ガラス修理

窓サッシの交換にかかる費用相場と交換するタイミングについて解説

窓サッシの交換にかかる費用相場と交換するタイミングについて解説

窓が開閉しづらくなったなど窓サッシの不具合や劣化に気づいたら、早めに交換したいですよね。

窓サッシの故障を放置していると、さらに状態が悪化して窓が開かなくなる可能性があります。
最悪の場合、空き巣のターゲットにされて、家の財産を失ってしまうかもしれません。

窓サッシの交換はDIYが難しいので業者に依頼するのがおすすめです。
しかし窓サッシの交換費用の相場を正しく把握しておかないと、ぼったくり被害に遭う可能性もあります。

とはいえ窓サッシの交換は頻繁に行うものではないので、どのタイミングですればいいのか、かかる費用がどのくらいか分からない方も多いのではないでしょうか。

このページでは窓サッシの交換に関する費用相場や、交換するタイミングなどについて解説しますので、窓サッシ交換の参考にしてみてくださいね。

窓サッシ交換にかかる費用相場

窓サッシ交換にかかる費用相場

結論からいうと、窓サッシ交換にかかる費用相場は、ケースによって異なります。

リフォームの方法や、窓ガラスの種類・サイズなどで、費用の変動は大きくなりますので注意が必要です。
窓サッシの交換費用はどのような状況で変動するのか、次をご覧ください。

窓サッシの交換費用は方法・ガラスの種類によって異なる

窓サッシを交換する場合、具体的な費用は下記のようなポイントで変動します。

  • 窓サッシのリフォーム方法によって異なる
  • 窓ガラスの種類・サイズによって異なる
  • 依頼先の業者によって異なる

一般的に大がかりなリフォームは費用が高額になりますが、窓サッシのリフォームも例外ではありません。
例えば、既存のサッシの上から新しいものを取り付ける「カバー工法」に比べると、「サッシの周辺の壁」もカットしてリフォームする「壁カット工法」のほうが費用は高くなります。

また、ガラスの大きさや厚みによって、さらにサッシの交換費用が高くなることがあります。
詳しい窓サッシ交換の費用相場については、以下をご覧ください。

【ガラスごと交換する場合の費用相場】

ガラスの種類・交換箇所 費用相場
複層ガラス 20万~60万円
防犯ガラス 3万~10万円
ベランダの窓サッシ 20万~40万円
浴室の窓サッシ 3万~20万円

【リフォーム内容別費用相場】

リフォーム内容 費用相場
二重窓に交換 5万~30万円
建具の変更(木製からアルミ製に変更) 20~30万円

上記の通り、窓サッシの交換費用はガラスの種類やリフォーム内容などによって大きな差があります。
あなたが交換を検討しているサッシと、上記の表を照らし合わせながら、費用をイメージしてみてください。

窓サッシの交換費用を抑えるコツ

窓サッシの交換費用を抑えるコツは、下記の3つです。

  • 複数業者を比較する
  • 補助金を利用する
  • ガラスやサッシのグレードを下げる

まずは、複数業者から見積もりをとって、窓サッシの交換費用を比較してください。
窓サッシの交換費用は業者によって大きく異なるだけでなく、「出張費の有無」「深夜・早朝などの割り増し料金の有無」などで金額が変わります。

また窓サッシの交換では、断熱リフォーム支援事業に関する一定の条件を満たせば、補助金を利用できるケースがあります。
窓サッシ交換費用を全額補助してもらえるわけではありませんが、出費の一部をカバーできれば、実質的な支払額を抑えられるでしょう。

他にも「ガラスやサッシのグレードを下げる」といった点を意識することで、窓サッシの交換費用を安く済ませることも可能です。

サッシのパーツのみを交換する費用

サッシのパーツのみを交換する費用

サッシはパーツ部分の消耗が激しいので、「パーツのみを交換したい」という方もいらっしゃるでしょう。
特に「ビート(パッキン)」や「戸車(窓の滑りを良くするローラー状のもの)」は、劣化が早いものです。

