ガラス修理

窓ガラスの熱割れの原因は?予防方法と対処法を解説

窓ガラスの熱割れの原因は?予防方法と対処法を解説

ガラスの熱割れという現象をご存知でしょうか。
ガラスの熱割れとは、1枚のガラス内で部分的に温度差が生じることでガラスが割れてしまうことです。

ガラスの熱割れは、物がぶつかったわけでもないのに突然割れてしまうことが特徴ですが、この熱割れはどのように防げばよいのでしょうか。
そこで今回は、窓ガラスの熱割れに関するお悩みを解決すべく、ガラスの熱割れの原因と対策について詳しく説明します。
具体的には、

  • ガラスの熱割れが発生する原因
  • ガラスの熱割れの見分け方
  • 熱割れが発生しやすいガラスの種類
  • 熱割れを予防する対策方法
  • 熱割れしてしまった場合に適用できる保険

について、重要なポイントに絞ってわかりやすくご紹介していきます。
ぜひこの記事を参考にして、ガラスの熱割れを予防しましょう!

ガラスの熱割れの原因

ガラスの熱割れは、ガラスの表面にできる温度差が原因で起きるひび割れ現象です。

例えば、窓ガラスに直射日光が当たると、当たっている部分は熱を吸収して膨張します。
一方、サッシに埋もれている部分など日光が当たっていない部分は低温のまま膨張しません。

その結果、膨張しようとしている部分と、膨張せずにそれを引っ張る部分ができ、ガラスにヒビが入ってしまいます。
これがガラスの熱割れの原因です。

ガラス内での温度差が大きくなればなるほどガラスの膨張率の差も大きくなるので、熱割れのリスクも高まります。
ガラスの場所や環境によっては、温度差ができやすくなっていることもあるため、その場合は熱割れを防ぐ対策が必要になります。

ガラスの熱割れの見分け方

熱割れしたガラスの画像

ガラスの熱割れを見分けるポイントは、ひび割れの形です。

熱割れしたガラスには、ガラスの端から直角にヒビが入ります。
まず端に対して直角にヒビが入り、その後蛇行するようなひび割れが特徴です。

また、ガラスの熱割れにはひび割れが1本だけ入るものと2本以上入るものがあります。
2本以上の熱割れの場合、まず端に対して直角にヒビが入った後、ヒビが2つに分かれて蛇行しているのが特徴です。

一方、飛来物の衝突や泥棒のハンマーなどでガラスが割れた場合は、衝撃を与えた部分を中心に放射線状にひび割れが広がります。
ですので、ガラスのひび割れの原因が熱割れかどうか判断するには、上記の違いを理解しておきましょう。

また、ガラスの熱割れは何もしていないのに突然ガラスが割れてしまうことが特徴です。
もし心当たりのないガラス割れが発生した場合には、熱割れの見分け方を参考に照らし合わせてみましょう。

網入りガラスは熱割れしやすい

熱割れしやすい網入りガラスの画像

網入りガラスは、特に熱割れが起きやすいガラスと言われています。
なぜなら、網入りガラスの内部に入っている金属製の網(ワイヤー)によって、ガラスの強度が低くなっているからです。

網入りガラスには、内部に金属製の網(ワイヤー)が入っており、内部の金属ワイヤーは熱を吸収しやすいという特徴があります。
そのため、太陽光の熱を吸収した網入りガラスが膨張して、端部分との温度差が大きくなり熱割れが起きやすくなるのです。

網入りガラスは防火性が高いため、防火地域では使っている方も多いと思います。
ですが、熱割れのリスクが高いことも頭に入れて、熱割れの発生に注意するようにしましょう。

網入りガラスついては、下記の記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。
網入りガラスの価格はいくら?交換費用の相場とメリット・デメリットを解説

網入りガラス以外の熱割れしやすいガラス

網入りガラス以外にも熱割れを起こしやすいガラスがあります。
熱割れを起こしやすいガラスは以下の通りです。

  • ペアガラス(複層ガラス)
  • フィルムやシールを貼っているガラス
  • 厚みのある1枚ガラス
  • 熱線吸収ガラス
  • 経年劣化しているガラス

それぞれのガラスについて以下で詳しく説明していきます。

ペアガラス(複層ガラス)

ペアガラス(複層ガラス)は、2枚のガラスに挟まれた中空層によって高い断熱効果を発揮するガラスです。
ですが、実はペアガラスは単板ガラスよりも熱割れが発生しやすいと分かっています。

ペアガラスは、直射日光を浴びると外側のガラスだけが熱を吸収し、内側のガラスと温度差が生じてしまします。
そのため、通常の単板ガラスよりも熱割れが起きやすくなっています。

