ガラス修理

ガラスの熱割れの原因と対策・予防方法を解説

ガラスの熱割れの原因と対策・予防方法を解説

ガラスの熱割れという現象をご存知でしょうか。
ガラスの熱割れとは、1枚のガラス内で部分的に温度差が生じることでガラスが割れてしまうことを言います。

ガラスが直射日光を受けると、あたためられた部分が膨張します。
一方、ガラス周辺のサッシに埋め込まれた部分や、影になっている部分はあまり温度が変化しません。
そうなると、あたためられた部分とそうでない部分で、ガラスの膨張する度合いに違いが出てしまいます。
この膨張度合いの差がある程度を超えるとガラスにヒビが入り、ガラスの熱割れが生じます。

ガラスの熱割れは物がぶつかったわけでもないのに突然割れてしまうことが特徴的ですが、この熱割れはどのように防げばよいのでしょうか。
そこで今回は、ガラスの熱割れの見分け方と対策・予防方法について解説していきます。
また、ガラスの熱割れには保険が適用できるかどうかについても解説していますので是非参考にしてください。

ガラスの熱割れの見分け方

ガラスの熱割れの見分け方

ガラスの熱割れを見分けるポイントは、ひび割れの形です。

ガラスの熱割れは、ガラスの端部分から直角にひび割れが現れます。
ガラスの中心部分ではなく、外側から直角に走るひび割れを見つけたら、熱割れである可能性が高いでしょう。

一方、何かがぶつかってガラスが割れた場合は、物が衝突した部分を中心に網の目状にひび割れが広がります。
この違いを理解しておけば、ガラスの熱割れを見分けることができます。

また、ガラスの熱割れの特徴として、何もしていないのに突然ガラスが割れてしまうことがあります。
もし心当たりのないガラス割れが発生した場合はガラスの熱割れを疑ってみましょう。

ガラスの熱割れの原因

ガラスの熱割れは、1枚のガラスで温度差が生じ、部分的に膨張してしまうことが原因で起きるひび割れです。

1枚の窓ガラスには、部分ごとに温度差ができることがあります。
例えば、直射日光が当たっている部分と、サッシに埋もれている周辺部分とでは、温度に大きな差が生じてしまいます。

ガラス1枚で部分的な温度差ができると、温度が高い部分が膨張します。
温度の低い部分はそのままの状態なので、膨張している高温部分との差が出てしまい、歪みが生じてヒビが入ったり割れたりしてしまいます。
これがガラスの熱割れの原因です。

1枚のガラス内での温度差が大きくなるほど、ガラスの膨張率の差も大きくなるので、熱割れのリスクも高まります。
ガラスの場所や環境によっては温度差ができやすくなっている可能性があるので、十分な熱割れ対策を行う必要があります。

熱割れを起こしやすいガラスとは

熱割れを起こしやすいガラスとは

ガラスの熱割れは、ガラスの種類や状態などによって起きやすさに違いがあります。
熱割れを起こしやすいガラスには以下のようなものがあります。

  • 網入りガラス・線入りガラス
  • 熱線吸収ガラス
  • 厚い一枚ガラス
  • 遮熱フイルムを貼っているガラス
  • 経年劣化しているガラス

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

網入りガラス・線入りガラス

熱割れを起こしやすいガラスとしてまず挙げられるのは、網入りガラス・線入りガラスです。

網入りガラスと線入りガラスには、金属製のワイヤーが張り巡らされています。
金属ワイヤーは太陽光により熱せられる特徴があり、その熱でガラスが膨張し、熱割れを起こしやすくなっています。

家が混み合っていて火災の延焼を防がなくてはならない地域では、網入りガラス・線入りガラスを使用するよう決められていますが、熱割れリスクが高いことも頭にいれておきましょう。

熱線吸収ガラス

金属成分で着色した熱線吸収ガラスには直射日光を和らげる効果がありますが、一方で熱割れを引き起こしやすいという弱点があります。

ガラス内に金属が使用されていますので、ガラスの温度が高くなりやすく、熱割れを招きやすいのです。
また、熱線吸収ガラスだけでなく、熱反射ガラスも同様、熱割れを引き起こしやすいので慎重に検討してください。
どうしても熱線吸収ガラスを利用したい場合は、強化加工してあるものを選べば、熱割れリスクを多少抑えることはできます。

厚い一枚ガラス

意外にも、熱割れを引き起こしやすいガラスが、厚い一枚ガラスです。

薄い一枚もののガラスよりも強度は高いのですが、部分的に温度が高い場所と温度が低い場所ができやすく、熱割れのリスクが高くなるのです。

また、耐久性が高いとされる強化ガラスも、厚みがあれば熱をため込みやすく、熱割れしやすくなります。

遮熱フィルムを貼っているガラス

断熱性を目的とした遮熱フイルムは、ガラスを熱割れさせる原因になる可能性があります。

遮熱フイルムをガラスに貼ることで、ガラスの内部の熱を放出しづらくなってしまいます。
そして、フイルムを貼れないサッシ周辺との温度差が大きくなり、熱割れの原因になるのです。

遮熱フイルムを貼る場合は、熱割れの可能性を考えたうえで、検討してください。

経年劣化しているガラス

経年劣化しているガラスは、ガラスの耐久性が低くなり、熱割れを起こしやすくなっています。
というのも、膨張によるガラスの変形に耐えられず、少しの温度差でもガラスが割れてしまう可能性があるからです。

また、ガラスだけではなく、ゴムパッキンやサッシが劣化し歪んでいたりすると、それぞれに近いガラス部分に負担をかけてしまい、さらに耐久性を低下させてしまうでしょう。

ガラスの熱割れに火災保険が適用できる?

