ガラス修理

窓ガラスで紫外線を防ぐ!紫外線をカットする対策を解説

紫外線を防いでいる窓ガラスの写真

あなたは、窓ガラスで紫外線を防ぎたいと考え、効果的な対策について情報をお探しではありませんか?

たとえ建物の中にいても窓ガラスを経て紫外線が侵入するため、部屋の中にいてもしっかりと紫外線対策を行わなければなりません。
窓ガラスの紫外線対策が不十分になってしまうと、「健康」「美容」「家具」などに影響を及ぼすことがあります。

とはいえ、窓ガラスの紫外線対策を誤ってしまうと、「無駄に高額なお金をかけてしまう」「高額なお金を支払っても効果が期待できない」など、金銭的な問題に陥ってしまうでしょう。

そこで、今回は窓ガラスで紫外線を防ぎたい方に向けて、紫外線をカットする対策をご紹介します。
また、すぐにでもできる紫外線対策についてもご説明します。
金銭面で高額な損をしないためにも、このページを最後まで読んで適切な対策について理解を深めてみてください。

紫外線の種類と特徴

一口に「紫外線」といっても、大きく3つの種類に分けられます。
まずは、紫外線の種類とそれぞれの特徴について解説しますので、下記をご覧ください。

紫外線の種類 特徴
UV-A肌の奥深くまで到達し、シミやしわの発生の原因となる紫外線です。
地上に届いている紫外線の大部分を占める種類でもあります。
UV-BUV-Aよりもエネルギーの強い紫外線です。
長時間肌に当たり続けると、肌が真っ赤に炎症してしまいます。また、皮膚ガンのリスクもあります。
UV-C紫外線の種類の中でも最もエネルギーが強いものです。
オゾン層に吸収されますので地上にはほとんど届きませんが、近年の「オゾン層破壊」によって地上に到達する可能性が高まってきています。

上記の通り、紫外線にはいくつか種類があり、それぞれ異なる特徴があります。
まずは、紫外線の種類と特徴について理解してから、効果的な対策を練ることが大切です。

透明な窓ガラスと紫外線の関係

透明な窓ガラスと紫外線の関係

あまり知られていませんが、透明な窓ガラスと紫外線には意外な関係があります。

ここからは、透明な窓ガラスと紫外線の関係について、詳しくご紹介します。

人体に影響を及ぼす紫外線はほとんど透過しない

透明な窓ガラスは、人体に影響を及ぼす紫外線をほとんど通しません。
特に、人体の深い部分にまで到達しない「UV-B」の室内への侵入量は少ないものです。

とはいえ、全てのケースで「紫外線を通さない」というわけではありません。
人体の奥深くにまで到達する「UV-A」の場合、屋外の直射日光が100%とすると、日の当たる窓辺の紫外線量はおよそ80%です。

日当たりの良い部屋の場合は、積極的な紫外線対策が必要となります。

合わせガラスにすることでさらに紫外線の透過を軽減する

「合わせガラス」にすることで、「UV-A」などの紫外線の透過をさらに軽減できます。

合わせガラスとは、複数枚の硝子を重ねて作られたものです。
合わせガラスは紫外線を通しにくいという特徴がありますので、日当たりの良い部屋の紫外線対策におすすめのガラスです。

窓ガラスからの紫外線の侵入をさらに防ぐ対策

窓ガラスからの紫外線の侵入をさらに防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。

「南向きの窓が大きい」「窓が多くて日当たりが良い」などの場合は、紫外線対策が必要です。
ここからは、窓ガラスからの紫外線の侵入をさらに防ぐ対策についてご紹介します。

UVカット効果のあるカーテンを使う

窓ガラスからの紫外線の侵入を防ぐためには、UVカット効果のあるカーテンを使いましょう。
UVカット効果のあるカーテンを使えば、窓ガラスだけの場合よりも紫外線の透過量を大幅に抑えられます。

また、夜間に使うカーテンだけでなく、日中も閉めたままにしておける「レースカーテン」にもUVカット効果のある商品がありますので、家具屋さんやインテリア用品店などで探してみてください。

UVカット効果のあるサンシェードを使う

UVカット効果のあるサンシェードを使えば、窓ガラスから侵入する紫外線を大幅にカットできます。

サンシェードは、本来日陰を作るために使うものですが、紫外線対策としても効果的です。
UVカット効果のあるサンシェードを窓の外側に取り付けることで、屋内及びベランダやテラスなどの紫外線対策ができます。

UVカット効果のある窓ガラス用フィルムを貼る

UVカット効果のある窓ガラス用フィルムを貼れば、手軽に紫外線対策ができます。

UVカット効果のある窓ガラス用フィルムは、窓硝子に貼り付けるだけなので作業が簡単です。
窓ガラス用フィルムの商品によっては、「水で濡らすだけで貼れる」「剥がして繰り返し使える」など便利なものがあります。

紫外線によるリスク

紫外線は、健康面や美容面、家具などに様々な悪影響をもたらします。

特に日当たりが良い部屋は、直射日光が当たる屋外を10とすると、そのうちのおよそ8割の紫外線が室内に侵入しますので、その分リスクも大きくなります。
※UV-Aの場合

ここからは、それぞれのリスクについて詳しくご紹介します。

健康面のリスク

紫外線のリスクとして、まず注意しておきたいのが「健康面」です。

紫外線は皮膚がんの発生の原因となったり、目の病気を引き起こしたりする厄介なものです。
特に、「UV-B」という種類の紫外線はエネルギーが強く、皮膚ガンになるリスクが高いので対策をしなければなりません。

また、紫外線は目の「結膜」という部分にダメージを与え、「目の痛み」「目の充血」などを引き起こします。

美容面のリスク

紫外線には、「美容面のリスク」があるのはご存じかもしれません。

肌は、紫外線のダメージを受けると「シミ」「しわ」「たるみ」といったトラブルに陥り、肌の老化が進んでしまいます。
紫外線の中でも比較的エネルギーが弱い「UV-A」であっても、肌トラブルの原因となります。

家具のリスク

紫外線のリスクの一つとして挙げられるのが、「家具への影響」です。

家具が紫外線を浴びると、家具の表面が日焼けをしてしまったり、劣化が早まったりします。
高価で大切な家具が日当たりの良い部屋にある場合は、しっかりと紫外線対策を行わなければなりません。

窓のリフォームもおすすめ

窓ガラスでの紫外線対策のために、窓のリフォームを行うこともおすすめです。

一般的な1枚ものの窓ガラスを合わせガラスにする、透明な窓硝子からLow-E複層ガラスに交換する、など窓をリフォームすることによって、効果的な紫外線対策ができます。
特に、日当たりの良い部屋は、紫外線の量が多いので窓をリフォームして対策することが理想です。

窓のリフォームをすると、「カーテンを閉める」「サンシェードを取り付ける」などの手間もなくなりますので、「ラクして紫外線対策を行いたい」という方におすすめです。

まとめ

このページでは、窓ガラスの紫外線対策についてご紹介しました。

紫外線には様々なリスクがありますので、対策を徹底しておかなければなりません。
紫外線対策を後回しにしてしまうと、美容や健康、家具のトラブルの原因となり、後悔してしまうかもしれませんので注意しましょう。

現在、窓ガラスの紫外線対策を検討中の方は、今回ご紹介した方法を参考にしてみてください。

ファインドプロでは、多数の優良業者を掲載しています。
お住まいの地域別におすすめ業者をご紹介しているので、気になった方はぜひご利用ください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
ガラスリフォーム業者を探す
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます
ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。