ガラス修理

二重窓は結露しない?窓の水滴を防止してカビ対策をする方法

二重窓は結露しない?窓の水滴を防止してカビ対策をする方法

窓が結露すると、サッシや「さん」が水浸しになって不快ですよね。
結露した窓をそのまま放置すると、壁にカビが発生する原因にもなります。
一度カビが生えてしまった壁は、壁紙を交換するだけでは済まなくなり、大規模なリフォームが必要になる可能性もあります。

不快で不衛生な窓の結露を防ぐためには、結露が起きる原因を理解して、正しい対策を行うことが必要です。
正しく対策をできていないと、たとえ二重窓やペアガラスを使用していたとしても、窓が結露してしまいます。

ここでは、窓の結露が起きる原因と正しい対処法について紹介していきます。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
二重窓の交換を依頼する
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

窓が結露する原因

窓が結露する原因は2つあります。

  • ガラスの外側と内側の温度差が大きい
  • 室内の湿度が高すぎる

結露はガラスの内側と外側で温度が大きく異なるとき、暖かい側で発生します。
つまり、部屋の外側が寒く内側が暖かい場合、部屋の内側で結露が起きるのです。
冬に結露が多いのは、室内と外で温度差が激しいためです。

梅雨に結露が起きるのは、部屋の内側の湿度が高すぎるからです。
室内と外の温度差が少なくても、暖かい側の湿度が高ければ、結露は起きやすくなってしまいます。

結露を防ぐには、上の2つの条件にならないよう、部屋の温度と湿度を調整することが大切です。
ここからは、なぜ温度と湿度によって結露が起きるのか、詳しく説明していきます。

網入りガラスのメリット

結露が発生するのは、「飽和水蒸気量」が関係しています。
「飽和水蒸気量」とは、空気中に含むことができる水蒸気の許容量のことです。
水蒸気は常に空気中に含まれていますが、「飽和水蒸気量」を超えた水蒸気が空気中に存在すると、結露の「水」として姿を現します。

飽和水蒸気量は、暖かいと増え、寒いと減ります。
冷たい空気よりも暖かい空気の方が、空気中に含むことができる水蒸気の量が多いのです。

窓ガラスの内側が暖かく、外側が寒い場合、外側より内側のほうが、より多くの水蒸気を含んでいることになります。
しかし、ガラスの外側の冷気が内側に影響した場合、ガラスの内側が冷たくなり、飽和水蒸気量が下がってしまいます。
飽和水蒸気量が下がると、空気中に含まれていた水分は水蒸気として存在できず「水」に姿を変え、「結露」になるのです。

また、室内と外の気温差が少なくても、湿度が高ければ、暖かい側のガラス面はすぐに飽和水蒸気量を超えてしまいます。
そのため、梅雨に結露が発生しやすくなります。

窓の結露を防ぐ方法

窓の結露を防ぐには、上述した結露の条件をできるだけ発生させないようにすることが必要です。

  • ガラスの内側と外側の気温差を減らす
  • 室内の湿度を上げすぎない

ガラスの外と中の気温差を減らすために有効なのが、二重窓やペアガラスなどの複層ガラスです。
ガラスとガラスの間に空気の層を作ることによって、室内と外の気温差が、お互いに影響しにくくなり、結露が起きにくくなります。

また、感想が気になる冬には加湿器を付ける人も多いですが、場合によっては逆効果になるので注意しましょう。
オイルヒーター、ガスファンヒーター、遠赤外線ヒーターなどを使用している場合、部屋は暖まっても空気は乾燥しません。
そのため、上記の暖房器具を使いながら加湿器を使えば、部屋の湿度が高くなりすぎることがあります。
結露が気になる部屋に住んでいる場合は、部屋の湿度が40~60%程度になるよう調整しましょう。

二重窓やペアガラスも結露する?

