水道・蛇口修理

洗面台のつまりの直し方!簡単にできる解消方法と予防対策

洗面台のつまりの直し方!簡単にできる解消方法と予防対策

「洗面台を使ったあとの水が流れにくくなった」
「水を流したとき排水口からごぽごぽ音がする」
このような現象が起こる理由は、排水口のつまりが原因かもしれません。

つまりを解消するためには、まずつまった原因を探る必要があります。
洗面台の排水口が詰まる原因は、主に4つ考えられます。
この記事では、洗面台のつまり原因、つまりが起こりやすい箇所、ご家庭でできるつまりの解消法を説明します。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
水漏れ修理の相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

洗面台の排水口・排水溝がつまる4つの原因

ご家庭の洗面台が詰まる原因は、以下の4つが考えられます。

  • 髪の毛
  • ぬめり
  • 水垢
  • 吐しゃ物

それぞれ説明していきます。

原因1.髪の毛

洗面台が詰まる原因の一つ目は「髪の毛」です。
定期的にきちんと掃除をしていても、見えない奥の方で髪の毛がひっかかったり溜まったりして、洗面台がつまる原因になります。

とくにロングヘアーの場合や、髭剃り後のヒゲが排水溝の奥に残ってしまうケースも多く見られます。
奥に溜まった髪の毛は、残留した洗剤や石鹸カスを絡めてしまいます。
徐々にそれが蓄積しヘドロの固まりとなって、そのうち排水溝を塞いでしまうほど大きくなってつまりになります。

原因2.ぬめり

洗面台が詰まる原因の二つ目は「ぬめり」です。
ぬめりは髪の毛の次に多いつまりの原因です。
石けんカスやヘアワックス、歯磨き粉などが排水管の内側にこびりつくことで、ピンク色のぬめりを発生させます。

このぬめりはカビよりも繁殖力の高い酵母菌が原因で発生します。
髪の毛やホコリ、ゴミなどが絡み付くと、汚れが蓄積して大きなぬめりの固まりとなり、水の流れをせき止めてしまいます。
洗面台を使う頻度や人数が多いほど、ぬめりは発生しやすくなります。

原因3.水垢

洗面台が詰まる原因の三つ目は「水垢」です。
水道水には、カルキ・カルシウム・マグネシウム・ケイ素などの金属イオン成分も含まれています。
これらの金属イオン成分が酸素や二酸炭素と結合して白い固まりとなり、気づかないうちに排水管内部に蓄積してしまいます。

この蓄積した水垢に皮脂がつくと雑菌が繁殖し、さらなる詰まりの原因となります。
一度こびりついてしまった水垢を放置しておくと、雑菌が繁殖した頑固な汚れやつまりになってしまうのです。

原因4.吐しゃ物

洗面台が詰まる原因の四つ目は「吐しゃ物」や「固形物」です。
よくある例は、ヘアキャッチャーのついていない排水管に、指輪やピアスなどの小さなアクセサリーや、I型のカミソリなど小物を誤って排水管に落としてしまうことです。
また洗面台で吐いてしまったときなど、固形の食べ物を流してしまったなどのケースもあります。
排水管に落とした固形物は水の流れを止めてしまい、排水溝がつまる原因となります。

洗面台で詰まりやすい場所

洗面台で詰まりやすい主な箇所は、以下の3つです。

  • 排水口(ヘアキャッチャー)
  • 排水トラップ(S字・P字)
  • 排水パイプ・排水管

詰まりが起こった箇所によって解消方法も異なるため、まずは洗面台の排水構造をしっかり確認しておきましょう。
それぞれ詳しく解説していきます。

排水口(ヘアキャッチャー)

洗面台で詰まりやすい箇所の一つ目は「排水口」です。
ヘアキャッチャーがついている洗面台の場合、まずは髪の毛やほこり、固形物がたまっていないかを確認しましょう。
一度ヘアキャッチャーを取り外して、たまった髪の毛やほこりを取り除けば簡単に水のつまりを解消する事ができます。

排水トラップ(S字・P字)

洗面台で詰まりやすい箇所の二つ目は排水口の奥に続く「排水トラップ」です。
洗面台の下を確認すると、排水管は湾曲しており「排水トラップ」という水を溜める場所が設けられています。
排水トラップにはさまざまな形状がありますが、主にアルファベットの「S」や「P」に見える形に作られています。

排水トラップは湾曲させることで、下水道からの上がってくる悪臭やゴキブリなどの害虫が上がってこないよう防止する役目があります。
しかし、構造上どうしてもカーブしている箇所に汚れがたまりやすくなっています。
排水トラップに汚れが蓄積するろつまりの原因になります。

