エアコンクリーニング

エアコンクリーニングの頻度はどれくらい!?具体的な期間と簡単なお手入れ方法

エアコンクリーニングの頻度はどれくらい!?具体的な期間と簡単なお手入れ方法

「エアコンクリーニングってどれくらいの頻度で行えば良いの?」といった疑問を抱いている方は少なくありません。
エアコンの内部は外から見えないため、掃除の必要性を感じにくいものです。

そのため、いつの間にか掃除をしないまま数年使用していた、といった経験がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、エアコンは思っている以上に汚れやすく、カビが発生しやすい家電の一つです。
適切な頻度で定期的にエアコンクリーニングを行わなければなりません。
今回は、エアコンクリーニングの具体的な頻度と簡単なお手入れ方法について解説します。

エアコンクリーニングの頻度は?

さっそくエアコンクリーニングの頻度についてご紹介します。
しかし、エアコンの使用頻度や使用環境などによって具体的な頻度は変動するものです。

そのため、以下の内容は参考として把握してください。

掃除内容 頻度
エアコンクリーニング(内部+フィルター)1~2年に1回
フィルターの掃除月に1,2回
エアコンクリーニング(掃除機能付き)2年に1回

それでは、それぞれの内容についてご説明していきます。

エアコンクリーニングの頻度は1~2年に1回がベスト

エアコンクリーニングは基本的に1~2年に1回行うことがベストです。
フィルターの掃除をせず、夏や冬の時期に1日中エアコンを使用するなどしていた場合は、フィルターが汚れ、本体にも影響がでる恐れがあるためです。

ただし、先程もご説明したように掃除頻度は使用環境などによって左右されます。
また、エアコン使用者の中には「数年に一度だけクリーニングを依頼する」という方もいますが、これはあまり好ましくありません。
とくに「夏」「冬」の時期に使用頻度が高い方は、最低でも1年に1回はエアコンクリーニングを行うことをおすすめします。

ちなみに、おすすめのタイミングは「使用頻度が高い時期の直前」です。
春の終わりごろや秋の終わりごろにエアコンクリーニングを行えば、使用した時に不快なにおいに悩まされることがなくなります。
エアコンの出番となる季節が近づいてきたら、エアコンクリーニングを検討してみてください。

エアコンフィルター掃除の頻度は毎月2回を目安に

エアコンを清潔に保つ方法はエアコンクリーニングだけではありません。
「エアコンフィルター」の掃除も積極的に行う必要があります。

具体的なエアコンフィルターの適切な掃除頻度は1か月に2回。
エアコンフィルターは他の箇所と比較すると、ホコリやカビが溜まりやすい部分です。
そのため、エアコンクリーニングのように1年に1回程度の掃除では清潔に保つことが難しいといえます。

仮にフィルター掃除を怠ってしまった場合、そのままエアコンを使用すれば汚れやカビを部屋に蔓延させてしまうことになるでしょう。
部屋の環境が悪くなる可能性があります。
大手メーカーの取扱説明書にも記載がある場合もあるため、ご自身の機種も確認してみてください。

エアコンクリーニングと比較すると高頻度ではありますが、フィルターは比較的掃除がしやすい部分です。
詳細は後述しますが、掃除機で吸い取ったり専用の薬剤を吹きかけたりするだけで、フィルターの汚れを落とすことができます。

「こまめな掃除」を意識して、フィルターは常に清潔な状態を維持しましょう。

お掃除機能付きのエアコンクリーニングの頻度は2年に1回

近年、需要が高まりつつある「お掃除機能付きのエアコン」。
お掃除機能付きのエアコンの場合、クリーニングの頻度は2年に1回。
一般的なエアコンと比較すると低頻度であるため、手間が少なく済みます。

このエアコンタイプを使用する方の中には、クリーニングが必要なくなる、という認識を持っている方がいますが、実際のところ具体的な機能はおもに「フィルター掃除」だけであることがほとんど。

そのほかの「フィン」「ファン」「ダストボックス」などに関しては、ほとんどお掃除機能を果たしていません。
こうした理由からお掃除機能付きのエアコンであってもクリーニングは必要なのです。

エアコンの汚れによるリスク

エアコンクリーニングやフィルター掃除などは、手間がかかるため面倒に感じるものです。
そのため、ついつい怠ってしまう…という方が少なくありません。
もし、エアコンの汚れを放置したら下記のようなリスクがあります。

