ハチ駆除

アシナガバチの巣を見つけたときの対処法!特徴を知って安全に駆除しよう

アシナガバチの巣ができたときの対処法!特徴を知って安全に駆除しよう

アシナガバチは、民家の近くに巣を作りやすいハチの1種です。
そのため、たとえ街中に住んでいても、「家の近くにアシナガバチの巣を見つけた」「巣がどこにあるかわからないが、家の近くを頻繁にアシナガバチが飛んでいる」という事態になることもあります。

家の周りや敷地内に突然蜂の巣ができて、ハチが飛び回っている状況になるのは怖いですよね。
特にアシナガバチは体も大きく、飛ぶスピードも速いです。
さらに、アシナガバチの針にも毒があり、運が悪ければ「アナフィラキシーショック」を起こしてしまうこともあります。
15cmを超えた大きさの蜂の巣には絶対に近寄ってはいけません。

アシナガバチのことをよく知らずに、そのまま巣を放置してしまったり、逆に自分で駆除しようとしたりしてしまうと、思わぬ事故に繋がってしまいます。
そのため、まずはアシナガバチの正しい知識や対処法を知る必要があるのです。

この記事では、アシナガバチの特徴や習性と、駆除する方法について紹介しています。
 安心安全な生活を手に入れるために、ぜひ参考にしてください。

アシナガバチの巣の特徴

アシナガバチの巣の特徴

家の近くや敷地内にできた蜂の巣に対処するには、まず「何の種類のハチなのか?」をはっきりさせなくてはいけません。
ハチの種類を間違って認識してしまうと、事故に繋がる危険性があるからです。

スズメバチやミツバチなど、他のハチとアシナガバチの巣を見分けるときのコツについて紹介していきます。

アシナガバチの巣の形と大きさ

巣の形と大きさ

アシナガバチの巣は、シャワーヘッドのような形で、灰色や灰褐色です。
ほとんどの場合、木の枝や軒下から、ぶら下がるようにできています。
巣は、六角形の「部屋」がむき出しになっていて、部屋の中が丸見えの状態です。
部屋の中に「ハチの子」がいれば、部屋には白い「フタ」がしてあり、中を確認することができないこともあります。

大きさは、最大でも15cm~20cmほどにしかなりません。
部屋がむき出しの形状も相まって、巣が「作りかけ」のように見えることもありますが、15cmほどあれば、巣は完成していると思ってよいでしょう。

完成してしまった蜂の巣は、自分で駆除しようとしないでください。
大きくなった巣には、それだけたくさんの働き蜂がいるからです。
アシナガバチは、スズメバチよりはおとなしいですが、巣に近づいてきた者には容赦しません。
巣の大きさが15cmを超えたら、絶対に近寄らないようにしましょう。

アシナガバチの巣ができる場所

アシナガバチは、開放的で日当たりのよい場所に巣を作る傾向があります。
 しかし、雨には弱いので、屋根や屋根のかわりになるようなものが必要です。
 またアシナガバチは肉食で、他の虫の幼虫や毛虫などを食べるので、餌が豊富な場所も好みます。

 以上のことを踏まえ、アシナガバチが巣を作りやすいのは、以下のような場所です。

  • 軒下、葉が重なった木の枝の下、ベランダやテラス、エアコンの室外機、天井の中、普段は開閉しない窓、戸袋の中や下

「洗濯物の中に巣を作っていて、気づかずに触ってしまい刺された」「久しぶりに窓を開けたら蜂の巣があった」ということは珍しくありません。
ハチが巣を作る時期が近づいたら、ハチの好みそうな場所は注意しましょう。
ハチが巣を作る時期については、下記で紹介します。

また、「ハチの姿はよく見かけるけれど、巣がどこにあるかわからない」という人も多いのではないでしょうか?
アシナガバチの巣を見つけるには、以下の条件に当てはまる場所を注意して探してみましょう。

  • 日当たりが良く乾燥している
  • 屋根のかわりになるものがある
  • いも虫や毛虫をよく見かける

アシナガバチが巣をつくる時期

アシナガバチの一年は、次のようなサイクルになっています。

春:4月~5月女王蜂が冬眠から目覚める。冬眠から覚めて1ヶ月程すると巣作りを始める。
夏:6月~8月働き蜂がたくさん産まれ、産卵・子育てが活発になる。同時に、攻撃性が高まる。
秋:9月~10月女王蜂が産んだオスバチや、次の女王蜂が生まれる。10月ごろには、オスバチと新女王蜂が交尾をする。
冬:11月~3月交尾をした女王蜂は、寒さをしのげる場所を探して冬眠する。オスバチや働き蜂は命を終える。