排水パイプ・排水管

洗面台で詰まりやすい箇所の三つ目は、「排水パイプ・排水管」です。
洗面台の下には排水を流すため、床下までつながっている排水パイプ・排水管がついており、屋外の「排水桝」に繋がっています。

排水口や排水トラップにつまりの原因が見当たらない場合は、「排水桝」までの間の排水パイプ・排水管に問題のある可能性が高くなります。
自然災害や経年劣化が原因で建物が傾いた場合や、木の根っこが排水パイプまで到達した場合は排水管をつまらすケースもあります。

家庭でできる洗面台のつまりの解消方法

ご家庭でもできる、洗面台の困った詰まりを解消する方法は、以下の3つです。

  • 解消法1.重曹とお酢を使う
  • 解消法2.ペットボトルを使う
  • 解消法3.液体パイプクリーナーを使う

それぞれの方法を具体的に説明します。
どれも簡単にできる方法なのでぜひ試してみて下さい。

解消法1.重曹とお酢を使う

専用工具を使うことなく、つまりを安全に解消できるのが重曹お酢を使う方法です。
軽いぬめりが原因でつまっている場合は、この方法で解消するでしょう。
使う道具はお家にあるもの、またはスーパーやドラッグストアで手に入れることができます。

用意する道具

  • 重曹(1カップ)
  • お酢(2カップ)※クエン酸でも可能

手順

  1. 排水口に重曹1カップをふりかける
  2. お酢2カップを排水口にまんべんなく回しかける
  3. 重曹とお酢が混ざると泡立ってくるため、1時間ほど放置する
  4. 1時間経過したら、蛇口からお湯を出してキレイに流します。

作業を行う際は、窓を開けたり換気扇を回したりするなど換気を行ってください。

解消法2.ペットボトルを使う

おうちにあるペットボトルを活用して、排水管のつまりを取ることも可能です。
必要な工具が手元にない時の緊急用として代用できます。

用意する道具

  • 空のペットボトル
  • ゴム手袋

手順

  1. 空のペットボトルの飲み口(先端部分)を、隙間を作らないように排水口に差し込む
  2. ペットボトルを指で押しながら、排水口の中に空気を送り込む
  3. 汚れが浮いてくるため、取り除く

排水管に隙間なくペットボトルを差し込んで空気を送ることがコツです。

解消法3.液体パイプクリーナーを使う

重曹とお酢、ペットボトルを使っての解消方法を試しても効果がない場合は、パイプユニッシュなどの排水口つまり解消専用の液体パイプクリーナーを使ってみましょう。
パイプクリーナーを初めて使う場合は、手に入りやすく扱いやすい液体タイプがおすすめです。

手順

  1. パッケージに記載の必要量を排水口に流し入れる
  2. 記載の時間通り放置したあと、蛇口から水を出して流す

液体パイプクリーナーは、スーパーやホームセンター、ドラッグストアなどで手に入ります。
頑固な手強い汚れをおどろくほど速攻で取り除き、手間をかけずかんたんにつまりを解消できます。
使うときは、放置時間の厳守と換気を必ず行うよう注意してください。
記載の時間を超えて放置していると、液体パイプクリーナーが固まり、つまりの原因になることもあります。

専用道具を使った洗面台のつまりの解消方法

つまり解消専用の道具を使った解消方法は以下の2つです。
専用の道具はホームセンターやネットショップなどで購することができます。

  • 解消法1.ラバーカップを使う
  • 解消法2.真空式パイプクリーナーを使う

それぞれ詳しく説明していきます。

解消法1.ラバーカップを使う

ラッパ型のゴム製道具「ラバーカップ」は、排水口や排水管のつまりの原因を引き出して、つまりを解消することを目的とした道具です。
つまりを解消するための専用道具なので、パイプクリーナーや重曹で試して解決しなかったときや、確実につまりを解消したいときにおすすめです。

手順

  1. オーバーフロー用の穴を、布やガムテープなどで完全に塞ぐ
  2. 排水口にラバーカップの先端を押し付ける
  3. 上にグッと引き抜いて、また押し込むを数回繰り返す

ラバーカップを使うときのコツは、ゆっくり押して一気に引くことです。
引くときの力でつまりが吸い取れるので、引くときに力をいれましょう。
一度で解消するときもあれば、何度も押して引くことで解消するときもあります。

水が飛び散る可能性もあるため、壁を汚すのが心配な方は新聞紙やブルーシートなどでガードしておくと安心です。
ラバーカップはホームセンターに販売されているため、簡単に手に入れることができます。
これまで試した方法で解消しなかった場合はラバーカップを試してみてください。

