ハチ駆除

蜂の種類と特徴を写真で紹介!危険な蜂の見分け方も解説

蜂の種類と特徴を写真で紹介!危険な蜂の見分け方も解説

日本に生息する蜂の種類は、4000種類以上です。
人を刺す危険性のあるスズメバチやアシナガバチ、ミツバチの他にも多種多様な蜂がいます。
自宅や公園など身近な場所で見かけると、こわいですよね。

種類によって毒性や攻撃性は異なるため、見かけたら刺激をせず離れるのが大切です。
自宅の周りで目撃している場合など、対処が必要な場合はまず種類を特定しましょう。
蜂からの被害を防ぐためには、種類に応じた対処が重要です。

この記事では、蜂の種類と特徴、見分け方、蜂に刺されない方法をご紹介します。
蜂をよく見かける方や蜂の被害に遭いたくない方は、ぜひ参考にしてください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
蜂駆除の費用相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

人を刺す蜂は3種類!特徴と見分け方

日本にいる蜂の中でも人を刺す蜂は、大きく分けて3種類です。

蜂の種類と特徴
人を刺す蜂の種類 蜂と巣の特徴
スズメバチ
  • オレンジと黒の縞模様で40mm前後
  • 攻撃性、毒性が高く集団で襲ってくる
  • 巣は丸く、マーブル状の模様がある
  • 木の上などの開放的な所に巣をつくる
  • なかには閉鎖的な場所に巣をつくる種類もいる
アシナガバチ
  • 黄色と黒の縞模様で身体は20mm前後
  • 長い脚をだらりと下げてふわふわと飛ぶ
  • スズメバチよりも穏やかな性格
  • 巣はシャワーヘッドのような形
  • 巣は開放的な場所につくることが多い
  • 藪の中の枝などにつくる種類もいる
ミツバチ
  • 黄色と黒の縞模様で10~20mm程度
  • 寸胴な身体
  • 穏やかな性格
  • 一度刺すと針が抜けて死んでしまう
  • 巣は平らな楕円状でぶら下がるように作る
  • 閉鎖的な空間に巣をつくる

スズメバチとアシナガバチ、ミツバチの3種類ともに活動期間は春〜秋です。
特にスズメバチは7〜10月頃、アシナガバチは7〜8月頃に攻撃性が高くなります。
一方で、ミツバチは夏は穏やかで、2〜3月と10〜11月に攻撃性が高まります。

日本にいるスズメバチは17種類

蜂の中で最も危険なスズメバチは、日本に17種類も生息しています。

スズメバチの種類一覧
スズメバチ属
  • オオスズメバチ
  • キイロスズメバチ
  • コガタスズメバチ
  • モンスズメバチ
  • チャイロスズメバチ
  • ヒメスズメバチ
  • ツマグロスズメバチ
  • ツマアカスズメバチ
クロスズメバチ属
  • クロスズメバチ
  • シダクロスズメバチ
  • ツヤクロスズメバチ
  • キオビクロスズメバチ
  • ヤドリスズメバチ
ホオナガスズメバチ
  • キオビホオナガスズメバチ
  • シロオビホオナガスズメバチ
  • ニッポンホオナガスズメバチ
  • ヤドリホオナガスズメバチ

スズメバチの3つの属性の中でも、スズメバチ属は強い攻撃性と毒を持っていて非常に危険です。
被害にあわないためには近付かないのが一番です。
ところが、オオスズメバチとキイロスズメバチ、コガタスズメバチの3種類は、人の生活圏内に生息するため被害が絶えません。
特に被害が多い3種類のスズメバチの特徴を紹介していきます。

オオスズメバチの特徴

オオスズメバチの特徴

オオスズメバチは攻撃性も毒性も非常に強く、刺されたときの痛みは金属バットで殴られたようだと表現されるほどです。
体長は30~50mmと大きく、里山や山間部に生息しています。
木の根元や土中などに巣をつくるので、巣の存在に気付かずに近づいてしまうケースがあります。
うっかり巣に近付くと、顎をカチカチと言わせまとわりつくように飛び回るので、見つけたときは即座にその場から離れましょう。

