ハチ駆除

蜂の巣駆除・予防方法6選!ハチに巣を作らせない対策法は?

蜂の巣予防を行う人

自宅近くで蜂を見かけたら、巣を作られないか不安に思う方は多いのではないでしょうか?
少し近づいただけで攻撃してくる蜂もいるので、出来れば近寄りたくないですよね。
しかし、放っておくと自宅に蜂の巣を作られて、ハチの被害を受ける危険が高まる場合もあります。

蜂に巣を作らせないためには、しっかり対策・予防しておくことが大切です。
まずは予防効果のある蜂駆除スプレーや木酢液等を用いて、ハチを自宅に寄せ付けないようにしましょう。
蜂を自宅に近寄らせなければ、巣が出来ることもありません。
そのため、蜂を寄せ付けないような対策が、蜂の巣予防には一番必要です。

さらに、蜂が好んで巣を作る場所や、蜂の巣予防に効果的なタイミングも知っておくのがおすすめです。
どんな場所に、どんなタイミングで予防をするべきかがわかれば、より効果的に蜂の巣を予防できます。
従って、蜂の好む場所や適切なタイミングに対策を行って、確実に蜂の巣を予防することも大切です。

ここからは、蜂を自宅に寄せ付けない対策法や、蜂が好む場所・適切なタイミングといった蜂の巣予防の要点をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

蜂の巣を予防する方法

蜂の巣予防のためにスプレーを吹き付けている様子

蜂の巣の予防では、蜂を自宅に寄せ付けないような対策をしましょう。

具体的には、次のような対策法が考えられます。

  • 蜂の巣予防効果のあるスプレーを使用する
  • 木酢液を使用する
  • 農薬を散布する
  • 水を撒く
  • 通気口やフードに網を掛ける
  • スズメバチ捕獲機を設置する

大きく分けると、薬剤や湿気で蜂を遠ざける方法と、物理的に蜂を近づけさせない方法、蜂を捕まえて巣を作らせない方法の3つに分けられます。

薬剤や湿気で蜂を遠ざける方法では、蜂が嫌う成分や匂い・湿気を効果的に使用することで、蜂を近寄らせません。

道具を用いて物理的に蜂を近づけなくしてしまう方法もあります。
蜂が巣を好んで作る場所をあらかじめ網でガードして、巣作りを防止する対策法です。

最後に、蜂を捕まえてしまう方法があります。
ハチを捕獲するトラップを仕掛け、自宅に近づく蜂を別の場所に誘引して捕まえることで、巣を作られないように出来ます。
以下では、詳細な方法について解説します。

蜂の巣予防効果のあるスプレーを使用する

ハチを近づけないためには、蜂の巣予防に効果のある殺虫スプレーが効果的です。
蜂駆除スプレーは蜂が嫌がる成分を含んでおり、吹きかけた場所にはハチが近寄らなくなります。

ハチ駆除スプレーは蜂への即効性に加えて、1か月前後の予防効果を持っています。
スプレーの価格は1,000~2,000円程度で、ホームセンター等で市販されており、入手も容易です。

使用法も吹きかけるだけと簡単で、いろいろな場所に使用できるので、蜂駆除についてあまり知らない方にもおすすめです。
まずは後述のハチが好む場所に、蜂の巣予防に効果のあるスプレーを吹きかけておくと良いでしょう。

おすすめの蜂駆除スプレーや使用法については、で詳しく紹介しているので、ぜひ参考してください。

木酢液を使用する

木酢液を用いても、効果的に蜂の巣を予防することもできます。

木酢液とは、木材を乾かした際に生じる液体の上ずみ分のことで、蜂が嫌う焦げ臭いにおいがする液体です。
そのため、塗っておくだけで蜂を寄せ付けない効果があり、蜂の巣予防の対策として有効です。

