水道・蛇口修理

トイレの水漏れ修理にかかる費用は?原因別の料金相場を解説

トイレの水漏れ修理にかかる費用は?原因別の料金相場を解説

日常生活の中で誰しもが利用している「トイレ」。
突然水漏れが起きてしまったというトラブルも少なくはありません。

慌てる気持ちはよくわかりますが、まずは以下の応急処置ができているかを確認しておきましょう。

  • 止水栓を止める
  • ウォシュレットのあるトイレは感電防止のために電源を抜く

本記事ではトイレで水漏れが起こってしまったとき、修理業者に依頼した方がよいケースや、修理費用について解説します。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
水漏れ修理の相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

トイレの水漏れ修理を業者に依頼した方がよい4つのケース

トイレの水漏れ修理を依頼した方が良いケースは以下の4つです。

  1. 水漏れの原因が分からないとき
  2. タンクの取り外し・タンク内の修理が必要なとき
  3. タンクレストイレを使用している場合
  4. ウォシュレットから水漏れしている場合

それぞれ説明していきます。

水漏れの原因が分からないとき

トイレの水漏れ原因が分からないときは、業者に修理を依頼しましょう。
なぜなら原因が分からないまま自分で解決しようとすると、症状がさらに悪化してしまう恐れがあるからです。

水漏れの原因が分からないと修理のしようがないため、水回り専門の修理業者に依頼するのが大切です。

タンクの取り外し・タンク内の修理が必要なとき

タンクの取り外し・タンク内の修理が必要なときは、業者に修理を依頼しましょう。 なぜならタンク内は多くの部品が入っており、少しのズレや不具合によって水漏れが発生するため、知識のないまま修理をするのが危険だからです。

トイレタンク内が水漏れの原因になっている場合には、無理に扱わず業者に修理を依頼しましょう。

タンクレストイレを使用している場合

タンクがないタンクレストイレでの水漏れの場合は、業者に修理を依頼しましょう。
タンクレストイレは電気回路の不具合によるセンサーの誤作動によってトイレの水漏れが発生するケースも少なくなく、修理には専門の技術が必要になります。

そのためタンクレストイレの場合は、まずは修理業者に依頼して状況を確認してもらいましょう。
修理で直らない場合には本体を交換する必要があるため、メーカーに直接問い合わせて確認することになります。

ウォシュレットから水漏れしている場合

ウォシュレットから水漏れをしている場合は、業者に修理を依頼しましょう。
なぜならウォシュレットは普通のトイレと違い電気回路があり、電気の通っている部分に水がかかるとショートして感電や火災の原因になるからです。

安易に分解せず、水漏れに気づいたら止水栓を閉め、ウォシュレットの電源を抜くという処置を行なったあとに、速やかに修理業者を呼んでください。

【作業別】トイレの水漏れ修理にかかる費用相場

トイレの水漏れ修理にかかる費用相場は以下のとおりです。

トイレの水漏れ修理にかかる費用相場
施工内容 修理費用
パッキンや止水栓の交換、
調整作業
6,000〜15,000円
+8,000〜30,000円
タンク内の修理・交換8,000〜15,000円
タンクの着脱及び部品の交換を行う場合の修理費用は15,000〜30,000円
トイレのつまり6,000〜10,000円
タンク着脱が必要な場合は15,000〜30,000円
トイレタンク・タンクレバー交換40,000〜50,000円
タンクレバーのみの場合は5,000〜10,000円
トイレの便器交換15,000〜50,000円
ウォシュレットの修理交換15,000〜25,000円
トイレの床下からの水漏れ20,000~30,000円
【作業別】トイレの水漏れ修理にかかる費用相場
施工内容 基本料金+出張料 施工料金
基本施工4,400円(基本料金)+3,300円(出張料)無し
高圧ポンプ使用4,400円(基本料金)+3,300円(出張料)18,700円
ドレンクリーナー使用4,400円(基本料金)+3,300円(出張料)18,700円+1,650円/m(1m追加ごとにプラス料金)
高圧洗浄機使用4,400円(基本料金)+3,300円(出張料)38,500円+3,300円/m(1m追加ごとにプラス料金)
洋式トイレ着脱工事費4,400円(基本料金)+3,300円(出張料)52,800円

