お風呂掃除

お風呂のタイルを掃除しよう!汚れの種類別に掃除方法を解説

お風呂のタイルを掃除しよう!

あなたは、お風呂のタイルの汚れが気になっていらっしゃいませんか?

お風呂のタイルをふと見てみると、黒いポツポツした汚れや、ピンク色の汚れなど、さまざまな汚れが付着していることがあるでしょう。

お風呂は、素肌が触れる場所ですので、床や壁などのタイルはきちんと清潔に保っておきたいところです。
そこで、今回は、お風呂のタイルの掃除方法についてご紹介します。
汚れの種類別に効果的な掃除方法を解説しますので、お風呂の汚れをよくチェックし、最適な掃除方法を実施しましょう。

お風呂のタイルが汚れやすいのはなぜ?

お風呂のタイルが汚れやすいのはなぜ?

お風呂のタイルが汚れやすいのは「湿気」と「温度」が理由です。

お風呂はそもそも湿気が多く、適度な温度のある場所。
湿気や温度で、雑菌やカビ、水垢が発生しやすくなり、目立つ汚れの原因となります。

掃除を怠ると、壁や床のタイルがあらゆる汚れだらけ…といった状況に陥ってしまう可能性もあるのです。
お風呂のタイルを清潔に保つためには、汚れに合った掃除を定期的に実施しなければなりません。

お風呂のタイルの汚れの種類

お風呂のタイル汚れの種類

お風呂のタイルの汚れの種類は、大きく4つが挙げられます。

  • カビ
  • ピンク汚れ
  • 水垢
  • 黄ばみ

一口に「お風呂のタイルの汚れ」といっても、その種類はさまざまです。
まずは、特徴を把握し、効果的な掃除方法を把握しましょう。

カビ

お風呂のタイルの汚れとして、まず挙げられるのが「カビ」です。

湿気と、適度な温度があるだけで繁殖するカビにとって、お風呂は絶好の繁殖場所です。
さらに、お風呂はカビの好物である「石鹸カス」「皮脂」なども豊富ですので、カビにとっては居心地のよい場所と言ってもよいでしょう。

カビにとって住みやすい環境である以上、カビを徹底的に予防するのは難しいのが事実です。
しかし、カビ汚れを落とす最適な掃除方法を把握していれば、仮にカビが発生してしまっても心配はいりません。

ピンク汚れ

お風呂のタイルをよく見てみると、ピンク色に変色している部分があります。
このピンク汚れの正体は「酵母菌」の一種です。

タイルのほかにも、「シャンプーボトルの底」「お風呂用椅子の裏側」「石鹸受け」などに繁殖することが多いのが特徴。
ピンク汚れである酵母菌は、カビよりも繁殖スピードが高く、洗剤にも強いという性質を持ちます。

実際、1回掃除をしてもすぐに発生してしまいます。
目視では「ピンク汚れが落ちた」と思っても、目に見えない菌が残ったままであるからです

この、厄介なピンク汚れを落とす最適な方法は後ほどご紹介します。

水垢

水垢は、水気の多いお風呂には、必ずと言っていいほど発生してしまう汚れです。

水垢の原因は、水道水に含まれる「カルシウム」。
水分が蒸発しても、カルシウムは蒸発しないので、その場に残ってしまうためです。
残ったカルシウムがどんどんと蓄積することで、頑固な水垢となってしまいます。

水垢は、軽度なものであれば掃除の手間は少ないもの。

しかし、塊となるような重度の汚れになると、なかなか落とすことができません。
本来は、水垢が蓄積する前に掃除を実施するのが理想ですが、今回の記事では頑固な水垢を落とす掃除方法についてもご紹介しています。

すでに水垢の汚れが重度な汚れになっていても、問題はありません。

黄ばみ

お風呂のタイルの汚れの一つであるのが「黄ばみ」です。

黄ばみの原因は「皮脂」が挙げられます。
お風呂は素足で入るので、足の裏の皮脂が床に付着しやすく、黄ばみの原因となりやすいのです。
また、シャワーを浴びた時に、流れた皮脂が床や壁に付着して黄ばんでしまうこともあります。

皮脂の多さに関わらず、お風呂を使用すれば必ず皮脂は付着してしまうので、黄ばみを完全に防ぐのは難しいでしょう。

お風呂のタイルの掃除方法【汚れの種類別】

お風呂のタイルの掃除方法【汚れの種類別】

お風呂のタイルの掃除方法については、以下のポイントを解説します。

  • カビの掃除方法
  • ピンク汚れの掃除方法
  • 水垢の掃除方法
  • 黄ばみの掃除方法

お風呂のタイルを掃除するといっても、汚れに合わせて掃除方法を選ばないと、なかなか汚れを落とすことができません。

まずは、自宅のお風呂のタイルを確認し、どのような汚れが付着しているのかきちんとチェックしてみてください。
お風呂の汚れの種類を把握したうえで、お風呂のタイルを掃除しましょう。

ここからは、汚れの種類別に適切な掃除方法をご紹介します。

カビの掃除方法

お風呂に発生しやすいカビを除去するには、「クエン酸+重曹」の組み合わせが効果的です。

まず、水を100ml用意して、小さじ0.5杯のクエン酸を混ぜます。
作ったクエン酸水をスプレーボトルに入れて、カビに直接噴射していきましょう。

まんべんなくカビが発生している部分に噴射したら、次に重曹をふりかけていきます。
スプーンですくってふりかけると、ムラなく全体にふりかけることができるのでおすすめです。

