ガラス修理

ガラスのひび割れは放置しない!補修方法と修理交換に火災保険が使えるか解説

ガラスのひび割れは放置しない!補修方法と修理交換に火災保険が使えるか解説

台風の強風や突然のトラブルで窓ガラスがひび割れてしまった場合、そのまま放置しておくことは大変危険です。
ひび割れたガラスは、ガラス全体の強度が下がっていて、少しの衝撃でも割れてしまうことがあるからです。

ですので、ひび割れを見つけたら、すぐにガラスを修理すべきです。

とはいえ、ガラス修理業者に修理を依頼するとお金がかかりますし、「ひび割れ程度でお金をとられるならそのままでいいかな…」と思う方もいるかもしれません。
そこで今回は、ガラスのひび割れを自分で補修する応急処置方法と、ひび割れたガラスに火災保険を使って安く修理する方法についてご紹介します。

また、ガラスのひび割れの原因も紹介しているので、ガラスがひび割れた原因を把握して、適切に対処しましょう。

ガラスのひび割れの原因は?

ガラスのひび割れが起こる原因とは?

ガラスのひび割れが起こる原因は、主に次の3つです。

  • ガラスの熱割れ現象
  • 飛来物の衝突によるガラス破損
  • 経年劣化による耐久力の低下

それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。

ガラスの熱割れ現象

ガラスのひび割れが起こる原因として、比較的多いのが熱割れ現象です。

ガラスの熱割れとは、1枚のガラスで部分的に温度差が生じてしまい、温度の高い部分が膨張することでひびが入ってしまう現象のことを言います。
ガラスに直射日光が当たっている部分と影に隠れている部分がある場合や、サッシに埋もれている部分と日に当たっている部分の温度差が大きい場合によく発生し、ガラスの端からヒビが入ることが特徴です。

熱割れ現象については、「ガラスの熱割れの原因と対策・予防方法を解説」で詳しくご紹介しています。
熱割れの原因や対処法について詳しく知りたい方は是非参考にしてください。

飛来物の衝突によるガラス破損

強風によって飛ばされてきた飛来物が窓ガラスに当たり、ガラスがひび割れてしまうこともあります。

例えば、台風などの風が強い日に飛ばされてきたものがガラスにぶつかることもありますし、鳥が飛んできて窓に衝突することもあります。
台風が来ることが予想されるのであれば、あらかじめ段ボールでカバーしておくことで、飛来物によってガラスが割れることを防ぐことができます。

また、鳥の衝突に関しては、ガラスを認識できないことから、衝突してしまうことが理由です。
鳥に、通り抜けられないことを認識させるため、レースのカーテンを閉めておくだけでも、鳥の衝突を防ぐ対策となります。

飛来物そのものを防ぐことは難しいので、飛来物にどう対処するかが重要です。

経年劣化による耐久力の低下

経年劣化によってガラスの耐久力が低下し、ガラスにヒビが入ってしまうこともあります。

ガラスには寿命があり、永久的に使用できるものではありません。
長い期間ガラスを交換せずにいると、経年劣化によって目には見えない細かい傷が増えていき、ある日突然ひび割れが発生してしまいます。

ガラスの経年劣化を見極めるには、「ガラスの透明感がなくなってきた」「掃除をしてもガラスがクリアにならない」などの点に注目してみてください。
掃除してもガラスがくもって見えるのは、細かい傷が多くついて劣化していることが原因です。

