ガラス修理

窓ガラスの結露対策まとめ|すぐできる方法とおすすめグッズを紹介

窓ガラスの結露対策まとめ|すぐできる方法とおすすめグッズを紹介

冬になると窓ガラスに結露が発生することが多くなります。
結露は一度拭き取っても時間が経てば再度発生してしまうこともあり、とても厄介ですよね。

そんな結露ですが、放置しておくと私たちの健康面や住まいの安全にも影響を及ぼすことがあります。
結露による被害を受けないためにも、結露が発生する原因を知り、正しい対策を行うことが必要です。

そこで今回は、窓ガラスに結露が発生する原因とその対策方法、結露対策に使えるおすすめグッズを紹介します。
是非参考にして、窓ガラスの結露対策を実施してみてください。

窓ガラスに結露が発生する原因

窓ガラスに結露が発生する原因

寒い冬は毎日のように窓ガラスに結露が発生しますよね。
では、結露はどのような原因で発生しているのでしょうか?

窓ガラスに結露ができる原因は、主に以下の2つが考えられます。

  • 部屋と外の温度差が大きい
  • 加湿器などによる湿度の上昇

室内と屋外の温度差が大きい場合、結露ができやすい状態になります。
例えば、外の温度が低く、部屋の空気が暖かいと、窓ガラスに触れていた室内の空気が冷やされます。
ガラスに触れた室内の空気が冷やされると、空気に含まれている水蒸気が水となり、結露となって現れるのです。

また、加湿器などを使用して室内の湿度が高まると、窓ガラスに結露ができやすい状態になります。
室内の湿度が高まり、空気中の水蒸気が多くなればなるほど、水蒸気が結露となってガラスの表面に現れるのです。

上記の通り、室内外の温度差が大きく、空気中の水蒸気が多ければ多いほど、結露が起きやすいので注意しましょう。

ここまで、結露が起きる原因を紹介しました。
中には「窓ガラスに結露ができても別に被害があるわけじゃないし気にしなくてもいいのでは?」と思う方もいると思います。

しかし、窓ガラスの結露を放置しておくと、いくつかのデメリットが生じてしまいます。
では、窓ガラスの結露によるデメリットについて詳しく見ていきましょう。

ガラスの結露によるデメリット

ガラスの結露によるデメリット

窓ガラスの結露を放置すると、以下のような弊害が起こる可能性があります。

  • 窓やカーテンにカビが発生する
  • ダニが繁殖しやすくなる
  • 不快なにおいが発生する
  • ガラス周辺の壁や柱が腐食する

ガラスの結露を放置し、部屋の中に湿気が溜まっている状態では、カビやダニが繁殖しやすくなります。

カビやダニが繁殖すると、鼻炎や喘息、皮膚炎といったアレルギー症状などの健康被害が起こる可能性があります。
また、カビの繁殖により、部屋中に不快なにおいが発生してしまうことも考えられます。

さらに、酷い結露を放置すると、ガラス周辺の壁や柱が腐食してしまうといった住宅被害も起こります。
住宅被害が起こると、住宅の強度が落ち、新しいトラブル発生の原因にもなります。

窓ガラスの結露を放置しただけで、上記のような弊害が発生してしまう可能性があります。
結露は健康被害や住宅被害を起こすことがあるので、結露対策を徹底して行う必要があるでしょう。

続いて、このような被害を防ぐため、すぐにできるガラスの結露対策方法について紹介します。

今すぐできるガラスの結露対策7選

窓ガラスの結露対策は、簡単に実践することができます。
ここでおすすめするのは、次の7つの方法です。

  • こまめに換気をする
  • 段ボールを貼る
  • 緩衝材を貼る
  • 除湿器を使用する
  • 植物・水槽・洗濯物をガラスから遠ざける
  • 結露防止シートを貼る
  • 結露防止ヒーターを使用する

