ガラス修理

防犯ガラスは打ち破り・焼き破りに効果あり!防犯ガラスの価格相場と窓の防犯対策をご紹介

防犯ガラスは打ち破り・焼き破りに効果あり!防犯ガラスの価格相場と窓の防犯対策をご紹介

泥棒の空き巣被害に遭わないためにも、窓ガラスの防犯対策は必要です。
警察庁の統計データによると、泥棒のおよそ6割が窓から侵入していることが分かっています。

住宅対象侵入窃盗の侵入口の割合を表す円グラフ

また、戸建て住宅の空き巣被害では、半数以上が窓ガラスを破るという手口で侵入しています。

空き巣の侵入手口の割合を表す円グラフ

以上より、窓ガラスの防犯対策は空き巣の侵入を防ぐために重要であることが分かります。

とはいえ、
「窓ガラスの防犯対策って具体的にはどうすればいいの?」
「防犯ガラスに交換したいけど、どれを選んだらいいかわからない…」
「防犯ガラスの価格はいくらなの?」
という方も多いと思います。

そこでこの記事では、そんな窓ガラスの防犯対策のお悩みを解決すべく、ガラスの防犯対策に有効な防犯ガラスについて詳しく説明します。

具体的には、

  • 防犯ガラスの特徴・効果
  • 防犯ガラスと間違われる防犯効果のないガラス
  • 防犯ガラスのおすすめ製品
  • 防犯ガラスの価格相場
  • 窓ガラスに後付けできる防犯対策

について、重要なポイントに絞ってわかりやすくご紹介していきます。

この記事を参考にしてガラスの防犯対策を行い、空き巣被害を防止しましょう!

防犯ガラスとは

防犯ガラスは2枚のガラスの間に頑丈で厚い中間膜が挟み込まれている強度の高いガラスです。
防犯性能が非常に高く、ドライバーによるこじ破りやバールなどによる打ち破り、焼き破りに高い抵抗力を発揮できるよう作られています。

防犯ガラスの構造が分かる画像

一般的なガラスの場合、ハンマーで叩くと10秒もかからずに割れてしまいますが、防犯ガラスの場合は、ハンマーで叩いても割れにくく穴が空きにくい構造になっています。

これにより、防犯ガラスは一般的なガラスと比べて泥棒の侵入時間を稼ぐことができ、空き巣や強盗被害を防ぐ効果が期待できます。

防犯ガラスには基準・ランクがある

防犯ガラスには、明確な基準・ランクがあります。
防犯ガラスの基準として、以下の2つが代表的な基準です。

防犯ガラスの2つの基準について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ガラスの防犯性能に関する基準(板硝子協会により制定)

AGC株式会社、日本板硝子株式会社、セントラル硝子株式会社のガラスメーカー3社で構成される板硝子協会によって、ガラスの防犯性能に関する基準が設けられています。

この基準は、ガラス破りの侵入手口として最も被害の多い打ち破りとこじ破りにおいて、具体的な実験を行った上でランク付けをしたものです。
ちなみに、打ち破りとは、バールなどの固いもので窓ガラス全体を破壊する手口のことを言います。
また、こじ破りとは、ドライバーなど先のとがったものを使ってガラスにヒビを入れ静かに割る手口のことです。

打ち破りに関する防犯性能の基準は以下の表の通りになります。

分類
P1A 合わせガラス
FL3+30ミル+FL3
FL3+30ミル+PW
-
P2A 合わせガラス
FL5+30ミル+FL5
P3A 合わせガラス
FL3+60ミル+FL3
FL3+60ミル+PW
-
P4A 合わせガラス
FL5+60ミル+FL5
合わせガラス
FL3+90ミル+FL3
FL3+90ミル+PW
P5A 合わせガラス
FL5+90ミル+FL5

※1 ミル=1/1000 インチ(0.025mm) 30 ミル=約 0.76mm

こじ破りに関する防犯性能の基準は以下の表の通りになります。

分類 単板ガラス 複層ガラス
P1K 合わせガラス(FL3+中間膜15ミル[0.38mm]+FL3)
耐熱強化ガラス 6.5mm
普通のフロートガラスによる複層ガラス
(FL3+空気層+FL3)
アタッチメント付き複層ガラス(FL3+空気層+FL3)
P2K 合わせガラス(FL3+中間膜30ミル[0.76mm]+FL3) -
P3K 合わせガラス(FL3+中間膜60ミル[1.52mm]+FL3) 合わせ複層ガラス(FL3+空気層+(FL3+中間膜 30 ミル+FL3))
加撃面 FL3耐熱強化複層ガラス(FL3+空気層+耐熱強化ガラス6.5mm)
加撃面 FL3強化複層ガラス (FL3+空気層+強化4mm)加撃面 FL3

