エアコンクリーニング

エアコンクリーニング用のスプレーは選び方が肝心!おすすめのスプレーを大公開

エアコンにスプレーを散布してクリーニングをしている画像

「自分でエアコンクリーニングをしよう」と検討している人にとって、気になるのはスプレーの選び方ではないでしょうか。

自分でエアコンクリーニングを行うにあたって、スプレーを使った方法は一般的です。
しかし、スプレーにはいくつかの種類あり、どれを使用すればいいか迷ってしまいます。
スプレーによって効果も異なるため、掃除場所に応じて適切な商品を選ばなければなりません。

そこで、今回はエアコンクリーニング用のスプレーにおける選び方をご紹介します。
どの商品を選べば良いか、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

エアコンクリーニング用のスプレーは慎重に選ぶことが大切

エアコンクリーニング用のスプレー選びは非常に重要です。
「どれも同じだろう」と適当に選んでしまうと、十分にエアコンを掃除できない可能性があります。

また、冒頭でも触れた通り、一口にエアコンクリーニングといっても、エアコンのどの部分を洗浄するかで使用するスプレーは異なります。
そのため、自分がエアコンのどこを掃除するのかを把握したうえで選ぶことが大切です。

エアコンクリーニング用のスプレーの種類

エアコンクリーニング用にスプレーの種類

エアコンクリーニング用のスプレーの種類は以下の4つに分けられます。

  • フィンクリーナー
  • ファンクリーナー
  • ドレンホースクリーナー
  • フィルタークリーナー

それぞれどのようなスプレーなのでしょうか。
詳細についてみていきましょう。

フィンクリーナー

フィンクリーナーは、エアコンのフィンの部分を洗浄するスプレーです。

フィンとは、フィルターを外した際に見える金属の部分で、空気の温度を変える役割を持ちます。
エアコンの重要な部分です。
このフィンが汚れていると部屋中に菌やカビをまき散らすことになってしまいます。

エアコンの中で、最も清潔に保たなくてはならない部分であるため、エアコンをクリーニングする際には絶対に忘れてはなりません。

ファンクリーナー

ファンクリーナーは、吹き出し口の近くに位置するファンを洗浄するスプレーです。
エアコンの風はこのファンから送り出されるもので、汚れや結露が溜まってしまうと故障する可能性があります。

また、風を送る役割を持つことから、汚れを放置してしまうと、フィン同様に部屋中に菌やカビを送ってしまうことにつながります。
そのため、ファンも清潔に保っておかなければなりません。

ドレンホースクリーナー

ドレンホ―スクリーナーは、排水管を洗浄するためのスプレーです。
ドレンホースとは、エアコンの排水管を意味し、エアコン内部の水分を外に排出する役割を持ちます。

エアコンの風に直接関係しているわけではないため、汚れていても健康被害の心配はありません。
しかし、ホコリなどのごみが溜まるとスムーズに排水されなくなってしまうことがあるため注意が必要です。
うまく排水されなくなると、逆流して水漏れしてしまうことがあります。

部屋が汚水で汚れてしまうこともあるため、定期的に掃除をするようにしましょう。

フィルタークリーナー

フィルタークリーナーは、エアコンフィルターを洗浄するスプレーです。
掃除機や水洗いなどでは落としきれない、汚れや菌を除去する効果が高いという特徴があります。

定期的に掃除していても、汚れを溜めやすいのがエアコンフィルターの難点です。
しかし、フィルタークリーナーなら、溜め込んだ汚れもすっきりと落とすことができます。

エアコンクリーニング用スプレーの使い方

エアコンクリーニング用のスプレーは、単純にエアコンに噴射すれば良いというものではありません。
以下では、エアコンクリーニング用のスプレーの使い方についてご紹介します。

スプレーの使用可能場所とは

エアコン掃除用のスプレーは、基本的にエアコンが設置してある部屋で使用します。
その際、窓や換気扇を回して、十分に換気をしながらスプレーを使用するようにしましょう。
エアコンが設置してある部屋に窓や換気扇がない場合は、掃除する部分だけを取り外してクリーニングするようにしましょう。

エアコンクリーニング用スプレーは、商品によって刺激の強いものがあります。
異臭によって気分が悪くなってしまう場合もあるため、狭い部屋や閉め切った部屋で作業するのは好ましくありません。

きちんと換気ができていて、風の通りが良い場所でスプレーを使用してください。

スプレーを使用した掃除の手順

エアコンクリーニング用のスプレーは、掃除をする部分によって手順が異なります。

【フィンクリーナーの掃除手順】

1.部屋が汚れないように床や壁・家具などを養生(ビニールカバーなどを貼る)
2.エアコンカバー・フィルターをやさしく取り外す
3.掃除機でフィンの表面の汚れを吸い込む
4.フィンに直接スプレーを噴射
5.10~15分放置する
6.フィルターとカバーを元に戻す

