水道・蛇口修理

突然の洗面台の水トラブルに!応急処置と水漏れの解消方法

突然の洗面台の水トラブルに!応急処置と水漏れの解消方法

家族みんなが毎日使う洗面台。
そんな洗面台が「水漏れしている!」といった水トラブルで悩まれる人は多いです。

結論から言えば、水漏れの対処法は水漏れの箇所や原因によって異なります。
洗面台で水漏れが起きた場合は、まず洗面台下の扉のなかの荷物を出し、止水栓をしめましょう。
その後で原因を探し、パッキンの交換や接続部のナットしめ、劣化したパーツの交換を行います。

この記事では、洗面台の水漏れでお困りの方に、水漏れ箇所や原因だけでなく、自分でできる修理方法や注意点まで解説していきます。
ぜひ最後まで確認してください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
水漏れ修理の相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

洗面台から水漏れしたときの応急処置のやり方

洗面台から水漏れが起こった際は、すみやかに応急処置を行いましょう。

  1. 洗面台下の荷物を全て取り出す
  2. 止水栓を閉める

慌てる気持ちもわかりますが、一度落ち着いてから行いましょう。

1.洗面台下の荷物を全て取り出す

洗面台からの水漏れを発見したら、まずは洗面台の下にある荷物を全て取り出します。
水に濡れて大切な荷物が汚れてしまわないよう、広い場所にすぐに移動させてください。
すでに濡れている可能性もあるため、廊下にビニールシートなどを広げて荷物を置くと片づけが楽になります。

2.止水栓を閉める

洗面台の下にある荷物をどけ、止水栓が見えれば止水栓を締めましょう。
止水栓がハンドル式の場合にはハンドルを時計回りに、ドライバー式の場合はマイナスドライバーで時計回りに回してしめます。

水漏れの被害が拡大しないように、必ず行いましょう。
また、水漏れの原因が気になる気持ちはわかりますが、原因の究明は止水栓を閉めてから行います。
止水栓を閉めず放置しておくと、床下まで浸水する恐れがあり、修理費用が一気に高くなることもあるため気をつけましょう。

よくある水漏れ箇所とその原因

業者に依頼をするのか自分で修理をするのかなどの判断をする上では、水漏れ箇所とその原因を突き止めることが重要です。

洗面台の主な水漏れ箇所は以下の通りです。

  • 蛇口やシャワーヘッド
  • 排水管・給水管などの接続部分
  • 排水管やホースの亀裂や穴による水漏れ

それぞれの原因について説明します。
今すぐ対処方法を知りたい場合は、次の章「洗面台の水漏れを解消する方法」に進みましょう。

蛇口やシャワーヘッドからの水漏れ

蛇口やシャワーヘッドからの水漏れは、蛇口本体の中にあるパッキンの劣化、ナットの緩みが原因と考えられます。
自分で蛇口を分解していると、分解しているうちにわからなくなり、元に戻せなくなるといったトラブルに発展する可能性もあります。
難しいと感じたらすぐに業者に連絡しましょう。

排水管・給水管などの接続部分からの水漏れ

排水管や給水管など接続部分からの水漏れは、ナットの緩み・パッキンの劣化や破損が原因と考えられます。
また排水管のつまりが原因の場合もあるため、水漏れ箇所をしっかりと確認しましょう。

排水管やホースの亀裂や穴による水漏れ

排水管やホースの亀裂や穴による水漏れは、経年劣化が原因で排水管やホースに亀裂や穴が空いたところから起きている場合があります。
この場合はナットの緩みやパッキンの交換では解決できないため、専門の業者に依頼をして修理をする必要があります。

洗面台の水漏れを解消する方法

洗面台の水漏れを解消する方法は、水漏れの症状と原因によって異なります。

それぞれ解説していきます。

蛇口やシャワーヘッドからの水漏れの場合

蛇口やシャワーヘッドから水漏れしている場合は、パッキンの交換を行います。
パッキンは10〜15年という寿命があり、経年劣化が原因で水漏れを起こしてしまうのです。

パッキンはホームセンターで購入できるので、型番やメーカー品番を調べて行きましょう。
新品のパッキンの他に、レンチマイナスドライバーも準備しておくと良いです。

パッキン交換の流れは以下になります。

  1. 元栓を閉めているかを確認する
  2. パッキンの上にある部品をマイナスドライバーを使用して外す
  3. 古いパッキンを取り除き、新たなパッキンを付ける
  4. 取り外した部品を順番に戻す

全て終えたら、元栓を開けて水漏れが直っているかを確認しましょう。
取り外したネジなどは無くさないように注意が必要です。

排水管・給水管などの接続部分からの水漏れの場合

接続部分のナットやボルトが緩くなっている場合には、モンキーレンチでナットを締めることで水漏れを解消することができます。

モンキーレンチとは工具道具の一種で、さまざまなサイズに対応します。
ホームセンターなどで購入することができるため、修理費用はモンキーレンチのみと安価で済むでしょう。

なお、自分で締める場合には、締めすぎないように注意が必要です。
締めすぎると逆に水漏れが悪化したりなど、状況が悪化する恐れがあります。

また、ナットを締めても水漏れが続く場合は、パッキンの劣化が原因の場合もあるのでパッキンが劣化していないかも合わせて確認しておきましょう。

排水管やホースの亀裂や穴からの水漏れの場合

排水管やホースの亀裂や穴から水漏れしている場合は、排水管やホースを交換る必要があります。
この作業は素人では難しいため、必ず専門の業者に依頼をしましょう。
交換が必要になった場合には、施工料金に加えて排水管やホース本体の料金も請求されます。

