ガラス修理

網入りガラスは防犯にならない!正しい知識と効果的な防犯対策をご紹介

網入りガラスは防犯にならない!正しい知識と効果的な防犯対策をご紹介

網入りガラスは防犯対策になると考えている人は多いのではないでしょうか。
しかし実は、網入りガラスは防犯対策にはならないのです。

もし、網入りガラスを防犯対策として検討中、もしくはすでに使っているのであれば、とても危険です。
意外かもしれませんが、網入りガラスはハンマーやバールなどで叩くとあっという間に割れてしまい、空き巣が侵入できてしまうリスクが高いのです。

空き巣に侵入されてしまった場合、大切な財産を盗まれてしまうだけでなく、部屋の中も散らかされてしまうなど、被害は大きくなるでしょう。

空き巣の侵入を防ぐためには、効果的な防犯対策を実践することが大切です。
そこで、今回は網入りガラスの正しい知識と、効果的な防犯対策についてご紹介します。

網入りガラスが防犯にならないって本当?

網入りガラスが防犯にならないって本当?

防犯のイメージがある「網入りガラス」ですが、実際のところ防犯効果はほとんど期待できません。

網入りガラスは、「熱や火などでガラスが割れたときに飛び散りにくい」という効果が期待できるもので、火災などのシーンで活躍してくれるものです。

ちなみに、防犯のイメージがある「網入りガラス」「強化ガラス」「防犯ガラス」の詳しい性能は、下記の通りです。

ガラスの種類 ガラスの性能
網入りガラス 熱や火でガラスが割れてしまったとき、周囲に破片が飛び散るのを低減してくれます。ハンマーやバールなどで叩くと、一般的なガラス同様に簡単に割れてしまいますので、防犯性能は期待できません。
強化ガラス 一般的なガラスと比べると強度がありますが、ハンマーやバールで叩くと割れてしまう可能性が高く、空き巣が侵入しやすいといえます。しかし、万が一割れても破片は大きめで、鋭利ではないのでけがをしにくい点はメリットかもしれません。
防犯ガラス 空き巣にガラスを割られないよう、複数のガラスと中間膜で構成される特殊な造りです。ハンマーやバールで叩いても割れにくく、実際に割れるまで時間がかかるのが特徴といえるでしょう。

上記の通り、防犯性能を期待できるガラスは、「防犯ガラス」のみです。
その他のガラスは空き巣に割られてしまう可能性が高く、建物内に侵入されやすいので、防犯面の期待はできません。

防犯対策で防犯ガラスに交換するメリット

防犯対策で防犯ガラスに交換するメリット

防犯対策で防犯ガラスに交換するメリットは、主に5つ挙げられます。
まずは、下記をご覧ください。

  • 防犯ガラスのステッカーで抑止効果
  • 割れるまでに時間がかかる
  • 万が一割れても飛散しにくい
  • 防音効果が期待できる
  • UVカット効果がある

防犯ガラスに交換することで、上記のメリットを得ることができます。

ただし、場所によっては「網入りガラス」にしなければならない場合もありますので、必要に応じて「網入りガラス+面格子」といった対処法が必要です。

ここからは、上記のメリットを詳しく解説します。

防犯ガラスのステッカーで抑止効果

防犯ガラスには専用のステッカーが貼られていますので、空き巣に「防犯の高いガラスであること」をアピールすることができます。

空き巣は、侵入に手間や時間がかかる建物は避ける傾向にありますので、防犯ガラスのステッカーだけでも、犯罪抑止効果を期待できるのです。

割れるまでに時間がかかる

防犯ガラスは割れるまでに時間がかかりますので、空き巣に侵入される可能性が低くなります。

例えば空き巣がガラスを叩いている最中にあなた自身や近隣住民に見つかったり、犯人が「完全に割れるまでにまだまだ時間がかかる」と判断したりすれば、途中で侵入を諦めるかもしれません。

「防犯ガラスは割れるまでに時間がかかる」という特徴は、空き巣被害を食い止めやすくなるでしょう。

万が一割れても飛散しにくい

防犯ガラスは、万が一割れても飛散しにくい構造をしています。

防犯ガラスは複数枚のガラスが重なっているのが特徴です。
さらに、ガラスとガラスの間には特殊な「中間膜」が挟まれています。

防犯ガラスは、万が一ガラスが割れても特殊な中間膜によって飛散しにくくなっています。
もし、地震でガラスが割れてしまっても、飛散しにくい防犯ガラスであれば、破片によるけがをしにくいといえるでしょう。