【ファンクリーナーの掃除手順】

1.床や壁・家具などを養生
2.吹き出し口からファンにスプレーを噴射
3.吹き出し口に手を差し込んでファンを数回転させる
4.30分放置する
5.水、もしくは付属のスプレーで洗浄剤を落とす

【ドレンホースクリーナーの掃除手順】

1.床や壁家具などを養生
2.外のドレンホースの先端にドレンホースクリーナーのポンプを差し込む
3.一気にポンプを引く
4.状況に応じて2~3回ポンプを引く
5.溜まっていた水が排出されたら完了

【フィルタークリーナーの掃除手順】

1.床や壁・家具などを養生
2.エアコンフィルターを取り外す
3.エアコンフィルターにフィルタークリーナーを噴射
4.10分放置する
5.水で洗い流す
6.乾いたらエアコンにフィルターを取り付ける

上記の通り、スプレーの種類によって作業の進め方が異なります。
自分がエアコンのどの部分を掃除したいのか考えたうえでクリーニングしましょうてください。

エアコンクリーニング用スプレーを使用する際の注意点

エアコンクリーニング用のスプレーを使用する際の注意点

エアコンクリーニング用のスプレーは、エアコンを掃除するにあたって非常に便利な商品です。
しかし、エアコンクリーニング用スプレーは使用するにあたって、いくつか注意点があります。

  • 直接吸い込まないように注意
  • 目に入らないよう注意
  • 使用中や使用後は積極的に換気
  • 火気の近くで使用しない

それぞれの詳細について解説します。

スプレーを直接吸い込まないように注意

エアコンクリーニング用のスプレーは、上記でも解説した通り人体には刺激の強い成分が使用されていることがあります。
そのため、直接吸い込んでしまうと体調不良を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

しかし、基本的にエアコンクリーニング用のスプレーは水分が多く、周囲に広がることはあまりありません。
よほど顔を近づけて作業をしなければ、危険は少ないです。
しかし、トラブルを防ぐためにもマスクを着用して作業をしてください。

また、商品によってはアルコールやシンナー臭が強いものもあります。
体調不良を引き起こす可能性もあるため、臭いを防ぐ目的としてもマスクの着用は効果的です。

スプレーが目に入らないよう注意する

上述した通り、エアコンクリーニング用のスプレーには、人体に刺激の強い成分が使用されていることがあります。
スプレーの飛沫が目に入ってしまうと、痛みや充血を引き起こすことがあるため注意してください。

エアコンの掃除作業は、頭よりもスプレーが上になることが多く、飛沫が目に入りやすいです。
スプレーの真下に顔を近づけない、ということを意識するだけで目に入りにくくなります。
必要に応じて、ゴーグルを着用して作業するようにしましょう。

スプレーの使用中や使用後は積極的に換気する

本記事前半でも触れた通り、エアコンクリーニング用のスプレーを使用する際は積極的に換気するようにしましょう。

洗浄剤のにおいや成分が密室の空間に充満してしまうと、体調不良の原因となってしまいます。
そのうえ、部屋ににおいが残ってしまう可能性あるため換気は必須です。

また、使用中だけではなく使用後も半日~1日は積極的に換気をしましょう。
スプレーの使用が終わっても、洗浄剤のにおいや成分が残っていることがあります。
そのため、しばらくは窓を開けて空気を入れ替えてください。

クリーニングスプレーは火気の近くで使用しない

エアコンクリーニング用のスプレーによっては、燃えやすい成分を使用している商品があります。
そのため、火気の近くで使用するのは危険です。

特に、冬時期はストーブを使用している家が多く、火気の近くでエアコンクリーニング用のスプレーを使用し、危険を招くこともあります。
ストーブやコンロ、ライターには十分注意し、スプレーを使用する場所を検討することが大切です。

エアコンクリーニング用のおすすめスプレー

現在、エアコンクリーニング用のスプレーは数多く販売されています。
中には、効果が低かったり、使いにくかったりといったスプレーもあるので選択には注意が必要です。
無駄な出費をしないためにも商品選びは慎重に行わなければなりません。

とはいえ、どの掃除スプレーを選んだら良いのか分からない、というのが正直なところではないでしょうか。
以下では、エアコンクリーニング用のおすすめスプレーをピックアップしてご紹介します。