解消法2.真空式パイプクリーナーを使う

ラバーカップでも解決しなかった場合は、「真空式パイプクリーナー」を使う方法もあります。
使い方はほぼラバーカップと同じですが、ポンプを使って空気を出し入れすることでラバーカップよりも強い圧をかけることができます。
一般家庭用のつまり解消道具の中では、一番吸引力が高い道具です。

手順

  1. オーバーフロー用の穴を、布やガムテープなどで完全に塞ぐ
  2. 排水口に真空式パイプクリーナーの先端を押し付けて密着させる
  3. レバーをゆっくり上に引き抜き、一気に押し込むを数回繰り返す

引き抜くときに水が飛び散る可能性があるため、壁や床を汚すのが心配な方は、新聞紙やブルーシートなどでガードしておくと安心です。
真空式パイプクリーナーは、ホームセンターやネット通販で購入することができます。

物を落としたときの洗面台のつまりの解消方法

排水口にうっかり物を落としてしまった場合は、まず水を止めましょう。
両面テープを巻き付けた割り箸や棒の先端やピンセットなどを使って引っ張り出すことで、つまりが解消できるケースがあります。

しかし、自分で試しても取れない場合やつまりが解消しない場合は、水回りの修理業者などプロに依頼しましょう。
目視で確認できない場合など、無理に引っ張り出そうとすると排水管を傷つけて事態を悪化させる可能性もあります。
専門知識のあるプロにお任せすることで、困った洗面台のつまりもかんたんに解消することができます。

洗面台のつまりを予防する掃除方法

洗面台のつまりが解消したら再びつまりを引き起こさないためにも、定期的に予防することをおすすめします。
洗面台のつまりを予防する方法は以下の2つです。

  1. 排水口(ヘアキャッチャー)を週1回掃除する
  2. 排水管を定期的に液体式パイプクリーナーで掃除する

それぞれ説明します。

1.排水口(ヘアキャッチャー)を週1回掃除する

日頃からカンタンにできる予防対策として、「排水口を週に1度、掃除する」ことがあげられます。
ヘアキャッチャーにたまった髪の毛や石けんカスなどは、こまめに取り除きましょう。
歯ブラシや清掃用ブラシなどを使って、網目に溜まった細かい汚れもこすり落としておきましょう。
目で確認できる範囲の排水口周りをキレイにしておくことで、つまりの原因になる水垢やぬめりの発生を防止できます。

2.排水管を定期的に液体式パイプクリーナーで掃除する

人間の手が届かない奥の方の排水管内部のぬめりなどを蓄積しないためにも、数ヶ月に1回は液体式パイプクリーナーで掃除をしましょう。
奥にたまった髪の毛やぬめりの固まりなども、軽いものなら液体式パイプクリーナーで流すことができます。

汚れを落とす他にも、排水口から漂ってくるイヤな悪臭を防止することにも繋がります。
排水口や排水パイプを定期的にメンテナンスすることで、汚れを溜め込まず排水口や排水管の流れを正常にキレイに保つことがでるでしょう。

まとめ

それでは「洗面台のつまり」についてポイントを確認しましょう。

  • 洗面台で詰まりやすい場所は「ヘアキャッチャー」「排水トラップ」「排水管」
  • 洗面台の排水口がつまる主な原因は「髪の毛」「ぬめり」「水垢」「固形物」の4つ
  • 排水口のつまりはまずヘアキャッチャーの掃除を行う
  • 重曹とお酢、ペットボトル、パイプクリーナーなどを利用してつまりは解消できる
  • つまりが解消しない時はラバーカップや真空式パイプクリーナーも効果的
  • 洗面台の排水口つまりは定期的な掃除で予防できる

排水口のヘアキャッチャーに髪の毛やほこりが溜まっているケースは、目で見えるため原因が特定しやすく、掃除をするだけでカンタンに解消できます。
一方で排水トラップなど、目に見えない部分のつまり解消は難しいケースも多いです。
排水トラップが原因の場合は、液体パイプクリーナーやラバーカップ、真空式パイプクリーナーを使うのが効果的です。
おうちにあるペットボトルでも代用が可能です。

今回ご紹介した解消方法を試してもつまりが取れない、原因がわからない場合は、無理に自分で解決しようとせず、水回りの修理業者に依頼してみましょう。
プロの的確な診断と解決方法で、排水口のつまりを解消してくれます。

なお、無事につまりが解消したら再発予防のためにも「排水口の掃除」やパイプクリーナーを使った定期的な「排水管の掃除」など、予防対策も忘れずにきちんと行いましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。