木酢液はスプレーと同じくホームセンター等で市販されており、価格も500円前後と入手も容易です。
ただ、木酢液のにおいは人にとっても強烈に感じられるので、使用する場所を選ぶという欠点があります。
ベランダなど洗濯物を干す場所に近くに塗ると、衣服に焦げ臭いにおいがついてしまうでしょう。

蜂の巣予防の際には、安価で簡単に使える木酢液もおすすめですが、においがしても問題のない場所で使ってください。

農薬を散布する

蜂の巣予防には、農薬の散布も効果を発揮します。
農薬は、広く害虫を駆除できる効果を持っており、ハチも駆除できるのです。

農薬は液体・スプレーなどのタイプや、市販のものから一般に出回っていないものまで様々ですが、市販されているものはホームセンター等で手に入れることができます。
ただし、正しく使用しないと危険が伴うので、慣れていない人にはあまりおすすめできません。

蜂だけでなく他の害虫にも悩んでいるとき、使った経験がある方は、農薬の使用も検討すると良いでしょう。
正しく使用しないと危険が伴うので、使用法はしっかりと確認してください。

水を撒く

水をまいておくだけでも蜂の巣予防には効果があります。

蜂は乾燥した場所を好み、湿った場所は嫌う習性があるため、ハチが好む場所に定期的に水を撒くだけでも効果はあります。
とはいえ、天気が良い日もずっと湿気を維持するのは難しいです。
屋根裏など、水を撒くことができない場所もあります。

他の方法に比べて効果は小さいですが、水を撒いても問題のない場所には、すぐに実行できるので試してみても良いのではないでしょうか。

通気口やフードに網をかける

蜂が巣を好んで作る通気口やフードに網を張る方法も、蜂の巣予防には効果的です。
網を張った場所には蜂は物理的に近づけないので、蜂が好む場所に網をかけることも有効です。

しかし、自宅の通気口は高い場所に設置されている場合もあり、その際には網を張る作業に危険が伴います。
マンションのような共用の建物では、もともとの設備に作業をする際は、大家さんに確認を取る必要もあるでしょう。

蜂の巣予防に網を用いることは有効ですが、安全に作業できる場所かどうか、作業を行っても問題がないか否かを確認してから行いましょう。

スズメバチ捕獲機を設置する

最後に、自宅近くに来る蜂を捕獲機で捕まえてしまう方法も、当然効果的です。

捕獲機とは、蜂をおびき寄せる液体が詰まったトラップで、中に入った蜂を出られないようにして駆除するものです。

捕獲機を使用するメリットは、設置しておくだけという用法の簡単さが挙げられます。
さらに、巣を作り始める場所を探している女王バチを捕まえてしまえば、巣が作られるリスクを大きく減らすことができます。

しかしながら、市販の捕獲機はスズメバチが主なターゲットになっており、蜂の種類によってはあまり効果がない場合もあります。
加えて、捕獲機の中が一杯になってしまうと、捕らえたハチを駆除し切れずに反撃されてしまう危険もあります。

ハチ捕獲機の設置は蜂の巣予防に有効ですが、使用する際には蜂の種類をチェックし、かつ内用液をこまめに交換するように心がけましょう。

蜂が寄ってくる場所と原因

蜂の巣を家に作られてしまった様子

蜂の巣を予防するには、蜂が好んで巣を作る場所を理解しておくことが必要です。

自宅付近で蜂が巣を作りそうな場所をあらかじめ把握しておけば、その場所に対して重点的に対策を施せるので、予防法の効果が高まります。

蜂が好む場所には特徴があり、家の敷地内では以下のようなスポットが挙げられます。

  • 軒下等の出入りしやすい場所
  • 屋根裏等の閉鎖的な空間
  • 木の根元・土の中等、自然の中で見つかりにくい場所

蜂にとって出入りが便利、閉鎖的空間である、見つかりにくい、という3点の特徴があります。

蜂は1つの巣に数万匹が暮らすこともあるので、たくさんの蜂が出入りできる場所を好みます。
閉鎖的な空間では、風雨や外敵から巣を守ることができて安全なので、蜂の巣作りには適した場所なのです。
また、自然の中で見つかりにくい場所も、安全なうえにエサとなる昆虫を捕獲しやすいため、蜂にとって住みやすい場所といえます。