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

こまめに換気をする

ガラスの結露対策では、こまめな換気が重要です。

充分な換気をすれば、室内の空気中の水分を外へと逃がすことができます。
また、外と部屋の温度差を小さくすることができるので、結露が発生しにくくなるのです。

窓を開けるときには、家の2箇所以上の窓を開けることをおすすめします。
空気の通りがよくなり、効率よく換気することができます。

段ボールを貼る

窓ガラスに段ボールを貼ることも、結露対策になります。

段ボールは断熱性が高いのが特徴です。
窓全体に貼れば、ガラス周辺の空気が冷やされるのを防ぐことができます。

さらに、段ボールは湿気を吸収してくれるので、結露対策としてとても有効です。

緩衝材を貼る

厚みのある緩衝材をガラスに貼ることも、ガラスの結露対策になります。
緩衝材は段ボールよりも軽く、やわらかいので作業がしやすいというメリットがあります。

また、透明タイプの緩衝材を選べば、部屋に入ってくる日の光を遮断してしまうことがありません。
「段ボールだと部屋が暗くなってしまうのがイヤ」という方は、緩衝材がおすすめです。

除湿機を使用する

あまりにも結露がひどい場合は、除湿器を使いましょう。

空気中の水分を減らすためには、除湿器が効果的です。
部屋の広さに合った除湿器を選びましょう。

ただし、除湿器によっては、部屋を閉め切ってしまわないと効果がないものもあります。
除湿器をお持ちの方は、ご自宅の除湿器の説明書をよく読んだうえで、上手に使ってください。

植物・水槽・洗濯物をガラスから遠ざける

窓の結露を防ぐためには、植物(鉢植え)・水槽・洗濯物をガラスから遠ざけてください。
植物(鉢植え)や水槽、洗濯物は部屋の空気中に湿気を放出していますので、ガラス近くの湿気が増えてしまい、結露が発生しやすくなってしまいます。

一度部屋を見回してみて、植物・水槽・洗濯物がガラスの近くにある場合は、窓ガラスから遠い場所に移動させたり、部屋全体の配置を変えたりして対処しましょう。

結露防止シートを貼る

結露防止効果を持つシートをご存じですか?
市販の結露防止シートを窓ガラスに貼れば、効果的に結露を防ぐことができます。

結露防止シートは、窓が冷えるのを防げるだけでなく、商品によっては湿気を吸収してくれます。
デザイン性が高いものも多いので、見た目にこだわりたい方にもおすすめできる結露対策です。

結露防止ヒーターを使用する

結露防止ヒーターを使用すれば、窓ガラスの結露を防ぎつつ、部屋を暖めることができます。

結露防止ヒーターとは、窓のすぐそばに置くことを目的としたもので、主に細長いデザインが多く、窓ガラス全体に均等に暖かな空気を送ります。
下から上に向かって温風が放出されるので、冷気が上部へと移動し、部屋の中と窓付近の温度差を軽減してくれるのです。

これにより、ガラスに触れている空気が冷やされにくくなり、結露を予防してくれます。

ここまで、すぐにできるガラスの結露対策について紹介してきました。
次に、簡単に結露対策できるおすすめグッズを紹介していきます。

簡単に結露対策できるおすすめグッズ5選

簡単に窓ガラスの結露対策ができるおすすめグッズを紹介します。
今回紹介するのは次の5つです。

  • 結露防止シート
  • 結露吸水テープ
  • 結露取りワイパー
  • マルチヒーター
  • 新聞紙でも結露対策できる

安価で効果的なグッズを厳選しましたので、節約志向の方でも取り入れやすいと思います。
結露対策に悩んでいる方は、ぜひ参考にして活用してみてください。

結露防止シート

まず紹介するのが、3層構造になっている、結露対策効果の高い結露防止シートです。
幅90センチ、長さ180センチ、さらに2本セットになっていながら、2,000円以下で購入できるお得なグッズです。

そのうえ、接着剤は必要なく、水のみでガラスに張り付けられるので、とっても簡単に「貼る」「剥がす」の作業ができます。
3層構造ですので、断熱効果も高く、電気代の節約にもつながります。

結露防止シート
結露防止シート
室内の暖かい空気が冷えた窓ガラスにぶつかるのを防ぎ、結露の発生を抑える結露防止シートです。幅90×長さ180㎝なので、大きな窓にも対応できます。
Amazonで商品を購入する

