水道・蛇口修理

トイレタンクの水漏れ原因と修理方法!チョロチョロ音も解決しよう

トイレタンクの水漏れ原因と修理方法!チョロチョロ音も解決しよう

水回りのトラブルでよくあるのがトイレの水回りトラブル。
水が止まらない、水がチョロチョロと流れ続けるなど症状はさまざまですが、皆さんも一度くらいは、トイレタンクの水漏れを経験したことがあるのではないでしょうか。

放置すると状況はより悪化しますし、水道代が高くなる原因にもなります。
だからこそ早めの対処が必要です。
この記事ではトイレタンクの水漏れ原因や、それを解消する修理の方法をご案内します。

トイレタンク内で水漏れ原因と起きやすい場所

トイレタンク内で水漏れが起きやすい場所は以下の4つです。

  • 止水栓などのパッキン
  • ボールタップ
  • オーバーフロー管
  • ゴムフロート(フロートバルブ)

それぞれの場所と想定される原因を説明していきます。

止水栓などのパッキン

パッキンとは部品や配管など静止している場所の接続部分の密閉に使用されているゴムやシリコンでできたリング状のものです。
パッキンがあることで、隙間がなくなり水漏れを防ぐことができます。

しかし、パッキンの寿命はおよそ10年です。
古くなるとパッキンは、固くなったり、ひび割れが入り隙間ができます。
年数の経過とともに耐久性の問題が出てくるので、10年を目安に交換が必要です。

ボールタップ

ボールタップとは水面の上下によって、浮玉の浮力を利用して、自動的に開閉する水栓のことです。
トイレのタンク内にあり、給水管とつながっています。
ボールタップにはタンク内にある水が一定に保たれるよう調整する役目がありますが、このボールタップも消耗品です。
また、タンク内の清掃時に無理な力が加わることにより不具合がおきることもあります。

ボールタップで不具合が起きるとチョロチョロと給水され続ける症状が起きます。
タンク内の水量を適正に保つことができないので交換が必要です。

オーバーフロー管

オーバーフロー管は、タンクの底にある細長い棒状の管をさします。
トイレのレバーやフロートバルブが壊れて過剰に水が供給された時に余分な水を便器内に排水する役目を持っています。

このオーバーフロー管も外からの圧、長期間使用による劣化により、変形、亀裂、また隙間ができることがあります。
不具合が起きたときは交換が必要になりますが、オーバーフロー管のタイプが製造中止となっている場合は、タンクごと交換する必要が出てきます。

ゴムフロート(フロートバルブ)

ゴムフロートは、トイレタンクの中にある水が便器へ流れないように止めている部品のことです。
レバーの先に繋がれていて、このゴムフロートが開くことにより、タンクの中の水が便器へと流れます。
ゴムフロートは劣化すると、変形したり、固くなったりして定位置に戻りにくくなります。
そのほか、繋がっている鎖が切れてしまった場合も不安定になり、排水弁から外れてしまう可能性が高くなります。

トイレタンク内の水漏れ症状別の修理方法

水漏れとしてよくある故障は以下の2点です。

  • タンクから水が溢れる
  • 便器内に水が流れ続ける・チョロチョロ音が止まらない

2つの症状それぞれについて修理方法を説明します。

症状1.タンクから水が溢れる

タンクから水が溢れる主な原因は以下の通りです。

  • 支持棒の先にあるボールタップが破損している
  • ボールタップのアームが破損している
  • ゴムフロートの劣化
  • オーバーフロー管の詰まり、もしくは破損

タンク内に水が溜まっている状態では、何が原因なのか、故障箇所の見分けがつかないものです。
タンク内の水を抜いてから、原因を探すことが大切です。
一般的な修理方法は以下の通りです。

  1. 止水栓を閉める
  2. レバーを引きタンクの水を抜く
  3. タンクを開けて故障箇所の判定をする
  4. 故障箇所を取り出し、付け替える
  5. 止水栓を開けてタンクに水をためた後に、動作を確認する

タンク内にある部品・商品はほとんどの場合、ホームセンターで手に入ります。
価格は、数百円から数千円程度が一般的です。
ただし、少しでも規格が異なるものを使うと、当然のことながら修理することができないので、注意が必要です。