  • アレルギー症状を発症する
  • 電気代が高額になる
  • においの原因となるカビなどが発生する
  • エアコンの故障につながる

続けて、詳細をご説明致します。

アレルギー症状を発症する

エアコンの汚れによるリスクの一つが「アレルギー症状の発症」です。

内部が汚れたままエアコンを使用すると、内部のホコリやチリが吹き出し口から放出されます。
空気中にこれらが浮遊し、それを吸い込むことで咳、くしゃみ、鼻水といったアレルギー症状を発症することがあるのです。

また、さらに症状が深刻になると「結膜炎」「皮膚疾患」といった症状に発展することもあるため、油断してはいけません。
とくに、小さな子どもがいる家庭の場合は「小児喘息」の原因になることもあるため、十分に注意してください。

電気代が高額になる

エアコンが汚れていると電気代が高額になることは多くあります。
その理由として「フィルターの汚れによって温度、風量が弱まる」が挙げられます。
フィルターが汚れていると、設定した温度で風が放出されにくくなるのです。

これにより、「温度を下げているのに涼しく感じない」「設定温度が高いのに暖かくない」といった問題が生じてしまいます。
また、フィルターの汚れによって風量が弱くなり、送り出される風も少なくなってしまうことも。

その結果、冷房の温度設定をさらに下げることになりますし、稼働時間も長時間化してしまうことが少なくありません。
最後には、電気代が高額になってしまい、中には清潔な状態のエアコンと比較すると1.5倍もの電気代になっていることもあるようです。
エアコンの効きが悪くなった、電気代が高くなった、などに心当たりがある場合は、エアコンの汚れが原因かもしれません。

においの原因となるカビなどが発生する

エアコンを使用した際に「カビ臭い」と感じたことはありませんか?それはエアコン内部にカビが発生していることが原因です。
エアコンの内部は湿度が高く、適度な温度が維持されているため、カビが発生しやすい環境が整っています。

また、エアコン内部に溜まるホコリはカビの餌でもあるため、エアコンの汚れを放置するとカビの大量発生のきっかけになってしまいます。
カビが増えると、エアコン使用時に部屋中にイヤな臭いが広がり、カビの蔓延にもつながるものです。

さらに、上述したようなアレルギー症状を引き起こすこともあるため、エアコンの状況はこまめにチェックしておかなければなりません。

エアコンの故障につながる

あまり知られていませんが、エアコンの汚れは故障にもつながります。
ホコリやチリがエアコン内部で増えると、精密部にホコリが入り込んで故障してしまうことがあるのです。

これは稀なケースではありますが、万が一ホコリが原因で故障してしまった場合、修理や買い替えで高額な出費が発生してしまうでしょう。
思わぬ出費を防ぐためにも、定期的にエアコンクリーニングを行うことは大切です。

自分でエアコン掃除をする方法

エアコンの掃除をしたことがない方の場合、難しい作業内容をイメージしがちです。
しかし、実はエアコンの掃除は意外にも簡単。
フィルター掃除や簡単なお手入れであれば、エアコン掃除が初めての方でも対応することは難しくありません。

ここからは、自分でエアコンを掃除することを検討している方に向けて、具体的な掃除方法について解説します。

エアコンフィルターの掃除方法

エアコン掃除の定番箇所である「エアコンフィルター」。
健康面、電気代に大きく関わる部分であるため、こまめに掃除して清潔な状態を維持することが大切です。
フィルター掃除における大まかな流れは以下の通りです。

  1. フィルターを外す前にフィルターとその周辺に掃除機をかける
  2. フィルターを外して外側から掃除機をかける(内側からかけると目詰まりを起こすため注意)
  3. シャワーをかけて掃除機で吸いきれなかった汚れを流す
  4. 中性洗剤とブラシでやさしく擦り洗いする
  5. 陰干しして完全に乾いたらフィルターを元に戻す

フィルターを掃除する際にやってしまいがちなのが「最初にフィルターを外す」というもの。
先に掃除機である程度ホコリを吸い取らないと、部屋中にホコリが広がってしまいます。
ただし、エアコンに掃除機をかける際は、足元に十分注意したうえで作業を進めてください。