以下では、その詳細と、具体的な場所について解説します。
自宅で蜂の巣対策をする際のポイントとして、ぜひ活用してください。

軒下等の出入りしやすい場所

蜂は軒下などの出入りがしやすい場所に巣をよく作ります。

蜂は1つの巣に最大数万匹が住んでいることもあるので、出入りしにくい場所ではたくさんの蜂での活動ができないのです。
加えて、蜂が軒下を好む理由には、風雨をしのげて、かつ外敵に見つかりにくいという要因もあります。

蜂が好む場所に関する、安全や見つかりにくさといった特徴については、後ほどご紹介します。
家の軒下のような、蜂が出入りに便利でかつ奥まった場所には、しっかりと対策しておきましょう。

屋根裏等の閉鎖的な空間

蜂が好む場所には、屋根裏などの閉鎖的な空間も挙げられます。

閉鎖的な場所であれば、蜂は安全に暮らすことができます。
蜂にとって危険なものには風雨と外敵がありますが、屋根裏であれば雨風による危険はしのぐことができます。
鳥や哺乳類などの天敵の侵入も考えにくいため、屋根裏は蜂にとって非常に安全な場所といえます。

ただし、例外的に、アシナガバチは巣が頑丈で風雨にも耐えられるため、開けた場所に巣を作ることも多いです。
したがって、アシナガバチは除外されますが、蜂は天井裏などの閉鎖的な空間にもよく巣を作るので、予防の際のポイントとしておさえておきましょう。

木の根元・土の中等、自然の中で見つかりにくい場所

蜂の巣は木の根元や土の中など、自然の中で見つかりにくい場所にも作られやすいです。

木の根元や土の中には、閉鎖的空間と同様に安全であるうえ、エサの昆虫を捕獲しやすいというメリットがあります。
見つかりにくい場所に巣を作れば外敵に襲われにくくなり、かつ自然の中ではエサとなる昆虫も捕まえやすいのです。

ハチの中では、特にオオスズメバチが好んで自然の中に巣を作る習性を持っています。
蜂の巣を予防する際には、家屋だけでなく庭の中の見つかりにくい場所にも注意を払うようにしましょう。

蜂の巣予防に適した時期

女王バチが巣を作っている様子

蜂の巣を予防するには、蜂が巣を作ろうとしているタイミングで対策することも重要です。

蜂には1年の中でおとなしい時期と攻撃的な時期があるので、タイミングを間違えると非常に危険です。

そのため、蜂の巣の予防・対策は正しいタイミングで行いましょう。
以下では、具体的な予防の時期を解説します。

蜂が巣を作り始める4~5月に予防!

蜂が巣を作り始めるのは、概ね4~5月の期間です。

4~5月ごろには、冬を越した女王バチが活動を開始しており、単独で巣を作る場所を探しているのです(単独営巣期)。
単独営巣期は、女王バチが単体で行動しており、かつ攻撃性も低いため、効果的かつ安全に巣作りを予防できます。

加えて、女王バチが巣を作って働きバチが誕生してしまうと、蜂は巣を守るために攻撃的になります。
攻撃的になった蜂を駆除しようとすると、反撃を受けてケガをする危険が増してしまいます。

したがって、効果的に蜂の巣を予防するためにも、蜂が巣を作ろうとする4~5月に対策を施しましょう。

できてしまった蜂の巣の対策法は?

