エアコンクリーニング

自分でするエアコンクリーニングの簡単な方法について解説! 実際に家のエアコンでやってみた

「自分でエアコンクリーニングしたい」「業者に依頼せずにエアコンを掃除したい」など、エアコンのお手入れを自分で対応したいと考えている方はいませんか?

エアコンは汚れやすい家電製品のひとつ。
汚れるたびに業者に依頼していては出費がかさんでしまうものです。

そのため、自分で掃除したいと考える方は少なくないことでしょう。
そこで、今回は初心者でもできるエアコンのクリーニング方法についてご紹介します。

エアコンクリーニングに必要な道具

エアコンクリーニングに必要な道具

エアコンクリーニングを自分で行うにあたって、まずは必要な道具を準備しましょう。
エアコンの掃除方法には主に下記のように2通りあります。

  • 掃除機を使ってエアコンクリーニングをする場合
  • エアコン掃除用のスプレーを使う場合

エアコン掃除用のスプレーがすぐに手に入らないご家庭の方などは、掃除機を使ってエアコンをきれいにする方法を参考にしてみてください。
続けて、それぞれの場合における準備すべきものをご紹介していきます。

掃除機を使ってエアコンクリーニングをする場合

まず、掃除機を使用してエアコンクリーニングをする場合についてです。
必要な道具は以下の2つになります。

  • 掃除機
  • 中性洗剤

掃除機を使用してエアコンを掃除する場合、ある程度フィルターやルーバーのホコリを掃除機で吸い込みます。
その後、中性洗剤を含ませたスポンジや柔らかいタオルで、エアコン内部やフィルターを掃除するという流れです。

掃除機だけでも十分ホコリは除去できますが、カビや細かいチリは掃除機だけでは除去しきれないものです。
そのため、掃除機をかけた後は中性洗剤で丁寧に汚れを取り除かなければなりません。

ちなみに、このとき使用する掃除機は、「ハンディタイプ」がおすすめです。
軽くて持ち運びがしやすく、高いところの作業もスムーズに行うことができるでしょう。

エアコン掃除用のスプレーを使う場合

スプレーを使用するエアコンクリーニングで必要な道具は以下の2点です。

  • エアコン掃除用スプレー
  • ビニール袋

エアコン掃除用スプレーには1本でクリーニングが完結するタイプ、複数のスプレーを使用するタイプなど様々な種類があります。
そのため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

また、ビニール袋の用途は汚水の飛び散り予防。
スプレーの種類にもよりますが、噴射後に汚水がエアコンから流れ出てくることがあります。

養生をせずにいると床に汚水が垂れてしまい、部屋を汚すことになってしまうかもしれません。
部屋を汚さないためにも、ビニール袋でエアコンをカバーすることは大切です。
難しそうなイメージがありますが、使用方法は意外にも難しくありません。

エアコンの吹き出し口周辺にビニール袋の口をテープで取り付けるだけ。
汚水がポタポタとビニール袋の中に垂れるように調整すれば、床や部屋を汚すことはありません。

このように、エアコンクリーニングでは、専用のスプレーを使用することもおすすめです。
最近では、噴射するだけでクリーニング効果が期待できる商品が増えてきました。
忙しくても手軽にエアコンクリーニングができるとして人気を集めているようです。

共通でエアコンクリーニング必要な道具

どのようなエアコンクリーニング方法であっても、共通して必要な道具があります。
それが、以下の4つです。

  • ハンディモップ
  • 雑巾
  • 養生シートとテープ
  • 歯ブラシ

ハンディモップは、エアコンのホコリを取り除く上で必要な道具です。
エアコンは内外含めてホコリやチリが多いため、こうしたハンディモップが掃除に役立ちます。

雑巾は、ハンディモップでは除去しきれない「がんこな汚れ」「カビ」を取り除くために必要です。
主に、中性洗剤を含ませて、汚れている部分を丁寧に拭きあげる際に使用します。
また、拭き掃除後の仕上げとして水拭き、エアコンの乾拭きする際にも使用可能です。

そして、エアコンクリーニングにおいて、養生シートとテープは欠かせません。
通販やホームセンターなどで販売されている養生シートは、2~3回繰り返して使用できるためコスパも抜群です。

しかし、市販のシートを使用しなくても上述したようにビニール袋で代用することもできます。
「養生シートを買うのはもったいない…」という方は、普段ゴミ袋として使用しているビニール袋を使用してみてください。

