ガラス修理

ガラスの種類と特徴・選び方を解説!画像付きで紹介

ガラスの種類と特徴・選び方を解説!【画像あり】

戸建てやマンションなどの住宅や身の回りの建物に使われているガラス。
一見同じように見えるガラスにも、さまざまな種類があります。

透明ガラスや網入りガラス、型板ガラス、すりガラス、強化ガラス、複層ガラス、合わせガラス、Low-Eガラスなど、聞いたことのあるガラスも多いのではないでしょうか?
しかし、正直なところ、ガラスをパッと見ただけではどの種類のガラスなのかよくわかりませんよね…。

「自宅で使っているガラスの種類について知りたい!」
「ガラスの種類ごとの値段を知って、できるだけ安いガラスに交換したい!」
機能性の高いガラスってどんなガラスがあるのか知りたい!」
など、ガラスの種類について知りたい方は多いと思います。

そこでこの記事では、ガラスの種類と特徴を画像付きで解説していきます。
窓ガラスの選び方についても詳しくご紹介していますので、ガラスを見分ける・ガラスを選ぶ際の参考にしてください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
ガラス交換のご相談はこちらから
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

ガラスの種類一覧【9種類】

私たちの身の回りに使用されているガラスの種類には、以下の9種類のガラスがあります。

上記9種類のガラスについて、それぞれの特徴や値段、用途を詳しくご紹介していきます。

透明ガラス(フロートガラス)

透明ガラス(フロートガラス)の画像

住宅の窓ガラスとして一般的に利用されているのが、透明ガラスです。

透明ガラスは、特殊な加工が施されておらず、シンプルな構造になっています。
ガラスの表面に凹凸もないため、窓用のフィルムシートを貼って機能性を高めることができます。

また、利用する場所によって大きさ・厚さが異なるため、ガラスの値段も幅広いです。
一般的に利用されている幅90cm×高さ90cmの透明ガラスの価格は、1万円前後になります。

網入りガラス

網入りガラスの画像

網入りガラスは、透明ガラスに網状の鉄線が入っているガラスです。
網入りガラスは一般的な透明ガラスと比較して飛散しにくく、延焼しにくいといったメリットがあります。

この見た目上、網入りガラスには防犯効果があると誤解されがちですが、防犯効果はほとんどありません。
網入りガラスと透明ガラスの割れやすさはほぼ同じになっています。
ですので、防犯目的で網入りガラスを使用するのは適切ではありませんので注意してください。

網入りガラスは防犯にならない!正しい知識と効果的な防犯対策をご紹介

価格については透明ガラスより高く、幅90cm×高さ90cmの大きさの網入りガラスの値段は約3万円が相場になります。

型板ガラス

型板ガラスの画像

型板ガラスは、透明ガラスの表面に凹凸の模様を施したガラスです。
型板ガラスは透明度が低く、目隠しとしての効果が高いのが特徴です。

画像のようにぼんやりとガラスの向こう側が見える程度ですので、お風呂場やトイレなど外から見られたくない場所に取り付けるのが一般的です。
デザイン性の高い凹凸模様によって、ガラス周辺をおしゃれな雰囲気にすることができます。

型板ガラスの値段は、幅90cm×高さ90cmの大きさで1万円前後が相場になります。
注意点として、窓ガラス用のフィルムシートを貼る場合には、凹凸ガラス専用のシートでないと貼り付けられないので注意しましょう。

網入り型板ガラス(凹凸ガラス)

網入り型板ガラス(凹凸ガラス)の画像

網入り型板ガラスとは、型板ガラスに網状の鉄線が入っているガラスです。
こちらも網入りガラス同様、防犯効果はほとんどなく、火災による延焼やガラスの飛散を防ぐために鉄線が入っています。

網入り型板ガラスの値段は、幅90cm×高さ90cmの大きさで2万円前後が相場になります。
注意点は、凸凹ガラス専用のシートでないと貼り付けられないという点と、熱割れの恐れがあるため断熱効果のあるフィルムシートは貼り付けない方が良いという点です。

すりガラス(曇りガラス)

すりガラス(曇りガラス)の画像

すりガラスは、ガラスの表面をすって、細かい凹凸をつけ不透明にしたガラスです。
その見た目からくもりガラスやつや消しガラスとも言います。

すりガラスは、型板ガラスと同じように、外から見られたくない場所で使用することが多いです。
お風呂場や隣人から見えやすい場所、道路側に面する窓などでの利用に選ばれます。