エアコン内部の掃除方法

エアコンの汚れはフィルターだけではありません。
基本的に内部が全体的に汚れているため、日ごろからお手入れをして汚れを溜めないことが大切です。

具体的なお掃除方法は「細めのハンディモップ」で内部を拭き取るだけ。
吹き出し口のルーバーをやさしく回して開いたら、ハンディモップを差し込みます。

そして、ハンディモップをゆっくり押し引きするようにしてホコリを絡めとりましょう。
たったこれだけで内部の汚れがたくさん除去できるのでおすすめです。

しかし、自宅にハンディモップがない場合もあるでしょう。
その場合はハンディモップを自作して使用してください。
作り方は以下の通りです。

  1. 割りばし1膳とクッキングペーパーを用意する
  2. クッキングペーパーを一度くしゃっと丸めて広げる
  3. 割りばしの半分から先にクッキングペーパーを巻き付ける
  4. クッキングペーパーが外れないように輪ゴムでとめる

一度クッキングペーパーをくしゃっと丸めることで、無数のしわができます。
これにより、ホコリがより絡まりやすくなるため、この工程を忘れないようにしましょう。

この掃除方法は日常的なお手入れとして実施してください。
エアコン内部の奥や裏側までは届かないため、定期的にクリーニングすることが大切です。

エアコンクリーニングの相場は1台あたり1万円

エアコンクリーニングは、自分で行うよりも業者に依頼した方が汚れはしっかりと落ちるものです。
しかし、気になるのが「費用」ではないでしょうか。

エアコンクリーニングにおける相場は1台あたり1万円、と若干高額です。

しかし、素人のクリーニングとは異なり、細部の汚れまで除去してくれます。
見えない部分も清潔な状態になるため、安心してエアコンが使用できるでしょう。

また、エアコンクリーニングの費用は、「繁盛期」を避けることで安く依頼できることもあります。
エアコンクリーニングの繁盛期は夏場である6~8月。
この時期を避けることで1万円以下でのクリーニングを依頼できる業者があります。

エアコンクリーニングを検討している方は、タイミングを見て依頼してみてください。

エアコンをきれいに保つためにできること

エアコンクリーニングをしたら終わり、というわけではありません。
少しでも長く、清潔な状態を維持するためにこまめな手入れをしましょう。

とくにフィルターは汚れやすい部分であるため、毎日使用していれば1~2週間程度で汚れが溜まってしまいます。
放置していると、エアコン内部に汚れがどんどん溜まっていってしまうため、こまめに掃除をしなければなりません。
こまめなフィルター掃除はエアコンをきれいに保つことにつながるため、積極的に行いましょう。

まとめ

今回はエアコンクリーニングの頻度と、簡単なお手入れ方法についてご紹介しました。
エアコンは内部の汚れがほとんどであるため、気が付かないことが多く、掃除の必要性を感じにくいもの。

しかし、知らない間に汚れやカビが増えていることが多いため、定期的にクリーニングをしなければなりません。
また、エアコンクリーニングを実施した後も、きれいな状態を維持するためにこまめなお手入れは欠かさないようにしましょう。
今回の記事を参考にしながら、エアコンクリーニングやお手入れのタイミングを考えてみてください。

ファインドプロは、地域に密着した業者をWeb上で比較し、予約ができるサイトです。エアコンクリーニングやハウスクリーニングなどの対策にかかる料金を一覧で比較することができます。 エアコンクリーニングは、掃除範囲や清掃台数、壁掛け・天井埋め込みなどのエアコンのタイプや作業を請け負う業者ごとに、かかる費用が異なる場合があります。そのため、作業を依頼する前に、エアコンクリーニング業者ごとの料金やサービス内容・口コミの比較が必要です。 また、エアコンクリーニングは、エアコンを綺麗にするだけでなく、カビの繁殖を防いだり、病気を予防したりする効果があります。エアコンを掃除することで、冷房や暖房の効き目も良くなります。 さらに本サイトでは、エアコンを自分で掃除する方法や、エアコンクリーニングにかかる費用の相場、賃貸物件のエアコンクリーニング事情なども紹介しています。

ファインドプロの3つのあんしん

ファインドプロでは困った人によりそい、安心を感じていただけるように信頼できるサービスを提供いたします。