キイロスズメバチの特徴

キイロスズメバチの特徴

キイロスズメバチは毒性も攻撃性もオオスズメバチに次ぐ強さで、人への被害が最も多い蜂です。
体長は17~25mm程度と小さめで、胴体全体に黄色い産毛のようなものが生えています。
屋根裏や床下などの閉鎖的な空間に巣を作りますが、繁殖して手狭になると開放的な場所に引越しをする例もあります。
キイロスズメバチは働きバチの多いため巣が短期間で大きくなり、スズメバチ類の中でも最大級のサイズです。

コガタスズメバチの特徴

コガタスズメバチの特徴

コガタスズメバチはオオスズメバチによく似た見た目をしていて、都市部に生息しています。
名前にコガタとついていますが、オオスズメバチと比較して小さいだけで、体長は22~28mm程度と大きめのスズメバチです。
性格は比較的穏やかですが、庭木の枝や住宅の軒下などに巣をつくるため、気付かずに巣に近付いて攻撃されるケースもあります。

コガタスズメバチの巣は、最初は逆さにしたとっくりのような形です。
とっくり型の時期はあまり刺されませんが、働きバチが増えてくると巣は丸く大きくなり、近付くと即座に攻撃されます。

日本にいるアシナガバチは11種類

アシナガバチは、日本に3属11種類も生息しています。

アシナガバチの種類一覧
アシナガバチ属
  • セグロアシナガバチ
  • キアシナガバチ
  • フタモンアシナガバチ
  • トガリフタモンアシナガバチ
  • コアシナガバチ
  • キボシアシナガバチ
  • ヤマトアシナガバチ
ホソアシナガバチ属
  • ヒメホソアシナガバチ
  • ムモンホソアシナガバチ
チビアシナガバチ属
  • オキナワチビアシナガバチ
  • ナンヨウチビアシナガバチ

アシナガバチは、スズメバチに比べると攻撃性が低いですが、毒はスズメバチに匹敵する種類もいます。
都市部に多く生息するので、スズメバチよりも刺される可能性は高いです。
アシナガバチの中でも、身の回りでよく見かける3種類を紹介します。

セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチは、黒く光る細長い胴体に黄褐色の斑紋があり、人の生活圏に生息しています。
体長は20~26mmと大きいですが、比較的穏やかな性格をしているのでむやみに怖がる必要はありません。

ただし、巣に近付いて蜂を刺激すればもちろん攻撃してきます。
巣は開放された場所、主に家の軒下や庭木、エアコンの室外機に作られます。
スズメバチに匹敵する毒を持っているので、巣を見つけたら不用意に近づかないようにしましょう。

フタモンアシナガバチ

フタモンアシナガバチ

フタモンアシナガバチは黒い胴体に細い黄色の縞模様があり、人間の生活圏に多く生息します。
体長は14~16mmと小さく、穏やかな性格で毒性も強くありません。
家の軒下や庭木などの明るく開けた場所に巣をつくるので、気付かずに側を通ると刺激される可能性があります。
また、柔軟剤の香りがする洗濯物を干していると、花と間違えてフタモンアシナガバチが止まり、一緒に取り込んでしまって刺される危険もあります。

キアシナガバチ

キアシナガバチ

キアシナガバチは全体的に黄色が多く、足先も黄色いのが特徴です。
体長は20~26mm程度と大きく、攻撃性も毒性も強いので、巣に近付くだけで威嚇や攻撃をしてきます。
巣は明るく開けた場所を好み、軒下や庭木、壁面などに作ります。

日本にいるミツバチは2種類

ミツバチはおとなしくてハチミツを集めるイメージが強いですが、日本には2種類しかいません。
日本に生息するミツバチを見ていきましょう。

セイヨウミツバチ

セイヨウミツバチ

セイヨウミツバチは全体的に黄色く、産毛に覆われていてずんぐりむっくりしています。
体長は13~20mmほどです。
二ホンミツバチと比較すると若干気性は荒いですが、スズメバチやアシナガバチの比ではありません。
養蜂用に輸入され、改良されてきました。
そのため、自然で生きていくことは難しく、野生のものはほぼいません。

ニホンミツバチ

ニホンミツバチ

ニホンミツバチは、セイヨウミツバチと同じようにずんぐりむっくりしています。
黒っぽい身体でうっすらと黄色の産毛があり、もともと日本に生息していました。
体長は13~20mm程度で、性格は穏やかです。
ニホンミツバチは昔から養蜂に活用されていましたが、改良された蜂ではないので野生で見かけることもあります。