歯ブラシはエアコン内部の細かい部分や隙間といった手の届きにくい場所の掃除に使用します。
しかし、新品のハブラシは使用しないようにしましょう。

新品の歯ブラシは毛先が硬いことが多く、エアコンのデリケートなパーツを傷つけてしまうことがあります。
そのため、使用済みの柔らかくなった歯ブラシがおすすめです。

ここまでが、エアコンクリーニングを自分でする際に準備する道具となります。
最低限必要なものを揃えるだけであれば、ここまででおよそ2,000円前後となるでしょう。

後ほど、ご紹介しますがエアコンクリーニング業者に依頼するよりも遥かに安い金額です。
できる範囲は限られますが、日々のメンテナンス程度の掃除は可能になります。

1.家具や床、エアコン周辺の養生

家具や床、エアコン周辺の養生

はじめに、家具や床、エアコン周辺の養生をしましょう。
養生の仕方は様々ですが、一般的には以下のような方法で行います。

本体の電源プラグを抜く

本体の電源プラグを抜く

まずは、エアコン本体の電源プラグを抜きます。
ご家庭で使用するエアコンの場合、室内機側の電源プラグを抜くだけで大丈夫です。
もし、アース線(緑色の配線)がある場合は、そちらも外します。

エアコン周辺の壁、床に防水効果のあるシートを敷く

防水効果のあるシートを敷く

エアコン周辺の壁、床に防水効果のあるシートを敷きます。
家具や家電には、防水効果のあるシート、もしくはビニール袋をかぶせましょう。
エアコンクリーニングでは汚水が滴るため、養生を徹底しなければなりません。

ちなみに、最近はエアコンクリーニング用の養生カバーが販売されています。
筆者がエアコンクリーニングをした際は、自宅にあったゴミ袋を切り貼りしました。
「もっと楽にやりたい!」という方は、下記のようなエアコンクリーニング用のカバー購入をおすすめします。

Cleanet 壁掛け用 エアコン洗浄カバー
Cleanet 壁掛け用 エアコン洗浄カバー
業者が使用している商品も多いため、本格的に養生したいのであれば購入を検討してみてください。
Amazonで商品を購入する

2.フィルター、ルーバー、本体カバーを外す

次に、フィルター、ルーバー(吹き出し口)、本体カバーをゆっくりと外しましょう。
今回はファンや熱交換器といった難易度の高い部品の掃除は行わず、素人でも簡単にできる部分で掃除を進めていきます。

フィルターを外す

エアコン本体からフィルターを外す

まず、フィルターを外していきます。
まずは、本体カバーを上に持ち上げ、フィルターを確認しましょう。
フィルターの下のところに突起がありますので、それをつまんで持ち上げるようにすれば、フィルターを外すことができます。
写真でもわかるとおりホコリが溜まっていて、かなり汚れていますね。
周辺にはカビが生えており、汚れが目立つので、このような作業をする場合手袋をはめておくことをおすすめします。

ルーバーを外す

エアコン本体からルーバーを外す

ルーバーというのは、エアコンから風が出てくるところで動いている板のようなもののことです。
外し方は各種メーカーの取扱説明書を見て確認してください。
多くのルーバーは左右と真ん中の3点で固定されていますので、真ん中から外していきます。
真ん中を外せたら、次に左右どちらかの突起部分を外しましょう。
このとき多少ルーバーを曲げる必要がありますが、折らないように気をつけてください。

本体カバーを外す

エアコンから本体カバーを外す

本体カバーの取り外しをするためには、まず左右の端にあるネジを外します。
その後、本体カバーの上部にある3つのつまみを外してください。
先程の工程ができたら、エアコンを下側から手間に押し出すように動かしてみましょう。

このとき、外れにくい部品を無理矢理外すのは好ましくありません。
うまく外れない場合は、何らかの原因で外せないということが考えられます。例えば、部品が挟まっている、外し方が間違っている、そもそも外れない、など。

これらを無理に外そうとしたり、分解したりするとエアコンが故障してしまう可能性があるため注意してください。
「外れにくい」と感じたら、まずは説明書を読みましょう。
それでもわからないときは、無理に分解をせずメーカーに問い合わせるか、クリーニング業者に依頼するなどして適切に対応しましょう。

3.エアコンクリーニング用のカバーを付ける

エアコンクリーニング用のカバーを付ける

エアコンクリーニング用の養生カバーを取り付けましょう。
特にエアコン右側にある電装部は濡れないように、しっかりと覆ってください。 電装部が濡れてしまうと、エアコンの故障の原因にもつながってしまうので注意しましょう。

