしてもらうのが理想的ですね。

普段清掃できない場所も対応

高いところや、家具/家電の奥まったところには、なかなか手が届かないものです。
換気扇はその代表的な箇所でしょう。

換気扇は手が届きにくいうえ、調理の油分にホコリがつき、掃除したくない場所のトップかもしれません。
健康的な暮らしには、清潔な空気が必要です。

よどんだり、ハウスダストが舞っていたりでは、体調に影響を及ぼしてしまいます。
せっかくリビングに換気扇がついていても、汚れていてはうまく換気ができないでしょう。
換気扇をクリーニングするのは、大きなメリットがあるのです。

掃除道具や洗剤購入で失敗をすることがない

部屋の各所をクリーニングするには、適材適所の道具や洗剤が必要です。
中には値の張る特殊なものもあるでしょう。

道具や洗剤購入を誤ると、それは使えません。
無理に使用すると、設備や家の内部を傷めてしまい、高額な補修費を支払わなければならなくなることも。
そのような問題を解消できるだけでも、ハウスクリーニングを依頼するメリットを見出せるでしょう。

ご高齢の方も体の不調を気にせずにOK

ご高齢の方にとって、高所作業はとても危険です。
また、トイレやバスルームといった、水気の多い狭い場所での作業は、転倒の危険性もあります。

さらに、重たいものを移動させなくてはならないといった掃除は、ひとつ間違うと、ぎっくり腰などを引き起こしてしまうかもしれません。

この点、ハウスクリーニングを依頼すれば、体に関する危険を回避できます。
体力以上の掃除を依頼できることは、安全面で大きなメリットです。

ハウスクリーニングを業者に依頼するデメリット

ハウスクリーニングを業者に依頼するデメリット

ハウスクリーニングの依頼は、メリットだけでなくデメリットもあります。
さほど大きなデメリットではありませんが、次のふたつが少し気になるかもしれません。

  • 自分で掃除する以上にお金がかかる
  • 業者選びや日程調整など手間がかかる

では、このふたつについてご説明します。

自分で掃除する以上にお金がかかる

ハウスクリーニングに依頼するのと自分ですることには費用面で差が出ます。
出張費や人件費を加味すると、自分で道具を揃えるよりも費用がかかりますよね。

例えば、トイレの掃除をハウスクリーニング業者に依頼すると、6,000円程度のお金がかかります。
ご自分で掃除すれば、洗剤や水道代でほんの数十円程度で終わるはずでしょう。

掃除の質を加味せずに費用面だけで考えれば、明らかに自分で掃除するほうがお得です。

業者選びや日程調整など手間がかかる

ハウスクリーニング業者に掃除してもらうまでには、ふたつの問題があります。
「どのハウスクリーニング業者に頼もうか」、「何日の何時に来てもらうことはできるのか」という点です。

ハウスクリーニング業者ごとに違う料金の比較、ご自分の都合の良いときに来てもらえるかの打診には、少し時間がかかるかもしれません。

おすすめのハウスクリーニング依頼時期

ハウスクリーニング業者に掃除してもらおう、と思ったら、秋を目安にするとよいでしょう。

春先は引っ越しに伴うハウスクリーニング、夏はエアコンクリーニングと繁忙期は続きます。
冬のエアコンクリーニングや大掃除前の秋が、ハウスクリーニング業者の閑散期とされているのです。

費用の面でも少し「おまけ」をしてくれるかもしれませんし、あなたの都合に合わせやすくなるといったメリットもあります。

ハウスクリーニングの依頼前に確認しておくこと

ハウスクリーニング業者を決めてしまう前に、事前に確認しておいてほしいことは「損害保険に加入しているか」ということです。

ハウスクリーニングは場所や掃除してほしい箇所ごとに業者へ依頼します。
そして、清掃の際には、家電や清掃箇所のリスクを抱えていることを把握しておきましょう。

思わぬトラブルが起きたとき、クリーニング業者がすぐに支払える金額で収まれば問題はないです、
しかし、損害の額があまりにも高額な場合、損害保険の出番です。

ハウスクリーニング業者と話し合い、損害額の算出をし、会社から損害保険会社へ損害の補償を願い出ます。
補償のお金がハウスクリーニング依頼者へ入るまで、少々時間はかかりますが、使えなくなったものを元に戻してもらえますので、深刻に悩む必要はありません。

ハウスクリーニング業者が損害保険に加入しているかどうかを確認するのは、このようなときのために必要なことなのです。

まとめ

ハウスクリーニングは、利用する方にとって「費用以上のメリット」をもたらしてくれます。
忙しい方には時間を、体が弱い方には安全を、アレルギーを持っている方にはクリーンな環境を与えてくれるのです。

時間も体力もあり余っているという方には、ハウスクリーニングは不要かもしれません。
しかし、今、そのような方はあまり多くはないでしょう。
さまざまな面で有益なハウスクリーニングは、ご高齢の親御さんやご親戚への「プレゼント」としても活用できます。

あなたにとって大事なもののためにお金を支払い、家がきれいであるなら、それが一番のメリットではないでしょうか。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。