しばらくすると、重曹がシュワシュワと発泡してきます。
使い古しの歯ブラシを準備し、カビが発生している場所をやさしくこすっていきましょう。

このとき、力を入れてこすったり、毛先の硬い歯ブラシでこすったりするのは避けてください。
タイルに傷が付いてしまうことで、雑菌が傷に侵入し、さらなる繁殖の原因となってしまいます。

クエン酸+重曹でカビは落としやすくなっているので、軽い力でやさしくこすることを心がけましょう。
カビが落とせたら、シャワーでクエン酸と重曹と一緒に洗い流せば完了です。

もし、ご自宅に重曹やクエン酸がない方に向けて、下記にインターネットでも購入可能な商品を掲載しています。
ぜひ、このタイミングでご購入ください。

重曹 130g ×5袋
重曹 130g ×5袋
ご家庭の掃除でよく見かける重曹です。原材料である炭酸水素ナトリウムがアルカリ性のため、酸性の汚れに対して効果を発揮します。価格 約680円
Amazonで商品を購入する
クエン酸(紅清)
クエン酸(紅清)
重曹と合わせて使用されることの多いクエン酸。水垢などアルカリ性の汚れに強く、重曹と合わせることで排水溝のヌメヌメした汚れをきれいにできるでしょう。価格 約1000円
Amazonで商品を購入する

ピンク汚れの掃除方法

酵母菌が原因であるピンク汚れは、「エタノール」で効果的に落とすことができます。

まずは、エタノールをキッチンペーパーにたっぷりとしみ込ませてください。
エタノールをしみ込ませたキッチンペーパーで、ピンク汚れの部分を軽く拭きます。

拭き取るだけでピンク汚れが落ちるようであれば、他の場所に発生しているピンク汚れも同様に拭き取りましょう。

拭き取っただけでピンク汚れが落とせない場合は、キッチンペーパー全体にエタノールをしみ込ませて、ピンク汚れに貼り付けます。
そのまま5~10分放置して、再度拭き取ってください。
このとき、ピンク汚れの部分が小さい場合は、キッチンペーパーを適度な大きさにカットして使用することをおすすめします。

ピンク汚れが綺麗に拭き取れたら、シャワーでエタノールを洗い流して終了です。

エタノール
エタノール
重曹と合わせて使用されることの多いクエン酸。水垢などアルカリ性の汚れに強く、重曹と合わせることで排水溝のヌメヌメした汚れをきれいにできるでしょう。価格 約1000円
Amazonで商品を購入する

水垢の掃除方法

水垢の掃除では「クエン酸」の使用がおすすめです。

水垢はアルカリ性の汚れですので、酸性のものでの掃除が効果的。
クエン酸は、酸性であるだけでなく、殺菌効果も期待できるので、お風呂のお掃除にピッタリといえます。

まず、水100mlとクエン酸小さじ0.5杯を混ぜて、クエン酸水を作ります。
クエン酸水をスプレーボトルに入れて、水垢が発生している部分にたっぷりと噴射してください。

上からキッチンペーパーをかけて、再度クエン酸水を噴射します。
キッチンペーパーに十分クエン酸水がしみ込んだら、ラップをかけてパックしましょう。

軽度の水垢であれば15分程度、重度の水垢の場合は30分ほど放置してから、シャワーで洗い流してください。
このとき、水垢が完全に落ちていない場合は、再度クエン酸水を噴射し、使い古しの歯ブラシで磨いていきます。

黄ばみの掃除方法

皮脂が原因で発生する黄ばみは、「アルカリ性のもの」での掃除がおすすめ。
中でも重曹は、アルカリ性であるだけでなく、研磨効果も期待できるので、黄ばみ掃除にピッタリです。

しかし、黄ばみの掃除では、重曹をそのまま使用しません。
重曹は、一旦沸騰させるとアルカリ度が高くなるので、黄ばみ掃除の前に沸騰させます。

水1リットルを沸騰させて、重曹を大さじ5杯入れてください。
このとき、重曹が発泡するので、少しずつ入れるのがコツです。

10分程度沸騰させたら、火を止めて冷ましましょう。
重曹水が冷めたらスプレーボトルに入れて、重曹水を黄ばんでいるタイルに向けてたっぷり噴射します。
30~1時間放置して、シャワーで重曹を洗い流してください。

放置する時間によっては、水分が蒸発して白い粉が残ってしまいますが、シャワーで洗い流せるので問題はありません。

お風呂のタイルの頑固な汚れはプロに依頼しよう

お風呂のタイルの頑固な汚れは、プロに依頼することをおすすめします。

お風呂のタイルはさまざまな汚れが付着しやすく、自分で掃除すると手間も時間もかかってしまうものです。
そのうえ、準備するものも多いので、非常に面倒な作業であることは間違いありません。

プロに依頼すれば、手間なく隅々までお風呂を掃除してもらえます。
仕上がりも、自分で掃除するよりも綺麗にしてもらえるので、満足できることは間違いありません。

お風呂のタイルに頑固な汚れが付着してしまっている場合は、ぜひプロに依頼して綺麗にしてもらいましょう。

まとめ

今回の記事では、お風呂のタイルの掃除方法についてご紹介しました。

お風呂のタイルには、さまざまな汚れが付着しているものです。
なかなか落とせないような頑固な汚れになっていることもあるでしょう。

しかし、どんな汚れも、その汚れに適切な掃除方法を実施すれば、スッキリと落とすことができます。
現在、お風呂のタイルの汚れが気になっている方は、今回の記事を参考にしながら、適切な方法で掃除を実施してみてはいかがでしょうか。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。