また、すりガラスと似たガラスにフロストガラスというガラスもあります。
フロストガラスはすりガラスの表面を加工して滑らかにしたものです。
デザイン性が高いので、デザインガラスとして浴室や洗面所などに用いられることが多いです。

すりガラスの値段は、幅90cm×高さ90cmの大きさで10,000~15,000円が相場になります。
注意点として、凹凸ガラス専用のフィルムシートは貼れますが、剥がす際にガラス表面に糊が残るのであらかじめ注意しておきましょう。

強化ガラス

強化ガラスの画像

強化ガラスは、一般的な透明ガラスと比べて強度が3〜5倍ほど強いとされているガラスです。

強化ガラスを作る際には、透明ガラスに熱処理を加え、その後冷やして強度を高めています。
そのため、強化ガラスは熱割れしにくく、さらに耐風圧が高いことがメリットです。

また、万が一割れても、画像のようにガラスの破片が細かい粉状になるため、怪我をしにくくなっています。
ただし、強化ガラスは、防犯面には期待できないので注意してください。
あくまでも、耐荷重や耐風圧に富み、熱割れを起こしにくいという特徴があるだけですので、防犯目的で選ぶことはおすすめしません。

強化ガラスの値段は、幅90cm×高さ90cmの大きさで1万~2万円が相場になります。

複層ガラス(ペアガラス)

複層ガラス(ペアガラス)の画像

複層ガラスは、複数枚(主に2枚)の板ガラスを重ね、その間に中間層を設けたガラスです。
2枚の板ガラスを重ねているものが多いため、二重ガラスやペアガラスとも言われます。

複層ガラスは、ガラスとガラスの間に空気層があることによって断熱効果が高いというメリットがあります。

また、複数枚のガラスが合わさっていますが、光の透過性や透明度にはほとんど影響がなく、光が差し込みにくかったり、ガラスの向こう側が見えにくくなったりするなどの問題はありません。
透明ガラスと同様の感覚で使用できます。

複層ガラスの値段は、幅90cm×高さ90cmの大きさで2万円前後が相場になります。

合わせガラス

合わせガラスの画像

合わせガラスとは、2枚以上の板ガラスの間に、特殊な中間膜をはさんで作られたガラスのことです。
複層ガラスやLow-Eガラスとは異なり、合わせガラスにはガラスとガラスの間に空間が設けられておらず、樹脂膜で2枚のガラスがぴったりとくっつけられています。

合わせガラスは、透明ガラスと比べて耐久力に優れています。
さらに、樹脂膜の厚さや種類などによっては以下の効果が期待できます。

  • 防犯効果
  • 防音効果
  • ガラスの飛散防止効果
  • 紫外線カット効果

合わせガラスの中でも防犯性に特化したものは防犯ガラスと呼ばれることがあります。

合わせガラスの値段は、幅90cm×高さ90cmの大きさで2万円前後が相場になります。

Low-Eガラス

Low-Eガラスの画像

Low-Eガラスとは、複層ガラスの中間層側のガラスに特殊な金属膜をコーティングしたガラスのことです。
ガラスとガラスの間に酸化亜鉛と銀の膜を挟んでいるので、高い断熱効果と遮熱効果を期待できます。

赤外線反射性も高く、部屋の温度が外気温にほとんど影響されません。
Low-Eガラスを使用することで夏は涼しく過ごしやすく、冬は暖かく過ごしやすくなります。

また、冬時期に多い結露を防ぐこともできるので、節電や省エネだけではなく、結露対策の手間も軽減できます。

Low-Eガラスの中でも機能によってさまざまな種類があり、高機能なものほど値段が高くなります。
値段は、幅90cm×高さ90cmの大きさのLow-Eガラスで3万円前後の相場です。

最適なガラスの種類の選び方

最適なガラスの種類の選び方

上記で説明した通り、ガラスにはさまざまな種類があるので、ご自宅に合ったガラスを選ぶことが大切です。
ですが、どのガラスを選んだらいいのか分からない方も多くいらっしゃると思います。
そこで、ここではガラスのお悩み別におすすめのガラスをご紹介します。

下記のお悩みごとにおすすめのガラスをご紹介していきますので、自分のお悩みと照らし合わせて参考にしてください。

冬の寒さ・夏の暑さ対策におすすめのガラス

冬の寒さや夏の暑さが気になる場合には、複層ガラスやLow-Eガラスがおすすめです。
複層ガラスやLow-Eガラスには、高い断熱効果があり、冬場は室内の熱を逃さず、夏場は外の熱を遮る効果を発揮してくれます。

