エアコンクリーニング

エアコンのカビって掃除できるの?自分で行う場合の掃除方法と注意点

エアコンのカビって掃除できるの?自分で行う場合の掃除方法と注意点

エアコンを吹き出し口から覗いてみると黒い汚れが見えることがあります。
一見ただの汚れに見えますが、その正体は「カビ」です。

エアコンの内部は湿度が高いだけでなく、カビにとって適切な温度が維持されていることが多くあります。
そのため、エアコンの内部はカビが繁殖しやすい環境といえるのです。
放っておくとエアコン内部がカビだらけになり、様々なトラブルを引き起こすことがあるため注意しなければなりません。

今回は、エアコンのカビの掃除方法や、注意点などについて解説します。

エアコンにカビが発生する原因

そもそも、なぜエアコンにカビが発生するのでしょうか。
その理由は、大きく次の3つが挙げられます。

  • カビが発生しやすい湿度だから
  • カビが好む温度だから
  • カビの餌となる「汚れ」が豊富だから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

エアコンにカビが発生しやすい湿度

カビは湿度が80%を超えると発生しやすくなります。
そのため、梅雨のようなジメジメした時期はカビが大発生することが多いものなのです。
前回の掃除から間もないにも関わらず、カビが発生していることは少なくありません。

また、比較的湿度が低いとされている冬も油断は禁物です。
洗濯物の部屋干し、加湿器の過剰使用は部屋の湿気を増やすことにつながります。

その結果、エアコンが空気中の水分を吸い込むことで、内部に水分が溜まってしまうのです。
こうした理由により、エアコン内部はカビが発生しやすい湿度となっています。

エアコン内部はカビが好む温度

カビは気温が5度以上で発生するのが特徴です。
寒さの厳しい冬であっても、屋内に設置されているエアコンの内部が5度を下回ることは少ないでしょう。

そのため、季節を問わずにカビは発生するといえます。
そのうえ、暖房機能を使用すればエアコン内部は20度を超えることがほとんどでしょう。

20~30度はカビが好む温度であるため、エアコン内部はカビにとって非常に過ごしやすい環境なのです。
「冬だからカビは発生しない」と考えがちですが、エアコン内部は思っている以上に温かい環境であるということを頭に入れておきましょう。

エアコン内部はカビの餌となる汚れが豊富

部屋の空気を吸い込み、設定された温度にして空気を放出するのがエアコンの特徴です。
そのため、エアコン内部は「ホコリ」が溜まりやすいという難点があります。

近年では、フローリングを採用している建物が増えました。
フローリングは畳と比較すると細かいホコリ、チリが舞い上がりやすく、エアコンがホコリを溜め込みやすいものです。

ホコリは生活する以上回避できないものですが、実はカビの餌のひとつ。繁殖の大きな原因となってしまうのです。

エアコンのカビは送風ファンに発生することが多い

エアコンのカビは、送風ファンに発生することが多いといわれています。
その理由はエアコン内部の中でも最も結露しやすい場所であるからです。

例えば、夏場に冷房を使用している際、電源を切るとファンは急激な温度変化を受けます。
本来放出するはずだった涼しい空気がエアコン内にこもり、これが結露となってしまうのです。

結露した水分はエアコン内の汚れや菌と混ざり、雑菌となりカビの発生につながります。
こうした理由から、送風ファンはカビやすいため、注意しなければなりません。

エアコンのカビを放置するとどうなる?

もしも、エアコンのカビを放置したら下記のようなトラブルが考えられます。

  • エアコンが故障するリスクが高まる
  • 健康被害をもたらす
  • ニオイの原因となる

ここからは、カビの放置によるトラブルについて解説します。

エアコンが故障するリスクが高まる

あまり知られていませんが、カビを放置するとエアコンが故障するリスクが高まります。
カビが大量発生することで、精密部分にもカビが繁殖してしまうことが原因です。

これにより、エアコンがうまく作動しなくなる、故障するといったトラブルが発生します。
多少のカビであればあまり深刻な問題にはありませんが、カビが増えないうちにこまめに掃除をしておくことは大切です。