パーツごとの交換方法については、下記を参考にしてみてください。

【サッシのビート交換方法】

  1. サッシのビスを取り外す
  2. ガラスとサッシを引き離す
  3. ガラスからビートを取り外す
  4. ガラスに新しいビートを取り付ける
  5. ガラスにサッシを取り付ける

サッシはビスで固定されていますので、まずはドライバーでビスを取り外してサッシを分解してください。
ガラスからビートを取り外したり、取り付けたりするときには、手を滑らせてガラスを落として割ってしまわないよう、慎重に作業しましょう。

サッシのビート部分を交換する場合、ビートは1,000円程度で購入できます。
また、ビートを購入する際には、あらかじめ既存のビートの大きさを測り、同じサイズのビートを購入しましょう。

【サッシの戸車交換方法】

  1. 戸車を固定しているビスを取り外す
  2. サッシから戸車を取り外す
  3. サッシに新しい戸車をビスで取り付ける
  4. 開閉して動作に問題がないかチェックする

戸車は、ビスでサッシに固定されていますので、ドライバーでビスを取り外したうえで、サッシから引き離してください。

しかし、戸車によっては取り外しができないものもあります。
戸車が取り外せない場合は、既存の戸車の隣に新しい戸車をビスで取り付ける方法でも問題ありません。

なお、戸車はホームセンターなどで、2,000円程度で販売しているものがあります。

窓サッシを交換するときのポイント

窓サッシを交換するときのポイント

窓サッシを交換するときは、下記のポイントをチェックしましょう。

  • サッシの性能をチェックする
  • ガラスと合わせてのサッシ交換を検討する

まずは、サッシの性能を確認する必要があります。
現在使用しているサッシに断熱性能があれば、新しく購入するサッシも断熱性能を持つものにしないと、日常生活で不便な思いをするかもしれません。

また、サッシだけの交換ではなく、ガラスと合わせて交換することで、より機能性を高めることができます。
特に「断熱性能」「防犯性能」などは、ガラスとサッシを一緒に交換することで、サッシだけを交換するよりも高い効果が期待できます。

窓サッシの交換を検討すべきケース

窓サッシの交換を検討すべきケース

窓サッシは永久的なものではありませんので、何らかの問題があれば交換しなければなりません。
中でも、窓サッシの交換を検討すべきケースといえるのが、次の4つです。

  • 窓の開閉がスムーズにできなくなった
  • 窓ががたつく
  • 結露が多い
  • 防犯性に不安を感じる

「窓の開閉がスムーズにできなくなった」「窓ががたつく」などの場合、サッシの劣化もしくは戸車の劣化が考えられます。
サッシや戸車が劣化しているまま無理に使い続けると、サッシが全く動かなくなってしまい、窓の開閉ができなくなってしまうかもしれません。

またサッシの劣化によって気密性が低下し、結露が起こりやすくなっている可能性もありますので、窓サッシを交換したほうが良いでしょう。

また、もし窓やサッシに問題がなくても、「防犯性に不安を感じる」といった場合は、防犯性能の高い窓サッシに交換しておくと安心です。

窓リフォームでサッシ交換を検討しよう

窓リフォームでサッシ交換を検討しよう

窓リフォームでサッシ交換を検討してみませんか?

窓リフォームであれば、希望する性能を持つサッシに交換できるだけでなく、「大きさの変更」「サッシの場所の変更」なども可能です。
現時点のサッシに不満を感じている方は、ぜひ窓リフォームをご検討ください。

また、ファインドプロでは、窓サッシのリフォーム業者を多数ご紹介しています。
ファインドプロは良心的で技術力の高い業者を厳選していますので、業者選びで迷ったときの参考にしてみてください。

まとめ

このページでは、窓サッシ交換の費用相場やタイミング、交換を検討すべきケースなどについてご紹介しました。

窓サッシの交換が初めての方の場合、分からないことだらけで不安を感じてしまうことが多いでしょう。
まずは、今回ご紹介した内容を参考にしながら費用をイメージして予算を立ててみたり、サッシ交換のタイミングを見極めたりして、適切に対応しましょう。

窓サッシの交換を考えている方は、この機会に窓自体のリフォームも検討してみてくださいね。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。