ハチ駆除

スズメバチの種類と見分け方を写真付で解説!巣の安全な駆除方法は?

スズメバチの種類と見分け方を写真付で解説!巣の安全な駆除方法は?

日本に生息するスズメバチの種類は、全部で17種類です。
いずれの種類も攻撃性と毒性が強いため、とにかく絶対に近付かないことが大切です。
こちらが刺激しなくても針を刺して攻撃してくることがあり、場合によってはアナフィラキシーショックを起こして命の危険に繋がります。

ただし、なかには比較的穏やかな性格をしたヒメスズメバチという種類も存在します。
ヒメスズメバチは巣を刺激しなければ、攻撃されることはありません。
そこで、身近でスズメバチを見かけても正しく対処できるように、スズメバチの特徴や見分け方、危険度を紹介します。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
蜂駆除の相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

日本に生息するスズメバチは3属17種類

日本に生息するスズメバチの種類
属性 スズメバチの種類
スズメバチ属
  • オオスズメバチ
  • キイロスズメバチ
  • モンスズメバチ
  • チャイロスズメバチ
  • コガタスズメバチ
  • ヒメスズメバチ
  • ツマグロスズメバチ
  • ツマアカスズメバチ
クロスズメバチ属
  • クロスズメバチ
  • シダクロスズメバチ
  • ツヤクロスズメバチ
  • キオビクロスズメバチ
  • やどりスズメバチ
ホオナガスズメバチ属
  • キオビホオナガスズメバチ
  • シロオビホオナガスズメバチ
  • ニッポンホオナガスズメバチ
  • ヤドリホオナガスズメバチ

日本に生息するスズメバチだけでもスズメバチ属とクロスズメバチ属、ホオナガスズメバチ属の3属性に分かれており、17種類もいます。
なかでもスズメバチ属は攻撃性が高く、人への被害が圧倒的に多く報告されています。
巣の近くを横切っただけで攻撃してくるほど凶暴です。

クロスズメバチ属は、黒い体に白や黄色の縞模様があるのが特徴です。
巣は人目につかない場所に作られるので、住宅街ではあまり見かけません。

ホオナガスズメバチ属は名前の通り頬が長く、黒い体の腹部が白や黄色の縞模様です。
巣は、軒下のような雨に濡れない場所に作られます。

被害が多いスズメバチ9種類の特徴と見分け方

スズメバチの被害は年々増え続けています。
刺されると腫れや痛み、アナフィラキシーショックを引き起こすこともあるので注意が必要です。
特に被害が多いスズメバチ9種類の特徴と見分け方を紹介します。

危険度1位:オオスズメバチ

オオスズメバチの写真
オオスズメバチ
体長 女王蜂:40~50mm
働き蜂:27~40mm
オス蜂:35~40mm
生息地 北海道・本州・四国・九州・屋久島・種子島
巣の特徴 茶色い球体で、六角形の巣を重ねて形成
巣を作る場所 大木の空洞や土の中など閉鎖的な場所
活動期間 4月~10月
毒量 非常に強くて量も多い
攻撃性 非常に攻撃的で凶暴

オオスズメバチは世界で最も大きなスズメバチで、攻撃性や毒性が強く大変危険です。
警戒心が強いため、少しでも巣に近づくと集団で容赦なく襲ってきます。
オオスズメバチの巣は茶色の球体で、巣を重ねて大きくなります。
土の中などの人目につきにくい場所に作るので、住宅街で遭遇することはめったにありません。

産卵と育成のため、8~10月に巣が巨大化します。
この時期は特に凶暴なので、オオスズメバチを見つけたら音を立てず、速やかに離れましょう。
オオスズメバチの危険度は非常に高く、専門業者でも駆除が大変です。
素人は、絶対に手を出してはいけません。

危険度2位:キイロスズメバチ

オオスズメバチの写真
キイロスズメバチ
体長 女王蜂:25~28mm
働き蜂:17~24mm
オス蜂:24mm前後
生息地 本州から北海道まで
巣の特徴 貝殻模様のボール状で、短期間で大きくなる
巣を作る場所 軒下、外壁、コンクリート、金属、プラスチックなど
活動期間 3月~11月
毒量 オオスズメバチと同じぐらい強い
攻撃性 強い

キイロスズメバチは攻撃性が強く、巣の近くで大声を出したり、通ったりしただけで攻撃してきます。
オオスズメバチと同等の毒性があるため、刺されると危険です。

キイロスズメバチは短期間で大きな巣を作るのが特徴です。
貝殻模様のボール状で、直径は1m以上になります。
軒下や外壁、コンクリート、金属、プラスチックなどどこにでも巣を作るので、街中でいつ見かけても不思議ではありません。
キイロスズメバチの巣を素人が自分で駆除できるのは、活動していない冬の期間のみです。
短期間で一気に大きくなるので、冬以外に巣を見つけたときは専門業者に依頼しましょう。