健康被害をもたらす

カビの発生で最も気をつけなければならないのが「健康被害」です。
エアコン内部にカビが発生している状態で使用すると、部屋中にカビをまき散らすことになってしまいます。
部屋にカビが蔓延すると、人間がそれを吸い込んでしまい、様々な健康被害へと陥ってしまう可能性があるのです。

中でも比較的多く見られるのは「アレルギー症状」です。
鼻水やくしゃみといった不快な症状を発症してしまうことは珍しくありません。

また、場合によっては「肺炎」を引き起こし、入院することになってしまうことも考えられます。
ご自分、ご家族の体を守るためにもエアコンのカビには注意しましょう。

ニオイの原因となる

エアコンを使用するとイヤな臭いがする…ということがあります。
それはカビが原因であることがほとんどです。

カビはもともと青臭いにおいが特徴。
エアコン内部にカビが発生している状態で使用すると、カビとともに汚臭が部屋に広がってしまいます。

「最近エアコンを使用すると変な臭いがする」という場合は、一度エアコンの内部をチェックしてみてください。

エアコンのカビを自分で掃除するために必要な道具

エアコンのカビを自分で掃除するにあたり、いくつか必要な道具があります。それが以下の3つです。

使い古しのハブラシ
使い古しのハブラシはエアコンの細部を掃除する際に便利なアイテムです。とくに、エアコン内部の隅は掃除してもカビが残っていることが多いもの。エアコンの細部や奥などの掃除が難しい部分は歯ブラシで丁寧に作業しましょう。
雑巾
カビは雑巾で拭くだけでもある程度取り除くことができます。前面カバーの裏側やフィルターといった広い部分は雑巾で十分対応可能です。
バケツ
雑巾でエアコン内部を拭いていると、あっという間に汚れてしまうものです。その際、何度も洗面所で雑巾を洗い直すのは手間でしょう。あらかじめバケツに水を入れておけば、雑巾が汚れるたびにバケツ内で洗うことが可能。掃除の時短にもつながるためおすすめです。

簡単!エアコンのカビを掃除する方法

エアコンのカビを掃除するには、どのような手順で進めるのが適切なのでしょうか。
ここからは、エアコンのカビを掃除する方法をご紹介します。

エアコンのプラグを抜く

エアコン掃除では必ず最初にプラグを抜いてください。
これは、誤ってエアコンを作動させないための工程です。

何らかのトラブルで作業中にエアコンの電源が入ってしまうと、怪我の原因となり大変危険です。
思わぬ事故を防ぐためにも忘れずにプラグを抜きましょう。

雑巾でエアコンの上部、前面、側面を拭く

まずは雑巾でエアコンの上部、前面、側面を拭いていきます。
エアコンは内部だけではなく外側にも汚れが溜まっていることが少なくありません。

汚れが溜まったままパネルを外してしまうと、部屋中にホコリをまき散らしてしまうことがあります。
必要以上に部屋を汚さないためにも、まずは外側の汚れを拭き取っておきましょう。

とくに、エアコンの上部はホコリが溜まりやすい部分です。
目が届かないため気が付かないことが多いのですが、いざチェックしてみると予想以上の汚れで驚くことも少なくありません。
内部ばかりに意識を向けすぎず、外側も丁寧に掃除してください。

エアコン本体前面のパネルを外す

ある程度外側の汚れを拭き取れたら、エアコン本体前面のパネルを外します。
このとき、スムーズに外れない場合は無理やり行ってはいけません。

突起部分に異物が挟まっている、もしくは引っかかっていることが考えられます。
この状態で無理やりパネルを外すと壊れてしまう恐れがあるため、注意してください。
初めてエアコンのパネルを外す方は、事前に説明書を参考にし、外し方を把握しておくことをおすすめします。

パネルとフィルターを拭く

パネルとフィルターを雑巾で隅々まで拭きましょう。
目で確認できるカビはもちろんのこと、目の届かないファンの後ろにもカビが発生していることがあるため、手の届く範囲で念入りに拭きます。

