ガラス修理

はめ殺し窓(FIX窓)とは?メリット・デメリットから交換費用まで解説

はめ殺し窓(FIX窓)とは?メリット・デメリットから交換費用まで解説

「はめ殺し窓」とはどんな窓かご存じでしょうか?
はめ殺し窓とは、建築用語で「壁などに直接はめ込まれた開閉できない窓」のことを言います。
大きな窓で開放感があり、ご自宅の住空間に光を多く採り入れたいときに役立ちます。

この記事では、はめ殺し窓とは具体的にどんな窓なのか、メリット・デメリットを中心に写真を使って解説していきます。
ご自宅の採光でお悩みの方や、はめ殺し窓へのリフォームを考えている人は、この記事を参考にしてはめ殺し窓のリフォームを検討してみてください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
はめ殺し窓への交換はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

はめ殺し窓(FIX窓)とは?

吹き抜け部分のはめ殺し窓の画像

はめ殺し窓とは、開閉することができないよう固定された窓のことです。
上の画像のように、窓枠とサッシが完全に固定(FIX)されていることから、FIX窓とも呼ばれています。

一般的な窓とは異なり開閉できないため、換気目的で取り付けることはありません。
主に光を取りこむための採光を目的として取り付けられます。

はめ殺し窓(FIX窓)は、デザイン性の高さでも人気の窓です。
光を採り入れるための大きな窓からおしゃれな細長い窓まであり、ビルの窓ガラスやタワーマンションの窓にも使用されています。

はめ殺し窓(FIX窓)のメリット・デメリット

デザイン性の高さや採光性の高さから、はめ殺し窓にリフォームしたいと考えている方は多いと思います。
しかし、リフォームする前にはめ殺し窓メリットとデメリットについて知っておかないと、リフォーム後初めてデメリットに気づき、「交換しなければよかった…」と失敗してしまうかもしれません。
そんな失敗を防ぐためにも、ここからは、はめ殺し窓(FIX窓)のメリットとデメリットについて詳しくご紹介していきます。

はめ殺し窓のデメリット

はめ殺し窓(FIX窓)のデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 換気ができない
  • 窓の外側は外からしか掃除できない
  • 外からの熱の影響を受けやすい
  • 窓の目隠しがしづらい

はめ殺し窓(FIX窓)のデメリットの1つとして、換気ができないことが挙げられます。
窓の開閉ができないので、湿気が溜まりやすいなど換気が必要な部屋には使わない方がいいでしょう。

2つ目のデメリットは、はめ殺し窓の外側は外からしか掃除できないという点です。
窓が吹き抜けなどの高い場所にある場合は、業者に依頼しないと掃除できないこともあります。
これから新築の戸建てを建てる際にはめ殺し窓を採り入れる場合には、掃除などメンテナンスのことも考えて設計することが重要です。

3つ目のデメリットは、外からの熱の影響を受けやすいことです。
はめ殺し窓は一般的な住宅がラスと比べて大きいものが多く、その分窓から熱が出入りしやすくなっています。
そのため、住宅の断熱性は低くなり、窓に結露ができやすくなります。
ただし、はめ殺し窓に断熱性の高いペアガラスなどのガラスを使用することで、このデメリットはある程度解消できます。

最後のデメリットは、窓の目隠しがしづらいことです。
はめ殺し窓は戸建ての吹き抜け部分によく使われますが、住宅が密集しているところなどでは、周辺住宅から家の中が見えてしまうことがあります。

この場合、カーテンや窓用の目隠しフィルムなどを用いて目隠しを行いましょう。
窓の目隠し方法については、下記の記事で詳しくご紹介しています。
窓ガラスの目隠し方法とおすすめのフィルム・ガラスの種類についてもご紹介

はめ殺し窓のメリット

はめ殺し窓(FIX窓)のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 大きな窓にできるので視界が広くなる
  • デザイン性が高い
  • エアコンの稼働効率が上がる
  • 花粉症対策になる
  • 落下事故の心配がない

はめ殺し窓(FIX窓)の最大のメリットは、大きな窓を実現できることです。
一般的な開閉式の窓の場合、大きな窓にすると重量の関係でサッシに負担がかかるので、窓の大きさにはある程度制限があります。
はめ殺し窓にはその心配がなく、大きく開放的な窓を実現することができ、視界が広がります。

はめ殺し窓の2つ目のメリットは、デザイン性が高いことです。
はめ殺し窓は、大きな窓だけでなく小さな窓や細長い窓、丸い窓などさまざまなデザインの窓を実現することができます。
窓のデザインにこだわりたい方は、はめ殺し窓へのリフォームをおすすめします。