危険な蜂を見分ける方法

攻撃性の高い危険な蜂には、近づかないのが一番です。
蜂の被害に遭わないために、危険な蜂を見分ける方法を紹介します。

危険な蜂の見分け方
危険なハチ 危険ではないハチ
  • スマートな体
  • 腰にくびれがある
  • 巣がマーブル模様で球型のもの
  • 巣がお椀型で巣穴が見えるもの
  • 腰にくびれがない
  • 体がずんぐりむっくりしている

1.腰にくびれがあるかどうか

攻撃性の高いスズメバチやアシナガバチは、全体的にスマートで腰が細くくびれています。
なぜなら、幼虫からもらう分泌液を餌にしていて、昆虫などの餌を直接自分の身体に通す必要がないからです。
巣や幼虫を守らなければ餌にありつけないため、防衛本能から攻撃性が高くなります。

一方で、ミツバチのようなずんぐりむっくりした蜂は、攻撃性が高くありません。
危険な蜂か見極めたいときは、腰が細いかどうかに注目しましょう。

2.巣の特徴で見分ける

蜂は種類ごとに、巣の形状に特徴があります。
危険なスズメバチの巣は球体でマーブル模様があり、大きいものは1m近くなることもあります。
木の枝や軒先など開けた場所だけでなく、木の根元の土の中など閉鎖的な場所にも作ります。
腰の細い蜂が地面に潜っていく様子があれば、スズメバチの巣の可能性があります。
スズメバチは危険なので、すぐに離れるようにしましょう。

また、アシナガバチはお椀型の巣で、向きは下向きや上向きなどさまざまです。
外壁はなく巣穴が直接見えるのも大きな特徴で、大きさは15~20㎝程度と小さめです。
木の枝や軒先、室外機などの人間の生活圏内に巣をつくることが多いので、知らないうちに自宅に巣が作られていたケースもあります。
アシナガバチの中でも、種類によっては藪の枯れ枝に巣をつくることもあるので、里山で子供が遊ぶときは巣に近付かないように気を付けなければいけません。

蜂に刺されないための方法

蜂に刺されると激しい痛みを伴い、場合によっては命にかかわることもあります。
危険な目に遭わないために、蜂に刺されない4つの方法を見ていきましょう。

巣に近づかない
蜂は巣を守るために攻撃するため、近付かないのが一番です。
もしスズメバチなら何もしなくても攻撃してくる可能性があるので、十分に距離を取ってください。
大きな動きや大声を出すなど蜂を刺激をしない
大きな動きをすると蜂は攻撃されていると勘違いして、さらに威嚇や攻撃をしてきます。
蜂や巣が近いときは、できる限り静かにゆっくりと行動することが大切です。
黒い服を控える
蜂は黒いものを攻撃する特性があるので、黒い服装や持ち物は危険です。
また、強い香りのする柔軟剤や整髪料なども蜂を寄せ付けるので避けましょう。
駐車中の車の窓は必ず閉めておく
窓から車内に入り込んだ蜂が、車が動き出した途端に活動を始めることがあります。
車の運転中に蜂に気を取られては危険であり、逃げ場がないので刺される可能性が高いです。
駐車中は必ず車の窓を閉めるようにしましょう。

まとめ

日本には4000種類以上の蜂が生息しています。
その中でも人を刺す危険がある蜂はスズメバチとアシナガバチ、ミツバチの3種類です。
蜂を見かけたときは、種類を見分けて正しく対処してください。
特にスズメバチは攻撃性も毒性も非常に強いため、近付いてはいけません。
自分が見た蜂が危険かどうかを見分けるポイントは次の通りです。

  • 腰にくびれがある
  • スズメバチの巣は球体でマーブル状
  • アシナガバチの巣はお椀型で巣穴が直接見える

3つに当てはまる場合は危険なので、すぐにその場を離れましょう。

無料で安い蜂駆除業者を紹介!
  • お住まいの地域のお得な業者を紹介
  • 紹介するのは選りすぐりの優良企業
  • 無料で蜂駆除の相談ができる
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。