ガラスの透明度が落ちてきたと思ったら、ひび割れを防ぐためにガラスの交換を検討してみましょう。

ガラスのひび割れの応急処置方法

ガラスがひび割れた場合の対処法

ガラスがひび割れてしまったら、ガラスを修理するか交換すべきです。
ですが、ガラスが突然割れてしまった場合、すぐに修理や交換を依頼できない方もいると思います。

そんなときは、自分でできる応急処置で対処しましょう。
ガラスがひび割れてしまったときにできる対処法として、以下の4つの方法を紹介します。

  • ガラス専用の補修テープを貼る
  • リペアキットで補修する
  • 飛散防止シートを貼る
  • セロハンテープやガムテープでの応急処置も

上記の対処法について、それぞれ詳しく説明していきます。

ガラス専用の補修テープを貼る

ガラスのひび割れは、ガラス専用の補修テープやフィルムを貼って対処することができます。

透明の補修テープやフィルムを傷に沿って貼っていくだけ、という簡単な作業ですので、複雑な作業が苦手な方でもチャレンジしやすいのがポイントです。
また、テープによっては大きなひび割れにも貼れるので、すぐに業者に依頼できない場合の応急処置としても活用できます。

ひび割れたガラスは、非常に脆いのでそのまま放置しておくよりも、補修テープである程度補強しておくと、ガラスが破損してしまうのを防ぎやすくなります。

ガラスに使える補修テープ
ガラスに使える補修テープ
長さ5メートルの強い粘着性と接着性を持った補修テープです。防水性に優れ、防湿・防カビ効果があります。取り付け方法は必要な長さにカットして貼り付けるだけです。取り外しも簡単にできます。
Amazonで商品を購入する

リペアキットで補修する

ガラスがひび割れてしまったときの適切な対処法としてリペアキットでの補修方法があります。

リペアキットとは、ガラスの修復を目的とした商品で、ひび割れに対しても自然な仕上がりで傷が目立たなくなるというメリットがあります。
リペアキットでの補修方法は、接着剤のような専用の液剤をガラスの傷に浸透させるだけなので、誰でも簡単にできるのが特徴です。

ただし、以下のような傷の特徴がある場合、リペアキットでの補修に不向きなので注意してください。

  • ガラスが欠けている
  • 3センチ以上の大きなひび割れがある
  • ガラスの表面ではなく内部に傷ができている

上記以外の小さく浅いひび割れであれば、リペアキットでの補修がおすすめです。

ガラスのリペアキット
ガラスのリペアキット
車のフロントガラスや窓ガラスの小さな傷を補修するために使えるリペアキットです。直径が25mmまでの亀裂も補修できます。
Amazonで商品を購入する

飛散防止シートを貼る

ひび割れたガラスは非常に脆くなっています。
軽い衝撃でもガラスが大きく割れてしまう可能性があるので、万が一に備えて飛散防止シートを貼っておきましょう。

飛散防止シートを貼っておけば、もしガラスが割れてしまっても破片が飛び散りにくくなり、ガラスの破片によるけがを防ぐことができます。
さらに、ガラスの破片を掃除する手間を減らすことができるので、ガラスのひび割れの応急処置として飛散防止シートを利用することをおすすめします。

ガラスの飛散防止シート
ガラスの飛散防止シート
地震などのトラブルでガラスが飛び散ること防ぐ、ガラス飛散防止シートです。本品は、突然のガラス破損を想定し、それを防ぐために開発された透明シートです。窓に貼り付けておけば、万が一ガラスが割れても飛び散りません。
Amazonで商品を購入する

セロハンテープやガムテープでの応急処置も

上記で紹介した道具がすぐに準備できない場合は、セロハンテープやガムテープで代用して応急処置を行うことも可能です。

ガラスのひび割れに沿って、自宅にあるテープを丁寧に貼りましょう。
たとえセロハンテープやガムテープであっても、対処せずに放置しておくよりも、ガラスが割れにくくなります。

ただし、専用のガラス補修商品と比べると耐久性は期待できませんので、なるべく早めに専用のテープを購入するか、業者に修理を依頼してください。

上記で紹介した対処法は、あくまで応急処置です。
応急処置が完了したら、そのまま放置せずにガラス修理業者に修理を依頼しましょう。

窓ガラスが割れた時の対処法については、下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。
窓ガラスが割れた時の応急処置方法!修理費用と賃貸の対処法や保険についても解説

ここからは、ガラス修理業者にひび割れ修理を依頼したときに、費用を抑える方法について紹介していきます。

ガラスのひび割れには火災保険が使える!