アシナガバチが巣を作り始めるのは、冬眠から覚めて約1ヶ月後なので、5月ごろです。
女王蜂は1匹で巣を作り始めますが、巣の部屋が5部屋ほどできると、すぐに働き蜂を生み始めます。
20日ほどで羽化する働き蜂は、6月には活動し始めます。
6月以降、夏の間はアシナガバチの巣はどんどん大きくなっていきます。

そのため、アシナガバチの巣を自分で駆除したい場合は、6月までがベストです。
7月に入ると働き蜂の数が増えてしまうため、DIYで駆除するのは避けたほうがよいでしょう。

アシナガバチの巣はなぜ「放置してもいい」と言われるのか?

アシナガバチの巣はなぜ「放置してもいい」と言われるのか?

「アシナガバチの巣は放置してもよい」というのを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?
実は、アシナガバチの巣は、スズメバチと違い、必ず駆除しなければいけないわけではありません。
アシナガバチの巣を駆除しなくてもよい理由は3つあります。

  • アシナガバチは益虫だから
  • アシナガバチは冬眠するから
  • アシナガバチはスズメバチほど攻撃的ではないから

アシナガバチが餌にしている毛虫やいも虫は、農作物を食い荒らしたり、触るとかぶれたりなど、人間にとって害虫です。
害虫である毛虫やいも虫を食べてくれるので、アシナガバチは益虫とされています。

また、アシナガバチの活動期間は春~夏と短く、攻撃的になる産卵シーズンも2ヶ月ほどで終わります。
女王蜂とオスバチの交尾が終われば、巣は空になります。
巣を見つけたのが秋以降であれば、巣の駆除を急ぐ必要はありません。

スズメバチは巣の近くを通っただけでも攻撃してきますが、アシナガバチは基本的に襲ってくることはありません。
ただし、巣を揺らしたり攻撃したりした場合、アシナガバチは巣を守るために攻撃します。

基本的には放することもできるアシナガバチの巣ですが、人間の生活スペースの中もしくはすぐ近くに巣ができていた場合は、駆除が必要です。
特に、玄関や窓の近くは、巣に振動が伝わりやすく、襲われやすいため危険です。

さらに、アシナガバチの巣ができた場合、スズメバチにも注意しなければいけません。
なぜなら、アシナガバチの幼虫を好んで食べるスズメバチがいるからです。
そこにアシナガバチの巣があると知ったスズメバチは、何度もアシナガバチの幼虫を捕食しにやってきます。
アシナガバチを捕食するついでに、人間が刺されることもありえます。
そのため、家の近くに巣ができた場合は、できるだけ早めに駆除しましょう。

アシナガバチの巣を駆除する方法

アシナガバチの巣を駆除する方法

アシナガバチの巣を駆除する方法で一番安全でおすすめなのが、「駆除を秋以降に行う」ことです。
女王蜂が冬眠して、巣が空になっているからです。

しかし、すぐに駆除しなければ危険な場合もありますよね。
自分で駆除する場合には、以下の条件を必ず守り、安全に行いましょう。

  • 巣の大きさが10cm未満であること
  • 駆除するのが7~9月の間ではないこと
  • 必要な防具や道具を全て揃えること

上でも説明していますが、蜂の巣は大きくなればなるほど、働き蜂が増えて危険です。
産卵シーズンはアシナガバチの気が立っているため避けましょう。
またケガをしないよう、身を守る道具は、必ず準備万端にしてください。

必要な防具や道具は以下の通りです。

  • 白い防護服、白い手袋、頭を保護するもの(白)、白い長靴、白いマスク、殺虫剤、懐中電灯、赤セロハン、長い棒、ほうき、ちりとり、ゴミ袋

必要な道具をそろえたら、いよいよ駆除をしていきましょう。
駆除は、次のステップで行います。

  1. 作業場所を確認する
  2. 作業開始
  3. 少し離れた場所から巣にスプレーを噴射
  4. 巣に近づいて巣穴にスプレーを噴射
  5. 巣を撤去
  6. 巣と死骸を回収・廃棄
  7. 撤去場所にスプレーを噴射

基本的な蜂駆除の方法は、スズメバチとほとんど同じです。
スズメバチ駆除の方法は、で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

蜂の巣駆除は専門業者に依頼しよう

アシナガバチは、スズメバチに比べればおとなしい性格ですが、刺されれば危険なことには変わりありません。
アシナガバチの巣が15cm以上になっている場合は、絶対に自分で行わず、専門業者に依頼しましょう。