内窓と外窓がある二重窓や、ガラスが2枚セットになっているペアガラスは、断熱性が高いので結露対策にも有効です。
しかし、次のような場合は二重窓やペアガラスでも結露してしまうことがあります。

  • 外の気温が寒すぎる
  • 外窓と内窓が遠すぎる
  • ガラスとガラスの間に隙間がある

断熱性の高い窓でも、完全に断熱ができるわけではありません。
そのため、寒冷地などでは、二重窓やペアガラス、複層ガラスにしても、「結露の量が減るだけでなくならない」ということはあります。

二重窓の場合、内窓と外窓の距離が遠いと、空気の層が正常に機能せず、結露することがあります。

また二重窓は、内窓と外窓の間が密閉されているわけではないので、中空層は結露が起きてしまいます。
ペアガラスでも、ガラスとガラスをつなぐ「封着剤」が劣化していると、隙間ができて中空層が結露してしまうことがあるのです。

二重窓で結露したときの対処法

二重窓で結露したときの対処法には、以下の3つの方法があります。

  • ふき取る
  • 空気を入れ替える
  • ガラスを交換する

二重窓で結露する際は、多くの場合、内窓と外窓の間の「中空層」に発生します。
中空層に発生した結露は、その都度拭きとるしかありません。
結露をそのままにして放置すると、カビが発生する原因になるからです。
特に中空層は気密性が高いため、水分を拭きとったり空気を入れ替えたりしない限り、結露の水はなくなりません。

また、ペアガラスの中空層に結露がついてしまったときは、ガラスを交換する必要があります。
封着剤などを剥がして無理やり内部を拭くという方法もありますが、密閉状態でなくなったペアガラスは、本来の機能を発揮できません。
断熱性が下がってしまったペアガラスをそのまま使い続ける意味はありませんので、交換をおすすめします。

既存の窓を二重窓にリフォームする方法

二重窓は結露を減らすうえで有効な手段です。
さらに、結露を防ぐ以外にもメリットがあります。

  • 断熱性が高まる
  • 防犯対策にも有効
  • 防音効果も期待できる
  • 通常の窓リフォームより安価

窓の断熱性が高まることで、暖房費などを節約することができます。
さらに、窓が2枚ついているため、防犯や防音にも優れています。

通常の窓リフォームの場合、既存の窓を撤去して新しいものと取り換えます。
しかし、二重窓は既存の窓の内側に新しい窓をつくる「カバー工法」と呼ばれるリフォーム方法で行います。
そのため、既存の窓の撤去費用がかからず、比較的安価にリフォームを行うことができるのです。

カバー工法の詳しい費用については、以下で説明していきます。

窓リフォームにかかる費用

カバー工法による窓リフォームの費用は、窓の大きさにより異なります。

事例 費用相場
小窓(70cm×90cm) 4万~6万円
掃き出し窓(170cm×180cm) 8万~12万円
腰高窓(170cm×120cm) 6万~10万円

窓がベランダやデッキに面しているものではない場合、5万円前後で依頼できることが多いです。

一方、窓枠から取り換える「カット工法」の場合、費用が50万円以上になることもあります。
そのため、内窓を作るカバー工法は、お手頃な窓リフォームの方法といえます。

二重窓の結露まとめ

窓の結露を防ぐためには、次の2がポイントです。

  • 室内と外の気温差を減らす
  • 室内の湿度を調整する

室内と外の気温差を減らすためには、二重窓やペアガラスなどを用いて、ガラスとガラスの間に空気の層を作ることが有効です。
また空気全体を温める暖房ではなく、電気カーペットやこたつのように、体を温める暖房器具を使うという方法もあります。

室内の湿度は、40~60%に保つのがよいとされています。
ガスファンヒーターやオイルヒーター、赤外線ヒーターを使用している場合には、加湿器の使用は控えた方がよいでしょう。

一方で、二重窓やペアガラスにしていても、外が寒すぎる寒冷地では結露が発生する場合があります。
二重窓とはいえ、断熱性や気密性は、完璧ではありません。
カビが心配になるほど結露が深刻な場合には、内窓と外窓の距離が適切であるか、工務店などに確認してみましょう。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとにガラス修理や交換などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 無料見積もりも行っているため、安心して業者を選ぶことが可能です。 また、様々なガラスに対応しており、一般的な窓ガラスだけでなく、ペアガラスや網ガラスも受け付けています。 ガラスの修理・交換は、防犯対策や電気料金の削減にも効果があります。 さらに本サイトでは、ガラスを自分で取り付ける方法や、設置・取り外しにかかる値段の相場、保険適用の手段も紹介しているので参考にしてみてください。 iphoneなどのスマホの修理には対応できませんのでご了承願います。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。