お風呂掃除

お風呂の床の掃除方法を紹介!汚れやすい理由についても解説

お風呂の床の掃除方法を紹介!汚れやすい理由についても解説

あなたは、「床ってどのように掃除すればいいの?」といった疑問を抱えていらっしゃいませんか?

お風呂の床は汚れやすい箇所であるだけでなく、適切な掃除方法を実施しないと、なかなか汚れが除去できません。

お風呂は毎日使用する場所ですので、床はきちんと清潔な状態を維持したいところです。

そこで、今回はお風呂の床の掃除方法や、お風呂の床が汚れやすい理由について解説します。
お風呂の床の汚れに悩んでいるあなたは、ぜひチェックしておきましょう。

お風呂の床が汚れやすい理由

お風呂の床が汚れやすい理由

なぜ、お風呂の床は汚れやすいのでしょうか。
理由として挙げられるのは、次の3つです。

  • 脂汚れが付着しやすい
  • 石鹸カスが付着しやすい
  • 水垢が発生しやすい

上記の理由について、詳しく解説します。

皮脂汚れが付着しやすい

お風呂の床は、皮脂汚れが付着しやすい箇所です。

足の裏の皮脂が付着するのはもちろんのこと、体洗いや洗髪で洗い流された皮脂が床に溜まってしまうことも少なくありません。

使用する以上、皮脂汚れを予防するのは難しいので、定期的な掃除で床を衛生的に保つ必要があります。
皮脂汚れを放置すると、皮脂が酸化して変色し、「黒ずみ」「茶色」「黄ばみ」といった、不衛生な状態になってしまうのです。

お風呂を清潔に保つためにも、皮脂汚れはしっかり除去しなければなりません。

石鹸カスが付着しやすい

石鹸カスは「ぬめり」「カビ」の原因の一つ。
そして、お風呂の床は石鹸カスが付着しやすい場所です。

石鹸を泡立てて体を洗う場合、洗い流した際に泡は必ず床を伝って排水溝へと流れます。
このとき、泡に含まれている石鹸カスが床に付着してしまうのです。

見た目では、泡が全部排水溝に流れたように見えても、目には見えにくい細かい石鹸カスが床にこびりついています。
床に付着した石鹸カスを放置してしまうと、深刻な汚れへと陥ってしまうのです。

水垢が発生しやすい

お風呂の床は、水垢が発生しやすい場所です。
壁や天井と比較すると、水分が溜まりやすい箇所だからでしょう。
特に、四隅は水分が停滞しやすく、水垢が発生しやすい部分です。

また、排水溝周辺も、湿気が多く水垢が発生しやすいので、定期的にチェックしてみてください。
白いモヤのような模様がある場合は、水垢が発生している証拠です。

水垢が発生していると、「ピンク汚れ」「カビ」「細菌の繁殖」など、さらなる汚れを招きます。
水垢の段階で掃除しておくことが大切です。

お風呂の床掃除に必要な道具

お風呂の床掃除に必要な道具

お風呂の床掃除に必要な道具は、以下の通りです。

  • アルカリ性の洗剤
  • 酸性の洗剤
  • スポンジ
  • ゴム手袋

それぞれの詳細について見ていきましょう。

アルカリ性の洗剤

お風呂の床掃除で使用することが多いのは、「アルカリ性の洗剤」です。

アルカリ性の洗剤は、皮脂汚れや石鹸カスなどの「酸性の汚れ」に効果的。
頑固な汚れもスムーズに落としやすいので、お風呂の床掃除ではアルカリ性の洗剤を準備しておきましょう。

最近では、環境や人体に優しいとされるナチュラル洗剤として、「弱アルカリ性の洗剤」も販売されています。
効果は一般的なアルカリ性の洗剤と大差ありません。

体への負担が気になる方は、弱アルカリ性の洗剤の使用も検討してみてください。

酸性の洗剤

お風呂の床掃除では、酸性の洗剤の準備も忘れてはいけません。

酸性の洗剤は、アルカリ性の汚れである「水垢」の除去に効果的です。
頑固な水垢もスムーズに除去しやすいので、お風呂の床の水垢が気になる方は、酸性の洗剤を用意してください。

スポンジ

お風呂の床の掃除で欠かせないのが「スポンジ」です。

洗剤を噴射するだけでは、気になる汚れは落ちにくいものです。スポンジで丁寧に擦り洗いする必要があります。
特に「カビ」「皮脂汚れ」のような頑固な汚れは、スポンジで念入りに洗わなければなりません。