蜂の巣を駆除業者が退治している様子

自宅付近に蜂の巣ができてしまったら、なるべく早めに駆除しましょう。
なぜなら、蜂の巣は早めに駆除してしまわないと次第に大きくなり、蜂が増えて一層危険な状況になってしまうためです。

蜂の巣の駆除方法は、大別して以下の手法があります。

  • 自力で駆除する
  • 業者に依頼して駆除してもらう

自力での駆除は、主にスプレーを用いて自分で蜂の巣を駆除してしまう方法です。
業者へ依頼する場合は、蜂の駆除を専門とする業者に連絡を取り、蜂の巣駆除作業を代行してもらいます。

ちなみに、次の3条件のいずれかに該当する場合、自力での駆除は避けましょう。

  • 蜂の種類がスズメバチである
  • 巣の大きさが15cmを超えている
  • 巣が閉鎖的な場所にある

上記の項目に1つでも当てはまる場合、蜂を駆除する前に、大きな被害にあう可能性があります。
そのため、巣の持ち主がスズメバチである場合や、巣が大きすぎる場合、巣が危険な場所にある場合は、専門の駆除業者に依頼をするのがおすすめです。

以下では、それぞれの手法を簡単にご紹介します。

スプレーで作り始めの蜂の巣を駆除する

3つの条件に当てはまらない場合には、蜂駆除スプレーを用いての自力駆除が可能です。

先述のように、蜂の巣は早めに駆除してしまわないと、蜂の数が増えてさらに危険になってしまいます。
そのため、ハチ駆除スプレーを用いて自力で処理してしまうのも手です。

自力で駆除する際には、ハチ駆除スプレーの中でも、ピレスロイド系の成分が入っている製品を選びましょう。

ピレスロイド系の成分が入っているスプレーは、少量でもすぐに蜂の神経をマヒさせることができます。
蜂はすばやく動き回るので、即効性のないスプレーを使用すると、攻撃されてしまう危険があります。

したがって、即効性のあるピレスロイド系の成分を含んだスプレーであることが重要なのです。

蜂駆除業者に依頼する

3つの条件に1つでも該当する場合は、自力での駆除は非常に危険なので、蜂駆除業者に蜂の巣駆除を依頼しましょう。

蜂駆除業者であれば、確実かつ迅速に蜂の巣を駆除できます。

また、専門業者を選ぶ際には、必ず信頼できる業者を選びましょう。
信頼できる業者かどうか判断するためには、口コミや料金相場を知れる専門のウェブサイトを活用することをおすすめします。

ファインドプロなら、厳正な審査を通過した業者しかご紹介していないので安心です。
現地調査や見積は無料で、追加費用もかかりません。

■役所に蜂駆除を依頼できるケース

ハチ駆除を役所に依頼できる場合もあります。

例えば、公共の場所にできた巣であれば、役所が駆除をしてくれます。
公共施設にあるハチの巣は、役所に責任の所在があるためです。

また、私有地にできたハチの巣に関しては、自治体によって対応が異なっています。
役所でサービスが受けられるかどうかは、お住まいの自治体ホームページで確認してみましょう。

まとめ

ここまで、蜂の巣を予防する方法を中心に、その手法やポイントをご紹介しました。
蜂の被害は脅威ではありますが、適切な手法を用いれば蜂の巣は予防することができます。

具体的な対策法としては、以下のような方法がありましたね。

  • 蜂の巣予防効果のあるスプレーを使用する
  • 木酢液を使用する
  • 農薬を散布する
  • 水を撒く
  • 通気口やフードに網を掛ける
  • スズメバチ捕獲機を設置する

加えて、蜂の巣予防には、蜂が好む場所と、予防に適した時期の把握も重要です。

蜂が好む場所は以下のようなスポットでしたね。

  • 軒下等の出入りしやすい場所
  • 屋根裏等の閉鎖的な空間
  • 木の根元・土の中等、自然の中で見つかりにくい場所

また、蜂の巣予防に適した時期は、女王バチが巣作りを始める4~5月です。

以上、予防方法・場所・時期の3点を把握して、効果的に蜂の巣を予防しましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。