水道・蛇口修理

エアコンの水漏れ原因の8割はドレンホースの汚れ!原因と解決方法を徹底解説

エアコンの水漏れ原因の8割はドレンホースの汚れ!原因と解決方法を徹底解説

夏や冬場に活躍するエアコンですが、「気づいたらエアコンから水が漏れている!」といったトラブルで悩まれる方は多いです。
思わず「故障したのか?」と疑ってしまう気持ちも分かります。

結論から言えば、エアコンの水漏れは8割が「ドレンホース」と呼ばれる部品のつまりや汚れが原因です。
そのため、ドレンホースを掃除し、ふさがっている箇所や汚れ・ゴミを取り除けば水漏れは解消されます。

この記事では、エアコンの水漏れでお困りの方に自分でできる修理方法や注意点まで解説していきます。
ぜひ最後まで確認してください。

ファインドプロなら当日対応も可能!
現地調査無料!品質保証5年間!追加費用なし!
水漏れ修理の相談はこちら
まずは無料でご相談・お問い合わせ!
お名前
電話番号

利用規約 および 個人情報の取り扱い に同意の上ご利用ください

※エリア、加盟店によっては対応できない場合がございます

エアコンの水漏れの8割は「ドレンホース」が原因

一般的にエアコンの水漏れ原因は以下の3つに分けられます。

  • 「ドレンホース」の異常
  • 「フィンの結露」「ドレパンの汚れ」「部品の故障」などエアコン内部の異常
  • その他(室外機の場所や雨水の侵入など)

なかでも、エアコンの水漏れ原因の約8割が「ドレンホースの異常」によるものです。

ドレンホースとは

ドレンホースとは、エアコン室外機近くにあるジャバラ状の細いホースのこと。
エアコン室内機で発生した水分を室外に排出しています。

ドレンホースは細くて詰まりやすく、ドレンホース内部がつまるとエアコン内部の水が排出されなくなり、水が逆流してしまいます。

ドレンホースによる水漏れは、ドレンホース内部の詰まりを解消することで対処できます。
次の章で説明していきます。

ドレンホースによる水漏れを解消する方法

ドレンホースによる水漏れを解消する方法は以下の2つです。

  • ドレンホースの排水口の塞がりを解消する
  • ドレンホースの内部のゴミを取り除く

それぞれ確認していきましょう。

1.ドレンホースの排水口の塞がりを解消する

まずは、ドレンホースが曲がっていないか、塞がっていないかを確認しましょう。
ドレンホースが曲がっていたり塞がっていたりすると水が室内へ逆流してしまいます。

ドレンホースが曲がらないようにホースの口の位置を変えましょう。
ドレンホースの入り口にゴミが詰まっている場合は、割りばしや歯ブラシを使って取り除きます。

ただし、割り箸や歯ブラシを使っての掃除は、排水口の表面にしか行えません。
奥までゴミが溜まっている場合には、次の章で説明するドレンホース内部の掃除を行いましょう。

2.ドレンホースの内部のゴミを取り除く

排出口のゴミを取り除いても水漏れが解消されない場合は、ドレンホースの内部にゴミが溜まっている可能性が高いです。
内部でゴミが詰まっているときの掃除方法は以下の2つです。

  • 掃除機で吸い取る
  • 市販のドレンポンプを使用する

それぞれ解説していきます。

掃除機で吸い取る方法

用意するものは、以下の4つです。

  • 掃除機
  • 薄めの布
  • 割り箸
  • ゴム

ホース内の水を掃除機が吸ってしまうと故障につながるため、エアコンを使わず数日経ってから掃除を行いましょう。
全て揃えたら以下の流れで吸い取っていきます。

  1. 大きなゴミがドレンホース内にないか確認し、あれば割り箸で取る
  2. ドレンホースの先を布で巻き、ゴムを使って固定する
  3. 排出口に掃除機をしっかりと付けて掃除機のスイッチを入れて吸い取る

これでドレンホースの内部のゴミは取り除けます。
掃除機でゴミが取り除けない場合は、市販のつまりポンプも効果的です。

市販のドレンポンプを使用する方法

ドレンホース専用のつまり取りポンプを使って、ゴミを取る方法もあります。

早川工業 エアコン用 ドレンつまり取りポンプ
早川工業 エアコン用 ドレンつまり取りポンプ
エアコンのドレンホースのつまりを取り除く、ドレンつまり取り専用のポンプ。本体とハンドルが一体型のため、これ一本でかんたんに使用することができます。
Amazonで商品を購入する

