水道・蛇口修理

洗濯機の水漏れ修理の費用相場 | 水漏れの原因別に解説

洗濯機の水漏れ修理の費用相場 | 水漏れの原因別に解説

わたしたちの生活に欠かせない洗濯機。
毎日使っていると突然「水が漏れだした!」なんてトラブルも少なくはありません。

この記事では洗濯機の水漏れ修理の費用だけでなく、修理業者の選び方、水漏れの原因と対策についても紹介していきます。 ぜひ最後まで確認してください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
水漏れ修理の相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

洗濯機の水漏れによくある4つの原因

洗濯機の水漏れが起こりやすい場所は下記のような箇所です。

  • 給水栓回り
  • 洗剤ケース
  • 排水フィルター
  • 排水口
  • 洗濯機本体の底付近
  • 洗濯機のドア部分

水漏れが起こりやすい場所について以下で詳しく解説していきます。

ニップルからの水漏れ

洗濯機の水漏れの原因のひとつ目は「ニップル」からの水漏れです。
「ニップル」とは、蛇口の吐水口と給水ホースをつなげるための部品のことです。
このニップルがゆるんでいると、接続部分に隙間ができてしまいそこから水漏れが発生します。
ニップルが蛇口に隙間なく取り付けられているか確認することで水漏れを防止することができます。

給水ホースからの水漏れ

洗濯機の水漏れの原因の2つ目は「給水ホース」からの水漏れです。
ホースの長さが短すぎると、ホースとニップルの隙間から水漏れが発生します。
また給水ホースの中に汚れが溜まってしまと、スムーズに水が流れなくなってしまい給水ホースのナット部分から水漏れすることもあります。

給水ホースからの水漏れの対策方法

  • ホースを適切な長さにする
  • 定期的にホースの中を掃除する
  • ヒビが入っていたりなど、劣化している場合は交換する

以上の対策をすることで、給水ホースからの水漏れは防ぐことができます。

排水エルボと排水口の隙間からの水漏れ

洗濯機の水漏れの原因の3つ目は「排水エルボと排水口の隙間」からの水漏れです。
排水エルボとは、排水口と排水ホースをつなげるために使用される、L字型の接続管のことです。
排水エルボに排水ホースがきちんと差し込まれていなかったり、サイズの小さい排水ホースを接続したりしてしまうと、その隙間から水漏れが起こります。

破損が著しい場合は、シンク周りを交換することになったり、大掛かりな修理が必要になったりします。
結局業者に依頼することになってしまうので、修理に時間がかかる場合や、正確に修理ができる自信が無い場合は、無理に自分で修理しようとせず業者に依頼しましょう。

排水エルボと排水口の隙間からの水漏れ対策

  • 適切な大きさの排水エルボを利用する
  • 排水ホースと排水エルボが、隙間なくきちんと接続されているか確認する

以上のような対策をすることで、排水エルボと排水口の隙間からの水漏れは防ぐことができます。

洗濯機本体の底付近からの水漏れ

洗濯機の水漏れの原因の4つ目は「洗濯機本体の底付近」からの水漏れです。
洗濯機本体の底から水漏れをしている場合は、洗濯機本体が故障している可能性が高いです。
また洗濯機の設置場所の湿度・水温・室温の温度差が影響して結露で濡れているだけの可能性も考えられるため、設置環境を確認してみましょう。
本体が故障している場合、部品の交換が必要になるため、メーカーに修理依頼をしてください。

【洗濯機の水漏れ修理を業者に依頼した方がよい3つのケース

洗濯機の水漏れが起こったとき、まずはご自身で修理してみようと考える方も多いでしょう。
ただし以下の3つの場合は、速やかに修理業者に依頼することをおすすめします。

  • 水漏れの原因が分からない
  • 交換する部品やパーツがわからない
  • 排水溝のつまりが直らない

これらのパターンは、素人が修理を頑張ったところで時間も労力もかかってしまいます。
自分自身で直すことができないところは、積極的に修理業者を利用しましょう。

水漏れの原因が分からないとき

水漏れの原因がわからない場合、自分自身で対処しようとしても何もできません。
考えているだけ時間が無駄なので、修理業者に依頼しましょう。
プロの目線で確認すれば、どこから水漏れが起こっているのかすぐに判断してくれます。

