ガラス修理

窓・サッシのリフォーム費用はいくら?工事内容・事例別に相場を解説

窓・サッシのリフォーム費用はいくら?工事内容・事例別に相場を解説

窓・サッシが壊れたり調子が悪くなったりした際、いざ修理やリフォームをしようと思っても「費用はいくらあればいいの?」と悩んでしまいますよね。
リフォームの相場を知らないまま、窓・サッシの工事を依頼すると、想定外なほど高額な出費に戸惑ったり、ぼったくりのターゲットにされてしまうので注意が必要です。

しかし窓・サッシの不調を放置していると、窓が開閉できなくなってしまうだけでなく、空き巣被害に巻き込まれてしまうかもしれません。

そこで、今回は窓・サッシのリフォームに関する工事内容や事例別の費用相場についてご紹介しますので、参考にしてくださいね。

窓・サッシのリフォーム費用相場

窓・サッシのリフォーム費用相場

窓・サッシのリフォーム費用は、工事内容で大きく異なりますので、一概にはいえません。
しかし、ある程度「相場」はありますので、目安としてリフォーム費用をイメージすることはできます。

ここでご紹介するのは、下記のリフォーム内容の費用相場です。

  • カバー工法の場合
  • カット工法の場合
  • 窓を小さくする工事の場合
  • 窓の断熱リフォームの場合
  • 玄関の窓をリフォームする場合
  • リフォームで窓を修理する場合
  • シャッターも取り付ける場合
  • 面格子を取り付ける場合

それぞれの具体的な内容と、費用相場について見ていきましょう。

カバー工法の場合

カバー工法とは、既存の窓枠に被せるように、新しい窓枠を取り付けるリフォームです。

カバー工法は大掛かりな工事にはなりませんので、数あるリフォームの中でも、比較的安価かつ短時間で済ませることができます。

事例 費用相場
小窓(70cm×90cm) 4万~6万円
掃き出し窓(170cm×180cm) 8万~12万円
腰高窓(170cm×120cm) 6万~10万円

カバー工法の費用相場は、窓の大きさによって異なりますが、窓枠が小さいものであれば5万円前後で依頼できるので、予算が立てやすいといえるでしょう。

カット工法の場合

カット工法とは、窓枠周辺の壁の一部を取り壊し、新しい窓枠に取り換えるリフォームのことです。
壁を取り壊さないと、既存の窓枠を取り外せないので、新しい窓枠に取り換える場合はカット工法が用いられます。

カバー工法と比較すると、カット工法は手間と時間がかかる工事ですので、費用も高めになります。
カバー工法は、場合によっては費用が50万円以上になることがありますので、慎重に予算を立てることが大切です。

窓を小さくする工事の場合

窓を小さくする工事を行う場合、意外にも安価な費用でリフォームを行うことができます。
具体的な金額は、下記の通りです。

事例 費用相場
フィックス窓(開閉しない窓) 1万~2万円+施工費
すべり出し窓 1万~2万円+施工費
ルーバー窓 2万~5万円+施工費
片開き窓 1万~3万円+施工費
両開き窓 2万~7万円+施工費
上げ下げ窓 1万~3万円+施工費

窓を小さくするリフォームの場合、工事内容が幅広いうえに、現場の状況によって施工費が異なります。
しかし、窓ガラスのみの費用相場で見ると、1万円~となっていますのでガラス代は比較的安価です。

窓の断熱リフォームの場合

窓の断熱リフォームとして定番であるのが、「ペアガラスへの交換」「樹脂サッシへの交換」「内窓の後付け」です。
それぞれの費用相場について見ていきましょう。

事例 費用相場
ペアガラスに交換 5万~10万円
樹脂サッシに交換 20万~50万円
内窓の後付け 5万~30万円

窓の断熱リフォームは「どこをリフォームするのか」で費用が異なります。
窓の断熱対策として、ガラスを交換するのか、サッシを交換するのかなど、どのようなリフォーム内容を希望するのかで費用が変わりますので、予算と照らし合わせながら検討してみてください。

玄関の窓をリフォームする場合

玄関の窓をリフォームする場合、ガラスの種類や大きさ、どのようなリフォームを行うのかなどによって大きく異なります。
玄関の窓リフォームの事例は多くありますが、それぞれ料金に大きな差がありますので、目安となる費用がありません。

玄関の窓のリフォーム費用について具体的に知りたい方は、ガラスの種類や大きさなどの情報をもとに専門業者に問い合わせて確認することをおすすめします。

リフォームで窓を修理する場合

リフォームで窓を修理する場合、ガラスの種類で大きく費用が変わります。
一般的に使用されているガラスの種類と、それぞれの費用相場について見ていきましょう。

事例 費用相場
フロートガラス 2万~10万円
型ガラス 1万~4万円
すりガラス 1万~3万円
網入りガラス 2万~5万円
合わせガラス 4万~7万円
強化ガラス 4万~8万円

リフォームでの窓修理は、ガラスの種類だけでなく、ガラスの厚みや大きさなどでも費用が変動しますので、詳しい料金については、専門業者に問い合わせて確認してください。

シャッターも取り付ける場合

シャッターを後付けで取り付ける場合、「手動シャッター」「電動シャッター」で費用が異なります。
それぞれの費用相場は、下記の通りです。

事例 費用相場
手動シャッター 7万~20万円
電動シャッター 10万~50万円

手動シャッターと比べると、電動シャッターの取り付け費用は非常に高額です。
しかし、高額になる分電動シャッターは「便利」というメリットがありますので、予算と照らし合わせたうえで、「手動シャッター」「電動シャッター」のどちらを選ぶか検討してみましょう。