症状2.便器内に水が流れ続ける・チョロチョロ音が止まらない

水が止まらないという症状がおきたら、タンクをあけて水位を確認する必要があります。
なぜなら、タンク内の水位によって故障の原因は異なるからです。

  • タンク内の水位が正常より高い場合
  • タンク内の水位が正常より低い場合

この2種類のケースが考えられます。
それぞれについて解説する前に、部品の名称の説明をしておきます。

トイレタンクの部品名称

トイレタンクの内部には水が溢れないよう給水を止める機能があります。
「ボールタップ」「アーム」「浮き球」という3つの部品が関連しています。
人間で言うと肩の部分がボールタップ、腕がアーム、浮き球が手のような構造です。
先端の浮き球(手)が水位によって持ち上がることで、一緒にアーム(腕)も連動し、アームと繋がったボールタップ(肩)が締まることで水が止まるという仕組みです。

それぞれのケースの説明をします。

タンク内の水位が正常より高い場合

ボールタップの先端についている浮き玉は、タンク内の水量を一定に保つという役割を担います。
これが何らかの原因で、タンク内の水が正常値に機能せず、上昇してしまうことがあります。その原因を追究してみましょう。

浮き玉を手で上げても、給水がとまらない

過剰な水が便器へ給水され続けていく不具合が発生したら、浮き球の破損を疑ってください。浮き玉は、タンクの給水と直結している部品だからです。
あわせて、浮き玉とアームがしっかりと連結しているかの確認もしましょう。
もしも外れていることがあれば付け直し、ダメージがあるようならパーツの交換が必要となります。

ボールタップが原因

浮き玉に異常が見つからない場合は、給水口と連結しているボールタップの不具合である可能性が高くなります。
パーツはすべて消耗品です。
劣化が見つかった時点で、早急に交換するようにしてください。
状態が悪くなることはあっても、放置してよくなることはありません。

浮き玉を手で上げると、給水が止まる

浮玉を上げて水が止まる場合は、ボールタップには問題がないことを差します。では、
何が水漏れの原因となっているのでしょうか。
順に確認してみましょう。

浮き玉が原因

浮き玉の破損を確認してください。
また、浮き玉がどこかで引っかかっているということもあるでしょう。
タンク内の他の部品と浮き玉が当たっていないか、一度よくチェックをしてみてください

タンク内の水位調整が原因

原因としては水位調整がしっかり出来ていない事が考えられます。ボールタップ内の水位調整リングを回して適正な水位で水が止まるように調整してあげましょう。もし、水位調整リングが無い場合はボールタップと浮玉の間に接続されているアームを曲げて水位調整する必要があります。

タンク内の水位が正常より低い場合

タンク内の水位が低い場合は、排水に関係する部品で不具合が起こっている可能性が考えられます。
タンク内の水はトイレレバーを動かすことで排水されるのは、みなさんもご存知でしょう。

トイレレバーはタンク内の排水口を覆うゴムフロートというキャップと鎖でつながっています。トイレレバーを動かすことで、トイレタンク内の排水口を覆っているゴムフロートを上部にずらし排水させることができます。
つまり、トイレレバーとゴムフロートをつなぐ鎖や、排水口を塞いでいるゴムフロートに異常がある場合、排水が止まらず水が流れっぱなしになってしまうトラブルが起こるのです。

そしてもう1点、タンク内にはオーバーフロー管という管が通っています。
この管はタンク内の水を溢れさせないように設置されています。
水位が上がりすぎた場合にタンク内の水がこのオーバーフロー管を通り排水口から排水される仕組みです。
このオーバーフロー管に割れやヒビなどの破損があった場合は水位が下がり続けてしまうため、トイレの水が止まらないというトラブルが発生します。

タンク内の水位が低い場合は、まずレバーからつながる鎖の絡まりがないか、そしてゴムフロートやオーバーフロー管に破損がないかを調べてみましょう。
その際、もし各パーツが破損している場合は、交換が必要です。

鎖が原因

長年使用すると、劣化により鎖が切れてしまうことがあります。
鎖が切れていた場合は、交換しましょう。
メーカーによって鎖の長さは異なるため、純正品以外を使用するときは長さが適切か確認しましょう。
長さが足りずにフロートバルブが浮き上がり、水が止まらなくなるという現象をおこしてしまうことがあります。