危険度3位:モンスズメバチ

モンスズメバチの写真
モンスズメバチ
体長 女王蜂:28~30mm
働き蜂:21~28mm
オス蜂:21~28mm
生息地 北海道・本州・四国・九州
巣の特徴 釣鐘型で最下部が開いている
巣を作る場所 天井裏や屋根裏などの人目につきにくい閉鎖的な場所
活動期間 4月~10月
毒量 オオスズメバチほどではないが強い
攻撃性 やや高い

モンスズメバチの特徴は、夜間にも活動することです。
多くのスズメバチは夕方~明け方まで巣にいますが、モンスズメバチは24時間活動します。
夜中に懐中電灯などの光を当てると、光に反応して攻撃されることがあります。
天井裏や屋根裏などの人目につかない場所に巣を作るため、見かけることはあまりありません。

巣は40~50cmの釣鐘型で、最下部が露出しているのが特徴です。
モンスズメバチは益虫で、イモムシなどの害虫を食べてくれる働きがあります。
巣が危険な場所にない限りは、急いで駆除しなくて大丈夫です。

危険度4位:チャイロスズメバチ

チャイロスズメバチの写真
チャイロスズメバチ
体長 女王蜂:29~30mm
働き蜂:17~24mm
オス蜂:20~27mm
生息地 北海道・本州
巣の特徴 他の蜂の巣を奪う
巣を作る場所 軒下などの開放的な場所や壁の隙間などの閉鎖的な場所までさまざま
活動期間 7月~10月
毒量 毒の濃度が高い
攻撃性 かなり強い

チャイロスズメバチの毒は濃厚で、刺されると激しい痛みに襲われます。
攻撃性が強い上に、毒液を噴射する特徴があるため危険です。
チャイロスズメバチは自分で巣を作らず、他のスズメバチが作った巣を乗っ取って住みつきます。
乗っ取り先は、主にキイロスズメバチかモンスズメバチの巣です。
乗っ取った後はしばらく2種類で共生しますが、最終的にはチャイロスズメバチだけになります。

チャイロスズメバチの巣を見かけたら、すぐに専門業者に駆除してもらいましょう。
チャイロスズメバチがいると、数種類のスズメバチが共生している可能性があります。
他のスズメバチからの被害を防ぐためにも、早めに駆除することが大切です。

危険度5位:ツマグロスズメバチ

ツマグロスズメバチ
体長 女王蜂:25~28mm
働き蜂:20~22mm
オス蜂:20~22mm
生息地 琉球列島
巣の特徴 トックリ型や球体型で場所によって形を変える
巣を作る場所 木の枝や草むらなどの地面から1m前後の高さの場所
活動期間 4月〜11月
毒量 強い
攻撃性 好戦的な性格

ツマグロスズメバチはメスのみが毒針を持っており、刺すだけでなく毒を噴射します。
巻き散った毒に仲間が集まってくるので、標的にされると危険です。
ツマグロスズメバチは、木の枝や草むらなどの低い位置に巣を作ります。
琉球列島は頻繁に台風が発生するため、低い位置に作られるようになりました。
巣の大きさによっては、高い位置に作り直すこともあります。

農作業中などに、巣があることに気付かず刺されることが多いです。
見つけたら被害を防ぐためにも専門業者に駆除を依頼しましょう。

危険度6位:ツマアカスズメバチ

ツマアカスズメバチの写真
ツマアカスズメバチ
体長 女王蜂:25~30mm
働き蜂:17~25mm
オス蜂:20~28mm
生息地 長崎県・福岡県・大分県・宮崎県
巣の特徴 縦長で雫のような形
巣を作る場所 木の幹や枝、軒下などの開放的な場所
活動期間 5月〜11月
毒量 強い
攻撃性 集団や巣ごとに攻撃性が異なる

ツマアカスズメバチは、攻撃の対象をしつこく追いかける習性があるので、注意が必要です。
巣は、木の幹や軒下などの開放的な高い位置に作られます。
縦長で雫のような形をしていて、直径50~70cmを超えるほどの大きさです。
ツマアカスズメバチは繁殖力が強く、ひとつの巣に1万匹もの卵を産みます。

さらに、ミツバチを餌にするため、受粉の妨げとなり農作物に被害が出ています。
ツマアカスズメバチは高い位置に巣を作るので、自分で駆除するのは困難です。
見つけたら専門業者に相談しましょう。

危険度7位:コガタスズメバチ

コガタスズメバチの写真
コガタスズメバチ
体長 女王蜂:25~30mm
働き蜂:22~28mm
オス蜂:23~27mm
生息地 日本全国
巣の特徴 始めはトックリ型、大きくなるとマーブル模様のボール状になる
巣を作る場所 軒下や低い木の枝など開放的な場所
活動期間 5月〜11月
毒量 強い
攻撃性 あまり攻撃的ではない