トイレの水漏れ修理費用の相場は10,000円~30,000円です。 ただし、トイレのつまりやタンクの修理など、便器を外して修理を行う場合は30,000円以上、高圧洗浄機を使う場合は50,000円以上かかる場合もあります。

トイレの水漏れ修理費用は、「基本料金」のほかに「材料費」「追加の施工料金」「出張料金」がかかることが一般的です。 そのため、事前に見積もりを取っておくのが安心といえます。

ここからはそれぞれ作業別に説明していきます。

パッキンや止水栓交換、調整作業のみの費用相場

排水管や止水栓、給水管などからの水漏れは、パッキンや内部パーツの劣化、ナットの緩みなどが原因として考えられます。

ナットを締めるといった調整作業費のみで済む場合の修理費用相場は6,000〜15,000円です。
パッキンや止水栓などのパーツ交換が必要になった場合には8,000〜30,000円の追加料金がかかることもあります。
交換が必要なパーツにより修理費用が変化することを理解しておきましょう。

タンク内の修理・部品交換にかかる費用相場

タンクがあるトイレは、タンク内のパーツの破損や劣化が原因で水漏れを起こすことが多くあります。
タンク内の修理にかかる費用は、タンクの着脱の有無やタンク内の部品の交換、タンク本体の交換費用により変わります。

  • タンク着脱をしない場合の修理費用の相場は8,000〜15,000円
  • タンクの着脱及び部品の交換を行う場合の修理費用の相場は15,000〜30,000円

また、パッキン以外のタンク内の専用部品が破損していたり、タンク本体が破損していたりする場合には破損箇所の交換も必要となります。

トイレの水が止まらない場合の修理費用相場

部品の破損や誤作動が原因でない場合には、トイレットペーパーなどの固形物の詰まりが原因となっている可能性があります。
固形物が詰まって水が止まらず溢れている場合、専用器具を利用して原因となっている固形物を取り出す修理を行います。

トイレの水が止まらない場合の修理費用の相場は6,000〜10,000円です。
タンク着脱が必要な場合には、タンクの着脱費も発生するため15,000〜30,000円かかる場合もあります。

トイレのタンク・レバー交換の費用相場

トイレのタンク・タンクレバー交換の場合の費用相場は40,000〜50,000円です。
タンクレバーのみの交換の場合は5,000〜10,000円の交換費用がかかります。

水位調整機能の不具合や、オーバーフロー管、ボールタップ、止水栓の破損またはゆるみが原因の場合は、トイレタンクやレバーの交換が必要になるケースがあります。
また、タンクのヒビや破損、配管との接続部分が劣化した場合には、タンク自体を新しいものに交換しなければならないため、費用が高額になります。

トイレの便器交換の費用相場

本体のヒビや、排水管と便器の接続部分が劣化・破損していたことが原因で水漏れが発生しているときは、トイレの便器交換が必要です。

トイレの便器交換にかかる費用は、便器の価格によって大きく異なります。
機種やメーカーにより価格が変わりますが、スタンダードなグレードであればトイレの便器交換の相場費用は15,000〜50,000円です。

なお、便器本体の購入価格のなかに工事費が含まれているケースもあるので、見積もり書で確認しておきましょう。

ウォシュレットの修理・交換の費用相場

ウォシュレットの水漏れ修理費用の相場は15,000〜25,000円です。
ただし、温水が出ないなど、温水タンクやサーモスタットの修理が必要になった場合には20,000〜30,000円、修理では治らずウォシュレット自体の交換が必要なった場合は、基本の作業費から20,000〜50,000円が追加になる場合もあります。

ウォシュレットノズルや給水パイプ、内部貯水タンク、止水栓、接続部分の劣化または破損など、ウォシュレットにはパーツが多くあります。
交換が必要となった場合は、修理費に加えてパーツ代やウォシュレット代も必要になります。

トイレの床下からの水漏れ修理費用相場

トイレの床下からの水漏れ修理費用の相場は20,000~30,000円です。
ただし、床が浸水しているなど症状が重い場合には大がかりな工事が必要になる場合があり、修理費用が50,000円以上かかる場合もあります。

トイレの床下からの水漏れは、便器と床をつなぐパッキンが剥がれている、あるいは床下排水管の劣化や破損していることが原因です。
水漏れがひどく床が傷んでしまった場合には、床の張り替え修理費が必要となり費用が高額になってしまうので、水漏れに気づいた時点で止水栓を閉め、床の水を拭きましょう。