※1 ミル=1/1000 インチ(0.025mm) 30 ミル=約 0.76mm

上記の基準において、打ち破りにおいてP2A以上かつ、こじ破りにおいてP2K以上を満たすものが、正式に「防犯ガラス」として認められています。

CPマーク(官民合同会議により制定)

CPマークとは、警察庁・国土交通省・経済産業省などを中心とする官民合同会議によって定められた、「防犯性能の高い建物部品」の基準として制定された証です。
さまざまな侵入攻撃に対して5分間以上防御することができるか試験を実施し、クリアしたものだけに使用が許されています。

つまり、CPマークのシールが付いている防犯ガラスやガラスフィルムは、高い防犯効果が期待できることが証明されているということです。
ですので、防犯ガラスを選ぶ際には、CPマークが付いているものを選ぶと、CPマークのないガラスよりも高い防犯効果が期待できます。

防犯ガラスとよく間違われる防犯効果のないガラス

よく防犯性能があると間違えられるガラスには、以下の2つのガラスがあります。

  • 網入りガラス
  • 強化ガラス

網入りガラスは、ガラスの内部にワイヤーが入っており、通常のガラスよりも強度が高いと思われがちです。
しかし、実際のところ防犯効果はほとんど期待できません。

というのも、網入りガラスのワイヤーは、熱や火などでガラスが割れたときにガラスの破片が飛び散るのを軽減するためのものです。
ガラスの強度を上げるためのものではないので、実際に網入りガラスをハンマーやバールで叩くと、一般的なガラス同様に割れてしまいます。

また、強化ガラスもその名前から防犯性能があるガラスと思われることが多いです。
しかし、実際にはほとんど防犯性がありません。

強化ガラスは、強度こそ一般的なフロートガラスに比べて4倍ほどありますが、表面にある約0.2mmの薄い膜によってこの強度が実現されています。
ですので、この薄い膜を壊してしまえば、強化ガラスは簡単に砕け散ってしまいます。
実際に、強化ガラスを先の尖ったバールで叩くと、力をかけないでも割ることができてしまうのです。

上記のように、よく防犯性が高いと言われている網入りガラスと強化ガラスですが、実はまったく防犯効果がありません。
防犯効果が期待できるガラスは、防犯ガラスのみですので、しっかりと覚えておきましょう。

網入りガラスの防犯性については、「網入りガラスは防犯にならない!正しい知識と効果的な防犯対策をご紹介」で詳しく解説しているので、是非参考にしてください。

防犯ガラスの効果

防犯ガラスの効果

防犯ガラスは、ガラスの打ち破りやこじ破り・焼き破りに対して効果を発揮します。
焼き破りとは、ライターやバーナーでガラスを焼いて割ったり、熱くなったところに水をかけヒビを入れて割ったりする手口のことです。

具体的な防犯ガラスの効果として、以下のようなものが期待できます。

ガラスを割るまでに時間がかかる
防犯ガラスは、一般ガラスと比べて割るまでに時間がかかるという効果が期待できます。
都市防犯研究センターの調査 によると、泥棒が住宅に侵入する際、5分以内に侵入できなければ約70%があきらめるという結果が出ています。
CPマークのある防犯ガラスは、想定される空き巣手口に対して5分以上耐えられる証なので、高い防犯効果が期待できるでしょう。
割れてもガラスの破片が飛散しにくい
万が一ガラスが破損してしまっても、ガラスが中間層に密着しているため、破片の飛散や落下がほとんどありません。
そのため、ガラスの破片による怪我を防ぐ効果が期待できます。
見た目で防犯性をアピールできる
防犯ガラスには、ひと目で防犯ガラスだと分かるステッカーが貼られています。
防犯ガラスステッカーにより、見た目で防犯性の高さをアピールすることができ、泥棒や空き巣犯を敬遠することができます。
防音性が高い
防犯ガラスの構造は合わせガラスなので、ガラスの共振を防ぐことによる防音効果が期待できます。
一般ガラスの遮音性(20~25dB)と比べ、遮音性が高い(30dB遮音)ことが特徴です。
紫外線カット効果がある
防犯ガラスは、特殊な中間膜によって日焼けや皮膚に有害な紫外線を99%以上カットする効果があります。
これによって、泥棒の侵入だけでなく、紫外線の侵入も防ぐことができます。
断熱性に優れている
防犯ガラスは、密封された中間層によって断熱性能が一般ガラスの約2倍の効果が期待できます。
これにより、暖房時の室内の暖まりが速く、またその暖かさも逃がさない快適な空間を実現できます。