面格子を取り付ける場合

一口に「面格子」といっても、形状やデザインなどによって費用相場は異なります。
一般的に使われる面格子の種類と、費用相場について見ていきましょう。

事例 費用相場
縦の面格子 1万~3万円
ヒシクロス面格子 1万~3万円
ステンレス製の面格子 5万~15万円
鋳物の面格子 1万~10万円
可動ルーバー面格子 1万~8万円

面格子の素材は、アルミ製とステンレス製がありますが、頑丈なものを選びたいのであれば「ステンレス製」がおすすめです。
しかし、アルミ製とステンレス製では、費用から見るとステンレス製のほうが高くなります。

また「可動式」などのように機能性が高いタイプを選ぶと、リフォーム費用の相場がやや高くなります。

賃貸や分譲マンションの窓をリフォームするときの注意点

賃貸や分譲マンションの窓をリフォームするときの注意点

賃貸や分譲マンションの窓をリフォームするとき、いくつか注意点があります。
まずは下記をご覧ください。

  • 事前に管理会社や管理組合に連絡しておく
  • 希望する工事が不可となる場合がある
  • 希望するガラスが使えない場合がある

上記を把握したうえで窓リフォームを行わないと、トラブルに陥ってしまう可能性があります。
それぞれの注意点の詳細について詳しく解説します。

事前に管理会社や管理組合に連絡しておく

窓のリフォームを行う前に、事前に管理会社や管理組合に連絡をしておきましょう。
無断で窓リフォームを行ってしまうと、管理会社や管理組合とトラブルになってしまう可能性があるからです。
契約内容によっては、無断での窓リフォームは違反となるのです。

思わぬトラブルを避けるためにも、必ず管理会社や管理組合に連絡し、窓リフォームの承諾を得ておきましょう。

希望する工事が不可となる場合がある

建物の構造や、窓枠の状態などによっては、希望する工事が断られてしまう可能性があります。

例えば、二重窓を取り付けたい場合、室内側の窓にエアコンが取り付けられているとリフォームが行えません。

「リフォームすれば必ず希望の窓にできる」とは限りませんので、まずはリフォーム業者に現場を確認してもらったうえで、計画を立てる必要があります。

希望するガラスが使えない場合がある

賃貸や分譲マンションの場合、希望するガラスが使えない場合があります。

例えば、既存のサッシに対応していないガラスの場合、サッシごと取り換える必要があります。
しかし賃貸や分譲マンションの場合、「サッシは共有部分」とされていることが多く、既存のサッシを使わなければならないことがほとんどです。

とくに、複層ガラスやペアガラスは一般的なサッシよりも厚みがありますので、既存のサッシには使えない場合が多いものです。

窓のリフォームを検討したほうが良いケース

窓のリフォームを検討したほうが良いケース

窓のリフォームを検討したほうが良いケースとして、挙げられるのは次の4つです。

  • 室内の温度が外の影響を受けやすい
  • 防犯性に不安がある
  • 窓の開閉がしにくい
  • 結露に悩んでいる

生活に不便を感じたり、窓周辺に不具合を感じたりしたら、リフォームを検討すべきタイミングといえます。
上記リストの4つのケースについて、詳しく見ていきましょう。

室内の温度が外の影響を受けやすい

室内の温度が外の温度の影響を受けやすい場合、窓のリフォームを検討したほうが良いでしょう。

例えば「エアコンを強めに設定しないと、室内が快適な温度にならない」「冷暖房をつけておかないと極端に寒いもしくは暑い」など、室内の温度が外の影響を受けやすい場合は、断熱性の高い窓やサッシにリフォームすることで改善する可能性が高いです。

とくに夏場は熱中症の危険もありますので、早めのリフォームをおすすめします。

防犯性に不安がある

現在使っている窓の防犯性に不安がある場合、リフォームすることで窓の防犯性を高めましょう。

空き巣などの泥棒は、窓から侵入することが多いので、窓のセキュリティ対策は徹底しておかなければなりません。

防犯性のある窓にリフォームし、安心して生活できるようにしましょう。

窓の開閉がしにくい

窓がスムーズに開閉しにくい場合、窓が劣化している可能性がありますので、リフォームしたほうが良いでしょう。
そのまま無理に使用し続けていると、「窓が開閉できなくなる」「サッシや窓枠が変形する」など、窓が故障してしまうリスクがあります。

窓を開閉するときに不便を感じている場合は、リフォームをして問題を解消するのがおすすめです。

結露に悩んでいる

窓のリフォームは、ガラスの結露に悩んでいる方も検討すべきです。

窓のリフォームと窓の結露は、一見何の関係もないように感じます。
しかし、断熱性の高い窓にリフォームすることで、結露を軽減することができるのです。

毎日窓の結露を拭き取る手間がなくなり、余裕のある生活につながるでしょう。

窓をリフォームして快適な生活を

窓をリフォームして快適な生活を

窓のリフォームは、快適な生活につながる大きな一歩といえます。
窓一つ変わるだけで、生活の質がガラリと変わることも少なくありません。

窓のリフォーム方法はいろいろなものがありますので、あなたに合った工事を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

このページでは、窓のリフォームを検討している方に向けて、事例別の費用相場や、リフォームを検討すべきケースなどについて解説しました。

「リフォーム」というと、大掛かりなものや高額なものをイメージしてしまうかと思いますが、実際は手軽で安価なリフォームも多いものです。

今回ご紹介した内容を参考にしながら、窓のリフォームを計画してみてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。