しかし、スポンジを準備するにあたり、注意点があります。
お風呂の床掃除でスポンジを準備するのであれば、粗い研磨材が使用されているスポンジは避けましょう。

研磨剤が使用された固いスポンジは、お風呂の床を傷つけてしまう可能性があります。
床が傷つくと、湿気や細菌が侵入し、カビの原因となってしまうのです。

お風呂の床を傷つけないよう、柔らかいスポンジを選んでください。

ゴム手袋

お風呂の床掃除ではゴム手袋を使用しましょう。

お風呂の床掃除で洗剤を使用すると、手が荒れやすく「かゆみ」「ヒリヒリ」「乾燥」といった肌トラブルを引き起こすことがあります。

特に、肌が弱い方の場合は症状が長引くこともありますので、素手での作業は好ましくありません。

厚手のゴム手袋でしっかり手肌をガードし、安全に床掃除を実施しましょう。

お風呂の床の効果的な掃除方法

お風呂の床を掃除するにあたり、効果的な方法は次の通りです。

  • 換気をする
  • スポンジに洗剤を含ませる
  • 汚れが気になる部分をスポンジでこする

上記の掃除方法について、それぞれの工程を詳しくご紹介します。

換気をする

作業前に、まずは換気をしましょう。

お風呂の床を掃除すると、カビの胞子が舞い上がることがあります。
目には見えませんが、知らずに吸い込んでしまうことが多いので、換気は必須です。

また、洗剤の刺激臭で、体調不良を引き起こすこともあります。
臭いが浴室内にこもらないよう、窓を開けるか、換気扇を回すなどして空気を入れ替えながら掃除をしてください。

また、脱衣所側のドアを開け、脱衣所及び周辺の部屋の窓を開けることもおすすめです。
空気の通りがスムーズになり、浴室内に空気が停滞してしまうのを防ぐことができます。

スポンジに洗剤を含ませる

スポンジに汚れに合わせた洗剤を含ませましょう。

例えば、皮脂汚れや石鹸カスの汚れにはアルカリ性の洗剤、水垢には酸性の洗剤、といったように、汚れに合った洗剤を含ませます。

仮に、複数の汚れを一つのスポンジでこすり落とす場合は、汚れが軽いものから順番に進めてください。
皮脂汚れ→石鹸カス→水垢→カビといったような順序を事前に想定し、どの洗剤から含ませていくかを検討します。

スポンジがひどく汚れる前に、次の汚れを落とすことができるようにしましょう。
次の掃除場所に、「直前に掃除していた場所の汚れ」を移してしまう心配がありません。

汚れが気になる部分をスポンジでこする

汚れが気になる部分をスポンジで念入りにこすっていきましょう。

円を描くように、くるくると擦る方法がおすすめです。
実は、円を描くように擦るのは、あらゆる角度から擦り洗いができて効果的な方法。
結果的に短時間で汚れを落とすことができますので、一方だけではなく、逆回転も意識すると、さらにスピーディーにきれいにできます。

シャワーで洗い流す

十分に擦り洗いができたら、シャワーで洗い流していきます。

落とし残しがないよう、丁寧にシャワーをかけていってください。
うっかり、洗剤の落とし残しがあると、新たなカビを発生させてしまうことがあるので要注意。

隅々までシャワーをかけて、洗剤をしっかりと落としましょう。

お風呂の床の汚れが頑固な場合

お風呂の床の汚れが頑固でなかなか落とせない…という場合もあります。
そのときは、以下の方法を実施してみてください。

  • 汚れに直接洗剤を塗布してラップをかける
  • 重曹とクエン酸を床に振り撒く

それぞれの方法を詳しく解説します。

汚れに直接洗剤を塗布してラップをかける

汚れに直接洗剤を塗布、もしくは噴射して、ラップをかけましょう。

洗剤と汚れが密着し、汚れが落としやすくなります。
ラップをかけた後は、20分を目安に放置してください。

放置したら、必要に応じてスポンジで擦り洗いをします。
最後に、シャワーで汚れと洗剤を洗い流したら完了です。

重曹とクエン酸を床に振り撒く

床に重曹とクエン酸を床に振り撒くのもおすすめです。

重曹とクエン酸をたっぷり振り撒き、汚れがひどい場所はラップをかけます。
1~2時間放置し、必要に応じてスポンジで擦り洗いをしてください。

汚れが落とせたら、シャワーで洗い流します。

まとめ

お風呂の床は汚れやすい場所ですので、定期的なお掃除が欠かせません。
うっかり、お掃除をサボってしまうと、水垢や黒ずみ、カビなどが大量発生してしまう可能性があります。

お風呂は毎日使用するものですし、素肌が触れる場所ですので、清潔な状態を保ちたいですよね。
そのためには、お風呂の床の正しい掃除方法を把握しておきましょう!

今回の記事では、お風呂の床を掃除する方法についてご紹介しました。
汚れが気になってきたら、ご紹介した内容を参考にしながら、汚れに合わせて掃除を実施してみてください。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。