結露吸水テープ

ガラスの端のカビを防ぐ点で効果が高いのが結露吸水テープです。

結露吸水テープとは、滴る結露を吸収するテープのことで、「結露が多い」「他の結露対策では効果がない」などの場合におすすめです。
ガラスの下部に貼っておくことで、流れてきた結露をキャッチしてくれます。

そのうえ、こちらの商品は「最大吸水量が1メートルあたり30g」と、大容量なのが特徴です。
水滴が増えやすい「北の部屋のガラス」「日陰になりやすいガラス」などでも、十分結露を吸水することができます。

結露吸水テープ
結露吸水テープ
独自の吸水性の高い特殊不織布を使用した結露吸水テープです。窓ガラスの結露を強力吸水し、寒い冬の必需品として活躍します。凹凸ガラスにも対応しており、汚れやカビなどの防止効果を発揮します。
Amazonで商品を購入する

結露取りワイパー

コストパフォーマンスが非常に高い結露対策グッズとして紹介できるのが、結露取りワイパーです。
わずか数百円のワイパーですが、水滴を逃がさずキャッチしてかき集めることができます。

そのうえ、繰り返し何度も使える優れものですので、1つ持っていると長い間活躍してくれます。
また、本体の重さはたった60gと非常に軽量ですので、作業がラクチンです。

結露取りワイパー
結露取りワイパー
ヘッドの付け替えができる「Satto」のお掃除シリーズです。ロングブレードで曲面にもピッタリフィット。スッキリ水切りしてカビを防止します。窓ガラスの結露掃除や浴室の鏡などにも使えます。
Amazonで商品を購入する

マルチヒーター

結露対策として、高い効果を期待できるのがマルチヒーターです。

窓際の床にマルチヒーターを置いて、起動するだけで、部屋側のガラス周辺の空気を暖めることができます。
マルチヒーターを使用することによって、部屋の中と、ガラス付近の温度差が解消され、結露しにくい環境を作れるのです。
また、マルチヒーターからは温風が出ることから、ガラス窓から忍び込むひんやり感を予防できるメリットもあります。

マルチヒーター
マルチヒーター
ガラスの結露と窓際からの冷気侵入を防ぐマルチヒーターです。補助暖房としても活用できます。ガラスの結露や窓際の寒さでお悩みの方におすすめです。
Amazonで商品を購入する

新聞紙でも結露対策できる

意外に感じられるかもしれませんが、新聞紙をガラスに貼ることも結露対策に効果的です。

窓ガラスがすでに結露していれば、その水分を利用して貼り付けてしまっても問題ありません。
また、乾いているガラスに張り付ける場合は、セロハンテープで張り付ければ作業は完了です。

新聞紙が断熱材としての役割を果たしてくれるので、ガラスが冷えてしまうのを予防することができます。
また、新聞紙は湿気を吸収してくれる役割もあるので、結露対策に優れたアイテムといえます。

もし、あなたが「新聞をとっていない」というときは、通販サイトで何かを購入したときに緩衝材として一緒に梱包されている大判の紙でも代用可能です。
使い終わった後の処分も簡単ですので、「できるだけ手軽に結露対策したい」という方におすすめです。

ガラスを交換して結露しにくい窓にする

ガラスを交換して結露しにくい窓にする

今ある窓ガラスを新しいものに交換して、結露しにくい窓にリフォームすることもひとつの方法です。

ガラスにはいくつか種類がありますが、断熱性の高いガラスを選ぶと、窓の冷えを防ぐことができ、結露に悩まされることが激減します。
断熱性の高いガラスとして挙げられるのは「複層ガラス」「合わせガラス」「Low-Eガラス」などです。
一般的なガラスよりも断熱性が高いので、毎日の結露対策の手間を軽減したい方は、ガラスの交換も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ガラスの結露対策の方法と、簡単に結露対策できるおすすめグッズについて紹介しました。

結露への対策を怠ると、健康被害や住宅被害を起こしてしまう危険性もあります。
特に、冬は結露が発生しやすいので、毎日結露と戦わなければなりません。

毎日の結露対策を手軽にしたい方は、今回紹介した内容を参考にしながら、さっそく試してみてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。