また、必要に応じて、家具・家電、床、壁などを養生しておくことが大切です。
とくに、エアコンクリーニングが初めての方の場合、思わぬきっかけで部屋が汚れてしまうことがあります。

そのため、なるべく広い範囲をカバーしておくと安心です。
養生カバーがない場合は、ゴミ袋等を広げて代用することもできます。

4.取り外した部品それぞれを洗浄

取り外した部品それぞれを洗浄

取り外した部品はそれぞれ綺麗に洗浄しましょう。

特に、フィルターは最も汚れが溜まりやすい場所です。
シャワーで汚れを洗い流しながら、中性洗剤で汚れを取り除いていきましょう。
事前に掃除機でホコリを取っておくと作業時間が短くなります。

また本体カバーもシャワーで水洗いをしてもかまいませんし、その後は濡らした雑巾で拭き取るなどしてください。
このタイミングで使い古しの歯ブラシを使って汚れをこすることで、かなりきれいにすることができます。
カビが生えていたり、ホコリが溜まっていたりするので念入りに掃除しましょう。

5.エアコン本体にスプレー噴射

エアコン本体にスプレー噴射

スプレーを使用する場合は、エアコン内部に向けてスプレーを直接噴射しましょう。
具体的な噴射方法はスプレーによって異なるものの、今回使用したスプレーも吹き出し口から噴射するタイプでした。

周辺に水分や薬剤が飛び散る可能性もあるため、十分に養生できていることを確認して掃除しましょう。
ゴミ袋を使用して、エアコンの下に水たまりができるようにしておくと、その後の片付けが楽になるのでおすすめです。

6.部品は陰干しする

部品を陰干しする

フィルターやルーバーなどの取り外した部品は、日陰で乾かしてください。

この時、半乾きの状態でエアコンに取り付けるのは絶対にやめましょう。
残っていた水分がきっかけで、カビの再発を促すことになってしまいます。

完全に乾いたのを確認してからエアコン本体に取り付けることが大切です。

7.それぞれをもとに戻す

それぞれをもとに戻す

各部品がそれぞれしっかりと乾いたことが確認できたら、順番に戻していきましょう。
まずは、本体カバーを取り付け、フィルター、ルーバーを取り付けたら完成です。

エアコンの掃除が終わったら、電源プラグを差し込んで試運転をしてみましょう。
問題なく動作すれば、これでエアコンクリーニングは終了となります。

最初にカバーを開けたときに見えた姿と比べるとかなりきれいになりましたね。
特にフィルターはエアコンの運転によってホコリが溜まりやすく、汚れやすいですが、そこもピカピカになりました。

今回の作業でかかった時間は約2時間弱です。
みなさんも自分でエアコンクリーニングを実施する際には、参考にしてみて下さい。

エアコンクリーニングのDIYと業者に依頼した場合の料金比較

エアコンクリーニングのDIYと業者に依頼した場合の料金比較

以上の手順でエアコンクリーニングを行うにあたり、かかった費用は以下のとおりです。

エアコンクリーニングを自分でした場合の料金

エアコンクリーニングを自分でした際にかかった費用は以下のとおりです。
下記のものはすべて、2019年1月21日時点に筆者が見た中で最安値だったものを選びました。

購入した商品 料金
ゴミ袋(養生用)505円
エアコンクリーニング用のスプレー634円
養生テープ265円
雑巾(5枚セット)300円

金額の合計は1,704円となり、2,000円あれば自分でエアコンクリーニングをする場合は、準備ができそうです。

エアコンクリーニングを業者に依頼した場合の料金

それに対して、エアコンクリーニングをプロである業者に依頼した場合の費用は以下のとおりです。

このようなことから、エアコンクリーニングをできる範囲でやるのであれば、自分で掃除してしまった方が安くすみます。
季節ごとにやってくるフィルターの掃除などであれば、プロに依頼するよりもご自身でやってしまいましょう。

ただし、各工程でもお話したように、エアコンクリーニングをより完璧に、きれいに仕上げることを目的とするのであれば、業者に依頼しましょう。
後ほどお伝えしますが、万が一の保証やそもそものエアコンクリーニング技術を考えると、素人にはできる範囲に限界があるからです。