エアコンクリーナーのAg消臭プラス

おすすめのフィンクリーナーであるのが「Ag消臭プラス」です。

一般的に、フィンクリーナーは液垂れしやすいという難点があります。
しかし、「Ag消臭プラス」は垂れにくく床を汚しにくいのが特徴です。

そのうえ、エアコン1台につき、スプレー1本で対応できるため、コストパフォーマンスも高いというメリットがあります。
一方で、においが強いというデメリットもあるため注意が必要です。
アルコール臭のようなにおいが強いため、十分に換気をしたうえで使用してください。

エアコンクリーナー Ag消臭プラス
エアコンクリーナー Ag消臭プラス
エアコン内部フィン用洗浄剤。電気部分はビニールなどで保護して洗浄液がかからないように注意してください。表面はもちろん、裏側(フィンの奥)の汚れやカビまで落とすことができます。落とした汚れはドレンホースの中を通って外に排出されるので、部屋の中が汚れることはありません。
Amazonで商品を購入する

くうきれいのエアコンファン洗浄剤

ファン洗浄剤として人気の高い、くうきれいの「エアコンファン洗浄剤」。
洗浄力の高さと使いやすさ、刺激臭の少なさから初心者でも扱いやすいのが特徴です。
10年近く放置されていたファンの汚れもすっきり落とす洗浄力があります。

モコモコの泡がファンにまとわりついて汚れを除去するため、力を入れて擦るような作業は必要ありません。
しばらく掃除をさぼっていた方や、」「初めてでうまく作業できるか不安」という方にピッタリです。

くうきれい エアコンファン洗浄剤
くうきれい エアコンファン洗浄剤
家庭用ルームエアコンのファン(送風機)の洗浄剤。1セットで6~8畳ルームエアコン1台分です。洗浄液がファンに保持されやすく汚れを容易に分解します。
Amazonで商品を購入する

イチネンのドレンホース用サクションポンプ

意外と見逃しがちなドレンホースの汚れは、イチネンの「ドレンホース用サクションポンプ」で解決することができます。

上記は、ポンプを押したり引いたりして中の詰まりを除去でき、排水させます。
使用方法は「ドレンホースに差し込んで押す、引く」だけなので簡単です。

ドレンホ―ス用サクションポンプ
ドレンホ―ス用サクションポンプ
エアコンのドレンホースから水や汚物を吸い出すことが目的の、ご家庭やオフィスで手軽に使えるポンプ。排水口用のアタッチメントも附属。台所や洗面所、風呂場、トイレの等の排水口のつまりの除去にも使用可能です。
Amazonで商品を購入する

アミライトのフィルター洗浄スプレー

ブラシ不要で、フィルターを洗浄できる「アミライト フィルター洗浄スプレー 除菌 花粉・カビ除去」。
シュワシュワの泡がフィルターの汚れにまとわりつき、汚れを浮かせます。

5分ほど放置して洗い流すだけで、ホコリやカビを落とすことができるため、こまめなフィルター掃除にも活用できるのが魅力です。
また、フィルターが柔らかくデリケートな種類であっても使用に問題はありません。
フィルターに傷をつけたくない、」という方でも気軽に使用することができます。

フィルター洗浄スプレー
フィルター洗浄スプレー
はじける泡で汚れを浮き出し、スッキリ落とすフィルター洗浄スプレー。エアコン、空気清浄機などのフィルターに使えます。アップルカモミールの香り。
Amazonで商品を購入する

まとめ

一口にエアコンクリーニング用スプレーといってもその種類は様々です。
掃除する部分にあわせてスプレーを選ばなければなりません。

今回はエアコンクリーニング用スプレーの種類の詳細と、おすすめ商品をご紹介しました。
現在エアコンクリーニングを検討している方は、今回の記事を参考にしながら、商品選びを進めてください。

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。エアコンクリーニングやハウスクリーニングなどの対策にかかる料金を一覧で比較することができます。 エアコンクリーニングは、掃除範囲や清掃台数、壁掛け・天井埋め込みなどのエアコンのタイプや作業を請け負う業者ごとに、かかる費用が異なる場合があります。そのため、作業を依頼する前に、エアコンクリーニング業者ごとの料金やサービス内容・口コミの比較が必要です。 また、エアコンクリーニングは、エアコンを綺麗にするだけでなく、カビの繁殖を防いだり、病気を予防したりする効果があります。エアコンを掃除することで、冷房や暖房の効き目も良くなります。 さらに本サイトでは、エアコンを自分で掃除する方法や、エアコンクリーニングにかかる費用の相場、賃貸物件のエアコンクリーニング事情なども紹介しています。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。