防音効果が期待できる

防犯ガラスは防音効果が期待できますので、日常生活を快適にしてくれるというメリットもあります。

防犯ガラスに交換すれば、外の騒音が室内に響くのを防ぐことができますし、室内の物音を外に漏れにくくしてくれます。

外の騒音や、室内の音による近隣住民への影響が気になるという方にも、防犯ガラスはおすすめです。

UVカット効果がある

防犯ガラスのうち、商品によっては、UVカット効果を持つものもあります。

室内にいても紫外線による影響は受けやすいので、積極的にUV対策はしておきたいですよね。
UVカットの防犯ガラスであれば、一度交換すれば常に紫外線対策を行えますので、毎日こまめに日焼け止めを塗ったり、長袖の衣服を着用したりするなどの手間を減らすことができます。

防犯ガラスへの交換を検討している方は、UVカット効果があるものを選んでみてはいかがでしょうか。

ガラス交換以外にもガラスの防犯対策はできる

ガラス交換以外にもガラスの防犯対策はできる

ガラス交換以外にも、効果的なガラス防犯対策があります。
今回ご紹介するのは、下記の4つです。

  • ガラスに防犯フィルムを貼る
  • シャッターを取り付ける
  • 面格子を取り付ける
  • 補助錠を取り付ける

それぞれの防犯対策について、詳しく見ていきましょう。

ガラスに防犯フィルムを貼る

ガラスに防犯フィルムを貼ることで、効果的な防犯対策になります。

防犯フィルムは、ガラスをハンマーやバールなどで叩かれても割れにくくしてくれるフィルムのことです。
ガラスに防犯フィルムを貼るだけで防犯効果を期待できますので、比較的手軽な対策といえるでしょう。

ただし、防犯フィルムによっては「すぐに剥がれてしまって効果がないもの」「貼ってもすぐにガラスが割れてしまうもの」がありますので、慎重に商品を選んでください。

シャッターを取り付ける

シャッターの取り付けは、効果的なガラスの防犯対策となります。

空き巣は「短時間で侵入できる建物」をターゲットにしやすいので、いちいちシャッターを開ける必要がある建物は避けたがります。

防犯対策として、シャッターの取り付けも検討してみてください。

面格子を取り付ける

面格子を取り付けることも、ガラスの防犯対策になります。

もし窓ガラスを割ることができても、面格子があれば、空き巣犯の体が面格子を通り抜けられないのです。
侵入するためには、一度面格子を取り壊す必要がありますので、空き巣にとっては大きな手間となり諦めてくれるはずです。

防犯ガラスを取り付けられない場所は、面格子で対策することをおすすめします。<
ただし、面格子を取り付けることによって、火災などの緊急事態に外に逃げられなくなるというデメリットもありますので、室内から短時間で取り外しできるタイプを検討してください。

補助錠を取り付ける

補助錠を取り付けて、ガラスの防犯対策をするという方法もあります。

補助錠があると、空き巣は侵入のために「メインのカギとは別の錠」も開けなければなりません。
複数の鍵を開錠するのは手間と時間がかかりますので、空き巣が途中で侵入を断念する可能性があります。

ガラスが割られてしまうのは防げませんが、「もしもガラスが割られたとき」の対策として補助錠を取り付けてみてはいかがでしょうか。

網入りガラスではなく防犯ガラスで対策しよう

網入りガラスではなく防犯ガラスで対策しよう

ガラスの防犯対策を行うのであれば、網入りガラスではなく、防犯ガラスがおすすめです。

網入りガラスは、そもそも防犯を目的としたガラスではありませんので、ハンマーやバールなど固いもので叩くと割れてしまいます。
網入りガラスでは、空き巣の侵入を防ぐことは難しいといえるでしょう。

しかし、防犯ガラスは防犯に特化したガラスですので、もしあなたの建物が空き巣のターゲットにされてしまっても、侵入を防ぎやすいといえます。
ガラスの防犯対策を検討している方は、「防犯ガラス」を選びましょう。

まとめ

このページでは、網入りガラスの性能や、ガラスの防犯対策などについてご紹介しました。

一般的に「網入りガラスは防犯対策を期待できる」といったイメージがありますが、実際のところ防犯効果は望めません。
網入りガラスは、あくまでも「火や熱によるガラスの割れや飛散を防ぐためのもの」ですので、防犯対策には適していないのです。

現在、ガラスの防犯対策を検討中の方は、防犯ガラスへの交換を視野に入れながら、効果的な方法を実践してください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。