特に遮熱タイプのLow-Eガラスは、夏場の日射熱を軽減してくれるので、部屋が暑くなりにくくなります。
値段は少し高めですが、その分効果も高いので、長期的に考えて交換して損はないでしょう。

防犯対策・防音対策におすすめのガラス

防犯対策や防音対策には、合わせガラスがおすすめです。
上記で説明したように、合わせガラスには樹脂膜によってさまざまな効果があります。

特に防犯効果に特化したものは防犯ガラス、防音効果に特化したものを防音ガラスといい、どちらも高い防犯効果・防音効果を期待できます。
防犯ガラスに関しては以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

防犯ガラスは打ち破りに効果あり!おすすめの防犯ガラスと窓のセキュリティ対策方法を紹介

近所の視線が気になる場合におすすめのガラス

1階の通り沿いなどの窓で視線が気になる場合には、型板ガラスやすりガラスがおすすめです。
型板ガラスやすりガラスは、ガラスの透明度が低く、向こう側がはっきり見えないようになっています。

ですので、外からの視線が気になる場合には、型板ガラスやすりガラスに交換することで目隠し効果を発揮することができます。
また、ガラスとは別に窓ガラスに貼るだけで目隠し効果が得られるフィルムシートも有効です。
下記の記事で窓の目隠し対策についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

窓ガラスの目隠し方法とおすすめのフィルム・ガラスの種類についてもご紹介

光熱費の節約・省エネ対策におすすめのガラス

光熱費が気になる方には、Low-Eガラスがおすすめです。

一般的に、季節を問わず快適にお部屋で過ごすためには、エアコンなどの空調機で室内の温度を保つ必要があります。
ですが、遮熱性や赤外線反射性といった性能を持つLow-Eガラスを選べば、エアコンの極端な温度設定を控えやすくなり、使用頻度も抑えることができるので、少ない電力で過ごしやすい空間へと導くことができます。

そのため、光熱費を節約したい方には、Low-Eガラスがおすすめです。

ガラスの効果はフィルムシートで代用できる

ガラスの効果はフィルムシートで代用できる

ここまで様々なガラスの種類について紹介しました。

「機能的なガラスに交換したいけど、費用は抑えたい…」と思っている方も多いと思います。

「遮熱性のあるガラスが欲しい」、「お風呂場にくもりガラスを取り入れたい」と思っても、予算オーバーになってしまえばあきらめざるを得ないでしょう。
しかし、必ずしも特殊ガラスに交換しないと、機能性を求められないということはありません。

機能的なフィルムシートをガラスに貼ることで、ガラスの機能性を向上させることができるのです。

例えば、遮熱性に特化したフィルムシートをフロートガラスに貼るだけで、特殊ガラス同様の機能を期待できます。
そして、フィルムシートは、特殊ガラスに交換するよりもはるかに安い金額ですので、予算内に収めやすいのです。

ただし、あくまでも「代用」ですので、十分な機能性は期待できない場合もあります。
商品によっては、ほとんど効果のないものもありますし、使用環境によってはフィルムシートが剥がれてしまうことも考えられます。

どうしても特殊ガラスに変更できない、という場合にのみ、フィルムシートの活用を検討してみてください。 窓用フィルムシートは下記の記事で詳しく紹介しています。

窓ガラスの目隠し方法とおすすめのフィルム・ガラスの種類についてもご紹介

ガラスの種類まとめ

このページでは、ガラスの種類とそれぞれの特徴、ガラスの選び方について解説しました。

ガラスは種類によって機能性や費用に大きな違いがあります。
まずは、どんなガラスがあるのかを把握して、自分が求める効果が期待できるガラス、もしくは使用環境にあったガラスを選ぶことが大切です。

ガラスを選ぶ際には、ぜひこの記事の内容を参考にして、自分にあった最適なガラスを選んでみてください。
ガラス選びで迷った際には、ファインドプロにお気軽にご相談ください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
ガラス交換のご相談はこちらから
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとにガラス修理や交換などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 無料見積もりも行っているため、安心して業者を選ぶことが可能です。 また、様々なガラスに対応しており、一般的な窓ガラスだけでなく、ペアガラスや網ガラスも受け付けています。 ガラスの修理・交換は、防犯対策や電気料金の削減にも効果があります。 さらに本サイトでは、ガラスを自分で取り付ける方法や、設置・取り外しにかかる値段の相場、保険適用の手段も紹介しているので参考にしてみてください。 iphoneなどのスマホの修理には対応できませんのでご了承願います。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。