使い方はとても簡単です。
本体の先端をドレンホースに差し込み、本体のハンドルを引けば、ホースのつまりを取り除くことができます。

エアコン内部による水漏れ解消法

外のドレンホースからきちんと排水されているのに水漏れが起きている場合は、エアコン(室内機)の内部が原因です。

水漏れの原因となるエアコン内部の異常は以下の2つです。

  • フィンが結露している
  • ドレンパンに汚れがつまっている

それぞれ解説していきます。

フィンが結露している場合

エアコン内部で一番多い水漏れ原因がフィンの結露です。
フィンはもともと結露が発生する場所ですが、冷えすぎると結露が大量に発生します。
そうなると、ドレンホースだけでは排水が間に合わず、室内へ水滴として漏れ出てきてしまうことがあるのです。

フィンの結露を防止するには、以下の方法があります。

  • フィンを掃除する
  • フィルターを掃除する

それぞれ解説していきます。

フィンの手入れ方法

フィンの手入れで用意するものは以下の2つです。

  • 掃除機
  • フィン用クリーナー

以下の流れにそって掃除を行います。

  1. エアコンカバーとフィルターを取り外す
  2. 掃除機で軽くフィン全体のホコリを吸う
  3. フィンに直接エアコンクリーナーを吹き付ける
  4. 10分ほど放置
  5. 取り外したものをもとに戻す

フィンに埃が溜まっている場合も結露が生じます。
水漏れを事前に防ぐために、日頃から定期的に手入れをして綺麗な状態を保ちましょう。

フィルターの手入れ方法

フィルターの手入れで用意するものは以下の2つです。

  • 掃除機
  • 脚立

以下の流れにそって掃除を行います。

  1. エアコンからフィルターを取り外して掃除機でホコリを吸い、水洗いする
  2. きれいに乾かしてエアコンに取り付ける

フィンがきれいなのに水漏れが発生する場合はフィルターの汚れが結露・水漏れの原因です。
エアコンフィルターの手入れ目安は2週間に1度です。
忙しくてこまめな掃除が難しい場合でも定期的な掃除は行いましょう。

汚れがなくなると水漏れの防止になるほか、エアコンの効きめも良くなります。

ドレンパンに汚れが溜まっている場合

フィルターやフィンを掃除したのにエアコンの水漏れがする場合は、エアコン内部のドレンパンが汚れているのが原因です。
ドレンパンとは、フィンで発生した結露などの水分が集められる場所です。
このドレンパンが汚れていると、集められた水を外に排出できなくなり水漏れが生じる場合があります。

対処法としては、ドレンパンを清掃することで水漏れを解消することができます。
しかし、素人がドレンパンを外して清掃を行うことはできません。

そのため、フィンやフィルターの掃除をしてもエアコンの内部が綺麗にならず、水漏れが改善しない場合は、専門の業者に依頼をしてエアコンを綺麗に清掃してもらいましょう。

その他のエアコン水漏れ原因と対処法

基本的にエアコンの水漏れは「ドレンホース」の異常か「エアコン内部」の異常のどちらかですが、水漏れの原因はその他にもあります。
珍しいケースですが、業者に依頼する前に確認してみましょう。

今から紹介するケースは素人の対処が難しいもののため、エアコン業者や水漏れ修理業者に依頼するのがおすすめです。

エアコンが傾いている

エアコンの吹き出し口が通常より下に傾いていると、水漏れが発生します。
これはエアコンが傾いていることで、ドレンパンに水を溜めることができず、室内に水が漏れるからです。
エアコンの傾きに気づいたら、すぐに傾きを直しましょう。

雨水が侵入している

雨が降ると水漏れが発生するという場合、家の雨漏りが原因の可能性があります。
家の雨漏り修理は高所作業になるため、自分で行うのは難しいです。
速やかに業者を呼びましょう。

室外機が室内機より上に設置されている

室外機が室内機よりも上に設置されている家では、配管テープの劣化が原因で隙間から雨水が侵入することがあります。
配管を伝った雨水が室内に入ってくることで水漏れにつながります。

応急処置としては、雨水の侵入を防ぐために配管テープを配管の下から巻いていき、断熱材で保護することで水漏れを解消できます。
しかし応急処置の効果は一時的なもののため、なるべく早く業者に相談しましょう。

エアコンのガスが不足している

エアコンの冷媒ガスが不足しているために、室内機のアルミフィンという熱交換器部分に霜が付着する場合があります。
その付着した霜が溶け出し、室内機からの水漏れの原因となるのです。

エアコンをしばらく運転してフィルターを外したとき、霜が付着しているかを確認しましょう。
アルミフィンに霜が付着していたらガス不足が水漏れの原因です。

エアコンの状態によっては、素人が対応するには限界があるため、難しいと感じた場合は早めにエアコンクリーニング専門業者や水漏れ修理業者に相談しましょう。

エアコンのタイプ別!水漏れ修理費用

エアコンの水漏れ修理にかかる費用相場は10,000円~35,000円です。
通常のエアコンの場合、水漏れ修理費用は10,000円~14,000円ですが、掃除機能が付いているものだと18,000円~23,000円、天井埋め込み型のものは20,000円~35,000円程度かかります。