ペアガラスの中でも、高断熱複層ガラスは熱を通しにくいため、温度差が生じやすくなり熱割れリスクも高まります。
ご自宅でペアガラスをお使いの方は、「窓ガラスの熱割れを予防する方法」を参考にして対策してください。

フィルムやシールを貼っているガラス

フィルムやシールを貼っているガラスも、熱割れが発生しやすくなっていることがあります。
これは、ガラスにフィルムやシールを貼ることで、ガラス内部の熱を放出しづらくなり、部分的に温度が上昇しやすくなるからです。

特に、断熱性を目的とした遮熱フィルムは、サッシ周辺との温度差を大きくし、熱割れの原因になります。
ガラスにフィルムやシールを貼る際には、熱割れのリスクがあることに注意しましょう。

厚みのある1枚ガラス

厚みのある1枚ガラスは割れにくく耐久性が高いと思うかもしれません。
ですが、実際には厚みがあるほどガラス中心部とサッシ部分の温度差が発生しやすく、熱割れを引き起こしやすくなります。

また、耐久性が高いとされる強化ガラスも、厚みがあれば熱を溜め込みやすいため、熱割れしやすくなります。
網入りガラスよりは割れにくいですが、厚みのあるガラスも熱割れリスクがあることを頭に入れておきましょう。

熱線吸収ガラス

金属成分で着色した熱線吸収ガラスには直射日光を和らげる効果がありますが、一方で熱割れを引き起こしやすいという弱点があります。

ガラス内に金属が使用されていますので、網入りガラス同様ガラスの温度が高くなりやすく、熱割れが生じやすいのです。
また、熱線吸収ガラスだけでなく、熱線反射ガラスも同様、熱割れを引き起こしやすいので注意が必要です。
どうしても熱線吸収・反射ガラスを利用したい場合は、強化加工してあるものを選べば、熱割れリスクを多少抑えることはできます。

経年劣化しているガラス

経年劣化しているガラスは、ガラスの耐久性が低くなり、熱割れを起こしやすくなります。
ガラスが劣化して強度が落ちると、膨張によるガラスの変形に耐えられず、少しの温度差でもひびが入ってしまう可能性があるからです。

また、ガラスだけではなくゴムパッキンやサッシが劣化したり歪んでいたりすると、劣化部分のガラスに負担をかけてしまし、更に耐久性を下げてしまうでしょう。

ガラスの寿命、経年劣化を見分ける方法については、下記の記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。
ガラスには寿命がある!劣化の原因と窓の交換時期を見分けるポイント

窓ガラスの熱割れを予防する方法

窓ガラスの熱割れを予防する方法

窓ガラスの熱割れを防ぐためには、以下の2つのポイントに注意しましょう。

  • ガラスに温度差ができないようにする
  • ガラスの強度が低下しないようにする

上記のように、ガラスが熱割れする原因をつくらないことがポイントになります。
窓ガラスの熱割れを防ぐための具体的な方法は、下記の4点です。

上記の方法をそれぞれ詳しく説明していきます。

熱割れしにくい耐熱強化ガラスに交換する

ガラスの熱割れを防ぐ最も効果的な方法は、熱割れしにくいガラスに交換することです。
特に、耐熱強化ガラスは熱に強い性質を持つため、熱割れしにくいという特徴があります。
熱割れしやすい網入りガラスや劣化している窓ガラスを使っている方は、耐熱強化ガラスへの交換をおすすめします。

また、耐熱強化ガラスの他にも、弾力性のあるゴムパッキンを採用したガラス厚さ10mm以下のガラスも熱割れ予防の対策になります。
弾力性のあるゴムパッキンは、熱を吸収してガラスが膨張しても、サイズの変化に対応してくれるので、熱割れを防ぐことができます。
さらに、厚さ10mm以下の薄いガラスであれば、厚いガラスと比べて部分的な温度差を小さくでき、熱割れ防止につながります。

窓ガラス付近にものを置かない

窓ガラスの近くに家具などのものを置いてしまうと、ガラスから熱が逃げにくくなります。
熱が逃げにくくなると、ガラス内部の温度差が大きくなり熱割れ発生の原因にもなります。

ソファーやベッドだけでなく、カーテンやブラインドもガラスに密着させないことが重要です。
特に、黒や紺などの濃い色のカーテンは熱を吸収しやすいため、ガラスを膨張させる原因にもなります。
ですので、できる限りガラスには密着させないようにしましょう。