はめ殺し窓の3つ目のメリットは、エアコンの稼働効率が上がることです。
なぜなら、窓が開閉できないため室内の空気が外に逃げることがなく、エアコンによる温度調節を効率的に行えるからです。

また、はめ殺し窓の4つ目のメリットは、花粉症対策になることです。
窓の開け閉めができないため、花粉が部屋の中に入ってくることがなくなります。

最後のメリットは、落下事故の心配がないことです。
小さいお子さんがいる方は、目を離した隙に子供が窓から落ちてしまうなんてこと考えたくないですよね。
はめ殺し窓は、開け閉めができないため落下事故の心配がありません。
お子さんから目が離せない方や心配な方は、はめ殺し窓へのリフォームをおすすめします。

はめ殺し窓(FIX窓)のリフォーム費用

ここでは、はめ殺し窓(FIX窓)本体の価格と、はめ殺し窓を新しく取り付ける場合にかかる費用についてご紹介します。
はめ殺し窓は、ガラスの種類によって価格が変わってきます。

はめ殺し窓(FIX窓)の本体価格

ガラスの種類 90×90(cm)
網入り型ガラス 20,000円~40,000円
網入り透明ガラス 40,000円~60,000円
網入りくもりガラス 18,000円~30,000円

上記ははめ殺し窓本体の価格です。
はめ殺し窓のガラス交換の際には、上記の金額に加えて足場代など施工費が10万円前後必要になります。

また、はめ殺し窓を新しく取り付ける場合には、さらに費用がかかります。
高所作業となる場合の足場代や、壁の解体作業、枠の造作などすべて含めて、およそ30万円~50万円が相場になります。

はめ殺し窓(FIX窓)のおすすめメーカー・商品

はめ殺し窓(FIX窓)にリフォームしたくても、どのメーカーがはめ殺し窓を販売しているか分からない人も多いと思います。
ここでは、はめ殺し窓(FIX窓)を販売しているおすすめメーカーと商品をご紹介します。

  • YKKap ウインスター(FIX窓)
  • LIXIL FIX窓シリーズ
  • Panasonic スキットドア/FIX窓

YKKap ウインスター(FIX窓)

YKKapのウインスターは、豊富な形をラインアップしたデザイン窓です。
お好みの場所に自由にレイアウトすることができ、通風・採光を得るとともに、内外観のアクセントにもなります。
参考:ウインスター

LIXIL FIX窓シリーズ

LIXILのFIX窓シリーズは、さまざまな納まりに対応した豊富なラインアップのFIX窓です。
主に採光を目的とした商品で、吹き抜けスクリーンや店舗の窓にもおすすめできます。
参考:FIX窓シリーズ

Panasonic スキットドア/FIX窓

Panasonicのスキットドアは、FIX窓とセットで販売しているドアです。
スキットドアは、パッキンをなくし、換気口を水がかかりにくいドアの上に設置することで汚れにくくなったドアです。
主に浴室や洗面所で利用され、FIX窓と合わせることでバスルームの開放感を演出できます。
参考:バスルーム:スキットドア/FIX窓

上記のように、はめ殺し窓(FIX窓)はさまざまな種類があります。 費用や性能・デザインを照らし合わせて、自分に合ったはめ殺し窓を見つけてみましょう。

はめ殺し窓(FIX窓)まとめ

この記事では、はめ殺し窓(FIX窓)の特徴からメリット・デメリット、リフォーム費用をご紹介してきました。

はめ殺し窓はデザイン性が非常に高く、ご自宅の開放感を演出できます。
ただし、換気がしにくいなどデメリットもあるので、デメリットも知ったうえでリフォームを検討するようにしましょう。

窓のリフォームやガラス交換をお願いしたいという方は、ぜひファインドプロにご相談ください。
ファインドプロでは、信頼できるガラス交換・修理業者をご紹介しています。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとにガラス修理や交換などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 無料見積もりも行っているため、安心して業者を選ぶことが可能です。 また、様々なガラスに対応しており、一般的な窓ガラスだけでなく、ペアガラスや網ガラスも受け付けています。 ガラスの修理・交換は、防犯対策や電気料金の削減にも効果があります。 さらに本サイトでは、ガラスを自分で取り付ける方法や、設置・取り外しにかかる値段の相場、保険適用の手段も紹介しているので参考にしてみてください。 iphoneなどのスマホの修理には対応できませんのでご了承願います。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。