ここからはエアコンのタイプ別に水漏れ修理にかかる費用相場を解説します。

1.通常壁掛け型エアコンの修理費用

一般的な通常壁掛けタイプのエアコンの水漏れ修理費用は10,000円~14,000円が相場です。
通常のエアコンは自分で分解して掃除をすることができるので、フィルターやフィンなどは自分で定期的に掃除しておくと、いざというときの修理費用が少なく済みます。

2.お掃除機能付きエアコンの修理費用

一般的な通常壁掛けタイプのエアコンの水漏れ修理費用は10,000円~14,000円が相場です。
通常のエアコンは自分で分解して掃除をすることができるので、フィルターやフィンなどは自分で定期的に掃除しておくと、いざというときの修理費用が少なく済みます。

「自動お掃除」や「お掃除ロボット」と呼ばれる機能がついているエアコンの水漏れ修理費用は18,000円~23,000円程度が相場です。
一般的なエアコンより修理費用はかさみますが、自分で分解するのが難しいため、業者に依頼するのが安心です。
修理業者はプロですが、念のため分解しやすいように説明書などを用意しておきましょう。

3.天井埋め込み型エアコンの修理費用

天井埋め込みタイプのエアコン水漏れ修理費用は20,000円~35,000円程が相場です。
壁掛けタイプやお掃除機能付きエアコンに比べて作業が特殊なため、料金は高くなるケースが多いです。
個人での修理は難しいため、水漏れを発見したら業者に修理を依頼しましょう。

エアコンのメーカーによっては依頼した業者が対応しておらず断られてしまう場合もあります。
そういった場合はメーカーに直接修理を依頼することを検討してみましょう。
しかし業者に比べてメーカー修理は高い場合が多いため、まずは業者に自分のエアコンが対応可能かを確認しておきましょう。

エアコンの水漏れ予防策用

エアコンの水漏れ予防策は以下の2つです。

  • 定期的に掃除する
  • ドレンキャップをつける

普段から気をつけて、未然にエアコンの水漏れトラブルを防ぎましょう。

1.定期的に掃除する

エアコンの水漏れは、部品の経年劣化や寿命で無ければ日々の掃除や手入れで予防することができます。
具体的には以下の掃除を定期的に行いましょう。

  • ドレンホースの排出口のゴミは定期的に取り除く
  • フィンやフィルターは外して掃除する

定期的にゴミを取り除くことで、内部につまることが少なくなります。
具体的には、割り箸や歯ブラシで入口のゴミを取る、フィンの表面を拭いておきましょう。

また、ドレンパンなど自分で掃除をすることが難しい部分は無理せず専門のエアコンクリーニング業者に清掃を依頼するのがおすすめです。

定期的な清掃は水漏れ防止だけではなく、エアコン本体やそれぞれの寿命を伸ばす効果もあります。
日頃から綺麗に手入れをして、長く使い続けられるようにしましょう。

2.ドレンキャップを取り付ける

ドレンホースにゴミが溜まることを防止する方法として、ドレンキャップを取り付ける方法があります。
ドレンキャップはホームセンターやインターネットで購入することができます。
お店や商品にもよりますが200円前後と安価なため、取り付けておいて損はありません。

またゴミの溜まりを防ぐだけではなく、ドレンホース内に害虫が入ることを防止することもできます。

まとめ

エアコンの水漏れについてポイントをおさらいしましょう。

  • エアコン水漏れの原因の8割は「ドレンホース」のつまり
  • ドレンホースのつまりによる水漏れはホースを掃除することで解消できる
  • エアコン内部の汚れによる水漏れの場合も掃除をすることで解消できる
  • 汚れがひどい場合や、分解できないタイプのエアコンは業者に依頼するのがおすすめ
  • エアコンの水漏れ修理にかかる費用相場は10,000円~

エアコンの水漏れ原因は主に「ドレンホースのつまり」か「フィンの結露」「ドレパンの汚れ」「部品の故障」などエアコン内部の異常です。
水漏れに気づいた時点ですぐに原因の箇所を探し、それぞれに合った対処法を行いましょう。

掃除をしてもエアコンの水漏れが解消されない場合や、自分での修理が難しい場合には、エアコンクリーニング専門業者に依頼をして水漏れを解消してもらいましょう。

日頃から自分でできる部分は自分で、プロの力が必要な部分は業者に依頼をして、定期的にエアコンの掃除を行い、水漏れを防止をしましょう。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。