上記のように、防犯ガラスにはさまざまな効果が期待できます。
焼き破りや打ち破り、こじ破りに対する防犯効果だけでなく、防音性や断熱性、紫外線カットなど生活を快適にする効果もあるのです。

「防犯ガラスの効果については分かったけど、防犯ガラスの価格やどんな種類があるのか分からない…」
そんな方のために、ここからは防犯ガラスの価格相場とおすすめの防犯ガラスについて説明していきます。

防犯ガラスの価格相場

防犯ガラス「セキュオ」の種類 90×90cmの防犯ガラスの価格 90×120cmの防犯ガラスの価格 90×180cmの防犯ガラスの価格 ㎡単価の料金相場
セキュオ30 15,800円 21,100円 31,600円 19,500円
セキュオ60 18,600円 24,800円 37,200円 23,000円
セキュオSP 53,300円 71,000円 106,500円 65,700円
セキュオペア30 20,200円 26,900円 40,400円 24,900円
セキュオペア60 27,000円 36,000円 54,000円 33,300円
セキュオペアSP 59,800円 79,800円 119,600円 73,800円

※2020年4月現在の料金を掲載しています

上記は防犯ガラス本体のみの料金で、交換作業費は含まれていません。
ガラスを取り扱う業者によって値段が変わってくるので、業者に見積もりを依頼して正確な料金を確認しておきましょう。

防犯ガラスの種類とおすすめ製品

防犯ガラスの種類とおすすめの防犯ガラス製品

防犯ガラスにはいくつかの種類があり、板硝子協会に所属するガラスメーカーからそれぞれ製品が出されています。
主な防犯ガラスの種類と販売メーカーは以下の通りです。

販売メーカー 防犯ガラスの製品名 お見舞金制度
日本板硝子 セキュオ なし
AGC(旭硝子) セキュレ あり
ラミセーフセキュリティー なし
クールベール あり
セントラル硝子 ラミレックスBG なし
バンガード なし
トーレンナ なし

上記のように、防犯ガラスにはさまざまな製品があります。
また、お見舞金制度は、交換した防犯ガラスが被害にあった場合、限度額の範囲内で被害内容に応じてお見舞金が支払われるという保険のようなものです。
防犯ガラスに交換しても泥棒による侵入被害が心配な方は、お見舞金制度のある防犯ガラスを選ぶと良いでしょう。

防犯効果の高いおすすめの防犯ガラス

防犯ガラスの性能や値段は、メーカーや製品によって異なります。
「防犯ガラスには種類がたくさんあって、どれを選んだらいいか分からない…」
という方のために、ここでは、機能性の高い防犯ガラスとして、「セキュオ」をご紹介します。

防犯ガラスセキュオの種類がわかる画像
セキュオ30
中間膜の厚さが30ミル(約0.76mm)であることから、セキュオ30という製品名になっています。
価格は1枚当たり1万5000円~3万円ほどで、最も低価格な防犯ガラスです。
こじ破りには効果を発揮しますが、バールでの打ち破りにはあまり効果が期待できません。
セキュオ60
セキュオ60は、中間膜の厚さが60ミル(約1.52mm)の防犯ガラスです。
価格は1枚あたり3万円~5万円ほどで、こじ破りや打ち破り、焼き破りにも効果を発揮します。
セキュオ90
セキュオ90は、中間膜の厚さが90ミル(約2.28mm)の防犯ガラスです。
価格は1枚あたり3万5000円~4万5000円ほどです。
防犯効果は非常に高いですが、ガラス自体がとても分厚く、一般住宅の既存サッシに入らないという難点があります。
セキュオSP
セキュオSPは、ガラスとガラスの間にポリカーボネート板を挟み込んだ特殊な防犯ガラスです。
ガラス自体は薄いですが、ポリカーボネートの中間膜により、セキュオ90より高い防犯効果を発揮します。
価格は1枚あたり4万5000円~6万円ほどです。
セキュオ90と異なりガラス自体が薄いため、一般住宅の既存サッシでも交換することができます。

上記のガラスは、数字が高いほど防犯性能が高い特徴がありますが、「セキュオ90」に関しては、既存のサッシでは入らない可能性がありますので注意してください。
また、「セキュオSP」は、セキュオ90よりも薄いものの、それ以上の防犯性能を持つ優れたガラスです。
そのうえ、一般的なサッシでも使える規格となっています。

窓ガラスに後付けでできるセキュリティ対策

窓ガラスに後付けでできるセキュリティ対策

防犯ガラスは防犯効果が高く非常に魅力的ですが、一般ガラスと比べて費用が高く、作業も時間がかかるため、すぐに取り付けられるものではありません。
そこで、費用を抑えて、すぐに窓ガラスの防犯対策ができるよう、一般的な窓ガラスに後付けで防犯対策する方法を紹介します。