また、隅や細部は歯ブラシを使用して徹底的にカビを取り除いてください。
このとき使用する歯ブラシは使用済みのものが適切です。
新品の歯ブラシは毛先が硬いことが多く、エアコンの内部を傷つけてしまうことがあり好ましくありません。

使用済みの歯ブラシであれば、エアコンを傷つけてしまう恐れがないため、安心して作業できるでしょう。

吹き出し口を拭く

エアコンのカビを見つけると、エアコンの内部ばかりに意識が向いてしまいがちです。
しかし、吹き出し口も忘れてはなりません。

吹き出し口の掃除は、雑巾で挟むようにして拭くのがおすすめです。
吹き出し口の端は雑巾で汚れを取るのは難しいため、上述したように歯ブラシを使用し、小刻みに動かしながら汚れを取り除いてください。

エアコンの電源を入れて送風運転をする

エアコンの掃除が終了したら、フィルターと前面パネルを元にもどし、電源を入れて送風運転してください。
問題なく作動すればエアコンの掃除はひとまず終了です。

しかし、異音がしたり、作動しない場合は、掃除のときに何らかの不備があった可能性があります。
原因は様々ですが「取り付けの不備」「部品の故障」などが考えられます。

しかし、自己判断で対応してしまうと、状況を悪化させてしまうことがあるため要注意。
慣れない方は業者に依頼してエアコンの状態を見てもらうことが大切です。

エアコンの掃除をする際の注意点

エコンの掃除をする際、いくつか注意点があります。
思わぬトラブルを避けるためにも参考にしてみてください。

転倒に気をつける

エアコンの掃除は高い位置で行うことが多いものです。
脚立や踏み台を使用して作業をする方も多いでしょう。

こうした高い位置での作業は足元が不安定になりやすく、転倒しやすいため注意しなければなりません。
とくに、窓ガラスが作業場所から近い場合は転倒時に窓を割ってしまう可能性もあり、大変危険です。

無理をせず業者に依頼することも大切

完璧なエアコンの掃除は決して簡単なものではありません。
また、慣れない場合はスムーズに作業が進まないことも考えられます。

そういった場合は無理をせず、業者への依頼も検討してみましょう。
業者の掃除は素人が行うよりも徹底しています。
隅々の汚れはもちろんのこと、素人が掃除しにくい「ファンの裏側」もしっかりと掃除してくれます。

業者に依頼する場合の相場は「1台につき1~2万円」であるため、家計と照らし合わせたうえで利用してみてください。

まとめ

エアコンは性質上、カビが発生しやすい家電のひとつです。
季節に関係なくカビが発生してしまうため、エアコンを使用している家庭は定期的に掃除をしなければなりません。

エアコンの掃除というと難しい技術が必要なのでは、といった不安を感じる方が多いですが、実際はそんなことはありません。

歯ブラシ、雑巾、バケツの3つがあればエアコンのカビは十分取り除くことができ、慣れてくると短時間で作業を進めることができます。

まずは、エアコン内部の状態をチェックし、必要に応じて掃除をしてみましょう。
また、自分で対応するのに自信がない方は、業者に依頼することもおすすめです。

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。エアコンクリーニングやハウスクリーニングなどの対策にかかる料金を一覧で比較することができます。 エアコンクリーニングは、掃除範囲や清掃台数、壁掛け・天井埋め込みなどのエアコンのタイプや作業を請け負う業者ごとに、かかる費用が異なる場合があります。そのため、作業を依頼する前に、エアコンクリーニング業者ごとの料金やサービス内容・口コミの比較が必要です。 また、エアコンクリーニングは、エアコンを綺麗にするだけでなく、カビの繁殖を防いだり、病気を予防したりする効果があります。エアコンを掃除することで、冷房や暖房の効き目も良くなります。 さらに本サイトでは、エアコンを自分で掃除する方法や、エアコンクリーニングにかかる費用の相場、賃貸物件のエアコンクリーニング事情なども紹介しています。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。