コガタスズメバチはあまり攻撃的ではなく、おとなしい性格です。
しかし、庭木などの身近な場所に巣を作るので、刺される被害はよくあります。
コガタスズメバチという名前ですが、特別小さいわけではありません。
見た目がオオスズメバチに似ているためよく間違えられますが、性格は全く違います。

コガタスズメバチの巣は最初はトックリ型で、大きくなると球体になります。
大きくなっても直径20~30cmほどなので、スズメバチの中では小さめです。
巣は庭木の低い位置や茂みの中に作られるので、外からだとあまりわかりません。
6月頃の巣が小さいうちであれば自分で駆除できますが、夏に入ると凶暴になるので専門業者に依頼しましょう。

危険度8位:ヒメスズメバチ

ヒメスズメバチの写真
ヒメスズメバチ
体長 女王蜂:24~37mm
働き蜂:24~37mm
オス蜂:24~37mm
生息地 本州・四国・九州・対馬
巣の特徴 半球で釣鐘のような形
巣を作る場所 土の中や樹洞など閉鎖的な場所
活動期間 6月~9月
毒量 弱い
攻撃性 スズメバチの中で最もおとなしい

ヒメスズメバチはとてもおとなしい性格で、あまり攻撃してきません。
しかし、24mmを超える大きな体で、羽音を立てながら飛ぶ姿は迫力があります。
ヒメスズメバチの巣は、半球で釣鐘のような形です。
六角形の巣穴がむき出しなので、外からでも幼虫や蛹が見えます。
土の中や樹洞に巣を作るので、見かけることは少ないでしょう。

ヒメスズメバチによる被害は、ほとんどありません。
さらに、活動期間が6~9月と短いので、巣の位置によっては急いで駆除しなくても問題ありません。

危険度9位:クロスズメバチ

クロスズメバチ
体長 女王蜂:13~15mm
働き蜂:10~12mm
オス蜂:12~14mm
生息地 北海道、本州、四国、九州、奄美大島
巣の特徴 提灯に似た形
巣を作る場所 土の中、樹洞、藁の中など閉鎖的な場所
活動期間 4月~11月
毒量 弱い
攻撃性 低い

クロスズメバチはおとなしい性格で、毒性も弱いのが特徴です。
危害を加えなければ問題ありませんが、刺激を与えると攻撃してきます。
攻撃性や毒性が弱いからといって、油断は禁物です。
クロスズメバチの巣は提灯に似た形で、土の中のような人目に付かない場所に作ります。
ハイキングやキャンプなどで、気付かないうちに巣の近くを通っていることがあるかもしれません。

クロスズメバチの巣は、しっかり準備すれば自分で駆除できます。
しかし、おとなしい性格とはいえ刺されると痛いので、専門業者に駆除を依頼する方が安心です。

スズメバチを安全に駆除する方法は?

スズメバチの巣は大きさが15cm以下で、低い位置にあれば自力で駆除するのも難しくありません。
しかし、スズメバチは非常に危険な蜂で、専門家でも怪我をするほどです。
自力でスズメバチ駆除をするときは、刺されないために万全を期してください。

スズメバチ駆除の流れ

  1. 防護服や長靴、厚手の手袋を着用する
  2. 風上から巣穴に2本以上の殺虫剤を連続噴射する(目安10〜15分程度)
  3. スズメバチが出てこなくなったらさらに数十秒間殺虫剤を噴射する
  4. ノコギリなどで巣の根本を切り落とす
  5. 落ちた巣穴に脱脂綿を詰め込んで蜂が出てこないようにする
  6. 巣や死骸は厚手のビニール袋に入れて素早く縛る

スズメバチは死んでも十数時間は毒針を出す習性があるので、手で拾ってはいけません。
自力で駆除すると最悪の場合は、病院に緊急搬送されかねません。

特に7〜10月はスズメバチが一番活発になる時期で、攻撃性が高まります。
スズメバチに刺されると死亡するリスクもあるため、蜂の種類が分からない場合や巣が15㎝ほどになっている場合など、安全に駆除するには専門業者に依頼するのが一番です。

まとめ

日本に生息するスズメバチは、全部で3属17種類です。
なかでも特に危険なのがスズメバチ属の蜂で、被害報告件数も圧倒的です。

  • オオスズメバチ
  • キイロスズメバチ
  • モンスズメバチ
  • チャイロスズメバチ
  • ツマグロスズメバチ
  • ツマアカスズメバチ
  • コガタスズメバチ
  • ヒメスズメバチ
  • クロスズメバチ

特に危険な9種類のスズメバチに遭遇したときは、気を付けなければいけません。
スズメバチを見かけたときは刺激せず、静かに素早く立ち去りましょう。
近くに巣があるときは、専門業者に駆除を依頼してくださいね。

無料で安い蜂駆除業者を紹介!
  • お住まいの地域のお得な業者を紹介
  • 紹介するのは選りすぐりの優良企業
  • 無料で蜂駆除の相談ができる
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。