今回紹介するのは、以下の5つの方法です。

それぞれについて、詳しく解説します。

ガラスに防犯フィルムを貼り付ける

窓ガラスに防犯フィルムや防犯シートを貼ることで、窓の防犯性を高めることができます。
防犯フィルムには、窓ガラスを割れにくくし、泥棒に侵入されるまでの時間を稼ぐという効果があります。

防犯ガラスと比べて非常に安く簡単に導入でき、台風などのトラブルによるガラス飛散も防止できます。
できるだけ安く窓ガラスの防犯対策をしたいという方は、防犯フィルムの貼り付けがおすすめです。

窓に補助錠を取り付ける

窓の鍵を二重鍵にしておくと、より防犯性を高めることができます。
補助錠や簡易錠であれば、自分で取り付けることも可能です。

窓専用の補助錠には、レールに挟むだけで取り付けられるものもあり、ホームセンターなどで購入できます。
窓に補助錠を取り付けるだけでも、防犯性を高めることができるので、二重鍵にしていない方は取り付けてみることをおすすめします。

鍵の防犯対策については、「防犯性の高い鍵おすすめ5選!空き巣被害に遭わないための防犯対策も紹介」で詳しく解説しているので、是非参考にしてください。

シャッターを取り付ける

窓にシャッターを取り付けることも、高い防犯効果を発揮します。

シャッターを閉めていると、外から室内の様子が分からないので、不審者に狙われにくくなります。
また、シャッターそのものが壁のようにガラスをガードしているので、窓からの侵入はほとんどなくなるでしょう。

現在、自宅にシャッターがない場合は、リフォームでシャッターを取り付けることも検討してみましょう。

面格子を取り付ける

窓ガラスを囲うように面格子を取り付けることも、防犯対策として効果的です。

面格子とは、細い棒を縦と横に組んだもので、窓ガラスの外側に取り付けます。
面格子には金属製と木製がありますが、防犯を目的とするのであれば、金属製がおすすめです。

面格子を取り付けたガラスは侵入しにくいということが一目瞭然ですので、不審者に狙われにくいというメリットがあります。
最近は様々なデザインがあり、縦のみの面格子やクロスしている面格子、縦線と横線で二重になった面格子などがあり、自宅の雰囲気や好みに合わせて選びやすいのも特徴です。

窓に防犯センサーを設置する

上記で紹介した4つの防犯対策は、あくまで泥棒の侵入に時間をかけさせるためのものです。
上記と併せて、窓に防犯センサーを設置することで、高い防犯効果を発揮します。

窓に設置できるセンサーには主に2種類あり、「窓の開閉を検知するセンサー」と「窓が開閉される前に侵入者を検知する赤外線センサー」があります。
どちらのセンサーも不審者の侵入を検知した際に、ベルやアラームを鳴らして威嚇・撃退してくれます。

窓に設置できるセンサーにはさまざまな種類があるので、自分にあった用途を選び泥棒の侵入を防ぎましょう。

窓ガラスの防犯対策はファインドプロにお任せ!

この記事では、窓ガラスの防犯対策として以下の方法を紹介しました。

  • 防犯ガラスを導入する
  • ガラスに防犯フィルムを貼る
  • 窓に補助錠を取り付ける
  • シャッターを取り付ける
  • 面格子を取り付ける
  • 窓に防犯センサーを設置する

シャッターや面格子は防犯性に優れていますが、値段が高く気軽に取り付けできるものではありません。
また、防犯フィルムや補助錠はとても安く取り入れることができますが、防犯ガラスと比較すると防犯性能は劣ってしまいます。

ですので、現在使用している窓ガラスに不安を感じている方や、窓の防犯対策を検討している方は、これを機に防犯ガラスへの交換をおすすめします。
防犯ガラスであれば、高い防犯効果を期待でき、シャッターや面格子よりも安く防犯対策できます。

窓ガラスの防犯対策でお悩みの方は、ファインドプロにお気軽にお問い合わせください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
防犯ガラスの交換はこちらから!
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとにガラス修理や交換などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 無料見積もりも行っているため、安心して業者を選ぶことが可能です。 また、様々なガラスに対応しており、一般的な窓ガラスだけでなく、ペアガラスや網ガラスも受け付けています。 ガラスの修理・交換は、防犯対策や電気料金の削減にも効果があります。 さらに本サイトでは、ガラスを自分で取り付ける方法や、設置・取り外しにかかる値段の相場、保険適用の手段も紹介しているので参考にしてみてください。 iphoneなどのスマホの修理には対応できませんのでご了承願います。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。