どうしてもカーテンと窓ガラスが密着してしまう場合には、ガラスが熱を吸収しないようカーテンの色を白にしたり、風通しが良い状態を作るよう工夫しましょう。

冷暖房の風が直接ガラスに当たらないようにする

冷暖房の風を直接ガラスに当ててしまうと、当たっていない部分との温度差が大きくなり、熱割れの原因になることもあります。
また、ガラスと室外の温度差が大きくなることも要因として挙げられます。

ですので、できる限りエアコンの風向きをガラスから遠ざけて、ガラスへの負担を軽減しましょう。
間取りの都合上、どうしてもエアコンとガラス窓が向かい合ってしまうこともあるかもしれません。
その場合はサーキュレーターを使ってエアコンの空気が直接ガラスに当たらないよう上手に室内の空気を循環させるのも一つの方法です。

ガラスにフィルムやシールを貼らない

紫外線カットや遮熱効果、ガラスの飛散防止などを期待して、窓ガラスにフィルムを貼っている方もいると思います。
しかし、ガラスフィルムを貼ることで熱割れが起こるリスクを高める危険性もあります。

ガラスにフィルムやシールを貼ると、貼っていない場所との温度差が生じて熱割れが起こりやすくなるからです。
例えば、黒っぽいカラーフィルムを貼っている場合、熱を吸収するのでガラスの温度差による熱割れが発生しやすくなります。
また、たとえ小さいシールであったとしても、ガラスに温度差ができる原因となるので、ガラスにフィルムやシールを貼るのはできる限り避けましょう。

上記で紹介した4つの対策を参考にして、窓ガラスの熱割れを予防しましょう。
また、時期によって熱割れが発生しやすくなることもあるので、予防のために事前に知っておきましょう。

熱割れが起きやすい時期もある

ガラスの熱割れが起きやすいのは、冬の晴れた日の午前中です。
冬の晴れた日の午前中は、夜の冷たい外気に冷やされたガラスに直射日光が当たることで、サッシ部分とガラス部分の温度差が大きくなります。

そのため、ガラスの熱割れが発生しやすい状態になるのです。
ですので、特に建物の東や南に面した窓ガラスでは冬場の熱割れに注意が必要になります。

ここからは、ガラスの熱割れが起きてしまった場合の対処法について説明していきます。

もし熱割れしてしまったらどうする?

もし、ご自宅の窓ガラスが熱割れしてしまった場合、すぐに修理・交換を依頼しましょう。
ひび割れだからと言って放置しておくと、ヒビが増えたり、突然ガラスが破損してしまったりすることがあり、とても危険です。
ですので、できるだけ早めにガラス修理・交換を依頼することをおすすめします。

ガラスが熱割れした場合、修理・交換に火災保険が適用できることがあります。
ここからは、熱割れの保険適用について説明していきます。

窓ガラスの熱割れには保険が使える

ガラスの熱割れには火災保険が適用できる可能性があります。

これは、火災保険の「不測かつ突発的な事故」という補償内容が考え方の基本となっているからです。
窓ガラスの熱割れは、予測できずに起こるものと考えられているため、火災保険が適用されるケースがあります。

ただし、加入している保険の内容によっては、ガラスの熱割れに補償が適用されなかったり、修理費用をすべて負担してくれなかったりすることがあります。
熱割れした窓ガラス修理の工事費用は、一般的なガラスで1万円前後、ペアガラスなどの特殊なガラスで5万円ほどです。
工事費用が免責金額(事故が起きた際にお客様が自己負担しなければならない金額)を下回る場合には、保険金が支払われません。
ですので、加入している保険の免責金額及び契約内容を確認しておきましょう。

ガラスが割れてしまったときの保険適用については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

割れたガラスは火災保険が使える!申請方法と保険適用の条件を解説

ガラスの熱割れはファインドプロにお任せ!

窓ガラスが熱割れしてしまったら、ファインドプロにお任せください。
ファインドプロでは、窓ガラス修理・窓ガラス交換に即日対応しております。

また、火災保険を適用した修理・交換にも対応していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
ガラス修理・交換を依頼する
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとにガラス修理や交換などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 無料見積もりも行っているため、安心して業者を選ぶことが可能です。 また、様々なガラスに対応しており、一般的な窓ガラスだけでなく、ペアガラスや網ガラスも受け付けています。 ガラスの修理・交換は、防犯対策や電気料金の削減にも効果があります。 さらに本サイトでは、ガラスを自分で取り付ける方法や、設置・取り外しにかかる値段の相場、保険適用の手段も紹介しているので参考にしてみてください。 iphoneなどのスマホの修理には対応できませんのでご了承願います。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。