自分で修理可能なトイレの水漏れケース

止水栓などの内部パーツやナットの交換程度であれば、自分で修理できる場合もあります。

自分で修理可能なトイレの水漏れケース

  • パイプの接続部分の修理
  • パーツの交換

ここでは自分で修理可能なトイレの水漏れケースと修理方法を紹介します。

パイプの接続部分の修理

給水管や止水栓などパイプ類の接続部分が水漏れしている場合は、モンキーレンチでナットを締めることで修理できるケースが多くあります。
モンキーレンチとは工具の一つで、ホームセンターなどで1,000円前後で購入することができます。

ナットが古くなっている場合はホームセンターで買い換えましょう。
ただし、サイズの異なるナットを使用したり、修理方法を誤ったりすると、接続部分が破損するなどのトラブルを招く可能性があるため注意が必要です。
古いナットをお店に持っていき、同じ種類のナットを購入しましょう。

パーツの交換

レバーやオーバーフロート、ゴムフロートなどのパーツの破損、パッキンの劣化などによる水漏れはパーツ交換を試してみることで水漏れを解決できる場合があります。
レバーやオーバーフロート、ゴムフロートはホームセンターや専門店などで販売されている場合が多いため、お店でメーカーと型番を伝えれば適切な部品を購入できます。

パーツ交換の場合、修理にかかる費用はパーツ代のみとなるため、業者に頼むよりも安く抑えられます。
ただし、パッキンやオーバーフロートなどのパーツ交換には取り外し作業や長さ調節が必要になります。
調節に失敗すると、水が止まらない、水が流れないなどのトラブルを招く可能性があるため、難しい場合は無理に修理せず専門の業者に依頼しましょう。

自力での修理が難しい場合は無理せず業者に依頼しよう

かんたんな作業であれば自分でできるケースもありますが、修理費用を抑えようと無理に自分で対処すると、かえって被害を大きくしてしまい修理費用が高くなる恐れがあります。

特に、便器本体やタンクの取り外しが必要なケースでは修理の難易度は高くなります。
そのため自力で難しいと感じた場合は無理に修理しようとせず、専門の業者に依頼するのが大切です。

水漏れの原因が見つからない場合や、自分で修理が難しい場合、修理や道具を揃えるのに時間がかかる場合には、迅速に専門の修理業者に依頼しましょう。

業者に依頼したほうが安くすむこともある

簡単な修理であれば自分で対処できるケースもありますが、業者に依頼した方が安くすむこともあります。
特に修理に必要な器具などが多くなる場合は、全て揃えるのに費用や手間がかかるほか、修理内容も複雑になります。

自分で修理しようとしたものの「購入する部品を間違えた」「接続部分を分解した後、元に戻せなくなった」というトラブルも見受けられます。
結果的に修理業者への依頼が必要になるケースもあるため、最初から業者に依頼したほうが安く済むこともあります。

そのため水漏れが発生したときは、まずは近くの修理会社の基本修理費を調べたうえで、自分で修理する場合にかかる大まかな金額を比較してみましょう。
購入する道具や部品が多く、作業が複雑になる場合には、最初から修理業者に依頼しておくことをおすすめします。

まとめ

トイレの水漏れ修理費用についてポイントをおさらいしましょう。

  • トイレの水漏れ修理費用の相場は10,000~30,000円
  • 修理費用は「基本料金」の他に「材料費」「追加の施工費」「出張費」などがかかる
  • 修理費用にいくらかかるのかは見積もり書で確認する
  • 部品の修理をするだけであれば基本料金のみで安価
  • 部品やパーツの交換が必要になった場合は、基本料金に交換代が追加請求される
  • 自分で修理できる程の簡単な修理であれば、自分で修理した方が費用を抑えられる

トイレの水漏れは、原因がどこにあるか素人では確認できないケースも多いです。
自宅のトイレのサイズに合う部品やパーツを用意したり、工具を揃える必要もあるため、自分で修理するのが難しい方がほとんどです。

無理やり自分で修理すると被害を拡大させてしまう可能性もあるため「水漏れ原因が分からない」「自分で修理できるか不安」という方は、専門の修理業者に依頼することをおすすめします。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。