エアコンを内部からきれいにしたいという方は、ぜひエアコンクリーニング業者への依頼をおすすめします。
また、エアコンクリーニングを業者に依頼した場合にかかる費用や相場については、下記を参考にしてみてください。
エアコンクリーニングの料金相場は?費用を抑えて安く依頼する4つのポイント

自分でエアコンクリーニングを行う上での注意点

自分でエアコンクリーニングを行う上での注意点

自分でエアコンクリーニングを行う上で、いくつか注意点があります。それが以下の3つです。

  • 部品は外しすぎない
  • 電源プラグは掃除が完了するまで差し込まない
  • 吹き出し口から綿棒で掃除をしない

それぞれの詳細について解説します。

部品は外しすぎない

エアコン内部が予想以上に汚れていることを知ると「見えない部分の汚れもひどいのでは…」と不安になるものです。
今回掃除していたときもルーバー外した際にファンの汚れが目立ちました。
このような場合に、ファンや送風機などといったさらに内部を分解するといったことは避けましょう。

初心者が部品を外しすぎてしまうと「この部品はどこのものだったかな。」と取り付けに苦労するためです。
最悪の場合、元に戻せなくなるという可能性もあるため、注意しなければなりません。

確かに、エアコンの内部は全体的に汚れが溜まりやすく、不衛生な部分が多いとはいえます。
しかし、エアコンの扱いに慣れていない方は「フィルター」「ルーバー」といった外しやすい部品のみに絞って部品を外すことをおすすめします。

電源プラグは掃除が完了するまで差し込まない

基本的に、エアコンクリーニングでは作業前に電源プラグを抜いておかなければなりません。
作業中に何らかのきっかけでエアコンが起動してしまうと、怪我をする可能性があります。

また、エアコンが故障するリスクも考えられるでしょう。
電源プラグは掃除が完了するまで差し込まないよう注意してください。

吹き出し口から綿棒で掃除をしない

大掛かりな掃除が面倒だから、といった理由で吹き出し口から綿棒を差し込んで掃除する方がいます。
一見、手軽な掃除方法に見えますが、実は好ましくない掃除方法のひとつです。

綿棒だけで汚れを完全に取りきることは難しく、汚れが剥がれやすくなる程度にしかなりません。
そのうえ、剥がれやすくなった汚れがエアコン使用時に噴き出されてしまうことも…。
中途半端なエアコン掃除はかえって問題になることがある、ということを頭に入れておきましょう。

エアコンを完璧にクリーニングしたいなら業者への依頼が安心

素人でもエアコンクリーニングは可能ですが、専門的な知識がない限りは完璧な掃除は難しいものです。
そのため「本当にエアコンを綺麗にしたい」という方は、自分で対応せずに業者に依頼することをおすすめします。

業者であれば、素人ではケアが難しい細部に至るまで安全にクリーニングしてくれるため、クオリティは非常に高いです。
毎回業者に依頼するのは金銭的に難しい…という方は期間を決めて依頼しましょう。
例えば、定期的な掃除は自分で対応し、年に1回のクリーニングは業者に依頼する、など決めておくと依頼する頻度が下がるためおすすめです。

まとめ

自分でエアコンクリーニングを行うことを検討する方は少なくありません。
しかし、素人がクリーニングを行うとエアコンを故障させてしまうことがあるため要注意です。

また、慣れない作業で怪我をすることもあるので、慎重に作業を進めていく必要があります。
今回は「自分でエアコンクリーニングを行う方法」についてご紹介しました。
自分で対応できる範囲を把握し、無理をしないで作業を進めていきましょう。

必要に応じてエアコンクリーニング業者に依頼することも検討してみてください。

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。エアコンクリーニングやハウスクリーニングなどの対策にかかる料金を一覧で比較することができます。 エアコンクリーニングは、掃除範囲や清掃台数、壁掛け・天井埋め込みなどのエアコンのタイプや作業を請け負う業者ごとに、かかる費用が異なる場合があります。そのため、作業を依頼する前に、エアコンクリーニング業者ごとの料金やサービス内容・口コミの比較が必要です。 また、エアコンクリーニングは、エアコンを綺麗にするだけでなく、カビの繁殖を防いだり、病気を予防したりする効果があります。エアコンを掃除することで、冷房や暖房の効き目も良くなります。 さらに本サイトでは、エアコンを自分で掃除する方法や、エアコンクリーニングにかかる費用の相場、賃貸物件のエアコンクリーニング事情なども紹介しています。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。