ガラス修理

飛び石でフロントガラスに傷が!補修方法と修理費用、保険について解説

飛び石でフロントガラスに傷が!補修方法と修理費用、保険について解説

飛び石によるフロントガラス被害は誰にでも起こるものですが、予測ができないので防ぎようがありません。
飛び石を原因としたフロントガラスのキズは、知らないうちに出来ていることもあるので驚きますよね。

フロントガラスの傷がついたまま放っておくと、車上荒らしやちょっとしたことで割れてしまうリスクがあります。
とはいえ、「修理をどのように進めていいのかわからない…」という人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、突然の飛び石によるフロントガラスの傷に対応できるよう、わかりやすく修理の方法や保険適用についてお伝えしていきます。

飛び石でフロントガラスに傷やひびがついた時の対処法

飛び石でフロントガラスに傷やひびがついた時の対処法

飛び石でフロントガラスにひびがついてしまった場合は、下記の対処法を実践しましょう。

  • フロントガラスの傷を確認する
  • 応急処置を行う

それぞれの詳細について解説します。

フロントガラスの傷を確認する

飛び石でフロントガラスに傷がついてしまったら、まずは傷の状態をよく確認しましょう。

フロントガラスの傷が、車内から外を見るのに支障が出ない程度の小さなものであれば、ひとまず運転は可能です。
フロントガラスの応急処置は、自宅に帰ってから、もしくは安全な場所に移動してから行い、対応を検討しましょう。

ただし、飛び石によるフロントガラスの傷が大きい場合や、ひび割れていて運転が継続できそうにない場合は、JAFなどのロードサービスに連絡するか、保険会社に相談しましょう。

応急処置を行う

飛び石でフロントガラスが傷ついてしまった場合、応急処置を行いましょう。
自分でできるフロントガラスの応急処置としては、以下の内容が挙げられます。

  • 専用の応急処置シールを貼る
  • リペアキットで修復する

フロントガラス専用の応急処置シールは、傷を広がりにくくする効果があります。
応急処置シールは、特別な知識や技術が不要ですし、カー用品専門店やホームセンターで販売されていますので簡単に入手できます。

リペアキットとは、「ガラスの小さな穴をふさぐ」「ガラスの傷を目立たなくする」などを目的とした樹脂製のガラス修復剤です。
リペアキットは、フロントガラスの浅い傷や小さな穴に使うことができます。
しかし大きくひび割れていたり、大きな穴が開いたりしている場合は、リペアキットでは修復することができません。

自分で修理できない傷の場合

自分で修理できないフロントガラスの傷は、業者に修理・交換を依頼しましょう。

フロントガラスは、深い傷がついてしまったり、大きくひび割れてしまったりした場合、自分で修復することは難しいです。
とくに、ガラスに関する専門的な知識を持たない方の場合、むやみに自分で作業をしてしまうと、フロントガラスの状態が悪化してしまう可能性があります。

フロントガラスの修理・交換にかかる費用相場

フロントガラスの修理・交換にかかる費用相場

フロントガラスの修理・交換を行う場合、それぞれの費用相場は下記の通りです。

作業内容 費用相場
フロントガラスの修理 4,000~3万円
フロントガラスの交換 9万~15万円

フロントガラスの修理は、傷の大きさやガラスの種類によって大きく異なります。
また、実際にかかる費用は、フロントガラスの修理・交換ともに、車種によっても変わることから、上記の費用相場よりも高額になることがあります。

フロントガラスには車両保険が適用できる

フロントガラスが飛び石で傷ついたり、割れてしまったりした場合、車両保険が適用できます。

車両保険では、飛来物によるフロントガラスのキズや割れが対象となっています。
飛び石も「飛来物」として認められていますので、多くのケースで車両保険が使えるのです。

ただし、車両保険を使うと、翌年の等級が下がってしまうので注意してください。
また、フロントガラスの修理費用全額を保険で賄えるとは限らず、修理費用の一部が自己負担となることもあります。

フロントガラスの傷・ひび割れの放置は危険!

フロントガラスの傷・ひび割れの放置は危険!

フロントガラスの傷・ひび割れの放置は非常に危険です。
フロントガラスの傷・ひび割れを放置することによるリスクは、下記の2つが挙げられます。

  • ひび割れが大きくなる可能性がある
  • 車検に通らない場合がある

フロントガラスの傷やひび割れを放置すると、どんどん大きくなってしまう可能性があります。
最悪の場合、フロントガラスが大きく割れてしまうことも考えられますので、フロントガラスの傷・ひび割れは早めに改善することが大切です。

また、フロントガラスに傷やひび割れがある状態では、車検に通らない可能性もありますので、あらかじめ修理・交換をしなければなりません。

いずれにせよ、フロントガラスの傷・ひび割れは放置せずに、適切に対処しましょう。

飛び石によるフロントガラスの傷は業者に修理を依頼しよう

飛び石によるフロントガラスの傷は業者に修理を依頼しよう

飛び石によってフロントガラスが傷ついてしまった場合は、業者に修理を依頼してください。

飛び石によるフロントガラスの傷は、車両保険が適用できますので、費用の負担を軽減してガラスの傷を修理することができます。

業者にフロントガラスの修理を依頼する場合は、下記の手順で進めていきます。

  1. 保険会社に連絡(車両保険を使う場合)
  2. 業者に連絡
  3. 業者から見積もりをとる
  4. フロントガラスの修理
  5. 修理費用の支払い

業者に修理の連絡を入れる前に、保険会社に「車両保険を使うという要旨」を連絡してください。

また、業者を選ぶ時は、一社のみから見積もりをとるのは好ましくありません。
業者が提示する費用やサービス内容を比較するためにも、複数の専門業者から見積もりをとり、それぞれを比較したうえでフロントガラスの修理を依頼しましょう。
他にも、業者に自宅に来てもらって作業を依頼する場合は「出張費の金額」について、確認しておきましょう。

ただし、車両保険を使ってフロントガラスを修理すると、保険の等級が下がってしまい、現時点よりも保険料が高くなってしまうことが考えられます。
出費をトータルで考えると、保険を使わずにフロントガラスを修理したほうが安く済む場合があるのです。

また、車両保険の契約内容によっては、「免責金額」が設定されている場合もあります。
もし、車両保険を使ってフロントガラスを修理するとしても、免責金額が設定されている場合は、修理費用の一部を自己負担しなければなりません。
設定されている金額によっては、そもそも保険料が支払われないかもしれません。

車両保険を使う場合は、保険会社に契約内容を詳しく聞いたうえで、適切に判断することが大切です。

まとめ

飛び石によるフロントガラスのトラブルは突然のことですので、慌ててしまいますよね。

しかし、応急処置による補修方法や修理・交換費用、保険の利用可否などについて分かっていれば、フロントガラスのトラブルはスムーズに解決することができます。

まずは、慌てずにフロントガラスの状態をよくチェックし、「自分で応急処置をするか」「専門業者に依頼したほうがいいか」を検討してみてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。