もし排水管やホース、蛇口を自分で取り替える場合には、誤って違う商品を取り付けないように注意が必要です。
事前にサイズやメーカーをチェックしておきましょう。

詰まりが原因による水漏れの場合

内部パーツの劣化やナットの緩みだけでなく、排水管の接続部分や床、壁のつなぎ目から水漏れしている場合は、詰まりが原因の可能性もあります。

軽い詰まりが原因の水漏れの場合は、パイプクリーナーで解消することができます。
パイプクリーナーはホームセンターなどで購入できます。

パイプクリーナーの使い方

  1. 元栓を閉めているかを確認する
  2. まず排水管が見えるまでヘアキャッチャーなどを外す
  3. 排水管が見えたら、パッケージの表記通りの量を排水管に直接注ぎ入れる
  4. 15〜30分放置し、流水で綺麗に洗剤を洗い流す

作業は簡単にでき、費用も1,000円前後と安価に抑えられます。
洗面所の詰まりは髪の毛などが原因で起こることが多く、パイプクリーナーなどで解消できることがほとんどです。

しかし詰まりがひどく排水管の中の隙間が全くない場合は、パイプクリーナーでは解消できず、高圧洗浄機が必要になります。
高圧洗浄機の使用には市販には無い専用のノズルが必要であるため、業者に依頼して詰まりを解消してもらわなければなりません。
パイプクリーナーでつまりが解消しない場合は、業者に相談しましょう。

洗面台の水漏れを自分で修理するときの注意点

自分で洗面台の水漏れ修理をする際の注意点は以下の4つです。

  • 排水管の分解には経験と知識が必要
  • 部品交換は必ずサイズやメーカーチェック
  • 補修材や補修テープだけでは長時間補修できない
  • 無理に修理すると、水漏れを悪化させる可能性もある

それぞれ説明していきます。

1.排水管の分解には経験と知識が必要

排水管の分解には経験や知識が必要になります。
自分で修理しようとして排水管の部品やパーツを分解したものの、元通りに取り付けられなくなったというケースも少なくありません。

このような状態になった場合、単なる水漏れ修理以上にコストがかかる可能性があるため注意が必要です。
自分で修理するのに少しでも不安がある場合には、無理に修理をしようとせず業者に任せた方が良いでしょう。
また取り外した際には、ネジなどの取り外した部品を紛失しないように気をつけることも大切です。

2.部品交換は必ずサイズやメーカーをチェックする

排水管や蛇口、パッキンなどのパーツを交換する場合は、サイズやメーカーをチェックしておきましょう。
間違って購入してしまうと、当然出費がかさみます。

また、誤って取り付けた部品が取れなくなった場合、業者を呼んで誤って取り付けた部品を外し、適切な部品を取り付けてもらわなくてはなりません。
サイズやメーカーのチェックは徹底して行い、余計な出費が出ないようにしましょう。

3.補修材や補修テープだけでは長時間補修できない

亀裂や穴がかなり小さく水漏れも僅かであった場合、補修材を塗ったり補修テープを貼って放置する人も少なくありません。
しかし、補修材や補修テープだけでは完全な修理とは言えません。
なぜなら補修材や補修テープは水漏れを一時的に防ぐ応急処置にはなりますが、長時間補修することはできないからです。

本体の破損を直さないと再度水漏れしてしまう可能性が高いため、早めに業者に修理を依頼しましょう。
交換の必要はなく補修のみで施工が済めば、費用は施工料金だけに抑えられます。
交換が必要になった場合には、交換費や本体代なども発生します。

4.無理に修理すると、水漏れを悪化させる可能性もある

水漏れの原因を特定しないまま無理に修理を行うと、さらに水漏れがひどくなる可能性があるので気をつけましょう。
洗面台だけの水漏れだったのが、無理に修理をしようとしたせいで床下浸水や下の階への水漏れなど、被害が拡大するというリスクもあります。
万が一床下浸水した場合は、床のパネルの取り替えや床下全てを修理しなくてはなりません。

無理に修理をして良いことはありません。
修理方法が分からない場合は、プロの業者に依頼するようにしましょう。

自分で判断できない場合は水道業者に依頼しよう

水漏れの原因が分からない場合や、正しい部品やパーツの型番が分からない、修理できる自信が無いという場合は、二度手間や追加コストがかからないよう、初めからプロの業者に依頼するのが安心です。

洗面台の水漏れ修理は8,000円~が相場ですが、水道修理の費用は会社により差があります。
しかし安すぎる会社は、修理や対応が雑な可能性があるため注意が必要です。
ホームページや口コミから、その会社の対応や評価を確認しましょう。

洗面台の水漏れ修理を業者に依頼した時の費用については下記の記事で解説しています。

洗面台の水漏れ修理にかかる費用は?原因別の料金相場を解説

まとめ

洗面台の水漏れについてポイントをおさらいしましょう。

  • 水漏れが発生したらまずシンクの下にある荷物をどけて止水栓をしめる
  • 水漏れの原因が分からない場合は業者に相談する
  • 洗面台の水漏れ修理にかかる費用相場は8,000円~
  • 自分で修理する際はきちんと原因を特定してから進める
  • 自分で修理する際は交換する部品やパーツの「メーカー」「サイズ」を確認する

洗面台の水漏れにはさまざまな原因が考えられます。
水漏れを発見したらまずは止水栓を閉めてから原因が「パッキンの劣化」なのか「接続部の緩み」なのか「排水管の劣化」なのかを確認しましょう。

水漏れの原因箇所を見つけ、原因をしっかりと把握したら、適切な処置を行います。
自分で修理するのが難しいと感じた場合は、無理せず修理業者に依頼をしましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。