ガラスの熱割れに火災保険が適用できる?

ガラスの熱割れには火災保険が適用できる可能性があります。

火災保険の補償の中には、「破損・汚損損害特約」という補償が付帯されているケースがあります。
この補償には、「予測できない突発的な事故」によってガラスが破損した場合に補償するという内容が含まれています。

ガラスの熱割れの場合には、予測できなかった事故と認定されて保険が適用される場合があるのです。

ただし、熱割れについては複数個所発生しているケースが多くあります。
基本的に保険会社としては1箇所を1事故として判断するため、まとめて事故申請した場合には注意が必要です。

また、保険の内容によっては、熱割れに補償が適用されないケースもあります。
保険が適用されるか分からない場合は、火災保険の契約内容を確認しておくことをおすすめします。

ガラスの熱割れを予防する方法

ガラスの熱割れを予防する方法

ガラスの熱割れを予防するためには、次の方法を実施してみてください。

  • カーテン等の家具をガラスから遠ざける
  • 冷暖房の風を直接ガラスに当てない
  • 洗濯物の位置に気をつける
  • フイルムやシールを貼らない
  • 熱割れしにくいガラスにリフォームする

上記の方法を詳しくご説明します。

カーテン等の家具をガラスから遠ざける

まずは、カーテンや家具をガラスから遠ざけましょう。

家具をガラスから遠ざけることで、ガラスが熱を放出しやすくなり、熱割れになる原因を防ぐことができます。
ガラス付近にカーテンや棚などの家具を置いてしまうと、ガラスが熱を放出しづらく、熱割れの原因となってしまいます。

特に、黒や紺などの濃い色のカーテンは、熱を取り込みやすいという特徴があります。
近くのガラスが影響を受け、熱割れを引き起こす可能性があるので、カーテンの色にも注意が必要です。
また、家具とガラスの間には適切な距離を設けて、風の通りがよい状態を作り、ガラスが熱をため込まないようにしてください。

どうしてもカーテンや家具とガラスの間の空間を広く取りづらい場合もあると思います。
そのときは、ガラスに面する部分を白っぽい色にする、隙間の空気を入れ替えるためにサーキュレーターを使うといった工夫をしてみてください。

冷暖房の風を直接ガラスに当てない

冷暖房の風を直接ガラスに当てるのは控えてください。
1枚のガラス内に温度差が生じてしまい、熱割れの原因となる可能性があります。

可能な限り、エアコンの風向きをガラスから遠ざけて、ガラスへの負担を軽減しましょう。
間取りの都合上、どうしてもエアコンとガラス窓が向かい合ってしまうこともあるでしょう。
サーキュレーターを使って、エアコンの空気が直接ガラスに当たらないよう、上手に室内の空気をかき混ぜるのもひとつの方法です。

洗濯機の位置に気をつける

洗濯物の位置に気を付けることも、ガラスの熱割れを防ぐための方法です。

ベランダや窓の近くに洗濯物を干すと、ガラスに影ができる場所と直射日光に当たる場所ができます。
ガラスに温度差が生じる原因となり、熱割れのきっかけとなる可能性があります。

洗濯物を干す際には、ガラス窓の一部に洗濯物の影ができていないか、よく確認してください。

フィルムやシートを張らない

ガラスにフイルムやシールを貼らないことで、熱割れを防ぎやすくなります。

ガラスにフイルムやシールを貼ると、貼っていない場所との温度差が生じてしまいます。
小さめのシールであったとしても、温度差の原因になるので、ガラスに貼るのは好ましくありません。

ガラスを長持ちさせたいのでしたら、フイルムやシールを貼らないほうがよいでしょう。

熱割れしにくいガラスにリフォームする

最も効果的な熱割れ対策は、熱割れしにくいガラスにリフォームすることです。

例えば、「網入りガラスから、耐熱強化ガラスにリフォームする」「19mmの厚さのガラスから、10mmの厚さのガラスに交換する」など、熱割れしにくいガラスを取り入れるだけで、熱割れ対策になります。

ちなみに、熱割れしにくいガラスとされるのは、次のとおりです。

  • 耐熱強化ガラス
  • 弾力性のあるゴムパッキンを採用したガラス
  • 厚さ10mm以下のガラス

耐熱強化ガラスは、熱に強い性質を持つことから、熱割れを防ぎやすいというメリットがあります。
また、弾力性のあるゴムパッキンは、多少ガラスが膨張してもサイズの変化を吸収してくれますので、熱割れを防ぎやすいのです。

さらに、薄いガラスのほうが、部分的な温度差を小さくできます。
熱割れしにくいガラスにリフォームすることで、ガラスを長持ちさせることが可能です。

まとめ

この記事では、ガラスの熱割れの見分け方から、熱割れを防ぐ方法・対策について解説しました。

ある日、思わぬタイミングでガラスが割れてしまう「熱割れ」は、やっかいな現象です。
しかし、原因や対策について正しく把握しておくことで、ガラスの熱割れリスクを低減できます。

今回紹介した内容を参考にしながら、早速ガラスの熱割れ予防を実施してみてはいかがでしょうか。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。