専門業者であれば、蜂の巣駆除にも慣れているうえ、専用の器具や防具を持っているので、安全に駆除することができます。
費用が気になる場合は、まずは見積もりだけ依頼することもできるので、気軽に連絡してみましょう。

しかし、蜂駆除業者の中には、実際の費用より高い金額を請求したり、作業をしたように見せかけるだけで実際には作業しなかったりと、悪い業者も存在します。
悪徳業者を避けて信頼できる業者に依頼するためには、口コミや料金相場が分かる専門のWebサイトの活用がおすすめです。

ファインドプロなら、厳正な審査を通過した業者しかいないので安心です。
現地調査や見積もりは無料で、追加費用もかかりません。

蜂の巣に戻ってくる「戻りバチ」に要注意

アシナガバチは、駆除してからもしばらくは安心できません。
なぜなら、巣に戻ってくる「戻りバチ」がいるからです。

働き蜂は、エサを求めて巣を離れていることがあります。
エサを捕りに行っている働き蜂は、巣を離れている間に、巣がなくなっているなんてことは思いもよりません。
そのため、元々蜂の巣があった場所に戻ってきてしまうのです。

戻りバチは、巣を求めてウロウロと飛び回った後でどこかへ行ってしまうこともありますが、また同じ場所に巣を作り始めることがあります。
アシナガバチは、女王蜂がいなくなると、働き蜂が卵を産むようになるからです。
アシナガバチの巣を駆除しても、1~2週間ほどは、戻りバチがいないか注意した方がよいでしょう。
ハチに巣を作らせない方法は、蜂の巣駆除・予防方法6選!ハチに巣を作らせない対策法は?で紹介していますので参考にしてください。

また、アシナガバチは自分の生まれた場所を覚えていて、生まれた場所の近くに巣を作る習性があります。
もしも駆除したのが秋以降だった場合は、翌年の春に、次世代の女王蜂が新しく巣を作る可能性もあるので注意しましょう。

アシナガバチ以外のハチの見分け方

アシナガバチ以外のハチの見分け方

ここまでは、アシナガバチについて紹介しました。
自分が見かけたハチが本当にアシナガバチかどうか見分けるためには、他のハチの特徴を知っておくことも大切です。
ここでは、アシナガバチ以外に、民家の近くに巣を作りやすいスズメバチやミツバチの特徴について紹介します。

ハチの種類が見分けられるように並べた画像
スズメバチ アシナガバチ ミツバチ
見た目黒とオレンジがかった黄色。くびれがあり、体長は2~4cm黒と黄色。くびれがあり、体長は2~4cm。後ろ足が長い黄色で胸に毛がある。ずんぐりとしていて1~2cm
性格非常に攻撃的。毎年アナフィラキシーショックによる死亡例があるややおとなしいが、巣を揺らしたり攻撃したりすると襲ってくるおとなしいが、巣を守るため集団で襲ってくる
波や貝殻のようなマーブル模様の球状シャワーヘッドのような形で巣穴がむき出し垂れ下がるような板状で、何層にも重なることがある

スズメバチとアシナガバチの姿は似ており、よく間違えられますが、アシナガバチは後ろ足をだらりと垂らして飛ぶのが特徴です。

また、アシナガバチとミツバチも、スズメバチほど強くはないですが毒をもっています。
アシナガバチに刺された場合は、まれにアナフィラキシーショックを起こします。
ミツバチの毒は、痛みやかゆみ、腫れなどを引き起こします。

スズメバチの巣は基本的に球状で、波模様や貝殻のような模様をしています。
アシナガバチは上でも紹介したとおり、シャワーヘッドのような形です。
ミツバチの巣は板状で何層にも重なり、大きくなると1mを超えるほど成長することもあります。

まとめ

刺されると死に至る危険もある蜂ですが、生態や特徴をよく知っていれば、うまく共存することもできます。
特にアシナガバチは、畑の害虫を食べてくれる益虫であり、冬にはいなくなってしまうので、巣が遠くにある場合はそっと見守ってあげましょう。

ただし、家の近くに巣ができてしまった場合は、危険なので駆除しましょう。
自分で駆除できるのは、巣が10cm未満のときだけです。
巣の大きさが15cmほどある場合は、蜂駆除専門の業者に依頼してください。

巣を駆除しても、「戻りバチ」が来る可能性があります。
できる限り自衛をして、戻りバチを防ぎましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。