ガラスのひび割れは、条件によって火災保険が使えます。
ガラスのひび割れに火災保険が適用できるかどうかは、ガラスがひび割れた原因によって決まります。

ガラスのひび割れに火災保険が適用できる場合は、以下の通りです。

  • 台風や地震などの自然災害が原因のひび割れ
  • 空き巣・盗難被害が原因のひび割れ
  • 予測できない突発的な事故によるひび割れ

■台風や地震などの自然災害が原因のひび割れ

台風の強風や地震によってガラスが割れてしまった場合、火災保険が適用できます。
これは、火災保険の風災補償というもので補償されるからです。

台風の保険については、下記の記事で詳しく紹介しています。
台風の窓ガラス対策!ダンボールと養生テープで補強する方法と割れたときの応急処置方法

■空き巣・盗難被害が原因のひび割れ

空き巣や泥棒によって窓ガラスがひび割れてしまった場合にも、火災保険が適用できます。
火災保険には盗難補償というものがあるため、盗難被害にあったときに補償を受けることができるのです。

■予測できない突発的な事故によるひび割れ

ガラスのひび割れが「予測できない突発的な事故」として認められた場合、火災保険が適用できます。
予測できない突発的な事故と認定されるケースとしては、ガラスの熱割れや、子供が窓ガラスを割ってしまった場合などがあります。

上記のように、ガラスのひび割れには火災保険が適用でき、修理費用を抑えることができます。
割れてしまったガラスを保険で修理したい方は、下記の記事を参考にして保険の申請をしてみましょう。
割れたガラスは火災保険が使える!申請方法と保険適用の条件を解説

ガラスのひび割れは必ず業者に依頼しよう

ガラスのひび割れは業者への依頼が大切

上記で紹介しガラスのひび割れの対処方法は、あくまで応急処置です。
応急処置がおわったら、必ずガラスの専門業者に依頼してガラスを修理・交換してもらいましょう。

ひび割れたガラスはとても脆くなっており、ガラスが破損してしまうリスクが高くなっています。
ガラスが破損すると破片で怪我をしてしまう恐れもあり、応急処置をしたまま放置するのは危険です。

ガラスのひび割れに気づいたら、まずは安全を確保した上で、信頼できる業者に依頼してガラスを交換してもらいましょう。
ファインドプロでは信頼できるガラス修理業者のみをご紹介しています。
ガラス修理業者をどうやって選んだらいいかわからないという方は、ぜひファインドプロにお問い合わせください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
ガラスのひび割れ修理を依頼
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

ガラスのひび割れまとめ

今回は、ガラスがひび割れる原因と、ひび割れてしまったときの対処法について解説しました。

突然のガラスのひび割れは慌ててしまうものですが、適切な対処を実施しないと、ガラス破損の原因になることがあります。
ガラスがひび割れてしまった際には、この記事で紹介した対処法を参考にして応急処置を実施してみましょう。

また、自分でできる対処法はあくまで応急処置ですので、しっかりと直したい場合は専門業者に修理を依頼することをおすすめします。

ファインドプロは、地域に密着した業者を紹介しています。 被害状況のヒアリングをもとにガラス修理や交換などの作業にかかる費用をお電話口にて概算でお知らせ。 無料見積もりも行っているため、安心して業者を選ぶことが可能です。 また、様々なガラスに対応しており、一般的な窓ガラスだけでなく、ペアガラスや網ガラスも受け付けています。 ガラスの修理・交換は、防犯対策や電気料金の削減にも効果があります。 さらに本サイトでは、ガラスを自分で取り付ける方法や、設置・取り外しにかかる値段の相場、保険適用の手段も紹介しているので参考にしてみてください。 iphoneなどのスマホの修理には対応できませんのでご了承願います。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。