交換する部品やパーツが分からないとき

水漏れが起こったとき、自力で修理することを考える方も多いですが、素人にはできないことが多いです。
特に交換する部品やパーツはややこしく、間違えると水漏れが改善されないため、プロに頼んだ方がいいでしょう。
部品は種類も多く、それぞれに合う合わないもあるため、極力ご自身で判断されないほうがいいです。

排水溝のつまりが直らないとき

水漏れと同時に排水溝が詰まっている場合は、業者に依頼しましょう。
排水溝のつまりは髪の毛、傾き、凍結、排水ホースの長さ等さまざまな要因によって起こります。
そのため、水漏れの要因になっている排水溝のつまりが直らないときはプロに相談するのがオススメです。
排水溝の構造はプロが一番よく知っています。
ご自身で解決できないことも、解決してくれる可能性が高いです。

【作業別】洗濯機の水漏れ修理にかかる費用相場

洗濯機の水漏れ修理費用の相場は5,000円~です。
ただし、費用相場は修理内容やパーツ交換の有無によって変わってきます。 パッキン交換や緩みの調節の場合は5,000円~ですが、水栓の交換となると8,000円~15,000円、ニップルの交換になると13,000円~18,000円かかる場合もあります。

洗濯機の水漏れ修理費用の相場
施工内容 費用相場
パッキン交換、ゆるみの調節 5,000円~
水栓の交換 8,000円~15,000円
ニップルなど部品の交換 13,000円~18,000円

それぞれ説明していきます。

パッキン交換、ゆるみの調節等

ニップルの接続部分からの水漏れ、ホースとニップルの隙間からの水漏れ、給水栓で水漏れが起こっている場合等はパッキンの劣化が原因として考えられます。
ナットを締めなおしたにもかかわらず、水漏れが続くという場合は、プロにパッキン交換やゆるみ調節をしてもらいましょう。
パッキン交換、ゆるみの調節などにかかる費用の相場は5,000円~です。

ホームセンターへ行けばパッキンが売っているため、それを購入するだけであれば1,000円~で修理することも可能です。
ただし、これらは手間がかかり素人には難しい作業でもあるため、無理せず修理業者に依頼することをおすすめします。

洗濯機の水栓の交換

ホースの劣化や破損が見受けられた場合、洗濯機の水栓交換もしくは修理が必要です。
修理業者に依頼すると、まず水漏れが起こっているのは蛇口の先端なのかバルブの付け根なのか、あるいは蛇口と壁の間なのか、素人では作業できない細かな点検をしてくれます。

原因が見つかると蛇口の取り付け部のシールテープを巻きなおし、状況に合わせて交換を行います。
洗濯機の水栓交換にかかる費用相場は作業代金と水栓そのものの費用を合わせて8,000円~15,000円です。

ニップルなどの部品交換

ニップルとは蛇口と給水ホースを接続するためのジョイント部分です。
ニップルの破損、ひび割れ、排水ホースや排水エルボの破損が起きた場合は、ニップル等の部品交換が必要となります。
ニップル交換の費用相場はパーツ代金を含め13,000円~18,000円です。
作業そのものの代金は6,000円~8,000円程度です。

また、ニップル交換だけで対応できるケースもありますが、再度水漏れしないように蛇口も一緒に交換した方がいい場合もあります。
見積もりの段階で作業内容を確認してから依頼しましょう。

排水ホースや排水溝のつまり除去

ホースの接続部や排水溝から水漏れしている場合は、つまりが原因である可能性が高いです。
つまりを確認する方法はまず排水口の位置を確認し、エルボを取り外します。
洗濯機の脱水ボダンを押し、水が勢いよく流れたら排水溝が詰まっていると考えられます。
一方で水が出てこない場合は、洗濯機内部のつまりが原因です。

つまり除去にかかる費用相場は1315,000円~25,000円です。
重い洗濯機や複雑な排水溝の場合、専門の業者にお願いすることをおすすめします。

自分で修理可能な洗濯機の水漏れケースと修理方法

下記のような場合は、自分で修理できるケースもあります。

  • 蛇口中央部繋ぎからの水漏れ(パッキン交換)
  • 排水ホースの亀裂や破損等

しかし、自分で修理を行うことは状況を悪化させてしまう原因にもなるため、できないと思ったら早めに業者に連絡をしましょう。

ナット、ネジの緩みを直す

簡単なものであれば、ご自身でネジのゆるみを直すことで水漏れの修理ができます。
モンキーレンチや丸いものを掴めるウォータープライヤーを使えばナットを緩めたり、締めたりすることができます。