フロートバルブが原因

フロートバルブは、浮き玉に連動してタンク内の排水弁をふさぐ役割を担います。
排水弁から外れているだけであれば、フロートバルブを戻せば水漏れは止まります。
ただし、フロートバルブも消耗品です。
劣化が原因の場合は、新しいものと交換してください。
交換時には、オーバーフロー管を破損するトラブルが数多く見受けられるため、自身で交換する際には十分に注意してください。

オーバーフロー管が原因

水位の調整をするオーバーフロー管は、タンク内の水が溢れることがないようにする役目を担っています。
オーバーフロー管に破損が生じた場合は、水位を調整することはできなくなります。

タンク内の水位は、下がり続けてしまう現象がおこり、トイレの水が止まらないという問題が発生するのです。
もし破損している場合は、即時に交換が必要となります。

症状3.トイレタンクの下からの水漏れ

トイレタンクの下からの水漏れの主な原因は以下の通りです。

  • パッキンの劣化
  • 密結ボルトの劣化
  • タンク本体の破損

それぞれの原因について説明をします。

パッキンの劣化

水を流したときのみ水漏れするという場合は、パッキンの劣化による水漏れの可能性が高いです。
パッキンは、タンクと便器の接合部分に水漏れを防ぐために使用されています。
ホームセンターなどで販売されており、価格も数百円程度で購入できます。
もしもサイズなどの規格が心配であれば、値段は高くなりますがメーカーから直接取り寄せることもできます。
作業する際は重いタンクを取り外す必要があるため、心配であれば、プロに依頼する方が得策でしょう。

密結ボルトの劣化

タンクの内側から外側に向って締められている密結ボルトが劣化すると、接着されているボルト付近に隙間ができ、水漏れにつながります。
パッキンを交換しても改善されない場合は、密結ボルトを新しいものと交換すると安心です。

タンク本体の破損

レバーを回していないのに、常に水漏れがおこる場合はタンク本体の破損が考えられます。もしもこの状態が見つかったら、まずは防水パテを貼って一時対応しましょう。
タンクの破損が大きい場合は、タンク自体の交換が必要です。

なお、一体化タイプのトイレに不具合が起きた場合は、タンクのみを交換することはできません。
トイレすべてを交換することになります。
トイレの耐久年数は使い方にもよりますが、およそ15年前後と言われているので、20年前後使用しているトイレの場合はタンク本体の破損も考えておきましょう。

トイレタンクやパーツには耐用年数がある

トイレには、さまざまなパーツが使われており、各部品が消耗品であることをお伝えしてきましたが、ここで実際の耐用年数を紹介します。

トイレの部品の耐用年数

  • トイレタンク:15年程度
  • 止水栓などのパッキン、ボールタップ、オーバーフロー管、ゴムフロート(フロートバルブ)などの各パーツは7年~15年程度

もちろん、使用頻度や使いによって耐用年数は異なりますが、10年前後で確認しておくのがおすすめです。

修理が難しい場合は修理業者に依頼しよう

さまざまなパーツから成り立っているトイレですが、故障、劣化部分を交換することによって、使い続けることは可能です。
パーツ自体は、ホームセンターなどで数百円から数千円程度で入手可能のため、適正に修理ができれば安く仕上げることができるでしょう。

しかし、パーツの規格は各メーカーによって異なり、違うものを取り付けてしまうと故障の原因になります。
正しいものを選んで交換するのが不安な場合は業者に依頼するのがおすすめです。
大抵の水道修理業者は無料で見積もりできるので、2、3ヵ所に依頼して工事費用を比較しても良いでしょう。

トイレの水漏れ修理費用については下記の記事で詳しく解説しています。

トイレの水漏れ修理にかかる費用は?原因別の料金相場を解説

まとめ

トイレは見た目とは異なり内部には、様々な水道管や弁、栓が取り付けられています。
トイレのトラブルといっても症状によって原因となる部品が違うことが理解していただけたと思います。
水回りの修理は簡単なDIYと異なり、常に注意が必要です。
止水栓を閉め忘れて修理作業を始めてしまい、水が止まらなくなった。
タンクを開けるときに無理に引っ張って、水道管や部品を破損して使えなくなった。
不注意に修理するとこんなことになりかねません。
自分で修理するのは危険だと判断した場合は無理に修理せず専門の修理業者に相談することをおすすめします。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。