モンキーレンチやウォータープライヤーはホームセンターで数千円で売られています。
ものによっては業者に依頼した方が安く済むこともあるので、工具が高いと感じたら業者に依頼することを検討しましょう。

排水ホースや延長ホースを交換する

排水ホースの劣化や破損が水漏れの原因の場合、交換することで修理が可能です。
また、軽度な破損であれば排水テープで補強しましょう。
排水テープはホームセンター等で1,000円以下で購入できます。

水漏れ修理業者を選ぶ際の注意点

洗濯機の水漏れ修理業者を選ぶときの注意点は以下の3つです。

  • 洗濯機を購入した家電メーカーに相談する
  • 洗濯機のメーカーに問い合わせる
  • 修理費用以外にかかる費用はあるのか確認する

それぞれ説明していきます。

洗濯機を購入した家電メーカーに相談する

まず洗濯機の修理を依頼するときは、洗濯機を購入した家電メーカーに連絡するのがおすすめです。
家電メーカーはメーカー保証とは別の長期保証を付けている可能性が高く、費用が安くなる可能性が高いからです。
量販店によって保証の内容は違うため、確認しましょう。

洗濯機のメーカーに問い合わせる

家電量販店で購入していない場合は、メーカーに問い合わせるのがおすすめです。
洗濯機の場合、通常は1年保証がついているため、無料で修理ができる可能性があります。
メーカーには部品の用意もあるので、メーカー対応が可能な場合はどのくらいの費用がかかるのか見積もりをすることが大事です。

これら2つが使えない場合、また見積もり金額が高いと感じた場合は水回りの修理業者にも見積もりを依頼しましょう。
比較的値段も安く、すぐに対応してくれる可能性が高いです。

修理費用以外にかかる費用はあるのか確認する

メーカーや業者によっては出張費用が発生するところもあります。
そのため、見積もりを取り費用がいくらかかるのか比較しておきましょう。
また、見積もりは無料の会社が多いのですが、見積もりに料金が発生するケースもあるため、注意しておきましょう。

業者を選ぶときは安く済ませたいという気持ちもわかりますが、安さだけで選ばずに信頼できる業者かどうか、確認することが大切です。
見積もり書で費用を確認した後は、口コミなども調べて事前のトラブルを防ぎましょう。

洗濯機の水漏れを放置したときに起こるトラブル

洗濯機の水漏れの原因はさまざまで、一人では解決できないことも多々あります。
しかし、放置していると以下のように状況が悪化してしまうこともあります。

  • 下の階に水が浸水する可能性がある
  • 床にカビやシミ、腐敗などが発生することもある

この章では、水漏れを放置したときに起こるトラブルについてひとつずつ説明していきます。

下の階に水が浸水する可能性がある

マンションやアパートなど賃貸物件に住んでいる場合、水漏れを放置することで下の階に水が浸水してしまう可能性があります。
下の階に水が浸水してしまうと、最悪の場合、家具や家電、天井への被害など損害賠償が数百万円になってしまいます。
二次被害を生まないためにも早めに業者に連絡をして解決するのが大切です。

床にカビやシミ、腐敗などが発生することもある

床の水漏れを放置するとカビやシミ、腐敗などが発生し、フローリングが傷む可能性があります。
下の階に浸水しなくとも、大事な家が傷ついてしまう結果になります。

洗濯機の水漏れが発生した場合、床の表面に水がなくなるまでしっかりと拭き掃除を行い、放置しないようにしましょう。

まとめ

洗濯機の水漏れ修理費用についてポイントをおさらいしましょう。

  • 洗濯機の水漏れ修理の費用相場は5,000円~
  • 水栓交換の費用相場は8,000~15,000円
  • ニップルなど部品の交換の費用相場は13,000~18,000円
  • 修理費用は「基本料金」の他に「材料費」「追加の施工費」「出張費」などがかかる
  • 修理費用にいくらかかるのかは見積もり書で確認する
  • 洗濯機の水漏れは購入した家電メーカーに相談すると安く済むこともある
  • 洗濯機の不具合の場合、メーカーに修理を依頼する必要がある

洗濯機の水漏れは、自分で修理できるようにも見えますが、意外と原因が複雑で、対処法もさまざまです。
放置したり、間違った対応をしたりすると二次被害も発生しかねないので、いち早くプロに任せることをおすすめします。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。